世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ジャカルタのMRT、5月から運転間隔を5分に短縮。

2019-04-09 22:53:49 | ロジスティクス


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月08日に、インドネシアのニュース雑誌テンポ(Tempo/電子版)は2019年04月04日に、2019年04月01日に商業運転を開始した首都ジャカルタの国内初のMRT(Mass Rapid Transit/大量高速交通システム)の運転間隔について、運営会社のMRTジャカルタは、現行10分の運転間隔を5月から5分に短縮すると明らかにしたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68101

これは、山手線に近い間隔であり、大英断と言えるが、大丈夫か心配になる。

MRTは初日の1日は6万5,000人が利用、ムハンマド昇天祭で公休日となった3日には家族連れを中心に約10万人が利用した。

MRTは1日7万人の利用を目標としているが、将来利用者が増加することが予想され、運転間隔の短縮を求める声がでている。

訓練は、大丈夫か?

2019年04月06日に、チェット・システムがトラブルに巻き込まれる事件も起こっている。

2019-03-24---ジャカルタ初、都市高速鉄道(MRT)が開業。
2019-03-12---ジャカルタの首都MRT第1期区間、一般試乗を開始。
2019-03-05---首都ジャカルタのMRT、5日に試乗市民の募集開始。
2019-02-15---インドネシアのMRT開業は201年03月24~31日の間に設定。
2019-01-26---インドネシアのMRTジャカルタ、試験運行開始。
2018-12-27---ジャカルタのMRT10駅、ネーミングライツの競売を開始。
2018-12-13---インドネシアの首都MRT、平日の運行本数は285本。
2018-11-06---インドネシアのMRT2期は、アンチョールまで年末着工。
2018-10-22---日本政府、インドネシアMRT工事で700億円の円借款供与へ!
2018-09-21---インドネシアのMRTの車体に落書き発見!
2018-03-26---インドネシアの首都MRT車両、3月に日本から第1陣到着。

シンガポールの雇用主の65%、採用時にハードスキル重視。

2019-04-09 22:02:59 | 調査


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月08日に、人材紹介大手ヘイズ・アジア(Hays Asia)が実施した調査「Hays Asia Salary Guide 2019」で、シンガポールの雇用主の65%が従業員の採用時にコミュニケーション能力などのソフトスキルよりも、実用的なハードスキルを重視していることが明らかになった。

https://time-az.com/main/detail/68100

その背景に人材不足があるという。

調査は、中国本土、香港、日本、マレーシア、シンガポールの雇用主を対象に実施した。

ハードスキルを重視する割合は全体の59%だった。

交渉力や時間管理能力、柔軟性などはあまり求められていなかった。
​​​​​​​

カンボジア、石油資源開発・管理法の草案を閣議承認。

2019-04-09 21:27:39 | 開発


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月08日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年04月05日に、、経済成長を促す新たな産業として育てるため、法整備を急ぐカンボジア政府は2019年04月05日に、石油資源開発・管理法の草案(draft of the Law on Petroleum and Petroleum Production Management)を閣議承認したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68099

この新法は9条72項から成り、長期的で持続可能な資源開発や国益の確保などが盛り込まれている。



鉱業・エネルギー省の石油局長チェーブ・ソウル(Cheab Sour)は2019年04月05日金曜日に、「クメール・タイムズ」に、研究から事業開発に至るまで、石油産業におけるあらゆる活動を管理する権限が鉱業・エネルギー省に与えられていると語った。

「この法律は私たちの石油産業に自信をつけるでしょう。 それは投資家が彼らのプロジェクトを承認させるために彼らが従わなければならない手順を理解するのを助けるでしょう」と彼が言った。

2019-03-29---クリスエナジー、カンボジアで予定通り2019年後半に原油生産開始。
2018-12-18---カンボジアは、国内初の原油生産を開始。
2018-07-25---カンボジア、国内油田は年産500万トン可能。


日本の18~39歳男女で、性交渉、経験なしが25%。

2019-04-09 20:24:08 | 性とメディア


毎日新聞は2019年04月08日に、18~39歳の日本人で、25%は異性間の性交渉経験がないとする研究結果を、東京大学とスウェーデン・カロリンスカ研究所(Karolinska Institute of Sweden)のチームが2019年04月08日にのイギリスの医学誌BMCパブリックヘルス(BMC public health)に発表した。2015年時点の推計で、23年前の20%から増えていた。1万人以上の調査データを分析した。

https://time-az.com/main/detail/68098

https://doi.org/10.1186/s12889-019-6677-5©  The Author(s). 2019
Received: 20 November 2018Accepted: 19 March 2019Published: 8 April 2019



「草食男子」「セックス離れ」と言われるように、性交渉を追求しない人が増えたともとれる。だが調査では、特に雇用や経済状態が不安定な男性で割合が高い一方、未経験の男女の8割に結婚願望があった。チームは「性交渉がないのは本意ではない可能性がある」とみていると伝えている。

そう言えば、安田講堂での立てこもりで、男女はセックスをしたかという話題があった。

つまり、セックスは未来であり、その未来のない安田講堂紛争では、無意味だということでった。

そして、安田講堂での立てこもりで、セックスは行われていたと報告された。
​​​​​​​

Google完全拒絶スマホ、フランスでUS$200で登場。

2019-04-09 19:17:11 | 犯罪と裁判
Forbes JAPANは2019年04月09日に、アンドロイド端末に関して、かつては不可能と思われたことが欧州限定で可能になったと報告した。



Googleは、EC(European Commission欧州委員会)から独占禁止法違反としてUS$50億の制裁金を科せられたことを受け、端末メーカーとのライセンス契約を変更した。

今後、端末メーカーはヨーロッパ向け端末に、「Google検索」と「Chromeブラウザ」をプリインストールしないで出荷することが可能になる。

https://time-az.com/main/detail/68097

しかし、これには注意点がある。



アンドロイドOS自体は無料でオープンソースのままだが、Google検索とアンドロイドOS自体は無料でオープンソースのままだが、「Google検索」と「Chromeブラウザ」をプリインストールしなかったメーカーは、ヨーロッパで販売する端末を「Googleプレイストア」や、その中に登録されている数百万ものアプリにアクセスするために、Googleに対してライセンス料を支払う必要がある。

先週、フランスのスマホメーカー「Wiko」は、Googleの新しいライセンス契約を初めて採用したミッドレンジ端末「View 2 Pro Qwant」をリリースした。

この端末には、ヨーロッパ生まれの検索エンジン「Qwant」のプライバシーを重視したブラウザと、検索エンジンがプリインストールされている。

WikoのCOOジュリエン・ヒーン(Julien Heang)は、「我々はView2 Pro Qwantをフランスとドイツ、イタリアで販売する予定だ。今後もQwantを採用するかは、今回のテスト結果を見て決めたい」と話している。

Qwantの特徴は、検索エンジンがユーザーをトラッキングしないなど、プライバシーを重視することにある。

Qwant のCEOエリック・レーンドリ(Eric Leandri)は、「我々は、Qwantを使って検索しているユーザーについて知りたいと思わない。また、検索結果の横に広告を表示するのに、ユーザーの属性や閲覧履歴を知る必要もない」と語った。


UCC上島珈琲、ベトナムのダラットで第5回コーヒー品評会実施。

2019-04-09 18:07:04 | 食品


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月08日に、UCC上島珈琲は2019年04月05日に、ベトナム中部高原ラムドン省ダラット市(Vietnam Central Highlands Lam Dong Province Dalat City)で第5回「ベトナムアラビカコンテスト(5th Vietnam Arabica Contest)」を実施したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68096

参加した生産者は過去最多の112と、2018年から2倍近くに増えた。
UCCベトナムの馬場俊太社長は「農家の品質に対する意識は、年々向上している」と評価した。
同コンテストの優勝者を含む上位の品から、日本向けに約50トンを買い付ける。

「ベトナムアラビカコンテスト」は2015年に、アラビカ種の生産が少ない(全生産量の95%がロブスタ種)ベトナムで、生産者への品質意識の向上とアラビカ種の輸出促進を目的にスタートさせた。

標高1,500m前後のダラットは、アラビカ・コーヒーの生産に適した地域である。

UCCグループが主催、ダラット市に本拠を置きコーヒー事業を展開する地場ラベット(LAVIET)が協力している。

品評会では、SCAA(Specialty Coffee Association of America/米国スペシャル・ティ・コーヒー協会)が定めた資格を持つ日本、ベトナム、米国の3カ国の7人の鑑定士が、事前審査で絞られたアラビカコーヒー15種の状態や香り、味を審査した。

優勝者にはグエン・フィ・ハオ(Nguyễn Phi Hảo)が選ばれ、賞金1,500万ドン(US$646/約7万2,000円)が贈られた。グエン・フィ・ハオのコーヒーは、今年の夏以降にUCCの全国の直営店で挽き売りされる。このほか、全国のカフェでも特別メニューとして提供される予定。



ベトナム中部高原ラムドン省ダラット市(Vietnam Central Highlands Lam Dong Province Dalat City)の緯度、経度
11°56'25.5"N 108°27'29.9"E
または、
11.940419, 108.458314
​​​​​​​

台北「ビブグルマン」、2019年は台北市内の飲食店34店。夜市から24店。

2019-04-09 17:09:57 | 食品


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月08日に、レストラン・ガイドを発行するフランスのタイヤ大手のミシュラン(Michelin)は、飲食店の格付け本「ミシュランガイド2019(Michelin Guide 2019)」台北版の正式発表を前に、低価格かつ高品質の料理を提供する店に与えられる評価指数「ビブグルマン(Bibuguruman)」を獲得した台北市内の飲食店34店を発表した。

2019年04月03日には夜市の特選B級グルメリストも公表し、24店が選ばれた。

https://time-az.com/main/detail/68095

ミシュランガイドは専属の覆面調査員が各都市を代表する飲食店を評価し、1から3までの星の数で格付けしたのが特徴。

「ビブグルマン」は従来の星による評価からは外れるが、コストパフォーマンスの高い料理を提供する店に与えられる。

台北版では、レストラン34店が「ビブグルマン」に選ばれ、うち雲南料理の「人和園」(中山区)や台湾料理の「欣葉小聚今品」(南港区)など12店が初めて選出された。

2019年のミシュランガイド台北版はは2019年04月10日に刊行予定。

台北版は昨年初めて刊行され、20店が星を獲得した。
​​​​​​​

電池「交換式」で、ホンダやヤマハ発など日本の4社で仕様を統一へ。

2019-04-09 11:46:20 | 自動運転









日本経済新聞 電子版は2019年04月05日に、EV(Electric Vehicle/電気自動車)バイクの普及を目指した日本連合「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」創設し、協働を開始する。

ホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の4社は2019年04月04日に、共同で「交換式」電池パックの仕様統一に乗り出すと発表した。

https://time-az.com/main/detail/68094

4社で協議体を設立し、仕様や実現時期などの詳細を詰めていく。

同じ電池パックを使って、各社が排気量125ccクラス以下の車格でEVバイクを開発する。

交換ステーションなどインフラ面の協業も進める。

日本市場を対象にした取り組みとするが、将来的には市場が大きいインドや東南アジアへの進出を狙う可能性が高いという。

ホンダ二輪事業企画部部長の三原大樹は、協議体を設立した理由の1つを「(中国勢のEV化の速さに)大変な危機感がある。」と語る。

特に、ホンダのシェアが7割を超える東南アジアに、中国勢が続々とEVバイクで進出しつつあると予測される。
排ガス対応など、東南アジアを含めたアジア地域でのEV需要は拡大しており、バイクメーカー各社はEVバイクの投入を避けて通れない。

バイクはクルマに比べて電池パックの搭載空間が小さく、1充電あたりの航続距離を延ばしにくい。
そこで、日本連合は電池交換式の仕組みを積極的に採用し、課題解決を狙う。

仕組みは、着脱式の電池パックを交換ステーションに挿入して充電し、複数の電池を多数の利用者で使い回す方式。

電池交換の所要時間は10秒以内。EVの弱点である充電時の待ち時間を大幅に減らし、連続的な走行を可能にする。

この方式は、小型4輪EVや3輪EVにも応用できる。

さらに、電池パックを交換式にすれば、電池技術の進歩に合わせて性能を高めて載せ替えやすい。
1個の電池パックを他モビリティーや家庭用の蓄電池などで使い回せるため、車両本体の価格を下げやすいといった利点も考えられる。

日本勢で電池交換式に積極的なのがホンダである。

「モバイルパワーパック(Mobile Power Pack)」と呼ぶリチウムイオン電池パックを自社で開発し、2018年11月に排気量125ccクラスのEVスクーター「PCX ELECTRIC」に搭載してリース提供を始めた。
2019年3月には、同電池パックを搭載すると見られる排気量50cc・110ccクラスの小型商用EVスクーター「BENLY ELECTRIC」の試作モデルを公開した。

「週刊少年ジャンプ」と「週刊少年マガジン」など、漫画を無料配信!?

2019-04-09 10:41:03 | 電子ブック


日本経済新聞 電子版は2019年04月08日に、集英社と講談社は2019年04月08日に、両社が発行するマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」と「週刊少年マガジン」などの連載作品をインターネットで共同配信すると発表したと報告した。

両雑誌は長年、発行部数でしのぎを削ってきたライバル同士だが、出版不況が続く中、部数は低迷している。

連載作品を期間限定で無料配信し、消費者に関心を持ってもらうことが狙いだという。

ライバル雑誌の苦肉の連携策は低迷する出版市場の起爆剤となるか注目が集まる。

https://time-az.com/main/detail/68093

ただし、全てに著作権が絡み、作家の了承を取り付ける必要があり、また無料を開始したことで、さらに大きな問題になる可能性も否定できない。
ものすごい英断と言える。

2019年04月08日から2019年06月10日にかけて、webサイト「少年ジャンマガ学園」を通じて150以上の連載作品を無料で配信する。

対象はマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」と「週刊少年マガジン」に加え、「別冊少年マガジン」とWebアプリの「少年ジャンプ+」「マガジンポケット」の5媒体になる。

「週刊少年ジャンプ」の「ワンピース」、「週刊少年マガジン」の「七つの大罪」などそれぞれの人気の連載作品を配信する。

無料は、22歳以下の若年層が対象で、最初にWebサイトにアクセスする際に利用者が生まれた年を入力する仕組み担っているというが、お酒なども年齢制限されているが、誰でも突破できるのが現実である。







それを管理するには、個人情報のデータベースによる管理になるが、個人情報のデータベースには、多くの問題を含んでいる。

両誌ともアプリなどを通じてそれぞれの連載作品を公開しているが、共同で連載作品を配信するのは初めてという。

文学書と違い、文字による抵抗も少ないことから、国際市場で大きなマーケットを開発する可能性も含んでいる。

私のドイツの知人は、日本の漫画を独自に理解し、自分の漫画を描き始めている

渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の肖像で、紙幣刷新準備に入った!?

2019-04-09 09:19:38 | 人物


毎日新聞は2019年04月09日に、政府関係者が2019年04月09日未明、明らかにした情報として、政府は数年後をめどに、1万円などの紙幣の肖像画を変える準備に入ったと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68092

1万円札の肖像は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来の変更となる。
5000円札の肖像は2004年に新渡戸稲造から日本で戦後初めて女性の樋口一葉になり、1000円札の肖像は2004年に夏目漱石から野口英世に変わっていた。



1万円札は第一国立銀行や東京証券取引所など多くの企業を設立、経営した実業家、渋沢栄一。
5000円札は津田塾大学の創始者、津田梅子。
1000円札は「近代日本医学の父」として知られ、ペスト菌を発見するなど医学の発展に貢献した北里柴三郎の肖像画を使用することを検討していると伝えている。

帝都伝説、日本の資本主義の父の渋沢栄一が紙幣の肖像画になる。

悪い意味、良い意味もある「帝都伝説」の復活をどうコントロールするかは、通貨行政を担当している財務省が担当し、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の3者で協議し、日本銀行法に基づいて財務相が決める。