世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ホンダ二輪、インドで「BS6」排ガス規制モデルを発表!

2019-06-15 21:31:31 | 自然

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月13日に、世界最大の二輪メーカーであるホンダは2019年06月12日に、インドが2020年04月に導入する新たな排ガス規制「BS(Bharat Stage/バーラト・ステージ)6」に対応するスクーター「アクティバ125(Activa 125 )」を発表したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/68816 

 

現地で消費が活発化する祭事期に向けて、2019年09月末までの発売を予定するという。

 

 

「BS6」はヨロッパが2020年に導入する「ユーロ5(Euro5)」に相当し、ホンダの二輪車として初の「BS6」適合車となる。

 

PGM-FI(ProGraMmed Fuel Injection/電子制御燃料噴射装置)、スムーズな発進を促すACGスターターモーター(ACG starter motor)、アイドリングストップシステム(Idling stop system)を採用する次世代小型スクーター用エンジン「eSP」をインド・モデルで初めて搭載した。

 

販売価格は従来モデルより10~15%上昇する見通しだという。

 

 

現地法人HMSI(Honda Motorcycle and Scooter India Pvt. Ltd. /ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア)の加藤稔社長は、インド北部グルガオン(Gurgaon)で開いた発表会で「新しい機能や技術を充実させた。燃費性能は現行のBS4モデルに比べて10%向上した」と述べた。

 

排ガス規制への対応とともに、燃費性能を高めるなどして購買意欲を刺激する考えだという。


オーストラリアの2019年06月消費者マインド。利下げも0.6%下落!

2019-06-15 20:28:20 | 経済

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月13日に、ウエストパック・メルボルン研究所(Westpac Melbourne Institute)は2019年06月12日に、オーストラリアの06月の消費者マインドが、前月の101.3ポイントから0.6%下落の100.7ポイントとなったと発表した。

 

ウエストパック銀行(Westpac Bank)は、利下げが行われたにもかかわらず「残念な結果」とし、利下げ効果より消費者の今後の経済への不安が大きいことを示唆しているとしていると報告している。

 

https://time-az.com/main/detail/68815 

 

家計への信頼感は、「前年比の家計」が前月比で2.4%悪化したが、「今後12カ月の家計見通し」は3.1%改善した。

また、「今後12カ月の経済見通し」は4.7%悪化したが、「今後5年間の経済見通し」は1%改善している。

 

今後12カ月間の失業者数の増加見込みを示す失業予測指数は、前月比5.1%上昇の127ポイントとなった。

 

また、「住宅の買い時」は1.8%上昇の116.9ポイント、住宅価格予想指数は109.7ポイントと、前月から22.7%と大きく上昇した。

 

ウエストパック銀行のエコノミストは、RBA(オーストラリア連邦準備銀)は利下げによる刺激効果が少ないことに落胆するだろうとの見方を示し、8月と11月の追加利下げで金利は年末までに0.75%まで下がると予想した。

 

2019-02-13---オーストラリアの2019年02月消費者マインド。楽観に持ち直し!

2019-01-16---オーストラリアの2019年01月の消費者マインド。

2018-12-12---オーストラリアの2018年12月の消費者マインド。今年は1年楽観続く。

2018-07-11---オーストラリアの2018年07月の消費者マインド。2013年以降最高水準!


富士フイルム、インドネシアで「instaxチェキ」で最小の新モデル発表。

2019-06-15 19:48:26 | 開発

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月13日に、富士フイルムは2019年06月12日に、インスタントカメラ「instax(インスタックス)チェキ」シリーズで最小・最軽量となる新モデル「インスタックス・ミニ・リプレイ(instax mini LiPlay)」を発表したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/68814 

 

カードサイズのフィルムに対応、音声を録音できるサウンド機能を新しく搭載した。

 

インドネシアでは2019年06月14日に、日本では2019年06月21日にそれぞれ販売を開始する。

 

インドネシアでの販売価格は244万9,000ルピア(約1万8,600円)。カラーは3色。

インドネシア最大のEC(E-Commerce/電子商取引)サイト「トコペディア(Tokopedia)」を通じて購入した場合、先着でフィルムなど付属品も提供、2019年06月28日までは50万ルピアのキャッシュバックも実施する。

 

「インスタックス・ミニ・リプレイ」は、最大10秒間の音声を録音できる「サウンド機能」を搭載し、再生に必要な情報をQRコード化して、撮影した画像と一緒にプリントすることができる。QRコードはスマホのQRコードリーダーで読み取り再生する。画像と録音データは、専用のサーバーにアップロードされ、1年間保存される。


ロート製薬のアイスキャンディー専門店海外1号店を出店!

2019-06-15 18:49:14 | 食品

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月13日に、ロート製薬は2019年06月12日に、子会社のジャパンパレタス(神奈川県鎌倉市)が、シンガポールの中心部にアイスキャンディー専門店「パレタス(PALETAS)」の海外1号店を出店すると発表したと報告した。

 

2019年06月13日にオープン。

 

https://time-az.com/main/detail/68813 

 

シンガポールのアイスキャンディー専門店「パレタス」の新店舗は、中央商業地区(CBD)にある複合施設キャピタル・スクエア(Church Street)内の1階に新設される日本食をテーマにしたフードコート「GOCHI」に設置する。

 

店舗面積は約13平方mになる。

 

アイスキャンディー専門店「パレタス」は、季節ごとに収穫される旬の新鮮な果物や野菜を果汁、ジェラート、ヨーグルトなどに混ぜ合わせたフローズンフルーツバー。

 

 

本店の鎌倉店を含め、日本では関東を中心に3店舗を展開している。

 

メニューは日本の店舗と同じで、季節限定商品を含め20~30種類をそろえる。価格帯はS$(シンガポール・ドル)7(約560円)前後。シンガポール店限定商品「シンガポール・スリング」も提供する。

 

ロート製薬と、アイスキャンディー専門店の関係はどうなっているのだろう。

 

あまりにも唐突である。

 

以前、ある広告代理店がインドに支社を作った時は、その広告代理店の役員の息子が、インドにハマったのが原因だった。

 

ユニクロの長男は、中南米の旅をして、自然野菜を日本で売ろうとして失敗した。

 

なんとなく、どこかに麻薬の匂いがする。

 

 

シンガポールのアイスキャンディー専門店「パレタス」の新店舗の緯度、経度

Capital Square, 23 Church Street Singapore

1°17'04.0"N 103°50'54.5"E

または、

1.284453, 103.848478


ベカメックス東急、ベトナム大型マンション「ザ・ビュー」の上棟式。

2019-06-15 18:03:04 | 開発

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月13日に、東京急行電鉄のベトナム合弁会社ベカメックス東急(Becamex Tokyu)は2019年06月10日に、同社がベトナム南部ビンズオン(Binh Duong)省で開発を進める大型マンション「ミドリパーク(MIDORI PARK)) The VIEW(ザ・ビュー)」の上棟式を開催した。

 

無事故・無災害で工事は進んでいると報告した。

 

 

https://time-az.com/main/detail/68812 

 

「ザ・ビュー」は、同社の第1弾の「ソラ・ガーデンズ(SORA gardens)」に次ぐ、第2プロジェクト。2018年3月に着工し、2019年09月に本体工事を開始した。施工は地場大手のホアビン建設グループが手掛けている。

 

同社によれば、2018年09月の一般販売開始から全604戸のうち、約7割が成約済み。価格は9億ドン(US$3万8,400/約420万円)~32億ドン。今後に内装や設備等の工事を経て、2019年末に竣工(しゅんこう)予定。その後に、引き渡しを開始する。

 

将来の田園調布だと言っている。

 

 

最近、フィリピンやマレーシア、インドネシアに、このような手頃な住宅が急増している。

 

多分、不動産投資だろう。

ただし、多くの不安が隠されている

 

ベカメックス東急(Becamex Tokyu)の緯度、経度

11°02'47.3"N 106°40'43.0"E

または、

11.046472, 106.678614

 

 

2019-05-23---マレーシア首都圏住民の9割、不動産価格に割高感。

2019-05-11---不動産投資クリード、「シグニアル」発売。

2019-04-24---タイでも始まった一戸建てプロジェクト。

2019-03-01---フィリピンで、阪急阪神不動産の合弁会社は、一戸建て住宅着工。

2019-02-22---三菱商事系の住宅会社、ラグナで3件目の販売を開始。


ギフティ、マレーシアの地場ドーナツ店でeギフト展開開始。

2019-06-15 16:39:45 | 食品

 

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月13日に、オンライン上で商品と交換できるギフトチケットを贈るサービス(eギフト)を手掛ける東京都品川区ギフティ(Giftee)は2019年06月11日に、地場ドーナツ・チェーン最大手「ビッグアップル・ドーナツ&コーヒー(Big Apple Donut & Coffee)」でeギフトを販売開始したと発表したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/68811 

 

券種は5リンギ(約130円)、10リンギ、20リンギの3種で、有効期限は90日間。購入者はビッグアップルのWebサイトからeギフトバウチャーを入手し、贈りたい相手に通話アプリのメッセージなどを通じて送信する。

 

受け手は店頭でバウチャーを表示すると商品を受け取ることができる。

 

2019年03月には飲料スタンドチェーン店「ティーライブ(Tealive)」を運営する地場外食業者LOOBホールディングス(LOOB Holdings)とeギフトの販売で提携した。

 

若い世代を中心にカジュアルなギフト文化の定着を狙っており、年内に国内10ブランドへの導入を目指す。

 

ビッグアップル・ドーナツ&コーヒーを運営するBAWH(Big Apple Worldwide Holdings/ビッグ・アップル・ワールドワイド・ホールディングス)は2017年よりダスキンの子会社となっている。

 

 


フィリピンの投資委員会の認可額2019年01~05月は40%増。

2019-06-15 16:15:12 | 経済

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月13日に、フィリピンの貿易産業省(Department of Trade and Industry Philippines)は2019年06月11日に、2019年01~05月のBOI(Board of Investments/投資委員会)による投資認可額が前年同期比40%増の2,906億ペソ(約6,046億円)だったと発表した。外資企業の投資計画が成長をけん引したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/68810 

 

投資元の内訳は、外国企業が9.7倍の670億ペソ、国内企業が11%増の2,235億ペソだった。国・地域別では、シンガポールからが354億ペソで最大。以下、オランダ(91億ペソ)、タイ(85億ペソ)、日本(55億ペソ)、米国(24億ペソ)と続いた。

 

分野別では、電力が74%増の1,854億ペソで最も多く、製造が2.3倍の446億ペソ、情報通信が97倍の332億ペソ、宿泊施設が8.3倍の84億ペソと続いた。

 

地域別では、南部タガログA(Southern Tagalog A/カラバルソン/Calabarzon)が2,009億ペソ、中ルソン(Middle Luson)が271億ペソ、マニラ首都圏(Metro Manila)が79億ペソと、首都圏とその近郊がトップ3を占めた。これに、ビサヤ地方の中ビサヤ(Inside Visaya)が57億ペソ、ルソン島北部のカガヤンバレー(Cagayan Valley)が44億ペソで続いた。

 

ロペス(Ramón M. López)貿易産業相(Secretary of Trade and Industry)は、2019年05月のロドリゴ・ロア・ドゥテルテ(Rodrigo Roa Duterte)大統領の日本訪問に触れ、「日本からの総額3,000億ペソ近くの投資について契約を結んだ。投資熱はさらに高まるだろう」と強調した。

 

地元フィリピンの経済新聞「マラヤ(Malaya)」によると、05月単月の投資認可額は前年同月比67%減の39億ペソだった。

 

2019-06-03---フィリピン、イスラム金融法案が可決。

2019-05-03---フィリピンの投資委員会の投資認可額、2019年01~04月は46%増。

2019-03-28---フィリピンの投資委員会の投資認可額、2019年01〜02月は23%減。

2019-02-11---フィリピンの投資委員会の投資認可額、2019年01月は9割増と好調発進!

2018-09-05---フィリピンの2つの投資促進機関の認可額、2018年01〜07月は27%減。

2018-08-06---フィリピンの投資機関の優遇、対象企業の57%は不要!

2018-07-23---フィリピンの投資委員会の投資認可額、2018年上半期(01〜06月)は27%増。

2018-07-05---フィリピンの投資委員会の外国直接投資認可額、2018年01〜05月は29%増。

2018-01-23---フィリピンの財務省は、14投資促進機関の優遇を一本化を計画。


カンボジアのカジノ営業免許163件に!

2019-06-15 15:14:18 | 観光

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月13日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年06月12日に、カンボジア財務経済省(Ministry of Finance and Economy, Cambodia)によると、2019年01~04月のカジノ営業認可(casino licences)は13件だったと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/68809 

 

累計では163件に増加し、このうち56%に相当する91件は中国人が多く流入する南部の港湾都市シアヌークビル(Sihanoukville coast)だったと伝えたと報告した。

 

カンボジア財務経済省の金融産業部門の副局長であるロス・フェールン(Ros Phearun)は「クメール・タイムズ」に、実際に営業しているカジノ施設は51件にとどまっていると指摘した。

 

そのほかは建設中か営業停止になっていると説明した。カジノ施設が増えている理由として、中国人を中心とする観光客の増加を挙げた。

 

ロス・フェールンによると、賭博法の草案が完成し、近く閣議に提出する見通しで、「法律が施行されれば、より大きなカジノ投資が見込め、賭博産業からの政府収入も倍増するだろう」と話した。

 

2018-09-28---香港上場のナガコープ、プノンペンで3カ所目のカジノ施設建設へ!

2018-03-26---カンボジア内務省、カジノの外国人客、2017年は約116万人。

2014-04-17---カンボジアのカジノ・ブーム。


ミャンマーとタイの国境、車両相互乗り入れ2019年07月開始で調整。

2019-06-15 11:50:18 | 経済

 

戦争ばかりしていたタイとカンボジアで、国境を超えて鉄道が繋がり、アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月13日に、今度はミャンマーとタイの両政府が、東部カイン(旧カレン)州ミャワディ(Myawaddy/タイ側はメーソート/Mae Sot)の国境で、貨物車両相互乗り入れを2019年07月中にも開始する方向で調整していると報告した。

 

もう直ぐ、列車か車でベトナムからインドまで旅行できるようになるかも!?

それだけ平和になった!

もう、戦争の時代ではない。

「戦場にかける橋」は、「経済の橋」になる。

 

https://time-az.com/main/detail/68808 

 

2019年03月に締結したMOU(Memorandum Of Understanding/覚書)に基づく1年間の試行で、両国100台ずつを上限にライセンスを発行する。

 

対象車両は、国境での貨物積み替えなしで、タイ東部チョンブリ県レムチャバン(Laem Chabang, Chonburi)とミャンマー最大都市ヤンゴン近郊のティラワ(Thilawa near Yangon)間の一貫輸送が可能になる。

 

ASEAN(Association of Southeast Asian Nations/東南アジア諸国連合)域内では、2015年末のAEC(ASEAN Economic Community/ASEAN経済共同体)発足を受けて貨物車両の相互乗り入れが進み、メコン地域ではミャンマーを除く全ての国で実現した。

 

ミャンマーとタイは2019年03月にMOUを結び、2019年05月末までに相互乗り入れを認めるICBO(International Cross-border Operator/国際越境事業者)ライセンスの申請を受け付けた。

 

地元紙ミャンマーの新聞「ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times/電子版)」によると、ミャンマー側では現在までに40台にライセンスを付与しており、さらに21台が取得する見通しだ。

 

ミャワディ(メーソート)国境は、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマーを結ぶ「東西回廊」の要衝で、2019年03月には新たな「タイ・ミャンマー第2友好橋(Thailand-Myanmar 2nd Friendship Bridge)」も開通した。

 

「タイ・ミャンマー友好橋(Thailand-Myanmar Friendship Bridge)」の緯度、経度

16°41'26.5"N 98°30'59.9"E

または、

16.690692, 98.516639

 

 

2018-01-17---ミャンマー食品医薬品局、国境での監視を強化。

2010-11-07---ミャンマーでAPF通信社の日本人ジャーナリストを拘束。

2012-04-05---マラリアが、抵抗力を付けている!

2012-02-15---極東捕虜の子供はシンガポールで秋に、70周年記念を迎える。

1981-11-16---俳優のウィリアム・ホールディングが死去した

1918-04-17---俳優のウィリアム・ホールディングが生まれた。


旧村上ファンド系のレノが「レオパレス」を買い増し、株価約2倍に上昇。

2019-06-15 10:48:28 | 人物

 

Forbes JAPANは2019年06月13日に、賃貸アパート大手のレオパレス21が2019年05月10日に発表した2019年3月期決算は、補修工事費用の拡大で686億円もの巨額最終赤字に陥り経営の先行きが懸念されている。

 

686億円の赤字はリーマンショック後の2010年03月期に計上した790億円の赤字に次ぐ水準で、2015年03月期以来の無配に転落した。

 

こうした状況の中で、レオパレスの株価は2010年05月10日の終値222円から、2010年05月27日の高値438円まで約2倍に上昇した。

 

https://time-az.com/main/detail/68807 

 

株価上昇のきっかけとなったのは、投資会社レノ(東京都渋谷区)の「買い」である。レノは旧村上ファンドの関係会社であり、「モノ言う株主(アクティビスト)」として有名である。そのレノが2010年05月14日に大量保有報告書を提出し、レオパレス株を買い集めていた事実が明らかになった。

 

今回レオパレス株を取得したレノの代表取締役に、村上ファンドで当時企画課長だった三浦恵美が就任しているが、実質的には村上世彰が率いていると見られている。

 

レノはレオパレス株の買い増し、2010年05月23日にグループの保有割合は16.18%まで上昇した。保有目的を「投資および経営陣への助言、重要提案行為などを行うこと」としている。

レノは、企業のM&A(合併・買収)、経営破綻、事業再編などのイベントを利用して収益を得るイベントドリブン型のヘッジファンドとも呼ばれる「アクティビスト(モノ言う株主)ファンド」であった旧村上ファンドと同じと考えられる。

 

つまり、株価が激しく上下するときに、その値動きを収益機会とする。

 

 

「アクティビストファンド」は、値ごろ感のある上場企業の株式を取得し、株価が上昇した段階で手放し、利ザヤを稼ぐ。

 

株主の権利をフルに活用し、事業提案を行うなど経営陣にも積極的に働きかける。

 

株主総会に合わせて増配や自社株買いなどの要求を突きつけることもあれば、役員を送り込んだり、経営にタッチするケースもある。

 

時には無理な増配などの要求をしたり、リクエストが通らないと取締役の解任を迫るなど、高圧的な態度や姿勢を見せることもある。

 

アクティビストが投資対象とするのは、株価が急激に下がった割安でキャッシュを比較的豊富に持っている企業である。株価が一定水準まで上がった時点で売却し、投資収益を得るのが目的で、平均的な投資期間は1年から2年半程度である。

 

レオパレスの2019年の株主総会は2019年06月27日である。

 

2019年06月27日の株主総会で、レノが、レオパレスにどのような提案を行うか?

 

村上世彰が、どう動くか?

経営に参画する意思はないのに経営陣に揺さぶりをかけ、割安な価格で手にした株式を高値で買い取らせて利ざやを稼ぐ悪名高い「グリーンメーラー」として、再度浮上する気なのだろうか?

 

 

村上世彰が騒がれた時、私は慶應病院に入院して、新聞を読んでいた。

 

私は今回、レオパレス21を応援しているので、敵対することになる。

 

2019-06-06---不動産のディア、東京の賃貸物件でオヨと提携。

2019-06-06---レオパレス21、ベトナムでサービスオフィス提供開始。

2019-05-29---レオパレス外部調査委最終報告。

2019-05-28---「レオパレス21」、深山社長ら社内取締役7人一斉に退任へ!

2019-05-10---レオパレス、深山社長辞任を発表!後任は宮尾文也取締役。

2019-04-01---日本で叩かれているレオパレス21、フィリピンでサービスオフィス2号店を披露。

2019-02-20---日本のYahooとインドのOYOが合弁で、日本で賃貸住宅事業開始。

2019-02-08---レオパレス21の株売り殺到。

2019-02-07---「レオパレス21」、33都府県、1324棟で新たに施工不良。

2018-05-29---レオパレス21の物件で、建築基準法違反疑惑!

2017-12-27---アパート建設熱 急冷!貸家着工6カ月連続減。

2017-12-05---旭化成。台湾でも住宅開発を中断!

2017-11-17---レオパレス21、サービスアパートで損保提供!

2017-10-31---旧村上ファンドの村上世彰が、数百億円を手にする。

2016-09-30---アパート、賃貸マンション空室率悪化!トラブル多発!