世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

メキシコの建築家ペドロ・ラミレス・バスケスが生まれた。

2019-04-16 23:15:28 | 人物


ArtDailyは2019年04月16日に、20世紀末のメキシコ建築家であったペドロ・ラミレス・バスケス(Pedro Ramírez Vázquez/1919 - 2013)が1919年04月16日に、メキシコシティ(Mexico City)で生まれたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/63993

作家で詩人であったカルロス・ペリサー(Carlos Pellicer)が説得して、建築の勉強をさせた。

米国の新聞「ロサンゼルス・タイムズ(LA Times/Los Angeles Times)」は死亡記事で、「ラミレス・バスケスは、コロンビア前の美学とヨーロッパのモダニズム感覚を融合させた驚くべきオリジナルデザインで知られていた。」「ペドロ・ラミレス・バスケスは94歳で死亡、建築家はメキシコシティの顔を変えた(Pedro Ramirez Vazquez dies at 94; architect changed the face of Mexico City)」と書いている。

今回公開された写真は、メキシコシティの国立人類学博物館(National Museum of Anthropology in Mexico City)で撮影されたペドロ・ラミレス・バスケスの作品。


東京中央オークション、台湾競売会社株34%取得。

2019-04-16 21:34:53 | アート


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月16日に、中国美術作品を主に取り扱う東京都中央区の競売会社の東京中央オークション(Tokyo Chuo Auction)は、台湾同業の、沐春堂拍賣股份有限公司(ArtFoxlive)の株34%を取得すると発表したと報告した。



https://time-az.com/main/detail/68176

時事資訊は2019年04月15日に、両社は2019年08月に、台湾で「東京中央沐春堂」名義のオークションを共同開催する。



東京中央オークションと沐春堂は既に、株取得に関するMOU(Memorandum Of Understanding/覚書)を第三者機関と締結。

2019年06月にも手続きを完了する予定だという。

香港子会社の東京中央オークション(香港)の担当者は、出資の理由についてNNAに対し、「グローバル化に向けて、さらに多くのコネクションを得ることができるため」と回答した。「沐春堂とはかねてから交流があり、オークションを通して文化交流を促進するという理念も一致していたことから、出資を決めた」と説明した。

ついに、日本にも、本格的なオークション時代が来るのだろう。
​​​​​​​

香港の航空大手キャセイ、今年の旅客輸送能力6%増?!

2019-04-16 20:29:38 | ロジスティクス


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月16日に、香港の経済新聞「信報」などは2019年04月15日に、香港の航空大手キャセイパシフィック航空(國泰航空有限公司/Cathay Pasific Airlines)の最高経営責任者(CEO)ルパート・ホッグ(Rupert Hogg)は、キャセイパシフィック航空の旅客輸送能力が2019年、前年比で6%増えるとの見通しを示した。前年の3.5%を上回る伸びになるとみていると伝えたと報告した。

キャセイパシフィック航空は旅客輸送能力を2024年まで毎年3.5~4%の幅で増やしていく目標だという。

https://time-az.com/main/detail/68175

今後、米国のボーイングの「B777X」やフランスのエアバスの「A350」など新型旅客機が納入されるにつれ、キャセイパシフィック航空の長距離路線用機材の平均機体年齢は5歳若返り、燃費性能が一段と高まると説明した。2018年は航空機の燃費が2%向上し、新型機の導入効果が既に表れたと振り返った。
キャセイパシフィック航空は21機のB777Xを発注済みである。





CEOのルパート・ホッグは自社の路線ネットワークについて、「これまでは金融都市に乗り入れてきたが、香港政府がイノベーションの発展を重視するにつれて、今後はこの方面を開拓していく」と説明した。伝統的なイノベーション都市である米国のサンフランシスコに加え、過去数年間でイスラエルのテルアビブ、インドのベンガルール(バンガロール)、アイルランドのダブリンなど、各大陸のイノベーション都市を結ぶ路線を増やしてきたことを紹介したと伝えた。

これまでのような観光だけをターゲットにした時代から、経済動向を意識した戦略になってきたとも言える。

2019-03-27---香港のキャセイの買収案件、日本線で相乗効果。
2018-10-24---香港のキャセイ航空、約940万人分の乗客データ流出!
2018-09-28---キャセイとカンタス共同運航で、提携。
2018-09-05---香港の航空各社、関空線の運休相次ぐ!
2018-08-17---香港のキャセイ航空、2018年07月旅客1.1%増、貨物も3%増。
2018-06-19---香港のキャセイ航空、2018年05月旅客数、微減。
2018-05-28---香港のキャセイ航空、LCCの要素取り入れ経営を模索。
2018-05-24---香港のキャセイ航空、搭乗で加算の「アジア・マイル」増へ!
2018-02-15---香港のキャセイ航空、2018年01月旅客2%減、貨物は2桁増。
2017-12-18---香港のキャセイ航空、2017年11月旅客7.9%増の284万3,893人、貨物も好調。
2017-11-07---カタール航空、キャセイ航空の3位株主に!
2017-10-12---香港キャセイドラゴン、ヤンゴン線増便。
2017-08-04---香港のキャセイ航空、アリババ系3部門と戦略提携。
2016-10-08---香港のキャセイ航空のボーイング747、香港でラスト飛行。
2012-03-14---香港のキャセイ航空、利益が、61%急落。

中国の携帯電話出荷台数、2019年03月は6%減。

2019-04-16 19:42:17 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月16日に、中国工業情報省(中华人民共和国工业和信息化部/工情省)傘下のシンクタンクであるCAICT(China Academy of Information and Communications Technology/中国信息通信研究院/中国情報通信研究院)が2019年04月10日に公開したレポートによると、2019年03月の携帯電話機の国内出荷は前年同月比6.0%減の2,837万3,000台だったと報告した。

5カ月連続のマイナスだが、減少幅は縮小した。

https://time-az.com/main/detail/68174

2019年03月の携帯出荷を移動通信システムの世代別に見ると、第4世代(4G)移動通信システムが2,697万8,000台(3.9%減)で全体の95.1%を占めた。2Gは138万7,000台、3Gは8,000台だった。

2019年03月の携帯出荷のうちスマートフォンは2,693万6,000台(4.1%減)で、全体の94.9%。
国内ブランドは2,568万9,000台(4.8%減)で、90.5%を占めた。
また3月に発売された携帯の新機種は52機種(35.0%減)で、うちスマートフォンは40機種(41.2%減)だった。

このチャートで面白いのは、アジア経済ニュースNNA ASIAのチャートには伸び率があり、世代別のチャートがないが、CAICTには、伸び率がなく、世代別のチャートあることと言える。

チャートは、見せ方で、受け手が違うと言うことである。



2018-07-26---中国の通信業売上高、上半期は4.1%増の6720億元!
2018-04-11---中国の携帯電話出荷台数頭打ち!26%減の8737万台。
​​​​​​​

韓国陸軍の軍医、脳卒中の症状回復予測アルゴリズムを発表。

2019-04-16 18:46:16 | 美容と医学の科学


Forbes JAPANは2019年04月12日に、脳卒中を患った患者の治療後の後遺症の回復具合を予測する、新たなAI(Artificial Intelligence/人工知能)予測モデルが韓国で開発されたと報告した。

開発したのは、韓国陸軍(21st Infantry Division of the ROK Army)に軍医として勤めるホ・ジュンニョン(Heo Jun-nyeong)で、韓国陸軍によれば、ホ・ジュンニョンの研究結果をまとめた論文は医療媒体「Stroke, an internationally acclaimed journal on strokes」に掲載されたという。

https://time-az.com/main/detail/68173

ただし、Heo Jun-nyeong, Stroke, an internationally acclaimed journal on strokesで検索したが、ヒットしなかった。

ホ・ジュンニョンは、今回の研究結果を発表する以前、2012年から独自に開発した脳卒中救急診断アプリケーション「脳卒中119(Stroke 119)」を運用している。脳卒中の簡易な診断法や、専門病院の場所案内など情報コンテンツを提供しており、すでに1万人以上にダウンロードされている。

これに似たものは、各国で公開されているので、ホ・ジュンニョンが開発したものがどれか分からなかった。

ホ・ジュンニョンは3カ月間で2602人の患者のデータを入念に検査・入力。
データの信頼性を高め、研究結果を医療現場ですぐに活用できるよう論文としてまとめた。
ホ・ジュンニョンが開発した予測モデルは、それまで70%未満だった予測結果を90%以上に引き上げることに成功している。

これは素晴らしいい!
以前機械翻訳の精度で、70%未満だった時は、さっぱり使い物にならなかったが、90%以上になって使えるようになった。

今後は、継続だろう。

結果、治療を行うかどうか、また治療方法の判断を客観的に行うことができるようになったと、現地メディアは評価している。

今後、より多くのデータを蓄積することで、さらに精度が高まることが期待される。

なおホ・ジュンニョンのモデルは、38の根拠となるデータを入力することで、治療3カ月後の患者の状態を予測する。用いられるデータは、年齢、性別、喫煙歴、症状発生後からの来院時間、脳卒中重症度評価スケールのひとつである「NIHSS(National Institute of Health Stroke Scale)」、初期血圧、薬物服用歴など。

予測結果はレベル0~6で示され、0〜2は良好、3〜6は問題があるという風に判断することができるという。

米国においては、脳卒中患者の診断に人工知能が用いられようとしている。
「Viz.ai」が開発したアルゴリズムはFDA(US Food and Drug Administration/米食品医薬品局)に認可されている。

脳卒中など脳の病気は、発生からいかに迅速に適切な処置を行うか、言い換えれば「ゴールデンタイム」を逃さないことが重要とされている。

患者数も世界的に多く、精度の高い画像解析アルゴリズムや予測モデルの登場・認可が待たれる。

ただし、医学論文にはとって、AIの導入は新しいものではなくなり始めている。
​​​​​​​

ベトナムは、電力を不足のカンボジアに電力を供給することで合意。

2019-04-16 17:37:51 | 経済


カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年04月15日に、フンセン首相(Prime Minister Hun Sen)は、Fresh Newsに、ベトナムのグエン・スアン・フック首相(Vietnamese Prime Minister Nguyen Xuan Phuc)が、カンボジアへの200MWの供給に加えて50MWの電力を追加することを決定したと伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68172

カンボジアは乾季に400MWの不足に直面しいる。

しかし、インフラ整備で漏電を減らせば、十分供給でき、安定する。

日本にハイテク石炭火力発電所か、石油火力発電所、またはLG火力発電所をODAでの援助を受け入れれば、解決できる。

いずれにしても、早い方がいい。

2019-03-26---電力不足での便乗値上げ、政府が改善要請。
2019-03-25---カンボジア政府、電力不足対策で民間企業から買電計画。
2019-03-18---カンボジアのEDCは、不足分を補うために日中のエネルギー供給を減らす。


カンボジア王国は、01月と02月に120万人の観光客を魅了。

2019-04-16 15:58:02 | 観光


カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2019年03月29日に、観光省の報道によると、カンボジアは2019年の最初の2ヶ月間に124万人の外国人観光客を惹きつけ、前年同期比で10%近く増加したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68171

データによると、カンボジアは2ヶ月間で418,572人の中国人観光客を魅了し、前年同期比で31.7%の増加となった。
ベトナムが依然として124,266人の訪問者で2位で、続いてラオスから、86,505人の訪問者がいることを示している。

しかし、隣国のベトナム、タイ、ラオスからの訪問者は、観光ではない。

しかし、韓国からの観光客は前年同期比で19%減の72,867人となった。

観光省次官トップのソフェア(Sopheak)は、外国人観光客の増加は魅力的な観光地をたくさん持っている王国によるものであると言った。

「政治的安定、インフラの改善、平和と安全が、より多くの外国人観光客を惹きつける主な要因です」と彼は述べた。

2018年、海外への中国人観光客は1億2500万人に増加し、そのうちカンボジアはわずか200万人だけを魅了した。 ソソフェアによると、王国は今年660万人の外国人観光客を惹きつけると予想している。

カンボジア旅行代理店協会の顧問であるホル・バンディ(Hor Vandy)は、中国人訪問者の増加は政治的安定と政府の「Open Horizon」政策によるものであると述べた。

今月、カンボジアは2人の象徴的な訪問者、中国の億万長者でAlibaba Groupの共同創設者兼執行会長であるマー君(Jack Ma)を迎え、アンコールワットを非公式で訪問した。

彼に続いて、韓国の文在寅(문재인/Moon Jae-In/ムン・ジェイン)大統領がカンボジアを訪問し、王国の主要な歴史的観光地も訪問するのに時間をかけた。

2019-04-02---カンポン・スペウのヤシ糖がヨーロッパでPGIの地位を獲得。
2019-03-25---カンボジア王国の黒胡椒は国際市場に目を向けた。
2019-03-06---カンボジア全土に、フードストリートエリアを設置!
2019-02-06---Google、Yahoo!Japan、偽ビザ詐欺Webサイトをトップ表示。広告料搾取!
2019-02-01---カンボジアへの中国人観光客70%以上増え、200万人に急上昇。
2019-01-23---カンボジア・コメ連盟、EU課税に抗議を表明!
2019-01-22---カンボジアの2018年。対タイ貿易額、36%増のUS$84億。
2019-01-22---カンボジアの首相、中国で投資呼掛け、行政効率化を強調!
2019-01-01---逮捕件数が減少したにもかかわらず薬物押収量が増加。
2018-12-28---カンボジア政府、日本に水産養殖で助けを求める。
2018-12-27---カンボジア人女性が作るクメール料理が、日本で大ヒット!
2018-12-27---カンボジアの胡椒協会は、収穫の少ない胡椒の販売を報告。
2018-12-26---バッタンバンのジュート(黄金の糸)。
2018-11-02---カンボジアのEU制裁は限定的。
2018-10-31---欧州委員会、ミャンマーへの経済制裁の必要性を継続検討。
2018-10-22---ミャンマーの投資管理局、EUの経済制裁影響を楽観視。
2018-10-16---カンボジアの外国人観光客数、2018年01〜08月は12%増。
2018-10-17---ついに、この時代が来た!訪日中国人が09月に、5年ぶりの減少!
2018-09-19---訪日中国人伸び率が激減している。
2018-09-18---香港の今年の輸出見通し、半減の3%成長に修正!
2018-09-17---米国の対中関税第3弾、家具や家電、年内10%。
2018-09-14---米中貿易戦争で、香港の工場増強中止!
2018-09-14---香港の中古住宅市場で、一部の物件価格が下落している。
2018-09-11---米中貿易戦争で、中国本土撤退、香港の中継貿易減も
2018-09-11---香港政府は、米中貿易戦争を長期戦と考えた!
2018-09-06---カンボジア、宿泊施設、観光客増で新たに10万室必要!
2018-07-29---カンボジアの外国人観光客数、2018年01〜06月は13%増!
2018-07-20---カンボジアの新しいパゴダの目的は、84,000ブッダを建立!
2018-07-17---カンボジアのシエムレアプ新空港建設、月末に本格化。
2018-07-17---カンボジア、1億ドル投資。首都空港に新貨物ターミナル新設。
2018-07-17---カンボジアの主要国際空港3カ所で、2018年01〜06月の旅客数23%増。
2018-07-06---タイとカンボジアを結ぶ鉄道が完成。
2018-06-29---カンボジア政府の支援策で、ガソリン価格下落。
2018-06-21---カンボジアの国道4号線の改修、世界銀行が120億円追加融資。
2018-06-14---カンボジア開発評議会、国内初の高速道計画など認可。
2018-06-05---カンボジアのアンコール遺跡、2018年01〜05月の収入23%増。
2018-04-19---カンボジアのクメール正月期間、国内旅行は23%増。
2018-03-15---カンボジア、1994〜2017年の観光投資、累計US$20億。
2018-02-16---アンコール遺跡郡があるシエムレアプ、旧正月はホテル満室状態。
2018-02-14---2017年のカンボジア観光収入、13%増のUS$36.3億。
2018-02-13---「Grab」、カンボジアの首都でバイク配車を試験運営開始。
2018-02-09---カンボジアのコンポンチャムに、中国支援で新橋建設。
2018-02-02---カンボジアのJCインター、2018年05月にも札幌便就航か!?
2018-01-26---2017年、カンボジアの関税収入10%増、通年目標達成!
2018-01-18---カンボジアの首都プノンペン公営バス、毎日1万人超を輸送。
2018-01-16---カンボジアのプノンペン自治港、2017年の貨物取扱量22%増。
2018-01-10---カンボジアの2017年の外国人観光客、12%増の560万人。
2018-01-03---中国の観光客は、カンボジアの訪問者数を10%押し上げる。
2017-12-31---カンボジアのバッタンバンを走る『竹列車』をご存ですか?
2017-12-22---カンボジアの主要3国際空港、初の利用客800万人超え!
2017-12-21---Alipayは、カンボジアで財布アクセスを拡張。
2017-12-07---カンボジア建設省、プノンペン郊外に高さ600mのビル構想!?
2017-12-01---カンボジアのアンコール遺跡入域料、01〜11月は72%増!
2017-11-06---カンボジアのアンコール遺跡入域料、01〜10月は71%増!
2017-09-06---在職32年のカンボジア首相、さらに10年の政権維持に意欲!?


サファリコム、マネーロンダリングと偽金の戦い最前線。

2019-04-16 14:22:23 | 犯罪と裁判


Mobile World Liveは2019年04月12日に、Business Dailyからの情報として、サファリコム(Safaricom)は、マネーロンダリングを防止し、偽の通貨がモバイル・マネー口座に入金されるのを防ぐために、m-Pesaエージェントに通貨チェック機器を配布する計画を明らかにしたと報告した。



https://time-az.com/main/detail/68170

新聞社のインタビューで、事業者の最高セキュリティ責任者ニコラス・ムリラ(Nicholas Mulila)は、エージェント・ネットワーク全体がキャッシュス・キャナーを取り付け、それらを使用して偽または疑わしいメモを特定する方法についてのトレーニングを受けると述べた。

彼は、すべてのエージェントが年末までにキットを受け取るであろうと付け加えました。そして、その活動は「偽の通貨の流れと戦うための努力」の一部である。



多くの人が現在それを知る能力を欠いているので、この活動は偽造紙幣の預金を受け入れることによって被る損失からそのエージェントを保護するのにも役立つ。

2018年12月末までで、ケニアには198,234のモバイル・マネー・エージェントがあった。
これらのオファー取引の大多数は、サファリコムのm-Pesaプラットフォームに出入りする。


中国の吉利集団、完全EVを世界初披露。

2019-04-16 11:50:27 | EV


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月15日に、中国の大手自動車メーカー浙江吉利控股集団(浙江吉利控股集团/Zhejiang Geely Holding Group/吉利集団)は、シンガポールのカジノIR(Integrated Resort/統合型リゾート)「MBS(Marina Bay Sands/マリーナ・ベイ・サンズ)」で、EV(Electric Vehicle/電気自動車)の新モデル「ジオメトリーA(Geometry A)」を世界で初披露したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68169

同社初となる100%電池で駆動する「完全EV」で、価格はライバル視する米テスラ社の「モデル3」の約半分に抑えた。

新モデルはセダンタイプ。トヨタの「カローラ・アルティス」より少し大きいサイズで、電池容量62キロワット時(kWh)のモデルでは、1回の充電で500kmの走行を可能にした。

吉利はジオメトリーAを皮切りに、2025年までに完全EVを10モデル投入する。タイプは、セダン、SUV(Sport Utility Vehicle/スポーツタイプ多目的車)、MPV(Multi Purpose Vehicles/多目的車)、クロスオーバー(Crossover)などさまざまだという。

2019年04月11日に開催したイベントには、業界関係者ら300人以上が出席した。


ナイジェリア、モバイル・マネー・エージェントのローン・スキームを確立。

2019-04-16 11:01:32 | モバイル・マネー


Mobile World Liveは2019年04月11日に、ナイジェリア中央銀行(Central Bank of Nigeria)は、金融包摂を高める計画の一環として、同セクターのモバイル/マネー/エージェントと登録企業へ、最大5億NGN(US$140万)の融資を促進すると発表したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68168

融資期間は最大10年で、資金の一部は外部の投資家によって提供される。
金利は年率5%になる。

大規模モバイル・マネー・ベンダーのネットワークは、フルバンキング・ライセンスなしでサービスを販売することを許可されている企業で構成されるスーパー・エージェント(Super Agent)スキームの登録メンバーと一緒に適用される資格がある。

ただし、応募者は、次のような他の基準のリストを満たす必要がある。

事業内に「不良施設」がないこと。
少なくとも10の州で既存の資産を保有する。
6か月分の取引データを保存する。
関連する金融システムの規則への完全な準拠。