世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

運転免許証の偽造、海外サイト野放し状態!?

2019-01-14 17:52:04 | 犯罪と裁判


毎日新聞2019年01月12日に、インターネット上で運転免許証の偽造を請け負うサイトが存在し、誰でも注文できる状態になっていると報告した。

https://time-az.com/main/detail/67203

日本では、身分確認にも利用される運転免許証の偽造が、海外サイト野放し状態では、信用問題である。

愛知県警は実際に注文した男を逮捕したものの、海外にサーバーが置かれていることなどから、運営者は特定できていない。

偽造運転免許証を身分証明に悪用した犯罪も相次ぐ一方、こうしたサイトの閲覧防止などの対策は追い付いていない状況だと伝えている。

偽造運転免許証で検索すると、すぐに見つかった!

同じ方法で、なんでもできる!
危なすぎる!

しかし、偽造運転免許証でキャッシングには、店頭窓口で本人確認書類として運転免許証を預かった時に、偽造がないかチェックする。
見た目は本物かのように作られた運転免許証でも、運転免許証の番号にはチェックデジットがあり、審査用のパソコンに、運転免許証の番号を入力すると、その番号が正規のものかどうか判定できるシステムが入っている。偽造した免許証で番号も適当な番号であると、はじかれてしまうので審査には通らない。

無人契約機も運転免許証をスキャナで読み込ませ、偽物であることを見抜くことができる。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ベルリン発のデジタル銀行「N... | トップ | フランスの画家で、リトグラ... »
最近の画像もっと見る

犯罪と裁判」カテゴリの最新記事