世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

フランスの画家ロベール・ドローネーが生まれた。

2019-04-12 22:35:39 | 人物


ArtDailyは2019年04月12日に、妻のソニア・ドローネー(Sonia Delaunay)を始めとする何人かとオルフィスムアート活動(Orphism art movement)を立ち上げ、強い色および幾何学の形のその使用のために注目されたフランスのアーティストのロベール・ドローネー(Robert Delaunay/1885 - 1941)が、1885年04月12日にフランスのパリで生まれたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/63945

ロベール・ドローネーは、正規の絵画教育は受けていないが、ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(Eugène Henri Paul Gauguin/1848 - 1903)、ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat/1859 - 1891)、ポール・セザンヌ(Paul Cézanne/1839 - 1906)などを研究し、制作を始めた。

また、フランスの化学者で色彩理論家のミシェル=ウジェーヌ・シュヴルール(Michel-Eugène Chevreul/1786 - 1889)の色彩の同時対照に関する理論を読んで影響を受け、初期にはスーラらの新印象派の影響を受けていた。

彼は、ワシリー・カンディンスキー(Василий Васильевич Кандинский/Wassily Kandinsky/Vassily Kandinsky)、ピエト・モンドリアン(Piet Mondrian/本名ピーテル・コルネーリス・モンドリアーン/Pieter Cornelis Mondriaan)とともに、抽象絵画の先駆者の一人であり、フランス人の画家としてはもっとも早い時期に完全な抽象絵画を描いた人物の一人である。

カンディンスキー、フランツ・マルク(Franz Marc/1880ン - 1916)らを中心とする画家グループ「青騎士(der Blaue Reiter)」がミュンヘンで1911年に開催した第1回「青騎士展」にはドローネーも出品していた。

カンディンスキーはその返礼として、自分の著書『芸術における精神的なものについて(Über das Geistige in der Kunst/Du spirituel dans l'art/Concerning the Spiritual in Art)』をドローネーに贈った。

彼に活動の後の作品は、パウル・クレー(Paul Klee/1879 - 1940)を彷彿とさせ、多くが影響を与えている。
彼の影響のキーは、色の大胆な使用、および深さとトーンを持つ実験のクリアな愛情と関連した。

今回公開された作品は、ロベール・ドローネーによる1914年のHommage à Blériotで、バーゼル美術館(Kunstmuseum Basel)に保存され、キャンバスに接着テンペラ(Kunstmuseum Basel)で描かれ、サイズは250x250cm
Photo : Martin P. Bühler © L&M Services B.V.


香港大学、2019年成長率を2.3%に下方修正。

2019-04-12 20:36:17 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月11日に、HIEBS(The Hong Kong Institute of Economics and Business Strategy/香港 經濟及商業策略研究所/香港大学香港経済・ビジネス戦略研究所)は2019年04月09日に発表したリポートで、香港の2019年の成長率予測を物価の変動を除く実質で前年比2.3%に下方修正したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68133

2019年01月時点と比べ0.5ポイント引き下げた。
米中貿易戦争を発端とした世界経済の減速が香港の成長率を鈍化させると指摘した。

2019年第1四半期(2019年01~03月)の成長率予測は前年同期比1.0%とし、2019年1月時点から1.7ポイント引き下げた。

財貨(モノ)輸出入とサービス輸入、域内総固定資産形成がともにマイナス成長になると見通した。

個人消費は1.9%増と予測した。

1%成長なら、2016年第1四半期の1.1%成長以来3年ぶりの低さとなる。
​​​​​​​

トヨタが、インド20周年で改良2モデル発売。

2019-04-12 19:51:59 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月10日に、トヨタ自動車のインド法人TKM(Toyota Kirloskar Motor/トヨタ・キルロスカ・モーター)は2019年04月08日に、1999年の現地生産開始から20年目を迎えたことを明らかにしたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68132



節目に合わせ、現地で2009年に投入したSUV(Sport Utility Vehicle/スポーツタイプ多目的車)「フォーチュナー(Fortuner)」と、16年投入のMPV(Multi Purpose Vehicles/多目的車)「イノーバ・クリスタ(Innova Crysta)」の改良モデルを発売した。

TKMは、イノーバ・クリスタの前身であるイノーバを2005年に発売し、現在までにイノーバを累計80万台、イノーバ・クリスタを累計22万5,000台販売した。フォーチュナーの累計販売は15万台。

2019年04月08日に発売した改良2モデルは、主にインテリアを変更した。

価格帯はイノーバ・クリスタが149万3,000~224万3,000ルピー(約239万~359万円)、フォーチュナーが278万3,000~336万ルピー。


オーストラリアの世帯で、「今年負債を削減」はたった28%。

2019-04-12 19:06:56 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月10日に、オーストラリアの経済新聞「AFR(The Australian Financial Review/オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー)」は2019年04月09日に、オーストラリアでは、今年負債を削減できると考えている世帯はわずか3分の1と、2018年の60%から大きく減少していることが、会計大手EYの報告書で明らかになった。

https://time-az.com/main/detail/68131

年収A$(豪ドル)15万(約1,192万円)以上の高所得者層でも、73%が負債を返済すると回答した2018年から、2019年は37%に激減している。

EYの調べによれば、今年世帯負債を縮小するか、維持するか、拡大するかとの問いに対し、縮小すると答えた世帯はわずか28%だった。

オセアニアEY(EY - Oceania)のチーフエコノミスト、ジョー・マスターズ(Jo Masters)は、「国民の60%以上が生活コストやエネルギー料金の高騰などを非常に懸念しているとの結果も考慮すると、多くの世帯に負債返済に資金を回す余裕がないことがうかがえる」と述べた。



また、年収A$(7万~A$(14万9,999の所得層では、21%が今年負債額が増えるとみており、2018年の6%から大きく増加するなど、負債拡大を見込んでいる世帯が増えている。

ジョー・マスターズは、先に発表された政府予算案の所得税減税案は負債返済に回せるため世帯には朗報と付け加えた。

米格付け会社S&Pグローバル(S & P Global)のディレクター、エリン・キットソン(Erin KitsonI)は、向こう12カ月は90日以上の住宅ローン返済の滞納率が上昇すると予想している。



2019-04-08---オーストラリアの電力卸価格、SAとVICで記録的高値。
2019-04-08---オーストラリア、中小企向け融資、2018年10~12月は7年来の最低に!
2019-04-03---財政黒字化で、オーストラリアの最高格付けAAA維持。
2019-04-03---オーストラリア、02月の貿易は、黒字額10%増で記録史上最高。
​​​​​​​

三菱自動車、フィリピン現地法人の累計販売100万台達成。

2019-04-12 18:25:07 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月10日に、三菱自動車はは2019年04月09日に、フィリピンで車両生産・販売を手掛ける現地法人MMPC(Mitsubishi Motors Philippines Corporation/ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ)によるフィリピンでの累計販売台数が100万台を達成したと発表した。

https://time-az.com/main/detail/68130

1963年の設立から55年以上にわたり販売を続け、大台を突破した。

MMPCの累計販売台数は2019年03月に100万台に到達した。
MMPCは2019年04月08日に、マニラ首都圏マカティ市で記念式典を開催。

貿易産業省のアルダバ次官や取引先関係者などが出席した。MMPCの押切武津洋社長は「三菱自動車は50年以上の間、フィリピンで品質に自信を持って自動車の販売を続けてくることができた」と関係者に謝意を表明した。

カンボジアの交通事故死50%減の目標、2020年達成は困難。

2019-04-12 17:20:18 | 犯罪と裁判


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月10日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年04月08日に、サル・ケン(Samdech Sar Kheng)内相は2019年04月08日に、2020年半ばまでに交通事故による年間死者数を2010年比50%減の1,600人にする国家目標を達成できない可能性があるとの見解を示したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68129

サル・ケン内相はNRSC(National Road Safety Commission/国家道路安全委員会)委員長を兼務しており、北西部バッタンバン(Battambang)州で行った演説で、「今年は前年を上回るペースで死亡事故が起きている」と懸念を表明した。

NRSCによれば、2018年の死者数は1,761人と1日平均5人だったが、2019年は03月までで1日平均7人に増えているという。

このような国の運転免許証の保有者でも、日本でレンタカーを借りて運転できる。

さらに、事故を起こして、その治療費が払えるのだろか??

2019-04-10---インバウンド暴走族の恐怖!
2018-10-16---タイのGrab、交通事故防止向け投資倍増。
2018-07-31---運転免許の採点自動化、マレーシアで2019年にも導入!?
2018-07-10---カンボジア2018年01〜03月の保険収入29%増。
​​​​​​​

ミャンマー、新会計年度の上半期の縫製品CMP原料輸入額、19%増。

2019-04-12 16:11:14 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月10日に、ミャンマー政府系英字紙「グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(The Global New Light Of Myanmar)」は2019年04月09日に、ミャンマー商業省によると、新会計年度の上半期にあたる2018年10月~19年3月末のCMP(Cut, Make and Pack/裁断・縫製・梱包)受託方式による縫製品の原料の輸入額は、前年同期比18.7%増の約US$10億9,000万(約1,213億円)だったと伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68128

2019年03月23~29日の輸入額はUS$6,147万で、前年同期のUS$2,920万から増加した。

CMP原料は、資本財、中間財、消費財と並ぶミャンマーの主要輸入品。

2018年10月~2019年03月末の資本財の輸入額はUS$28億9,000万、中間財はUS$33億、消費財はUS$16億4,000万で、CPM原料を合わせた輸入額はUS$89億だった。

CPM原料を除く資本財、中間財、消費財の合計輸入額は前年同期からUS$6億9,000万に減少した。
​​​​​​​

タイの車見本市の成約台数20%増、EVがけん引。

2019-04-12 12:10:47 | EV


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月10日に、タイで自動車関連イベントを運営するグランプリ・インターナショナル(Grand Prix International)は、2019年03月27日~2019年04月07日に開催した自動車見本市「第40回バンコク国際モーターショー」の自動車の成約台数が前年比20%増の4万3,935台だったと発表した。
EV(Electric Vehicle/電気自動車)の成約台数が伸長した。

https://time-az.com/main/detail/68127

内訳は、自動車が3万7,769台、EVが6,166台。2018年の同イベントにおけるEVの成約台数は小型EVのFOMM(川崎市)の354台などわずかだったが、大きく伸びた。

地場のEVメーカーMMC(Mine Mobility Corporation/マイン・モビリティー・コーポレーション)が4,500台と急伸した。

FOMMは1,666台だった。車種別では、全体の約30%MPV(Multi Purpose Vehicles/多目的車)。

MMCのEVはMPVで、ここでも存在感を示した。高級車の成約台数は5,055台だった。
​​​​​​​

韓国の現代自動車、小型SUV「べニュー」の描画公開。

2019-04-12 11:38:03 | 開発


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月10日に、韓国現代自動車(Hyundai Motor)は2019年04月09日に、2019年下期に発売を予定しているSUV(Sport Utility Vehicle/スポーツタイプ多目的車)「べニュー(Venue/장소/場所)」のレンダリング(描画)を公開したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68126

ターンランプ(方向指示器)とヘッドランプが上下に分離するなど、初めて自動車を購入する20~30代の若者を意識したデザインになっている。べニューは今月17日に米ニューヨークで開催される国際モーターショーで初公開される予定。

現代自によると、「べニュー」というブランド名には、特定の場所に限られず、若者にとって期待と希望を持てる自分だけの「場所(べニュー)」になることへの期待が込められているという。


台湾の基亜のがん治療薬、中外製薬にライセンス供与。

2019-04-12 10:53:35 | 美容と医学の科学


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月10日に、東京都港区の岡山大学発のバイオ企業ベンチャーのオンコリスバイオファーマ(Oncolys BioPharma Inc)は2019年04月08日に、台湾のバイオ・製薬企業の基亜生物科技(メディジェン)と共同で開発した腫瘍溶解性ウイルス「OBP―301」(製品名:テロメライシン/Teromeraishin)の日本と台湾での開発と製造、販売について、中外製薬に独占的ライセンスを供与する内容の契約を同社と締結したと発表したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68125



中外製薬は契約締結に伴い、オンコリスに契約一時金5億5,000万円を支払う。

また、テロメライシンの臨床試験で一定の効果が確認され、中外製薬が日本と台湾、中国、香港、マカオを除く地域で独占的オプション権を行使した場合は、ライセンス契約総額は500億円以上となる。

さらに、テロメライシンの発売後は、別途売上額に応じた販売ロイヤルティーが発生する。

山陽新聞は2019年04月10日に、岡山大学開発のウイルス製剤「テロメライシン」が、優れた新薬などの早期実用化を狙いとする厚生労働省の「先駆け審査指定制度」の品目に指定されたと発表した。

新薬は通常、臨床研究の後、実用化までに3段階(第1~3相)の臨床試験(治験)が必要だが、テロメライシンは臨床研究の成果を踏まえ、治験を監督する医薬品医療機器総合機構(PMDA)との話し合いで、第2相までで国に承認を申請できる見込みとなっている。

さらに今回の指定により審査期間も短縮される。

2019年04月10日に、岡山大大学院の藤原俊義教授(消化器外科)とオンコリスの浦田泰生社長が岡山市内で会見。

藤原教授は「これまでの臨床研究と治験で副作用が少ないことも分かっている。承認されれば手術や抗がん剤の投与が難しい食道がんの患者にとって優しい治療法を提供できる」と話した。