世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ビクトリア朝の画家ジェームズ・コリンソンが生まれた。

2019-05-09 19:53:05 | 人物


ArtDailyは2019年05月09日に、1848年から1850年まで、ラファエロ前派兄弟(Pre-Raphaelite Brotherhood)のメンバーで、ビクトリア朝の画家であったジェームズ・コリンソン(James Collinson/1825 - 1881)が、1825年05月09日にイギリスのノッティンガムシャー州マンスフィールド(Mansfield)で本屋の息子として生まれたと報告した。

彼は、ラファエロ前派の宗教的で、信心深い側面に惹かれた敬虔なクリスチャンであった。

しかし、カトリックに改宗したコリンソンは、宗教作品、古典、童話、小説を学んだ母親と父親によって育てられた詩人クリスティーナ・ロセッティ(Christina Georgina Rossetti/1830 - 1894)と結婚するために高位聖職者に戻ったが、キリストを描いたことが冒とくであると非難され、それがクリスチャンの宗教を不名誉にさせていたとの信念で同胞団から辞任した。そして、彼の良心は、カトリックへの復帰と婚約の崩壊を起こした。

https://time-az.com/main/detail/64277

彼は1858年に、ラファエル前派への初期画家ジョン・ロジャース・ハーバート(John Rogers Herbert)の義理の姉妹の一人エリザ・ウィーラー(Eliza Wheeler)と結婚した。

ヨーロッパでは、今での宗派によって、結婚できないことが起こる。

7 Gower Street, Bloomsbury, London WC1E 6HA, London Borough of Camdenに、1998 by English Heritageとして「In this house THE PRE-RAPHAELITE BROTHERHOOD wad found in 1848」というブルーのプレイとが掲げられた。

今回公開された絵は、1849年-50年に描かれたワイト島のカルバークリフで、木戸の近くの母と子供(Mother and Child by a Stile, with Culver Cliff, Isle of Wight, in the Distance)。


米国のJLL、大湾区が香港の不動産需要押し上げると予測?!

2019-05-09 18:32:12 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月08日に、米国の不動産総合サービスのJLL(Jones Lang LaSalle/ジョーンズ・ラング・ラサール)は、広東省、香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」の進展が、住宅やオフィスをはじめとする香港の各種不動産の需要を押し上げるとの見方を示したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68410

エリア内の資本、貿易、情報、ヒトの往来が便利になることで、各産業の発展と経済成長につながることを理由に挙げた。

このうちオフィス市場については、エリア内の越境投資の利便化に伴い、多くの本土企業が香港に進出し、香港のオフィス需要を長期的に支えるとの見方を示した。

本土企業のオフィス需要は香港島セントラル(中環)が中心だったが、低い空室率などを背景に、過去1年半の間に需要がアドミラルティーなど周辺地区に広がったと説明した。

JLLは2023年末までの新規オフィス供給のうち、立地の約88%がCBD(Central Business District/中央商業地区)以外になると予測した。



2019-04-28---香港の2019年第1四半期経済成長鈍化、1.3%以下!?
2019-04-24---中国本土の銀行、香港で迂回融資。
2019-04-18---香港のジョルダーノ、2019年第1四半期は10.8%の減収。
2019-04-17---香港で週55時間以上の労働者が2割になり、是正訴え!
2019-04-17---2019年03月の訪日香港人は、連休のずれで2桁減。
2019-04-09---香港株の時価総額、日本超えて世界3位になった。
2019-04-09---香港大学、2019年成長率を2.3%に下方修正。
2019-04-09---香港―深セン―広州を結ぶ広深港高鉄の乗客数、1日5万5,000人止まり!
2019-04-04---マカオ空港、2019年第1四半期の旅客は17%増。
2019-04-02---阿里巴巴集団の支付宝HK、香港空港で顔認証決済開始。
2019-03-31---2019年02月の香港への旅行者6%増、本土客以外が強い伸び!
2019-03-28---香港のHKTが、仮想銀行JVを設立。
2019-03-27---香港で、仮想銀行の免許第1弾として、3社に発給を発表。
2019-03-04---香港の利福国際、2018年4割減益。
2019-03-04---さよなら香港!香港から移住希望が急増!
2019-02-28---2019年の香港経済成長2%台と低い予測。
2019-02-27---香港のGDP、深圳のGDPを下回った!
2019-02-26---香港の2019年01月輸出、3カ月連続のマイナス。
2019-02-20---「大湾区は中国のEUになるべきだ」!?
2019-01-29---中国の広東省、粤港澳大湾区、2035年に全体完成へ
2019-01-23---カジノと観光のマカオ、2018年の旅行者、過去最高の3,580万人!
2018-12-27---転がるように落ちていく!香港の輸出、11月は22カ月ぶりマイナス!
2018-12-19---香港、今年4回目、政策金利2.75%に引き上げ!
2018-12-08---香港の輸出業者、米国から2019年1Qの受注25%減か!?
2018-12-05---約8割が、香港の2019経済成長率は3%未満と予測。
2018-12-05---米国の「景気楽観論が後退。」「スタグフレーション」を警戒。
2018-12-05---台湾の鴻海、ベトナムでiPhone組み立てライン設置、34万人リストラを計画か!?
2018-12-05---Huaweiの副会長兼CFO、カナダで逮捕!
2018-11-27---モルガン・スタンレー、香港の2018年成長率は3.3%と予測。
2018-11-26---香港のアパレル「エスプリ」、4割リストラ!3年で黒字化へ!
2018-11-21---2018年10月の訪日香港人1%減。
2018-11-17---米国政府、香港との貿易協力関係維持を明言。
2018-11-14---米国議会の超党派諮問機関、香港の「中国化」に懸念!
2018-11-14---戦後最長の景気、しかし、2018年07〜09月期マイナス成長!
2018-11-13---習主席が香港とマカオの訪問団と会談、4つの要望。
2018-11-03---香港の「港珠澳大橋」は開通10日目に、目標大きく超えた。
2018-11-01---みずほFG、香港の数碼港などと業務協力覚書締結。
2018-11-01---「広深港高鉄」開通で、海洋公園の本土客1割増。
2018-10-23---香港―広東省珠海―マカオを結ぶ海上橋開通。
2018-10-23---米中貿易戦争に対応し、対米輸出拠点 中国離れ加速!
2018-10-23---米中貿易戦争で、香港企業も本土工場の移転検討!
2018-10-22---米中貿易戦争で、香港の玩具産業を視界不良にさせている。
2018-10-19---WEFの2018年版「世界競争力報告」で、香港は7位。
2018-10-17---米中貿易戦争で、鴻海の子会社もミャンマーに逃げ出した!
2018-10-16---ついに、この時代が来た!訪日中国人が09月に、5年ぶりの減少!
2018-10-09---香港の尖沙咀のオフィス価格、2年で24%上昇!
2018-10-04---米国の金融大手も、香港の経済成長率予測を下方修正。
2018-10-04---PwC、香港で2018年01〜09月の上場企業調達が2.7倍に!
2018-10-02---電通、香港の企画・運営企業買収。
2018-09-19---訪日中国人伸び率が激減している。
2018-09-18---香港の今年の輸出見通し、半減の3%成長に修正!
2018-09-17---米国の対中関税第3弾、家具や家電、年内10%。
2018-09-14---香港の中古住宅市場で、一部の物件価格が下落している。
2018-09-14---米中貿易戦争で、香港の工場増強中止!
2018-09-11---香港政府は、米中貿易戦争を長期戦と考えた!
2018-09-11---米中貿易戦争で、中国本土撤退、香港の中継貿易減も
2018-09-08---トランプ大統領、アップルに生産を米国に移管要求。
2018-09-05---ミャンマー、EUからの縫製品受注額、既に昨年の2倍。
2018-08-30---香港の2018年07月の小売売上高、前年同月比7.8%増。
2018-08-27---マレーシアのパナソニック現法、生産ロボ化に4700万リンギ投資。
2018-07-10---深圳と香港の「深港創新圏」助成金拡大。
2018-06-26---香港の2018年05月輸出額、15.9%増のHK$3514億。
2018-06-04---香港の書店の過半数が中国当局傘下に、干渉懸念強まる。
2018-05-17---香港の失業率、2018年02〜04月は2.8%、約20年ぶり低水準。
2018-03-27---香港の輸出額、13カ月プラス。
2018-02-01---香港の統計史上で初て、「負の資産」ゼロ。
2018-01-31---中国で、自由の象徴であった、上海の書店閉店!
2018-01-18---香港で、超狭小物件の居住者、20万人を突破。
2018-01-03---香港経済絶好調継続!11月小売売上高7.5%増、9カ月連続プラス。
2017-12-29---香港人の2018年旅行先、日本の人気が継続!
2017-12-27---香港小売企業、本土客は高額品購入で、Xマスの消費好調!
2017-12-20---2017年01月〜11月、香港訪日客200万人の大台突破!
2017-12-11---香港の中環の高級オフィス賃料、2年連続世界1位。

トヨタ、中国での新車販売、2019年04月は19.9%増の14.2万。

2019-05-09 17:26:31 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月08日に、トヨタ自動車の中国法人「豊田汽車(中国)投資(丰田汽车(中国)投资/トヨタ自動車(中国)投資有限会社)」は2019年05月07日に、中国(香港とマカオを含む。以下同)における2019年04月の新車販売台数が前年同月比19.9%増の14万2,600台だったと発表した。

https://time-az.com/main/detail/68409

チャンネル別では、中国第一汽車集団(中国第一汽車集团)との合弁の一汽豊田汽車(一汽丰田/一汽トヨタ)が8.9%増の6万3,500台、広州汽車集団(广州汽車集团)との合弁の広汽豊田汽車(广汽丰田/広汽トヨタ)が25.9%増の5万5,600台だった。

トヨタは2019年の中国販売目標を、過去最高となる160万台に設定している。

2019-01-09---トヨタ、中国での新車販売、2018年は14%増の147.4万。
2018-10-08---トヨタ、中国での新車販売、2018年09月は18%増の14万台。
2018-08-02---トヨタ、中国での新車販売、2018年07月は17%増の12.7万台。
2018-05-02---トヨタ、中国での新車販売、2018年04月は8.9%増の11.8万台。
2018-02-02---トヨタ、中国での新車販売、2018年01月は24.5%増の12.7万台。
2018-01-09---トヨタ、中国での新車販売、2017年は過去最高の129万台。

Thunesは、US$1000万の資金調達ラウンドの後、急成長を遂げる。

2019-05-09 16:55:13 | モバイル・マネー


Mobile World Liveは2019年05月07日に、新興市場に焦点を当てたシンガポールの現金振替会社Thunesは、VCの資金で、US$1000万を手に入れ、そのパートナー基盤を強化するために、グローバルオフィスの設置面積を増やす計画を立てたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68408

Thunesは、携帯財布とより伝統的な金融機関との間の資金を処理する送金ハブを運営している。

80カ国への送金と9,000社が提供するプラットフォームへの送金を提供している。

VC企業GGVキャピタルが率いる最新の資金調達ラウンドでUS$1000万の資金を調達したことで、Thunesは同社のプラットフォームをさらに発展させ、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの成長を加速するための対策を導入すると述べた。

また、サンフランシスコ、ドバイ、パリにも新しいオフィスを開設する予定ということである。
​​​​​​​

スリランカのMobitelの目は、Mastercard mCashの爆発!

2019-05-09 15:36:28 | モバイル・マネー


Mobile World Liveは2019年05月07日に、スリランカの通信事業者がモバイル決済サービスの範囲と許容を拡大することを期待している動きとして、Mobitelは、Mastercardとのパートナー契約を結んだと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68407



スリランカテレコム(Sri Lanka Telecom)の部門Mobitelは、ステートメントの中で、今回の買収により国内でのデジタルの包括性が高まり、既存のmCashプラットフォームに新しいサービスを提供できるようになると述べた。

このサービスは、選択された場所での店内小売支払い、ユーザー間の現金振替、および請求書支払いを対象としている。


ネパール・テレコムは、モバイル・マネー立ち上げのヒントを得た。

2019-05-09 15:03:32 | モバイル・マネー


Mobile World Liveは2019年05月03日に、ネパールで最大のモバイル通信事業者ネパール・テレコム(Nepal Telecom)は、国営のRastriya Banijya Bankと提携してモバイル・マネー・サービスを開始すると伝えられていると報告した。

https://time-az.com/main/detail/68406

業界ニュースのNepali Telecomは、事業者が新しいサービスをサポートするために子会社を設立すると発表した。 
合意は、国の首相カーダガ・プラサダ・シャルマ・オリ(Khadga Prasad Sharma Oli)が監督するイベントで調印された。

ネパールテレコムの新しい子会社は、ネパールの中央銀行からの免許も必要とし、国の通信当局からの許可を必要とする。 レポートによると、事業者は新会社の株式を外部の投資家に提供することを予定している。

まだ名前が付けられていないモバイル・マネー・サービスは支払いと現金振替のために使われ、提案された使用例で、支店のない銀行を含む遠隔地で、公共料金請求書と、入出金には全国の代理店ネットワークを使用する。


Safaricom、高額モバイル・マネーのターゲットを発表。

2019-05-09 14:30:15 | 自動運転


Mobile World Liveは2019年05月03日に、SafaricomのCEOボブ・コレモア(Bob Collymore)は、モバイル・マネー・プラットフォームが直近の会計年度で急速にユーザーを増やし続けているため、m-Pesaからの収益は4年以内に同社の収益の半分以上を占めると予測したと報告した。

これまで、これほど成功したモバイル・マネー事業を聞いたことがない。

https://time-az.com/main/detail/68405

それだけ、Safaricomが貸し出した新規事業者も成功しているのだろう。

Safaricomのアナリストが2019年03月31日までの1年間である2019年度の結果を要求していると語って、ボブ・コレモアはまた、同社が収益を補完するために、他のeコマースの収益源を検討していると語った。

2018年度の27%から、2019年度のm-Pesaの収入は、Safaricomの総収入の31%を占めていた。
​​​​​​​

Apple Pay Iceland。2社のパートナーで立ち上げ!

2019-05-09 11:55:44 | 自動運転


アンドリュー・オル(Andrew Orr)はMacObserverで2019年05月08日に、MacRumorsからの情報として、Apple Pay Icelandが到着し、2社のパートナーLandsbankinnとArion bankiが発売時に利用可能になると報告した。

MacRumorsによると、Apple Payがアイスランドに、2019年05月08日に到着し、銀行の顧客はiPhone、iPad、Mac、Apple Watch用のAppleのモバイル決済システムを、非接触のロゴが表示されている場所ならどこでも使用できるようになったと言った。

https://time-az.com/main/detail/68404

国際的な支払いソリューション会社であるValitorは、Apple Payをアイスランド国内に持ち込むのに重要な役割を果たしたと言われており、アイスランドの銀行の中でLandsbankinnとArion bankiが最初のデジタル財布のサポートを発表した。

どの国が次のApple Payロールアウトを受けるかに関しては、現在、オランダとポルトガルの間であり、そこでは地方銀行が、Appleの非接触支払いシステムが「間もなく来る」と言っていた。

ただし、どれだけの経費を投入し、利益はいくらになったかについて、これまでに正確な数字は公開されていない。

とりあえず、日本で周囲に聞いて、Apple Payを使用した人に、会ったことがない。

iPhoneの売れ行きが芳しくないので、お金にならないApple Payで話題を作っている。

2019-05-01---INGは、Apple Payがもうすぐオランダにやってくると、言う。
2019-04-30---全ては、あの水引デザインから始まった!
2019-04-26---米国のP2PブランドがQ1取引でトップを争う。
2019-04-24---Apple Payが水曜日にチロルの国オースリアでサービスを開始する。
2019-04-24---オーストラリアで、アップル人気下落!
2019-01-11---ネット通販サイトでも、売れないiPhoneが異例の値下げ!
2019-01-02---今年も、Appleは流れをつかめず!苦労しそう!
2018-08-06---消費者リポートは、P2P支払いサービスでApple Pay Cashが最も良いと評価。
2018-07-26---PayPalは厳しい競争にもかかわらず、Venmoの爆発を報告。
2018-04-09---Amazon.com、Alexa P2P支払いを熟考。
2017-08-16---水引デザイナーが仕掛ける儀礼アート?


東京で1泊2,000円の宿。

2019-05-09 11:16:44 | 自動運転


海外のニュースを読んでいたら、「2000 JPY per night - TOKYO」という広告があった!

https://time-az.com/main/detail/68403

世界中からのバックパッカーが集まる東京で1泊2,000円の宿は、月額35,000円の宿。
もちろん、週単位でも借りられる。

「SAKURA HOUSE」という。

カンボジアで、1泊2,000円なら。クーラー、シャワー付きのWベット・ルームだが、物価の高い日本だと格安なのだろう。


カンボジアの外国人犯罪リストのトップは中国人。

2019-05-09 10:32:26 | 犯罪と裁判


カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」、「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2019年05月08日に、カンボジアの国家警察が2019年05月07日に公開した報告によると、2019年の第1四半期には、中国国民が、カンボジア王国で外国人による犯罪の最大の加害者であり、被害者であることが明らかになったと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68402

この報告は、2019年05月07日火曜日に内務省本部の第1四半期の会議に上級警官、部門長、および大使館代表が出席し、同省のホットラインの結果について話し合った後に公開された。

ホットラインで報告された11のケースは、外国人と大使館からのものであった。 3件が現在調査中で、これらのうちの8つは解決された。

その報告書によると、外国人を含む82件の刑事事件が、11の州から2019年01月から03月末までに記録された。この数字は、2018年同時期に外国人が関与した55件の刑事事件と比較した場合、約50%の増加を示した。

国家警察は、中国人241人、ベトナム人49人、タイ人26人、韓国人4人、アメリカ人3人の合計341人の外国人を逮捕した。

さらにそれは、プレアシアヌーク( Preah Sihanouk)州、シェムリアップ(Siem Reap)州、およびプノンペン(Phnom Penh)で犯罪の大部分が起こったと付け加えた。

さらに、同報告書によると、35カ国からの211人の外国人が犯罪の被害者であり、2018年の同時期のデータと比較して約15%の増加となった。

その内訳は、98人の中国人、12人のフランス人、11人のイギリス人、9人のドイツ人、そして7人のアメリカ人が犠牲になった。

「犯罪は麻薬取引、セクシャルハラスメント、違法婚、ビザの滞留などに関連して引き起こされた。 報告書によれば、被害者の大多数は、事故、病気、自殺、交通事故などで苦しんでいる外国人であった。」とレポートは報告している。

国家警察のスポークスマンのチャーイ・キム・コウン(Chhay Kim Khoeun)は、カンボジア王国には多くの中国人投資家がいるため、中国国民がリストのトップにランクされていたことに驚きはしていないと述べた。

「ここにやってくる中国人は、ほとんど中国での犯罪者であり、貧弱な実績があります。そして彼らは犯罪を犯します。カンボジアの法的措置を実行しようとしたのであれば、恩赦はない。」と語った。

「問題は、中国国民がカンボジア王国政府との関係を自慢しており、彼らは非常に親密であると主張していることです。これらは個人的な見解であり、一般的な見解ではありません。もしカンボジア政府がそれらとカンボジアの友好関係を認めたなら、彼らは無政府状態でカンボジアに来ることを許されないでしょう」と彼は言った。

社会的説明責任のための加盟ネットワーク事務局長サン・チェイ(San Chey)は、カンボジアへの中国国民の流入の増加は、市民社会グループが議論のために提起した問題であると述べた。

彼らは当局に適切な行動をとるよう求めた。

サン・チェイは、政府が、国際的な投資によってもたらされた金と観光を通じて、カンボジア王国の経済発展を見据えていると述べた。しかし、彼らはカンボジアをその外国人をうまく管理しない無政府状態の国と見なすかもしれない、と彼は主張した。

「政府は中国国民を行政統制下に置き、様々な犯罪について監視されるべき集団と見なすべきである。彼らの運転免許証に関しては、 彼らは汚職を通してそれらを取得しましたか、それとも彼らは運転免許証なしで[運転]していましたか?周りに疑いの余地はありません。」と言った。

これは、日本に来る中国人の運転免許証(インバウンド暴走族)にも、同様に注意が必要である。

「我々は彼らの出入り、彼らの住居、そして彼らの職場が、私たちの伝統と習慣、そしてカンボジアの法律を尊重することを確実にするための検査が必要あると主張する。」

「あらゆる種類の銃や弾丸を持っている中国人は、そうでなければ、当局の規則がもはや有効ではないことが心配である。」と彼は言った。

「取り締まりによって、さらに多くの犯罪が発見されたことは明らかです。」「経済発展と投資はより多くの外国人投資家と観光客を魅了したので、犯罪が発生する可能性があります。」とチャーイ・キム・コウンは述べた。 

政治アナリストのソク・サクーン(Sok Sakoun)は、国家警察は中国の投資家や観光客が関与する犯罪を監視するための特別委員会を設置すべきだと述べた。

さらに、「チームは中国の容疑者の監視と取り締まりに専念しなければならない。」「この特別グループは、中国国民に関するデータと情報を集めることができる。」とソク・サクーンは述べた。 

内務省は2018年09月に、中国国民の流入に続く犯罪を取り締まるためにプレアシアヌーク州警察に追加の支援を提供するためのタスクフォースを創設した。

2018年10月、タスクフォースは、中国の投資が中国の犯罪組織にもカンボジア王国でネットワークの構築をもたらしたと報告した。

2019-04-10---インバウンド暴走族の恐怖!
​​​​​​​