世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

フランスの画家ラウル・デュフィが生まれた。

2019-06-03 23:58:40 | 人物

 

ArtDailyは2019年06月03日に、19世紀末から20世紀前半にフランスで活躍した野獣派画家画家で、ジーン・デュフィ(Jean Dufy)の兄で、カラフルで装飾的なスタイルを開発したラウル・デュフィ(Raoul Dufy/1877 - 1953)は、1877年06月03日に北フランス、ノルマンディーのル・アーヴル(Le Havre)の港街で、父は金属会社の会計係で、教会の指揮者兼オルガン奏者であった。母はヴァイオリン奏者で、貧しいが音楽好きの一家の9人の兄弟の長男として生まれたと報告した。

<a href="https://time-az.com/main/detail/60053">https://time-az.com/main/detail/60053</a>

兄弟のうち2人はのちに音楽家として活躍した。

彼のスタイルは、陶器や織物のデザイン、パブリック・ビルディングの装飾的なスキームで流行した。

彼は野外の社会行事の場面でよく知られていた。

彼はまた、草案家、版画家、本のイラストレーター、風光明媚な風景のデザイナー、家具のデザイナー、公共スペースのプランナーであった。

ラウル・デュフィは、アンリ・マティス(Henri Matisse/1869 - 1954)に感銘を受けたフランス野獣派の画家と言われるが、他のフランス野獣派画家とは違った、独自の世界を築いた。

ラウル・デュフィは1895年、18歳のときに美術学校ル・アーヴル市立美術学校の夜間講座へ通い始めた。生涯愛したモチーフとなるル・アーヴルの港をスケッチした。右利きのデュフィは技巧に走り過ぎることを懸念し、左手で描いた。

兵役の1年の後。1900年にル・アーブル市から1200フランの奨学金を得て、23歳のときに一人故郷を離れ、パリの国立美術学校エコール・デ・ボザール(École nationale supérieure des Beaux-Arts)へ入学した。

今回公開された作品は、ニースの古典的装飾様式美術館の文化的なイベントとして開催された「Nice 2015. Promenade(s) des Anglais(ニース2015。プロムナード ・ デ ・ ザングレ)」で、展示されたフランス画家ラウル・デュフィの作品を見る女性が撮影された。
AFP PHOTO / JEAN CHRISTOPHE MAGNENET.

ArtDailyが2017年06月03日に、公開した作品は、1914年にキャンバスにオイルで描かれた66 x 81 cmの「Le Cavalier arabe (Le Cavalier blanc)」で、現在はパリの「Musée d'Art Moderne de la Ville de Paris」にあった。

ノルマンディーのル・アーヴル(Le Havre)の緯度、経度
49°29'24.0"N 0°06'00.0"E
または、
49.490000, 0.100000

 


ミャンマー、6カ国の旅券保持者に到着ビザ発給。

2019-06-03 21:49:19 | 観光

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月03日に、ミャンマー政府は2019年10月01日から、オーストラリア人、スイス人、ドイツ人など6カ国の旅行者に対し、空港でVOA(Visa on Arrival/到着ビザ)取得による入国を認めると報告した。

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/68689">https://time-az.com/main/detail/68689</a>

 

イスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題による欧米からの観光客減少を食い止めるのが目的で、1年間の暫定措置としている。

 

2019年06月01日に、ミャンマーのホテル・観光省(Ministry of Hotels & Tourism Myanmar)が国内の旅行業界関係者に明らかにした。対象となるのは、イタリア、オーストラリア、スペイン、スイス、ドイツ、ロシアの6カ国のパスポート(旅券)保持者。

 

外交官パスポート、特別公務員パスポートの保持者は含まれない。

 

これら6カ国のパスポート保持者はこれまで、事前に電子ビザをインターネット経由で取得する必要があった。

 

10月以降は、最大都市ヤンゴン、第2の都市マンダレー、首都ネピドーの国際空港でVOA発行料金US$50(約5,400円)を支払うことで、最長30日間滞在できる。

 

ミャンマー政府は観光収入の落ち込みをカバーするため、昨年10月から、日本、韓国、香港、マカオからの観光客に観光ビザを免除し、中国人観光客に空港でのVOA取得を認めた。

 

ホテル・観光省のデータによると、2019年01~04月に、日本からの来訪者は前年同期比24%増の4万3,708人となったほか、韓国が89%増(4万5,244人)、中国は135%増(21万2,419人)に増加し、大きな成果が出ている。

 

歴史のある国は、観光で経済基盤を作るのが、最も手早い。

 

問題は、観光客に麻薬や売春で荒らされることである。


ベトナムのバイタリフィ、製造業向け「検品AIセンター」を設立。

2019-06-03 21:00:53 | 開発

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月03日に、ベトナムでAI(Artificial Intelligence/人工知能)の研究開発を手掛けるバイタリフィ・アジア(Vitalify Asia)が、製造業向けに検品ロボット用の頭脳であるAIモデルを開発する「検品用AIモデル開発センター(AI model development center for inspections to automate manufacturing industry)」を開設したと報告した。

<a href="https://time-az.com/main/detail/68688">https://time-az.com/main/detail/68688</a>

自動化の費用対効果が確認できる「検品用AI導入シミュレーター」から、無料で簡単に試算ができる。人手不足で悩む製造業のニーズに応えていく。

日本における製造業の人手不足は年々深刻さを増している。こうした中で、異物混入や不良品の判別、等級分類など、検品業務への自動化ロボットの導入は根強いニーズがある一方、その頭脳となるAIモデルは、調達前の制度や費用対効果の確認が難しかった。

バイタリフィ・アジアは2017年末から検品用AIモデルの開発を始め、1年半の間に日本の自動車部品工場や食品工場など、十数件の実績がある。

櫻井岳幸社長はNNAに、これまでも引き合いが多く、ニーズが高かったことから、多くの製造業が導入しやすい仕組みを構築したと説明した。

バイタリフィ・アジアのサービスの特徴は、シミュレーターから申し込んだ内容の確認・審査後に無料でAI導入が実現可能であることを示すための簡易試行PoC(Proof of Concept)が受けられること。

通常はPoCの段階から費用がかかる場合が多いという。


中国生産のテスラ「モデル3」、価格32.8万元。

2019-06-03 20:00:19 | EV

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月03日に、中国の新聞「晨報(晨报)」などは2019年06月01日に、米国のEV(Electric Vehicle/電気自動車)メーカーのテスラモーターズ(Tesla Motors)社は2019年05月31日に、上海市内の工場で現地生産するセダン「モデル3(Model3)」の予約販売を開始したと伝えたと報告した。

 

販売価格は32万8,000元(約515万円)からで、米国生産の輸入モデルに比べ約5万元引き下げた。

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/68687">https://time-az.com/main/detail/68687</a>

 

中国生産のモデル3は、5.6秒で時速100kmまで加速可能。

 

ヨーロッパの測定基準「NEDC」に基づく航続距離は460kmで、米国生産版と同等の性能となる。

購入予約は、テスラの中国版Webサイトまたは直営店で受け付ける。

 

また、販売加速に向けて、快速充電設備「スーパーチャージャー」の充電性能を引き上げた「バージョン3(V3)」を年末にも中国市場に導入する計画も明らかにしている。

 

テスラの上海工場は、年内にモデル3の生産を開始し、2020年には量産体制に入る見通し。

 

テスラは中国で直営店を48店、サービスセンターを89カ所運営している。

 

充電ネットワークは130都市で展開しており、「スーパーチャージャー」を1,700基以上設置している。

 

ただし、中国はHuaweiの問題で、FedExの調査に乗り出し、次は、アップルがスパイをしたと言いだし、締め出すことも考えられる。

 

さらに、スタバックス、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキンなどなど、米中貿易戦争は、異次元の深みに入る。

 

そのときに、テスラは見逃されるのだろうか?

 

米国と中国の関係が、非常に微妙になりはじめた。

 

しかし、テスらが狙えるのは、中国しかないとも言える。

 

 

2019-06-02---中国国防大臣、米国との貿易摩擦「戦う準備できている!」

2019-01-18---米国のテスラ。7%の人員削減!

2018-06-20---対米増税にらみ、中国でテスラ、消費者は現品購入を急ぐよう呼び掛けた!

2018-03-29---テスラ主力車種「モデルS」、12万台以上リコール。

2017-10-23---米国のテスラ、上海に世界最大級充電ステーションを開設。

2017-07-28---テスラは、量産型の新型EV「モデル3」を納車。

2017-07-28---素人が作ったアメ車「テスラの量産型新EV」売れるか?


中国国防大臣、米国との貿易摩擦「戦う準備できている!」

2019-06-03 18:56:20 | 戦争と平和

日本経済新聞 電子版、時事通信は2019年06月02日に、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議IISS Shangri-La Dialogueで、中国の魏鳳和(魏凤和/Wei Fenghe/1954 - )国防相は2019年06月02日に演説し、米中貿易摩擦について「対話したいならばドアは開いている。戦いたいなら戦う。準備はできている」と述べ、米国との対立の長期化を辞さない考えを示した。

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/68686">https://time-az.com/main/detail/68686</a>

 

一方で「戦争になれば世界にとっても災難だ」と語り、米国に歩み寄りを求めた。

 

こんなことを言ったら、どうなるかがわかっているのだろか?


2019-05-29---Huawei制裁で、カンボジアの端末販売業者に打撃!
2019-05-29---フィリピンとインドネシアの排他的経済水域の境界線の画定協定。
2019-05-31---フィリピン大統領、南シナ海「一触即発」緊張感!
2019-03-05---2019-03-05
2017-05-19---フィリピン大統領、南シナ海問題で「中国が戦争になると警告。」
2016-08-24---フィリピン大統領、南シナ海問題で、中国に「落とし前をつける」と警告!
2016-07-12---国際仲裁裁判所、南シナ海領有権、「中国に歴史的権利なし」と裁定。
2016-04-03---海上自衛隊の潜水艦など3隻、フィリピンに寄港。
2016-03-05---中国人口、20年までに約14億2000万人と予測。
2016-02-19---次の世界大戦は南シナ海である。
2015-12-07---米国は南シナ海情勢で、シンガポールに哨戒機を配備。
2015-10-27---中国政府、人工島付近の米艦航行は「主権への脅威」
2015-07-21---日本は、中国との論争で、海の活動の非難を尖らす!
2015-07-11---尖閣諸島を中国が日本領と認識している根拠の感謝状を公開。
2015-07-05---米豪合同演習に、日本の自衛隊も初参加!
2015-07-01---中国の人工島建設戦略は急速。
2015-04-28---日本と韓国の間の悪感情は持続。
2015-04-17---中国、南シナ海の人工島に滑走路を建設!
2015-03-31---中国は自国を拡大するため、南シナ海に島を作る!
2015-03-19---中国と日本は、知恵の輪のような4年で最初のセキュリティ会議を保持。
2014-10-14---なぜ、米国海軍は仮想敵国中国の演習をするのか?
2014-08-22---米国は無謀な中国パイロットのスクランブル攻撃を非難。
2014-05-11---中国、南シナ海でベトナムに強硬姿勢の狙い。
2014-04-23---論争の的になっている小さな島のために、中国は戦争をするのか?
2014-04-23---オバマ大統領は、アジアの旅行が始まるとともに日本の島を支援すると誓った。
2014-04-16---メタンハイドレートは、汚い燃料か?あるいはエネルギー救済か?
2014-04-13---石炭ガス化は、将来のクリーンエネルギー?
2014-03-03---中国がトップ・トレーダーになるために、自己満足の理由を見つけない。
2014-02-25--フィリピンは、中国の沿岸警備隊が漁師に放水砲発射で抗議!
2014-02-23---香港の送金業者は、フィリピンへの送金手続きで戦争になる。
2014-02-09---景気上昇の中、アジア-パシフィックの防衛費を押し上げた。
2014-02-01---怒らせると報復する中国式「いじめ外交(China's bullying economic diplomacy)」
2014-01-10---米国は、中国の新しい海規則が「挑発的」であると言った。
2013-12-26---なぜ?安倍晋三首相は、靖国神社へ行ったか!
2013-10-31---尖閣ブーメラン。
2013-10-26---安倍晋三首相は、日本が中国に抵抗すると言った。
2013-09-11---日本企業のインドネシア投資、さらにサービス業でも拡大。
2013-09-10---中国は「危険な客」
2013-09-06---香港の大富豪李嘉誠が、中国の資産を投げ売り!
2013-08-26---米国はインドネシアヘ、最新AH-64Eアパッチ攻撃ヘリコプターを売った。
2013-03-26---ベトナムは、中国が漁師に発砲したことで非難!
2013-01-31---フィリピンは、経済が6.6%を拡張するとともに、成長目標を打ち破った。
2013-01-22---フィリピンは、国連法廷で中国による南シナ海領有権主張に挑戦。
2013-01-08---中日韓3カ国連携の最大の障害は米国!?
2012-11-21---フィリピンは、南シナ海の論争で4カ国の会を召集した。
2012-11-14---中国の新しい将軍は、戦争未経験者が多い。
2012-10-20---ついに、問題の水域南シナ海に、米国空母が巡航。
2012-10-19---今度は、中国が東シナ海で、海軍の練習を行なう。
2012-10-18---だれが、米国のオーナーか?
2012-10-14---日本の海軍は、中国と小競り合いの中で、軍艦を披露。
2012-10-12---「沖縄中国論」を主張する中国の強硬派。
2012-09-26---フィリピン、最優遇条件で中国からの逃避日本企業受け入れ!
2012-09-25---日本・中国の外務大臣は議論された島をめぐる苦しい対立で会談。
2012-09-25---中国は日本との島会談で主権を警告。
2012-09-24---釣魚島問題で、不動産業でも日本製品不買。
2012-09-23---中国は一方的に、日本との外交イベントをキャンセル!
2012-09-20---日本企業、中国工場の操業再開。
2012-09-18---中国の反日暴動、日系家電不買拡大。
2012-09-18---世界中が、中国の反日抗議行動に注目している。
2012-09-17---中国の反日本抗議で、日本のいくつかの会社はオペレーションを停止。
2012-09-16---中国で吹き荒れる反日本暴力。どうなっている中国人!
2012-09-14---尖閣湾列島の近くを航海する中国の監視船。
2012-09-12---存在感のため、中国の海爾はFisher & Paykelの買収を始めた。
2012-09-11---特許紛争は、アップルのサムスン離れ加速!
2012-09-05---NECが、Lenovoの株を売却し、Lenovoの株下落。
2012-09-04---アディダスの中国委託工場、契約終了通告。
2012-09-03---シャープは、鴻海販売価格で、株価が下落。
2012-08-30---中国の多国籍大手、中国撤退が加速!
2012-08-24---低温多雨で、中国のエアコンが低迷。
2012-08-23---中国で、日本メーカーのテレビ販売崩壊!日本はラクダ?
2012-08-23---アディダスの契約終了で、中国生産受託300社が集団賠償請求!
2012-08-21---蘇寧電器、国美電器、週末販売300%増!
2012-08-21---低所得農家20%と高所得農家20%は所得差が10.19倍。
2012-08-20---ウォルマートとカルフール、中国での出店ペースを減速。
2012-08-15---シャープの株価は、損失を悪化させる恐れで、さらに下落!
2012-08-13---蘇寧と京東、ネット史上最大規模で価格競争を展開すると宣言!
2012-07-26---中国上半期の都市部住民可処分所得。
2012-07-25---ノキア、段階的中国事業撤退を継続!
2012-07-20---中国唯一のアディダス自社工場を閉鎖!
2012-07-20---ロンドンでオリンピック公式スポンサー名を言えば言うほど不可思議!?
2012-07-17---ノキア 中国での人員削減計画発表!
2012-07-03---日本の部品メーカー、中国などに分散化!「キャラバン資本主義」
2012-06-29---韓国は日本との歴史的な軍事条約をドタキャン延期。
2012-05-17---企業は、人件費高騰でも人手不足の北京で 「90後(90后)」引き止めに必死!
2012-05-12---中国は南シナ海での戦争を準備していることを否定。
2012-05-10---中国敵は、先日まではベトナムだったが、今度はフィリピン!
2012-05-07---中国の女性アナ大失態!「フィリピンは中国の領土」?
2012-04-14---パキスタンのファッションショーとモデル!
2012-03-04---中国軍事予算は、最高のUS$1000億!
2012-02-28---上海市はさらに、4月から月1450元へ最低賃金引き上げ!
2012-02-20---Foxconn、iPadとiPhoneのスタッフ16-25%の賃上げ!
2012-02-08---中国雇用主の8割が、「今年は6%以上賃上げ」。
2012-02-08---中国の最低賃金水準は、2015年までに13%引き上げ!
2012-02-08---中国の春節明け第1週の人材募集、過去最高186万人!
2012-02-06---中国、春節明けに転職が激増し、労働力不足が深刻化!
2012-01-08---フィリピンは、中国船がスプラトリー島の領海侵入で非難!
2011-12-13---10月のフィリピン輸出品は、14.6%の下落。
2011-11-06---第1回カンボジア・ファッション・ウィーク2011!
2011-11-06---アディダスのWebサイトにサイバーテロ攻撃!
2011-09-25---巨大人口の中国で、労働力不足の時代がやって来る!?
2011-07-11---中国の深セン市で、最低賃金13.2%アップで月額1423元。
2011-07-01---中国共産党創設90周年!
2011-06-29---中国の最低賃金、今後5年で年13%以上引き上げ!
2011-06-14---ベトナムは、南シナ海の兵力を増強!
2011-06-09---ベトナムと中国のスプラトリー諸島紛争は、サイバー戦争にも点火!
2011-05-30---ベトナム、海域紛争で中国を起訴。
2011-05-25---日本大手企業の生産拠点が、中国に移動!日本は中国の営業マンとして活躍するチャンス!
2011-05-01---最低賃金を楽しむ香港の労働者達。
2011-04-12---ノキアは、40% 近くの人員削減が可能になった!
2011-04-12---Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!
2011-04-05---北京市が外資企業の賃金は、中国企業の最低賃金の1.5倍以上を明示!
2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!
2010-10-27---インドのモバイル電話検索で、ノキアが一番!
2010-09-20---どうなる中国の共産資本主義。
2009-09-18---「日王」と「天皇」の間。
2008-04-09---Nokia社、「キャラバン資本主義」でボーフム工場閉鎖。
1972-11-04---雄のカンカンと雌のランランのパンダ歓迎式典が行われた。
1962-11-09---「日中総合貿易」覚え書きに調印した。
1936-12-12---蒋介石を監禁した「西安事件」が起きた。
1932-03-01---満州国が建国宣言した。
1931-09-18---関東軍、柳条湖付近の南満州鉄道を爆破した。
1914-09-05---日本軍が初めて飛行機を実戦に使用。
1894-08-01---日本と清国は互いに宣戦布告した。


中国、Huaweiの荷物誤配送で、米国の物流大手FedEx調査。

2019-06-03 10:21:35 | 犯罪と裁判

 

 

毎日新聞は2019年06月01日に、中国国営通信の新華社は2019年06月01日に、中国当局が米国物流大手FedEx(フェデックス)の配送について調査に乗り出すことを決めたと伝えた。

 

FedExが、トランプ米政権が排除を進める中国の通信機器最大手Huawei(Huawei Technologies Co. Ltd./华为技术/ファーウェイ/華為技術)宛ての荷物を間違って米国に転送した問題に関連しているとみられる。

 

新華社は調査理由について、中国の顧客の「合法的な権益を著しく損ねた」としている。

 

 

そういえば、2017年06月28日に、フェデックスがサイバー攻撃されたと報告している。

 

この事件に関連した調査であれば、米国スパイvs中国スパイの戦争である。

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/68685">https://time-az.com/main/detail/68685</a>

 

実は、水面下でかなり以前から米国スパイvs中国スパイの戦争は騒がれてきた。

 

中国メディアによると、日本からHuaweiに送られた荷物2件が、Huaweiの知らないうちに米国に転送されたという。

 

FedExは謝罪声明で事務的なミスだとの見方を示した。

 

次は、アップルがスパイをしたと言いだし、締め出すことだろう。

 

さらに、スタバックス、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキンなどなど、米中貿易戦争は、異次元の深みに入る。

 

それらは、中国人スタッフの証言だけで、有罪である。

 

FedExの棺にかける星条旗が置かれた!

 

2017-06-28---サイバー攻撃で、フェデックスも被害。発送に遅れ!


インドのマヒンドラのEV販売、1万台強に倍増。

2019-06-03 09:31:31 | EV

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月31日に、インドの自動車大手M&M(Mahindra & Mahindra Limited/マヒンドラ&マヒンドラ)は2019年05月30日に、2018年度(2018年4月~19年3月)のEV(Electric Vehicle/電気自動車)販売台数が前年度比2.6倍の1万276台だったと明らかにした。省エネルギー事業を手掛ける公営EESL(Energy Efficiency Services Limited/エナジー・エフィシェンシー・サービシズ)からの受注が販売台数を押し上げた。

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/68684">https://time-az.com/main/detail/68684</a>

 

M&Mはセダン「eベリト(eVerito)」、バン「eスプロ(eSupro)」、コンパクトカー「e2o」、電動三輪車(eRikisha)「トレオ(Treo)」を展開しており、2017/18年度の販売台数は計4,026台だった。

 

EESLはEV調達の第2弾として、M&Mとタタ・モーターズにそれぞれ5,000台のセダンを発注しており、M&MはEESLに対する受注残があるため、本年度も販売増が見込めるという。

 

さらに、2019年04月に始動したインド政府のエコカー購入支援制度「EV FAME-India(Faster Adoption and Manufacturing of (Hybrid &) Electric Vehicles/インディア電気自動車生産・普及促進)」第2期で、M&Mの車両が補助金の対象になっていることも追い風になるとみている。

 

これでは、補助金支給がなければ、ほぼ皆無ということになる。

 

そういえば、日本の企業にも補助金で食っている人がいた。

さらに、国民の血税にたかる補助金ブローカーまでいた。

 

その補助金ブローカーを日刊工業新聞や中小企業庁が推薦していたのには、驚いた。

全て資料は残っているので、血税のダニとして、全て暴く!

 

このような補助金ブローカー経由では、良いものはできない。

 

2019-03-07---インドのEV普及策の補助金交付、国産化率が条件!


オーストラリアの最低賃金、2019年07月01日から週A$740と3%引き上げ。

2019-06-03 08:35:27 | 経済

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月31日に、オーストラリアのFWC(Fair Work Commission/労使裁定機関フェアワーク委員会)は2019年05月30日に、2019年07月01日から最低賃金を1週間当たりA$(豪ドル)740.80(約5万6,200円)とし、これまでより3%(A$21.60)引き上げると発表したと報告した。

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/68683">https://time-az.com/main/detail/68683</a>

 

時給に換算すると、最低賃金はA$19.49に引き上げられた。

ただ、引き上げ率は、過去2年間の3.5%と3.3%には届かなかった。FWCは理由として、GDP(Gross Domestic Product国内総生産)やインフレ率の伸びが減速していることなど、経済環境の変化を挙げている。

 

FWCによると、近年、低賃金労働者の生活水準は改善傾向にあるが、可処分所得が全国的な平均収入の60%を下回り、相対的貧困に陥っている家庭もまだ存在しているという。

 

一方、最上位労組のACTU(Australian Council of Trade Unions/オーストラリア労働組合評議会)は、すべての労働者を貧困から救出するため、週当たり6%(A$43)の引き上げを要求していた。

これがFWCに承認された場合、2020年には、全国的な平均収入の60%を生活賃金として設定する計画だった。

 

ACTUのオブライエン(Liam O'Brien)書記官補佐は、今回の引き上げを歓迎するとしながらも「生活賃金の目標額には到底届かない」とし、「最低賃金が労働者にとって家庭を守るに十分となるには、道のりは長い」と話した。

 

ACCI(Australian Chamber of Commerce and Industry/オーストラリア商工会議所)の ジェームス・ピアソン(James Pearson)代表は「3年連続での引き上げは、特に小規模事業者にとって受け入れがたいもの」と言明。


フィリピンとインドネシアの排他的経済水域の境界線の画定協定。

2019-06-03 07:51:17 | 戦争と平和

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月31日に、フィリピンの上院は2019年05月29日に、隣国インドネシアと重複しているEEZ(Exclusive Economic Zone/排他的経済水域)について、境界線の画定に関する協定の決議案が第2読会を通過したと発表した。

 

国際法に基づき両国の合意で進める意向という。

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/68682">https://time-az.com/main/detail/68682</a>

 

フィリピンとインドネシアの排他的経済水域の境界線は、植民地時代に設定されたもので、非現実的である。

 

フィリピンの上院外交委員会のレガルダ(Loren Legarda/1960 - )委員長が承認を求めた、「フィリピンとインドネシア政府間のEEZ境界画定に関する協定(Philippines and Indonesia Sign Agreement on EEZ Boundary)」を可決した。

 

両国は国連海洋法条約を批准しており、レガルダは、同条約第74条に従い「重複する境界線の画定と分割は、国際法に基づき合意により行うべき」と述べた。

 

両国のEEZは、ミンダナオ海(Mindanao Sea)、セレベス海(Celebes Sea)、フィリピン海(Philippine Sea/太平洋の付属海)で重複している。

 

レガルダによれば、法務省、農業省、環境天然資源省、運輸省、国防省、BFAR(Bureau of Fisheries and Aquatic Resources/農業省水産資源局)の同意も得ている。

 

これはフィリピンで最初の海上境界条約になる。海上境界条約によって漁師や他の利害関係者は、1982年のUNCLOS(United Nations Convention on the Law of the Sea/海洋法に関する国際連合条約)を含む、国内法や条約によって規定されているように、EEZ境界線は、フィリピン南部の海域の限界を定義した。

 

 

2019-05-31---フィリピン大統領、南シナ海「一触即発」緊張感!

2017-05-19---フィリピン大統領、南シナ海問題で「中国が戦争になると警告。」

2016-08-24---フィリピン大統領、南シナ海問題で、中国に「落とし前をつける」と警告!

2016-07-12---国際仲裁裁判所、南シナ海領有権、「中国に歴史的権利なし」と裁定。

2016-04-03---海上自衛隊の潜水艦など3隻、フィリピンに寄港。

2016-03-05---中国人口、20年までに約14億2000万人と予測。

2016-02-19---次の世界大戦は南シナ海である。

2015-12-07---米国は南シナ海情勢で、シンガポールに哨戒機を配備。

2015-10-27---中国政府、人工島付近の米艦航行は「主権への脅威」

2015-07-21---日本は、中国との論争で、海の活動の非難を尖らす!

2015-07-11---尖閣諸島を中国が日本領と認識している根拠の感謝状を公開。

2015-07-05---米豪合同演習に、日本の自衛隊も初参加!

2015-07-01---中国の人工島建設戦略は急速。

2015-04-28---日本と韓国の間の悪感情は持続。

2015-04-17---中国、南シナ海の人工島に滑走路を建設!

2015-03-31---中国は自国を拡大するため、南シナ海に島を作る!

2015-03-19---中国と日本は、知恵の輪のような4年で最初のセキュリティ会議を保持。

2014-10-14---なぜ、米国海軍は仮想敵国中国の演習をするのか?

2014-08-22---米国は無謀な中国パイロットのスクランブル攻撃を非難。

2014-05-11---中国、南シナ海でベトナムに強硬姿勢の狙い。

2014-04-23---論争の的になっている小さな島のために、中国は戦争をするのか?

2014-04-23---オバマ大統領は、アジアの旅行が始まるとともに日本の島を支援すると誓った。

2014-04-16---メタンハイドレートは、汚い燃料か?あるいはエネルギー救済か?

2014-04-13---石炭ガス化は、将来のクリーンエネルギー?

2014-03-03---中国がトップ・トレーダーになるために、自己満足の理由を見つけない。

2014-02-25--フィリピンは、中国の沿岸警備隊が漁師に放水砲発射で抗議!

2014-02-23---香港の送金業者は、フィリピンへの送金手続きで戦争になる。

2014-02-09---景気上昇の中、アジア-パシフィックの防衛費を押し上げた。

2014-02-01---怒らせると報復する中国式「いじめ外交(China's bullying economic diplomacy)」

2014-01-10---米国は、中国の新しい海規則が「挑発的」であると言った。

2013-12-26---なぜ?安倍晋三首相は、靖国神社へ行ったか!

2013-10-31---尖閣ブーメラン。

2013-10-26---安倍晋三首相は、日本が中国に抵抗すると言った。

2013-09-11---日本企業のインドネシア投資、さらにサービス業でも拡大。

2013-09-10---中国は「危険な客」

2013-09-06---香港の大富豪李嘉誠が、中国の資産を投げ売り!

2013-08-26---米国はインドネシアヘ、最新AH-64Eアパッチ攻撃ヘリコプターを売った。

2013-03-26---ベトナムは、中国が漁師に発砲したことで非難!

2013-01-31---フィリピンは、経済が6.6%を拡張するとともに、成長目標を打ち破った。

2013-01-22---フィリピンは、国連法廷で中国による南シナ海領有権主張に挑戦。

2013-01-08---中日韓3カ国連携の最大の障害は米国!?

2012-11-21---フィリピンは、南シナ海の論争で4カ国の会を召集した。

2012-11-14---中国の新しい将軍は、戦争未経験者が多い。

2012-10-20---ついに、問題の水域南シナ海に、米国空母が巡航。

2012-10-19---今度は、中国が東シナ海で、海軍の練習を行なう。

2012-10-18---だれが、米国のオーナーか?

2012-10-14---日本の海軍は、中国と小競り合いの中で、軍艦を披露。

2012-10-12---「沖縄中国論」を主張する中国の強硬派。

2012-09-26---フィリピン、最優遇条件で中国からの逃避日本企業受け入れ!

2012-09-25---日本・中国の外務大臣は議論された島をめぐる苦しい対立で会談。

2012-09-25---中国は日本との島会談で主権を警告。

2012-09-24---釣魚島問題で、不動産業でも日本製品不買。

2012-09-23---中国は一方的に、日本との外交イベントをキャンセル!

2012-09-20---日本企業、中国工場の操業再開。

2012-09-18---中国の反日暴動、日系家電不買拡大。

2012-09-18---世界中が、中国の反日抗議行動に注目している。

2012-09-17---中国の反日本抗議で、日本のいくつかの会社はオペレーションを停止。

2012-09-16---中国で吹き荒れる反日本暴力。どうなっている中国人!

2012-09-14---尖閣湾列島の近くを航海する中国の監視船。

2012-09-12---存在感のため、中国の海爾はFisher & Paykelの買収を始めた。

2012-09-11---特許紛争は、アップルのサムスン離れ加速!

2012-09-05---NECが、Lenovoの株を売却し、Lenovoの株下落。

2012-09-04---アディダスの中国委託工場、契約終了通告。

2012-09-03---シャープは、鴻海販売価格で、株価が下落。

2012-08-30---中国の多国籍大手、中国撤退が加速!

2012-08-24---低温多雨で、中国のエアコンが低迷。

2012-08-23---中国で、日本メーカーのテレビ販売崩壊!日本はラクダ?

2012-08-23---アディダスの契約終了で、中国生産受託300社が集団賠償請求!

2012-08-21---蘇寧電器、国美電器、週末販売300%増!

2012-08-21---低所得農家20%と高所得農家20%は所得差が10.19倍。

2012-08-20---ウォルマートとカルフール、中国での出店ペースを減速。

2012-08-15---シャープの株価は、損失を悪化させる恐れで、さらに下落!

2012-08-13---蘇寧と京東、ネット史上最大規模で価格競争を展開すると宣言!

2012-07-26---中国上半期の都市部住民可処分所得。

2012-07-25---ノキア、段階的中国事業撤退を継続!

2012-07-20---中国唯一のアディダス自社工場を閉鎖!

2012-07-20---ロンドンでオリンピック公式スポンサー名を言えば言うほど不可思議!?

2012-07-17---ノキア 中国での人員削減計画発表!

2012-07-03---日本の部品メーカー、中国などに分散化!「キャラバン資本主義」

2012-06-29---韓国は日本との歴史的な軍事条約をドタキャン延期。

2012-05-17---企業は、人件費高騰でも人手不足の北京で 「90後(90后)」引き止めに必死!

2012-05-12---中国は南シナ海での戦争を準備していることを否定。

2012-05-10---中国敵は、先日まではベトナムだったが、今度はフィリピン!

2012-05-07---中国の女性アナ大失態!「フィリピンは中国の領土」?

2012-04-14---パキスタンのファッションショーとモデル!

2012-03-04---中国軍事予算は、最高のUS$1000億!

2012-02-28---上海市はさらに、4月から月1450元へ最低賃金引き上げ!

2012-02-20---Foxconn、iPadとiPhoneのスタッフ16-25%の賃上げ!

2012-02-08---中国雇用主の8割が、「今年は6%以上賃上げ」。

2012-02-08---中国の最低賃金水準は、2015年までに13%引き上げ!

2012-02-08---中国の春節明け第1週の人材募集、過去最高186万人!

2012-02-06---中国、春節明けに転職が激増し、労働力不足が深刻化!

2012-01-08---フィリピンは、中国船がスプラトリー島の領海侵入で非難!

2011-12-13---10月のフィリピン輸出品は、14.6%の下落。

2011-11-06---第1回カンボジア・ファッション・ウィーク2011!

2011-11-06---アディダスのWebサイトにサイバーテロ攻撃!

2011-09-25---巨大人口の中国で、労働力不足の時代がやって来る!?

2011-07-11---中国の深セン市で、最低賃金13.2%アップで月額1423元。

2011-07-01---中国共産党創設90周年!

2011-06-29---中国の最低賃金、今後5年で年13%以上引き上げ!

2011-06-14---ベトナムは、南シナ海の兵力を増強!

2011-06-09---ベトナムと中国のスプラトリー諸島紛争は、サイバー戦争にも点火!

2011-05-30---ベトナム、海域紛争で中国を起訴。

2011-05-25---日本大手企業の生産拠点が、中国に移動!日本は中国の営業マンとして活躍するチャンス!

2011-05-01---最低賃金を楽しむ香港の労働者達。

2011-04-12---ノキアは、40% 近くの人員削減が可能になった!

2011-04-12---Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!

2011-04-05---北京市が外資企業の賃金は、中国企業の最低賃金の1.5倍以上を明示!

2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!

2010-10-27---インドのモバイル電話検索で、ノキアが一番!

2010-09-20---どうなる中国の共産資本主義。

2009-09-18---「日王」と「天皇」の間。

2008-04-09---Nokia社、「キャラバン資本主義」でボーフム工場閉鎖。

1972-11-04---雄のカンカンと雌のランランのパンダ歓迎式典が行われた。

1962-11-09---「日中総合貿易」覚え書きに調印した。

1936-12-12---蒋介石を監禁した「西安事件」が起きた。

1932-03-01---満州国が建国宣言した。

1931-09-18---関東軍、柳条湖付近の南満州鉄道を爆破した。

1894-08-01---日本と清国は互いに宣戦布告した。


シンガポールのDBS銀行、養鶏の中小企業に初の環境融資。

2019-06-03 06:57:10 | 食品

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月31日に、シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングス傘下のDBS銀行は、中小企業に初となるゲージを作らないで鶏を自由に育ている地場鶏卵生産事業者チューズ・アグリカルチャー(Chew's Agriculture)とサステナビリティー・ローン(Sustainability loan/持続可能性融資)契約を締結し、融資をすることになったと報告した。

 

狭い国家シンガポールの食品事情は、合理的で、健康的な新しい産業が求められている。

 

これは、日本も同じである。

 

サステナビリティー・ローンで、養鶏が変わった!

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/68681">https://time-az.com/main/detail/68681</a>

 

サステナビリティー・ローンは、資金の使途を環境・社会面に配慮した事業に限定した融資。

DBS銀行は対象企業のサステナビリティーに関する年次報告書に基づき、融資の可否を判断している。

 

DBS銀行が2019年05月29日に発表した声明によると、融資期間は10年で、S$(シンガポール・ドル)2,700万(約21億5,000万円)を供与する。

 

チューズ・アグリカルチャーは1日50万個の鶏卵を生産し、うち95%をシンガポール国内に供給している。

DBS銀行から調達した資金を、鶏を「ケージ飼い」ではなく、地面の上に鶏を放して快適な環境下で飼う「平飼い」施設の新設に充てる。

 

DBS銀行は、チューズ・アグリカルチャーがアメリカの動物飼育監視団体HFAC(Humane Farm Animal Care/ヒューメイン・ファーム・アニマル・ケア)が定める基準(鶏の健康に配慮した飼料を与えているかなど)を満たした場合、融資の金利を軽減する。