世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

フランダースの画家ロヒール・ファン・デル・ウェイデンが死去。

2019-06-18 22:29:29 | 人物

 

ArtDailyは2019年06月18日に、初期のフランドル派の画家(Flemish painter)で、残っている作品は、主に宗教的三部作、祭壇画、委託された一枚と二枚の肖像画で構成されている作品で知られるフランダースの画家ロヒール・ファン・デル・ウェイデンまたは、ロジェ・ファン・デル・ヴァイデン(Rogier van der Weyden/1399または、1400 - 1464)が1464年06月18日にベルギーのブリュッセル(Brussel)で死去したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/64769 

 

彼は生涯にわたって非常に成功し、国際的に有名であった。

 

とくに、肖像画やキリスト教の教理として描かれた祭壇画で有名であった。

ただし、これはロヒール・ファン・デル・ウェイデン自身ではないかという絵が何点か残っているだけである。

 

彼の作品は輸出されたのか、コピーされたのかイタリアとスペインに渡り、彼はオランダの貴族フィリップ・ザ・グッド(Philip the Good, Netherlandish nobility)、外国の王子たちなどから、手数料を受け取った。

 

17世紀になってバロック美術が台頭し、絵画の潮流が変化していくとともにロヒール・ファン・デル・ウェイデンの名声は低くなり、18世紀半ばにはほとんど忘れ去られた画家となっていた。

 

しかし、最近では再評価され、ロベルト・カンピン(Robert Campin/1375? - 1444)、ヤン・ファン・エイク(Jan van Eyck/1395? - 1441)とともに初期フランドル派を代表する三大巨匠であり、15世紀の北方絵画においてもっとも影響力があった画家とみなされている。

 

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンは、1427年から1432年にかけてロベルト・カンピンのもとで修行をしていたと言われ、そして間もなく師のカンピンの技量を上回り、最終的にはカンピンの作品に影響を及ぼすまでに優れた技術を身につけたといわれるが、真実は明らかではない。

 

ただし、ファン・デル・ウェイデンは、トゥルネーの芸術家ギルドの聖ルカ組合(Sint-Lucasgilde/Guild of Saint Luke)にマイスターとして登録されている。

 

ファン・デル・ウェイデンは自画像を描いておらず、重要な作品の多くが17世紀後半に失われてしまっている。

 

今回公開された作品は、ロヒール・ファン・デル・ウェイデンによる1445年の作品で、十字架に架けられたキリスト(Kreuzigung Christi/Abegg-Triptychon)で、中央パネルはオーク材)Eichenholz、Mitteltafel)、103,5cmx72,4cm。左右の絵はそれぞれ103,5cmx32,8cm。スイスのベルンの近くリインギスベルグ(Riggisberg bei Bern)のアベッグ財団(Abegg-Stiftung)にある。

 ©Riggisberg、Abegg-Stiftung、Christoph vonViràg、1999。

 


エアーズロック登頂が禁止で、日本人客だけ登頂者急増。

2019-06-18 19:30:21 | ブロックチェーン



アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月17日に、オーストラリアの新聞「オーストラリアン(The Australian)」は、オーストラリアの北部準州(NT)の有名観光地エアーズロック(Ayers Rock/ウルル)で、2019年10月26日から観光客の登頂が禁止されることを受けて、日本人観光客の登頂が急増する見通しだと、オーストラリアのツアー催行会社AATキングス(AAT Kings)が予想していると報告した。

https://time-az.com/main/detail/68849 

AATキングスの社長、マット・キャメロン・スミス(Matt Cameron-Smith/Matthew Cameron-Smith)は、「エアーズロックの登頂は、日本人観光客にとりわけ人気がある。これから登頂禁止の日まで日本人登頂者の数が急増することは確実だ」と述べた。



一方、日本以外の国からの観光客は登頂にはそれほど関心がないようで、登頂禁止となっても観光客の数はそれほど減らないだろうと、スミスは予想している。同氏によると、年間約40万人に上るエアーズロックの観光客のうち25%が登頂を希望し、約2時間30分かかる登頂を達成できたのは10%に満たないそうだ。



ウルル登頂の禁止は、世界遺産に指定されてるウルル・カタジュタ国立公園の運営協議会(Uluru - Kata Tjuta National Park Management)によって、2017年に決定された。


日本人は、アドバルーン!高いところが大好き〜




DBS銀行、インドネシアの配車アプリ大手「Go-Jek」とモバイル決済で提携。

2019-06-18 19:01:02 | モバイル・マネー

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月17日に、シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングス(DBS Group Holdings)傘下のDBS銀行(DBS Bank)は、インドネシアの配車アプリ大手「Go-Jek(ゴジェック)」とモバイル決済で提携したと報告した。

 

 

https://time-az.com/main/detail/68848 

 

「Go-Jek」の利用者が、DBSのモバイル決済アプリ「DBSペイラー!(DBS PayLah!)」で運賃を支払うことができるようにした。今回の提携を足掛かりに、両社は事業拡大を狙う。

 

 

「Go-Jek」によると現在、利用者の35%が現金払いを選択している。今後はクレジットカードやデビットカードを持っていないユーザーもキャッシュレス決済が利用しやすくなる。両社は決算手段を多様化することで、顧客サービスの向上を目指す。

 

両社は今回の提携に際してプロモーションを実施する。

「Go-Jek」の新規ユーザーに、初めて「DBSペイラー!」で運賃を支払うときに利用可能なバウチャーを提供する。アプリに新規登録したユーザーに、自動的にS$(シンガポール/ドル)5(約396円)のバウチャーを送付する仕組みだ。

 

 

2回目の利用時に適用可能な2割引のバウチャーも発行する。割引額の上限は3Sドル。同バウチャーは発行から14日以内に1回のみ利用できる。プロモーションは先着5万人限定で、最長2019年07月13日まで実施する予定だ。

 

DBSのシンガポール代表を務めるシー・ツェ・クーン(Shee Tse Koon)は「ゴジェックとの提携を契機にインドネシアでの事業拡大も見込んでいる」と述べた。

 


解散、売却などで話題のマレーシア航空、1Qの売上高は2%増。

2019-06-18 18:14:43 | 経済

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月17日に、MAS(Malaysia Airlines/マレーシア航空)は2019年06月14日に、2019年第1四半期(01~03月期)の売上高が前年同期比で2%上昇したと発表した。

 

国際線・国内線を合わせた供給座席数が同8%増加したことによるASK(Available Seat Kilometres/有効座席キロ)の増加が寄与した。搭乗者数は5%増の338万人だったと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/68847 

 

座席の販売状況を表す有償座席利用率(Load factor/ロードファクター)は、供給座席数を増やしたため横ばいの75.2%。

 

旅客1人に対する1キロメートル当たりの収入単価は0.1セン増の22.7セン(約6円)、定時運航率は10ポイント上昇し、86%だった。

手荷物の預け入れや事前座席指定サービスの有無を顧客が選択できるよう料金体系の柔軟性を高めたことで、付随サービス運賃による収入が23%増加した。

 

マレーシア航空の最高経営責任者(CEO)イズハム・イスマイル(Izham Ismail)は、今期の見通しについて「第1四半期は業績が改善したものの、引き続き厳しい状況が続く」と指摘し、今年度中の黒字化は予想していないとコメントした。国内線を含む域内路線での供給増による競争激化に加えて、米中貿易摩擦による不確実性に対する懸念が残ると説明した。

 

2019-06-03---マレーシア航空の政府方針、来月まで決定。

2019-03-20---マハティール首相、マレーシア航空の解散、売却などを検討。


ベトナムのビンファスト、「ファディル」引き渡し開始。

2019-06-18 16:53:41 | 開発

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月17日に、ベトナムのコングロマリット(複合企業)ベトナム投資グループ「Vingroup(ビングループ)」傘下で初の国産車メーカーとなる「VinFast(ビンファスト)」は2019年06月14日に北部ハイフォン市の四輪工場のオープニングセレモニーを実施したと報告した。

 

2019年06月17日には小型車「ファディル(Fadil)」の引き渡しが始まる。

 

3676mm long, 1632mm wide, 1495mm tall, and riding on a 2385mm wheelbase,

 

https://time-az.com/main/detail/68846 

 

ビングループのグエン・ベト・クアン(Nguyen Viet Quang)副会長兼最高経営責任者(CEO)は式典で、自動車の受注が1万台を超えたと明らかにした。また、新たに四輪と電動バイクで12モデルのデザインを急いでおり、年内もしくは2020年の販売を計画しているという。

 

 

式典にはグエン・スアン・フック首相(Prime Minister Nguyen Suan Hook in Vietnam)も出席。「ビンファストの成功はビングループだけでなく、国やベトナムの自動車産業の発展にとっても特別な意味を持つ。他の自動車メーカーと共鳴し、確固たる地位を確立することを期待する。」などと述べた。

ハイフォン(Hai Phong)市のVinFast工場の緯度、経度

20°48'23.0"N 106°52'16.7"E

または、

20.806381, 106.871303

 

2019-04-07---韓国のLG化学、ベトナムのビンファストと2次電池で合弁。

2019-03-07---ベトナムのビンファスト、スイスで特別美人とSUV特別仕様車を出展。

2019-03-06---ベトナムのビンファスト、1台目のSUVをラインオフ!

2018-11-20---ベトナムの「VinFast」、200カ所で販売店を同時にオープン!

2018-10-01---ベトナムで、自動車の生産を予定するビンファストは、2車種の車名発表。

2018-03-23---ベトナムのビンファスト、EVなど人気投票結果を発表!


韓国で、半年以上滞在の外国人、健康保険加入が義務化。

2019-06-18 15:50:02 | 健康

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月17日に、韓国の国民健康保険公団は2019年06月13日に、韓国に半年以上滞在した外国人(韓国系の外国籍所有者を含む)と海外に居住地のある韓国籍所有者(在外国民)に健康保険への加入を義務付ける制度が2019年07月16日に施行されると発表した。

 

2019年は月に11万3千50ウォン(約1万353円)以上の保険料を納めなければならない。

 

韓国の経済新聞「毎日経済新聞」2019年06月14日に、制度の施行により、約40万人の外国人と在外国民が健康保険に加入すれば、新たに毎年3,000億ウォン以上の保険料収入が発生する見込みだと伝えていると報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/68845 

 

韓国の大学の留学生や、韓国人と結婚して定住する外国人は韓国入国後すぐに加入しなければならない。ただ、留学生の保険料は50%まで減免可能だという。

 

毎月11万3千50ウォン(約1万353円)以上の保険料は、高すぎる。

 

国民健康保険公団の統計によると、2018年時点の韓国人と外国人を合わせた国民健康保険加入者数は5107万人だった。このうち、外国人と在外国民は2018年末現在97万1199人で、全体の1.9%を占めた。

 

在外国民を含む外国人の加入者のうち、職場加入者(被扶養者を含む)が66万4529人で68.4%を占め、地域加入者は30万6670人で31.6%だった。

 

韓国に長期または短期在留する外国人が急増していることから、外国人の国民健康保険加入者(在外国民を含む)は2012年から2018年にかけて67.1%増加した。

 

法務部の統計によると、長期または短期在留の外国人数は2018年末現在236万7607人で、前年比8.6%増加。総人口に占める外国人の割合は2014年の3.50%から4.57%に上昇した。

 

人口に占める外国人の割合は2014年の3.50%から毎年増加し、4.57%を記録した。

100人中4.6人が外国人であることを示している。

 

国籍別では韓国系中国人を含む中国が107万566人(45.2%)で最も多い。タイ19万7764人(8.4%)、ベトナム19万6633人(8.3%)、米国15万1018人(6.4%)、ウズベキスタン6万8433人(2.9%)、日本6万878人(2.6%)と続いた。

 


アフリカのモバイル・マネー・プロジェクトが増資を決定。

2019-06-18 14:29:42 | モバイル・マネー

 

Mobile World Liveは2019年06月14日に、ADB(African Development Bankアフリカ開発銀行)は、西アフリカでのモバイル・マネーの相互運用性をカバーすることを発表した最初のプロジェクトで、大陸での金融包摂イニシアチブを支援するためにUS$4億の資金を確保したと報告した。

 

2030年末までに、ADBからUS$1億の助成金とUS$3億の融資を分配する予定にしている。

 

 

https://time-az.com/main/detail/68844 

 

最初の寄稿者はビル・ゲイツ夫婦のビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)、フランス開発庁(French Development Agency)およびルクセンブルク政府(Government of Luxembourg)である。

 

最初のプロジェクトは、ベナン(Benin)、ブルキナファソ(Burkina Faso)、ギニアビサウ(Guinea-Bissau)、コートジボワール(Ivory Coast)、マリ(Mali)、ニジェール(Niger)、セネガル(Senegal)、トーゴ(Togo)を網羅する西アフリカ中央銀行(Central Bank of West African States)へのUS$1130万の助成金になる。 現金は、モバイル・マネーの相互運用性プラットフォームに資金を提供するのに役立つ。

 

この地域は、エボラ出血熱(Ebola)に苦しんだ地域であり、現金が病原菌を運ぶ、最悪の経験をしたことから、モバイル・マネーの必要性が訴えられた。

 

インフラストラクチャ、製品開発、規制改革、および能力開発のためのイニシアチブは、資金と融資が利用可能になる。

 

その目的の1つは、アフリカにおける金融サービスの利用における男女格差を縮小するためのプロジェクトを支援することである。

 
ドイツの大学で、西アフリカからの視察団が来た時は、自分が今どこにいるのか疑った。
 

アナリストは、モバイル財布の高い成長を予測。

2019-06-18 11:58:14 | モバイル・マネー

 

Mobile World Liveは2019年06月12日に、ジュニパー・リサーチ(Juniper Research)は、2024年末までに世界の人口のほぼ半分が定期的にデジタル財布(digital wallet)を使用すると予測している。

 

その日までに年間US$9兆がプラットフォームを通過する予定であると報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/68843 

 

2019年末までに、23億人の消費者が世界中でデジタル財布を使用すると見込んでいる。

 

これは2024年末までに40億人まで増加すると見込まれ、この成長は2019年下半期からの安全なリモート・コマース・プロトコルの導入によって促進される。

 

年間総取引額は、この期間中に80%増加すると予測される。

 

2019年から2024年までの間の部門の予測を提供するその最新のレポートで、ジュニパー・リサーチ(は増加がQRコードを使用するシステムとMastercard、VisaとEuropay共同EMVcoによって開発された標準によって動かされると言った。

 

この意見はおかしい!

もっとも大きな動き、中国の「支付宝(Alipay/アリペイ)」や騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)のWeChat Payを無視している。

 

さらにステートメントは、「中国の中心地以外のQRコード財布の主な機会は発展途上のアジアで起こり、そこには、PoSインフラストラクチャの不足があり、商人はQRベースの取引を履行するためにスマートフォンを使うことになる。」と、付け加えた。

 

このようなレポートは、米国のスポンサー付きで、注意が必要である。

 

米国から発表されるレポートの多くは、スポンサー用に歪められることが多い。

今、モバイル・マネーは、もう米国が中心ではない。

 

 

2019-04-04---Ant Financial、ASEANで成長する市場の可能性を強調。

2019-03-22---WeChat Payのチーフ、世界規模の拡大戦略を発表。

2019-01-04---中国のモバイル決済ユーザーが2023年までにほぼ10億人に達する。

2019-01-02---中国は小売業者が現金を拒絶し、教育的指導を実施!

2018-12-10---中国の小売業者に、モバイル・マネーだけの選択に対して警告。

2017-08-08---中国で、スマホ決済「2強」が激突


インドのPaytmは拡張用にUS$3600万を確保。

2019-06-18 11:10:39 | モバイル・マネー

 

Mobile World Liveは2019年06月12日に、インドの経済新聞「エコノミック・タイムズ(The Economic Times/電子版)」からの情報として、モバイル財布会社Paytmは2019年末までに25億インドルピーUS$3600万)を投資して、QRコードを使った支払いシステムをインドのより小さな町の商店に拡張すると発表したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/68842 

 

2019年12月末までに、Paytmは規模の点で「第4層と第5層」と定義されているより小さな町の小売業者に利用の可能性を拡大することを目指している。そして拡大を推進する結果として、現在システムを使用している推定1,200万人に対し、2,000万人の販売者でサービスを利用できるようになることを予定している。

 

同社によると、小さな町では、大都市より3〜4倍の費用がかかる。

 

それは結局インドのすべての商人をPaytm QR Codeシステムにサインアップすることを計画している。そしてその動きは国の最も遠い地域での金融包含を高めるのを助けると言った。

 

2018年に、aytm社は、ユーザーが30万の小さな村の農村地域に大きく侵入したことを明らかにした。

 

将来は、それらがすべて統一されるだろうが、誰かが手をつけないと進まないのが現状である。

 

 

2019-05-15---インドのPaytm、Citigroup との提携で製品ベースを拡大。

2019-03-28---インドのPaytmの親会社は巨額の投資の準備ができている。

2018-09-12---Paytmのチーフは競争の脅威を演じる。

2018-07-25---米国の支払いの巨人は、Paytmのデータストレージでクラッシュ!

2018-06-12---Paytmは、地方の村や小さな町にも侵入を始めた。

2018-05-09---Paytm、投資を受けるために準備中。

2018-01-10---インドのPaytmは、金融サービスでより深く動く。

2017-11-28---Paytmは、支払い銀行を拡張するために、US$5億を委任。

2017-10-31---Paytmは、市場拡張ドライブを発展させた。

2017-10-30---インドのモバイル支払いは、2021年にINR2兆8,000億と予測。

2017-08-02---インドで、Paytm、WhatsApp、Hike setの縄張り争い。

2017-07-18---PaytmはロイヤリティAppの統合を目標に投資。

2017-05-23---Paytmは、5月に支払い銀行スタート。

2017-04-19---ソフトバンクはPaytm投資としてUS$15億で熟考!

2017-01-24---Paytmの信用銀行サービスは、ユーザー目標が5億人。

2017-01-05---2016年に、Paytmモバイル財布トランザクションが10億を記録。

2016-12-21---PayPalは、Paytmブランドを塞ぐことに努める。

2016-12-20----Samsung Pay、2017年第1半期にインドでスタートを設定!

2016-12-14---インドのオペレータは、キャッシュレス経済を要求。

2016-12-12---Bharti Airtelの新モバイル・バンキング・サービスで10万人顧客。

2016-12-07---インドのカードターミナル不足はモバイルの支払いのドアを開く。

2016-12-05---Reliance Industriesは、支払いを押す。

2016-12-01---Reliance Industriesは、新しいペイメントを押す!

2015-06-12---インドのJioも、モバイル・マネーのスタートを設定した。


イギリスが、PayPalによるiZettleの買収取引に完全な青信号。

2019-06-18 10:31:37 | モバイル・マネー

 

Mobile World Liveは2019年06月12日に、イギリスのCMA(Competition and Markets Authority/競争・市場当局)は、正式に取引が成立してから9ヶ月半後に、PayPalによるPOS端末会社iZettleの買収を完全承認したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/68841 

 

取引は、US$22億ですでに完了していましたが、PayPalは調査のためにイギリス当局と協力し続け、決定が保留されている間、事業を他のポートフォリオから切り離した。

 

当局は、この取引がイギリスの中小企業に与える影響を評価していた。

 

CMAは、契約をクリアし、「iZettleとPayPalは、モバイルmPoS(モバイルPOS)デバイスの最大のサプライヤの2つですが、その顧客は従来のPoSデバイスに切り替えても構わないと考えています。小規模な加盟店への支払いサービスの2大サプライヤのWorldpayとBarclaycardは、現在のところ市場の60%近くを占めており、合併後の会社を抑制し続けるだろう。」と言った。

 

「合併した会社は、SquareとSumUpのように、近年大きく成長している他のmPoSのみのプレーヤーとの大きな競争にも直面するだろう」と付け加えた。

 

 

2019-04-30---イギリスが、遅れていたPayPalのiZettle買収を承認。

2018-11-26---イギリスで、PayPal、iZettleの取引をより深く調査。

2018-09-25---PayPalは、US$22億以上でiZettleの買収を完了。

2018-05-08---iZettle、IPOでUS$2億2,700万をターゲットにする。

2017-01-11---iZettleは、€6000万を出資して、CFOを任命。

2016-04-04---モバイルPoSは、小口トレーダーから前進。

2015-05-19---iZettleのカードリーダーは、イギリスで最初にApple Payをサポートする!

2015-02-19---スマートフォンとタブレットに取り付ける販売時点リーダiZettle。

2014-12-10---ヨーロッパの支払い会社へのVC投資は、ドットコムブームを越える?!

2014-05-08---iZettleは多くの国々での着手を可能にする€4000万を確保。

2014-04-10---iZettleは、新しい地理的拡張サービスの初公開戦略が遅れた。

2013-10-20---ホームレスに、モバイル・ペイメント時代がやって来た。

2013-07-23---SumUpは、ローカルトランザクション用「ハブ」になりたい。

2013-07-10---BBVAは、南アメリカでの拡張で、SumUpを支持。

2013-03-14---Intuitは、イギリスでモバイル・ペイメントを開始。

2013-02-05---Powaはポルトガル・テレコムとホワイトレーベル取り引きを締結。

2012-11-05---モバイル・クレジットカード・プロセッサーのiZettle、ドイツでサ−ビス開始。

2011-10-19---モバイル・クレジットカード支払ベンダーIZettleは、8200万ユーロを受け取った。