世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

「隠し子」認知の鑑定拒否で、ベルギー前国王に罰金命令!

2019-05-19 10:35:53 | HV


毎日新聞は2019年05月17日に、ベルギー・ブリュッセルの控訴裁判所(Brussels Court of Appeal)は2019年05月16日に、84歳の前国王アルベール2世(Belgium ex-King Albert II)の「隠し子」とされ、親子関係の鑑定を求めている女性に対し前国王が1日5000ユーロ(約61万円/US$5,600)を支払うことを命じた。DNA鑑定を拒む前国王がDNAサンプルを専門家に提出するまでの「罰金」としている。同国メディアなどが報じたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68511

ベルギー憲法では国王は不可侵の存在とされ、その行動には大臣が責任を負うとされるが、前国王に不可侵性はない。

前国王の皇嗣時代に生まれた娘だと主張しているのは51歳の彫刻家デルフィーヌ・ボエル(Delphine Boel)。



ボエルの母親Selys Longchampsも前国王アルベール2世が1968年浮気し、彼女が生まれたことを認めている。

前国王アルベール2世は1959年に、後にベルギーのパオラ王妃(Queen Paola of Belgium)になった、パオラ・ルフォ・ディ・カラブリア(Paola Ruffo di Calabria)と結婚した。

彼の年齢と健康に対する懸念から、2013年、79歳の時、彼は自分の息子Philippeのために王位を引退した。

前国王アルベール2世は今、裁判所が任命した法医学専門家によるテストを受けるか、罰金に直面しなければならない、と控訴裁判所は2019年05月16日木曜日を判決を下した。

前国王アルベール2世の弁護士Guy HiernauxはCNNに、元国王は2019年05月19日日曜日まで「国外」であり、まだ判決に応じていない。議論をさらに進めるために、月曜日か火曜日に連絡を取る予定だ。」と話した。
「結果は秘密になるので、彼はテストを受け入れるだろうと思う。」と彼は付け加えた。 「DNA検査は時期尚早だが、彼がそれを拒否したことは当初から彼の立場であった。しかし我々はDNA検査を終わらせる前にこの評決を待たなければならなかった」」と弁護士Hiernauxは述べた。

月曜日か火曜日に新しい情報があることだろう。

アルバートが父親であることが証明されれば、ボエルはDelphine Van Belgiëの名前を使う権利があり、王室の命令では、王女の称号を受けるかもしれないと、CNN加盟組織VTM Belgiumは報じたと伝えている。

人ごとではないイギリスは、BBCがベルギーの前国王アルベール2がDNA検査を拒否した場合は、さらに大きな問題に直面すると報告している。

罰金だけではなく、前国王アルベール2が刑務所に収監さえありえる。
この記事についてブログを書く
« 自動運転の実用化に向け、改... | トップ | 中国、「ナンバーポータビリ... »
最近の画像もっと見る

HV」カテゴリの最新記事