世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

フランスの彫刻家で、デザイナーのルネ・ラリックが生まれた。

2019-04-06 23:12:55 | 人物


ArtDailyは2019年04月06日に、19世紀〜20世紀のガラスアート、香水ボトル、花びん、宝石類、シャンデリア、時計、および自動車フード装飾品などで知られているフランスのガラス・デザイナーであったルネ・ジュール・ラリック(René Jules Lalique/René Lalique/1860 - 1945)は、1860年04月06日にフランスのシャンパーニュ地方マルヌ県アイ村(Ay, Marne)で生まれ、パリで育ったと報告した。

https://time-az.com/main/detail/63869

ルネ・ラリックは、アール・ヌーヴォーとアール・デコの両時代にわたって活躍した作家で、初期は、アール・ヌーヴォー様式の宝飾デザイナーとして活躍した。

1897年に、レジオンドヌール勲章(L'ordre national de la légion d'honneur)を受章し、1900年のパリ万国博覧会(Exposition Universelle de Paris 1900/Expo 1900)では宝飾作品が大きな注目を集めた。

1892年頃から宝飾品の素材の一部にガラスを取り入れて、50歳を過ぎてから、ガラス工場の経営者に転身した。

カルティエ(Cartier SA)などの著名な宝飾店にも作品を提供し、当時の高名な女優サラ・ベルナール(Sarah Bernhardt)も顧客であった。

今回公開された作品の写真は、花瓶René Lalique, vase Trois figures d'hommesである。


マレーシアの民泊の営業日数、年90~180日に制限提案。

2019-04-06 20:37:55 | 観光


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月04日に、マレーシアの新聞「スター(Star/電子版)」は2019年04月03日に、MPC(Malaysia Productivity Corporation/マレーシア生産性公社)は、民泊事業者による営業日数に上限を設けて、年間90~180日とする方向で提案を行うと伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68068

MPCによる提案が政府に受け入れられた場合、来年にも上限が設けられることになる。

MAH(Malaysia Hotel Association/マレーシアホテル協会)の最高経営責任者(CEO)ヤップ・リップセン(Lip Seng Yap)は、「上限設定は民泊による不動産需要への影響に対抗するものだ。民泊モデルは住宅オーナーの副業、副収入として存在してきたが、最近は純粋な商業目的で投資家が参入している」と述べ、民泊の本来目的が変質していると指摘した。

2018-11-28---マレーシアの「Airbnb」、東南アジアで成長率トップ。
2018-10-20---マレーシアのAirbnb運営、高齢者の小遣い稼ぎで人気。


ADB、2019年のベトナム経済成長率6.8%と予測。

2019-04-06 19:56:08 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月04日に、ADB(Asian Development Bank/アジア開発銀行)は2019年04月03日に、「ADO(Asian Development Outlook/アジア経済見通し)2019年版」の発表に合わせて、2018年のベトナム経済の振り返りと2019~20年の見通しに関する記者会見をハノイで開いた。

https://time-az.com/main/detail/68067

2019年のGDP(Gross Domestic Product/国内総生産)成長率は6.8%と、東南アジア6カ国で最高を維持すると予測しや。2018年09月時点の見通しを据え置いた。

2018年のベトナムのGDP実質成長率は7.1%で、2017年の6.8%を上回り、過去11年で最高を記録。

世界経済と貿易の減速を背景に、2019年は6.8%、2020年は6.7%にやや鈍化すると予測されるが、6%台後半の高水準を維持するとの見通しを示した。

ベトナムのカントリーディレクター、エリック・シジウィック(Eric Sidgwick, ADB Country Director of Vietnam)は、「堅調な輸出や外国直接投資(FDI)の流入、旺盛な内需に支えられ、ベトナム経済は成長を維持する。政府が進める事業環境の改善と投資誘致に向けた改革も経済成長に弾みをつけると見込まれる」とコメント。

一方で、ベトナムの経済成長には依然としてリスクが残ると指摘した。

2019-03-29---中国の生産移転で、ベトナムの対米輸出2019年01~03月3割増。
​​​​​​​

阿里巴巴集団の支付宝HK、香港空港で顔認証決済開始。

2019-04-06 18:57:38 | モバイル・マネー


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月04日に、香港の新聞「明報」などは2019年04月03日に、香港で初めて小売店で、EC(E-Commerce/電子商取引)中国本土最大手阿里巴巴集団(Alibaba Group/アリババグループ)系の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)HK」は2019年04月02日から、香港国際空港(Hong Kong International Airport/Chek Lap Kok International Airport/赤鱲角國際機場/チェクラプコク空港)内の免税店で、顔認証技術を活用した決済サービスを始めたと伝えた。

https://time-az.com/main/detail/68066

免税店「Duty Zero by cdf」に、顔認証設備を12台設置した。

買い物客がスマートフォンの電話番号を入力してカメラに顔を向けると、システムが自動で認証を行い支払いが完了する仕組み。

認証精度は99.99%で、指紋認証に比べ安全性が高いという。

トヨタ、HV特許2万3000件を無償開放。

2019-04-06 17:31:49 | EV


毎日新聞、日本経済新聞 電子版は2019年04月03日に、トヨタ自動車は2019年04月03日に、HV(Hybrid Vehicle/ハイブリッド車)、PHV(Plug-in hybrid Vehicle/プラグイン・ハイブリッド車)など、電動車技術の大半の特許を2030年末まで無償開放すると発表した。

https://time-az.com/main/detail/68065

世界的に環境規制が強まり、EV(Electric Vehicle/電気自動車)を含む電動車の普及が見込まれる中、高い技術を自社で囲い込む従来の方針を転換し、HVの存在感維持と市場拡大を狙う。

HVはPHV、EVと共通する技術・部品も多く、電動車全体の製造コスト引き下げにつなげる思惑があると伝えている。

トヨタ自動車の寺師茂樹副社長は「今こそ電動車普及に協調して取り組む時だと思った」とコメント。「これから10年で一気に普及が加速すれば、電動車が普通の車になるだろう。そのお手伝いをしたい」としている。同社ではこれまで日産、マツダ、SUBARU、スズキにハイブリッド車関連の技術を提供している他、2025年までに世界で販売する全車種に電動車を導入する方針を明らかにしている。

併せて他のメーカーがHVなどの開発でトヨタが保有するシステムを活用する際、製品化に向けた技術サポートも実施していく方針だという。


Facebookの連携業者、利用者情報の大量データ丸見え!

2019-04-06 16:20:44 | 犯罪と裁判


毎日新聞、日本経済新聞 電子版は2019年04月04日に、オーストラリアのセキュリティー対策会社アップガード(UpGuard)が問題を見つけて2019年04月03日に公表した。

FacebookのユーザーIDや嗜好などに関する5億4000万件超のデータが米国のアマゾン・ドット・コム(Amazon.com)のクラウド上に「放置」され、外部からアクセス可能になっていたことが2019年04月03日分かったと発表した報告した。

https://time-az.com/main/detail/68064

外部からアクセス可能になっていたデータは、Facebookと連携した2つのアプリ業者が持つデータであった。

一つはメキシコを拠点とするデジタルメディア企業「カルチュラ・コレクティバ」が取得したもので、Facebookは近年まで、「カルチュラ・コレクティバ」のプラットフォーム上で動くアプリの開発会社とのユーザー情報の共有を認めており、「カルチュラ・コレクティバ」もその一環でデータを得た。「カルチュラ・コレクティバ」が何らかのミスで、クラウド上に取得データを放置したようで、保有するデータ容量は、146ギガ(ギガは10億)バイトに達し、コメントやアカウント名など5億4000万件超になる。

アップガードはこれとは別に「アットザプール」と呼ばれる休眠中のアプリを開発した実態不明の会社のデータ保管問題も発表した。同件では2万2000人分のユーザーパスワードがクラウド上に公開されていたという。
いずれも米アマゾン・コムのクラウドサービスのサーバーで保管されていた。

Facebookは「公のデータベースに情報を保管することは規約で禁じている」としており、今回の問題はアプリ開発会社側の「過失」との姿勢をとっている。

英豪資源大手リオ・ティント、鉄鉱石生産1400万トン減。

2019-04-06 13:25:41 | 自然


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月04日に、地元各紙が2019年04月02日に、オーストラリアのWA(Western Australia/西オーストラリア)州北部沖で発生したサイクロン(cyclone)「ベロニカ(Veronica)」と、WA州ケープランバート港(Cape Lambert Harbor)で2019年01月に発生した火災事故の影響で、イギリス系オーストラリアの資源大手リオ・ティント(Rio Tinto)が2019年04月01日に、2019年の同社の鉄鉱石生産量が1,400万トン減少するとの見通しを発表したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68063




リオ・ティントは2019年の生産量について、予測の3億3,800万~3億5,000万トンの下端にとどまるとみている。
WA州ピルバラ(Pilbara)地区での鉄鉱石採掘活動は再開に向け着実に進んでいるとしているが、ケープランバート港の修復が完了する見込みはまだ立っていないという。



一方で、供給不足により鉄鉱石価格は上昇。
投資・資産管理のショー・アンド・パートナーズ(Shaw & Partners)の鉱業部門アナリスト、オコナー(Peter O'Connor)は、ブラジルでの鉱山ダム決壊事故の影響について「ブラジルから中国への鉄鉱石輸送は8週間近くかかる。そのため、中国はまさに今週から鉄鉱石不足に直面し始める。」と説明した。鉄鉱石価格は今後1年以上は1トン当たりUS$70~90米(約7,800~1万30円)を推移し、年間平均のUS$67を大きく上回ると予測している。

マッコーリー・キャピタル(Macquarie Capital)のアナリストは「生産量が減少する中でも、リオは鉄鉱石価格上昇の恩恵の享受者で、利益が損失を上回る」との見方を示した。

中国の財新サービス業PMI、2019年03月は54.4に上昇。

2019-04-06 11:32:20 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月04日に、中国の経済ニュースメディアの財新メディア(财新传媒/Caxin)は2019年04月03日に、2019年03月の中国のサービス業(服务)PMI(Purchasing Managers Index/購買担当者景気指数)は54.4で、前月を3.3ポイント上回ったと発表した。

https://time-az.com/main/detail/68062

上昇は3カ月ぶりで、景況判断の節目となる50を引き続き上回り、2018年01月(54.7)以来の高い値となった。

新規受注の伸びが直近14カ月で最も高く、需要の改善が示された。

輸出受注も2017年12月以降では2番目に高い伸び。
企業の向こう1年の見通しに対する楽観度は過去3カ月で最高となった。

国家統計局が2019年03月31日に発表した3月のサービス業PMIは、0.1ポイント上昇の53.6だった。
政府と民間の調査で上昇傾向が一致した。

2019-04-01---中国の景況感を示す財新の製造業PMI、4カ月ぶりに50超過。
2018-12-03---中国の景況感を示すPMI、2018年11月は0.1ポイント上昇。
​​​​​​​

フィリピンの貿易産業省、2020~30年の建設業ロードマップ発表。

2019-04-06 10:47:34 | 開発


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月03日に、フィリピンの貿易産業省(Department of Trade and Industry Philippines)は、傘下のCIAP(Construction Industry Authority of the Philippines/フィリピン建設産業庁)を通じて、2019年03月28日にTATAG AT TAPAT 2030をテーマにいた「2020~30年の建設業行程表(Philippine Construction Industry Roadmap 2020-2030)」を発表したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68061

10年間の建設支出額を130兆ペソ(約275兆6,000億円)と、2018年単年の2兆3,000億ペソに比べ大幅に引き上げる目標を掲げる。

政府のの大規模インフラ整備計画「BBB(Build Build Build/ビルド・ビルド・ビルド)」を補完するとしている。

このロードマップは、CIAPとPCA(Philippines Contractors Association/フィリピン建設業者協会)が策定し、2019年03月28日に発表した。ロペス貿易産業相(Ramon Lopez Trade and Industry Minister of the Philippines)は2019年04月01日の声明で、「建設支出額は、ロードマップがない場合の予測値である43兆ペソの3倍になる。ロードマップの実行で、建設業界の雇用者数は2018年時点の400万人から、2030年までに300万人純増し、700万人になる見込みだ」と説明した。

ロードマップには、業界全体でAI(Artificial Intelligence/人工知能)の活用を促していく方針が盛り込まれた。機械学習(Machine learning/マシンラーニング)により納期の管理や設計ミスの修正を容易にするなど、業界全体の効率を引き上げる。

将来的には、建設業向けのAIシステムを設計・生産し、輸出することを目指すという。


マレーシアのプロトン、2019年03月の販売台数46%増。

2019-04-06 09:47:12 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月03日に、マレーシアの国産車メーカー「プロトン・ホールディングス(Proton Holdings)」は2019年04月01日に、2019年03月の販売台数は6,145台となり、前年同月から46.1%増加したと発表したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68060

2018年12月に発売したSUV(Sport Utility Vehicle/スポーツタイプ多目的車)となる「X70」の人気に支えられ、伸び率は主要3社で最高となった。

伸び率は業界全体の11.8%を大きく上回る水準で、プロトン車の国内シェアは11%となり、前年同月から2.6ポイント上昇した。

2019年01~03月期(第1四半期)の累計販売台数も前年同期比43.5%増と好調で、伸び率は業界全体の11.8%を大きく超えた。



「プロトン・ホールディングス」は2019年03月28日に、発売からわずか100日後、8,500台目のProton X70がマレーシアの法律事務所LHAG(Lee Allen Hishammuddin&Gledhill)に届けられた。
その成果は、PROTONの最初のSUVがそのセグメントの納入台数に関する過去の記録をすべて破り、同時に国内の自動車ブランドをマレーシアのSUV市場のリーダーの1つとして確立したと報告した。

2019-02-01---マレーシアの国産車プロトン、2019年01月の販売は前年同月比47%増。
2018-12-12---マレーシア初のSUV国民車プロトン「X70」、価格は9.9万リンギから
2017-10-02---マレーシアの国民車メーカー「プロトン」のCEOに、東風ホンダ出身。