世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ベラルーシでフランス人画家シャイム・スーティンが生まれた。

2019-01-13 23:41:39 | 人物


ArtDailyは2019年01月13日に、フランス人画家のシャイム・スーティン(Chaïm Soutine/Haim Sutin/ハイム・スーチン/ハイム・ソロモノヴィチ・スーティン/Хаим Соломонович Сутин/Chaim Soutine/カイム・スーティン/1893 - 1943)は、1893年01月13日にユダヤ系ロシア人として、ロシア帝国のベラルーシミンスク(Рэспу́бліка Белару́сь/Республика Беларусь)州のスミラビッチ(Smilavichy)で、11人兄弟の10番目として生まれたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/62858

シャイム・スーティンは、生前に出自を語らなかったことから、、絵画を学んだリトアニアの出身と思われていた時期があった。

父親は修繕屋であったが、村でもっとも貧しい一家で、体も弱く家の手伝いも出来ない為、兄弟たちから邪魔者扱いをされていた。

絵画に興味を持つようになったが、貧困及び宗教的戒律を理由に絵を描くことを認められなかったことから故郷を去り、1910年から3年間、リトアニアのヴィリニュス(Vilnius)にある美術学校で学んだ。

1913年には、パリに出た。

シャイム・スーティンは、パリ(Paris)に住んでいる間は、主要な表現主義者の活動(expressionist movement)で寄与した。

集合アトリエ「ラ・リューシュ(La Ruche/蜂の巣)」の仲間になり、マルク・シャガール(Marc Chagall/מאַרק שאַגאַל‎‎/1887 - 1985)、フェルナン・レジェ(Fernand Léger/1881 - 1955)などと集団生活をしていたが、特にアメデオ・モディリアーニ(Amedeo Clemente Modigliani/1884 - 1920)はスーティンの面倒をよく見て、モディリアーニによるスーティンの肖像画が3点残されている。

しかし、極貧だった。

ヨーロッパの伝統(European tradition)として、より伝統的なアプローチと、抽象的表現主義の発展形として、重要な架け橋の絵画を描き、シャイム・スーティンの作品によって、レンブラント(Rembrandt)、シャルダン(Chardin)とクールベ(Courbet)を例証して、クラシックにより引き起こされる表現上の形、色、およびテクスチャーにより関係している個々のスタイルを開発した。

今回公開された絵画は、シャイム・スーティンによる、2匹のキジ(Two Pheasants)。

集合アトリエ「ラ・リューシュ(La Ruche/蜂の巣)」の緯度、経度
 48°49'56.8"N 2°17'48.9"E
または、
48.832447, 2.296903

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 次期世界銀行総裁候補に、イ... | トップ | 世界一の富豪が離婚。 »
最近の画像もっと見る

人物」カテゴリの最新記事