世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

オーストラリアで、アップル人気下落!

2019-04-25 21:04:37 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月24日に、オーストラリアでは、米国のアップルのスマートフォン(iPhone)とタブレット(iPad)の市場シェアが縮小していると報告した。

https://time-az.com/main/detail/68270

今年第1四半期(1~3月)のアップル端末向けOS(基本ソフト)のiOSのシェアは、前年同期比1ポイント低下の36.4%だったことが、イギリス市場調査会社カンター・ワールドパネル(Kantar World Panel)の調べで分かったと報告した。



一方、米GoogleのOS「Android」搭載機器のシェアは昨年の61%から63.5%に上昇しているとオーストラリアの新聞「オーストラリアン(The Australian)」は2019年04月23日に、伝えた。

アンドロイド搭載機器の中では、サムスン電子のシェアが32.7%だった。データには新型「ギャラクシーS10」は含まれないが、スマホのシェアでは「S9」はiPhoneXRに続く2位だった。

中国の広東欧珀移動通信(オッポ)のシェアは6.7%、華為技術(ファーウェイ)は5.9%だった。

アンドロイド機器のシェアは、欧州5市場では79.3%と、オーストラリアより断然多い。カンターは、欧州ではサムスンの人気が根強いことと、華為や小米(シャオミ)のシェアが拡大していることがあると説明している。一方、米国ではアップルのシェアが45.5%と高水準であった。

昔のようなバッテリー問題も解消されてことだろう。

過去の栄光に振り回されているのは、米国,日本、スぺインであった。

スマートフォンなど、新しくできたマーケットで、歴史も浅いのに、過去こだわるのは不思議な現象で、異常である。

デザインの国イタリアでは、iPhoneを欲しがらない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« シンガポール、ブルーSGのEV... | トップ | オランダの画家で、彫刻家の... »
最近の画像もっと見る

経済」カテゴリの最新記事