世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

イオンが、ベトナムで初のサプライヤー会議を開催。

2018-06-15 16:50:30 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月12日に、イオン(AEON Vietnam)は2018年06月11日、国内外のイオングループへのベトナム産品の調達拡大などを目的に、ホーチミン市(Ho Chi Minh City)内で取引先約120社を集めた会議を開催した。イオングループ横断でサプライヤーを集めた大規模な会議をベトナムで開くのは初めてで、日本マーケットの情報や日本やベトナムでの調達方針を説明したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/64725

日本のイオンリテールの安川和彦グループ商品本部長は、PB(Private Brand/プライベートブランド)「トップバリュ(AEON TOPVALU)」の売上高を2019年に17年比1.7倍の1兆2,000億円に伸ばす戦略を説明した。「トップバリュ」は、特に売上高が10億円以上の商品を「メガアイテム」と位置付けている。安川本部長は、「ぜひ皆様とメガアイテムを作りたい。」と呼び掛けた。

ベトナム国内で商品開発を手掛けるイオン・トップバリュ・ベトナムの塩谷雄一郎社長は、ベトナムに限らずASEAN(Association of South‐ East Asian Nations/東南アジア諸国連合)向けの商品開発に力を入れていることや物流改革への取り組みを説明した上で、「取引先と一緒に事業規模を拡大していきたい」とベトナムでの調達拡大に意欲を示した。

何かチャンスを求めて必死である。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« インドネシアのスラバヤ行き... | トップ | 公正取引委員会、私的独占の... »
最近の画像もっと見る

経済」カテゴリの最新記事