世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ドイツの画家フランツ・マルクが死去した。

2019-03-04 22:34:25 | 人物


ArtDailyは2019年03月04日に、20世紀初期のドイツの画家で版画制作者、ドイツ表現主義者活動のキーにった人のうちの1つであったフランツ・マルク(Franz Marc/1880 - 1916)が第一次世界大戦に出征し、1916年03月04日に フランス共和国のロレーヌ地方ムーズ県ヴェルダンで、ドイツ軍とフランス軍の戦いであったヴェルダンの戦い(Battle of Verdun)で36歳の若さで命を落としたと報告した。戦死後、鉄十字勲章を受けている。

ヴェルダンの戦いでは、1916年02月から12月16日までにフランス軍362,000人、ドイツ軍336,000人の死傷者を出した。

https://time-az.com/main/detail/63460

フランツ・マルクは貴族の流れを汲む名家であり、風景画家の息子として生まれた。
マルクはそんな父親に厳しくデッサンの基礎を教え込まれた。
絵を描くことが大好きだったマルクを、父が褒めてくれることはなかった。

フランツ・マルクが19歳であった1899年に1年間の兵役で軍隊のキャンプに参加し、馬術の訓練で馬の背にまたがり、走り出した時、マルクの心の中で何かが弾け、何者にも束縛されない自由な世界。憎しみも偽りもない動物の純粋さに触れ、マルクは動物が大好きになった。そして動物を描く画家になりたいと思った。

彼は、動物を愛し、動物とひとつになろうとした画家で、動物を描くことが多かった。彼が画家として活躍したのは10年ほどであった。

一生涯かけても認められない画家が多い中で、たった10年間で認められた。

彼が「Der Blaue Reiter(青騎士)」の設立メンバーであったこと、およびその名前が後に、ジャーナルでは、協力しているアーティストのサークルと同義になった。

Verdun Memorial(ヴェルダン記念碑)の緯度、経度
49°11'41.7"N 5°26'01.5"E
または、
49.194903, 5.433736

1940-06-29---スイスの画家で、イラストレーターのパウル・クレーが死去した。
1887-01-03---ドイツ系フランス人画家アウグスト・マッケが生まれた。
1886-03-01---オーストリア系スイス人画家オスカー・ココシュカが生まれた。
1879-12-18---スイスの画家で、イラストレーターのパウル・クレーがベルン近郊で生まれた。


さよなら香港!香港から移住希望が急増!

2019-03-04 20:49:04 | 人物


日本経済新聞 電子版は2019年03月04日に、「もうかつての香港じゃない。香港から移住します。」という若者が増えていると報告した。

そういえば、香港が中国に返還された時も同じようなことが起こった。
当時は、香港の金持ちがアフリカのケニアでホテルを買いあさっていつのに遭遇した。

香港中文大の2018年の調査では、18~30歳の若者のうち51%が海外への移住を考えていると答えた。
2017年の調査と比べて5.5ポイントも増えた。

移住を希望する理由の上位には、
「政治的な対立が多すぎる」
「人が多くて住環境が悪い」
「政治制度に不満」と言った項目が並ぶという。

https://time-az.com/main/detail/67728

普通の中流家庭に生まれ育って、済的な心配はほとんどないにもかかわらず「香港でどうやって幸せに暮らせるか分からない」と悲観する。教育水準の高い人ほど移住を希望する人が多いのも最近の特徴だという。

香港で移住に必要な書類作成などを支援する会社ゴールドマックスでは、「移住の相談は多い。前年比2~3割増えている」と明かす。

主な顧客層は30~40代だが、20代の若い夫婦が「海外で子どもの教育を受けさせたい」と相談してくるケースもある。移住先ではカナダとオーストラリアの人気が高く、イギリスと米国を加えた4カ国で全体の8割を占める。
「香港の仕事や教育環境にストレスを感じている人が多い。政治的な問題も引き金になっている」という。

香港では小学校のころから厳しい競争にさらされ、社会人になっても長時間労働が当たり前。

しかもマイホームを手に入れるのは至難の業だという。

多くの若者が行政長官選挙の民主化を求めた2014年の雨傘運動から4年あまり、若者の要求は実現せず、むしろ中国の経済・政治的な影響力が増している。

香港政府は若者にイノベーションを促して、貿易や金融、不動産に依存した経済構造を変えようとしている。だが、このままだとミレニアルの貴重な人材を失いかねない。若者の閉塞感が続く限り、イノベーション都市も絵に描いた餅に終わる。

しかし、中国人はいつも出て行くが、必ず帰って来る。とも言われている。

ただし、このところに香港は、行き詰まっているのも事実である。

2019-02-28---2019年の香港経済成長2%台と低い予測。
2019-02-27---香港のGDP、深圳のGDPを下回った!
2019-02-26---香港の2019年01月輸出、3カ月連続のマイナス。
2018-12-27---転がるように落ちていく!香港の輸出、11月は22カ月ぶりマイナス!
2018-12-19---香港、今年4回目、政策金利2.75%に引き上げ!
2018-12-08---香港の輸出業者、米国から2019年1Qの受注25%減か!?
2018-12-05---約8割が、香港の2019経済成長率は3%未満と予測。
2018-12-05---米国の「景気楽観論が後退。」「スタグフレーション」を警戒。
2018-12-05---台湾の鴻海、ベトナムでiPhone組み立てライン設置、34万人リストラを計画か!?
2018-12-05---Huaweiの副会長兼CFO、カナダで逮捕!
2018-11-27---モルガン・スタンレー、香港の2018年成長率は3.3%と予測。
2018-11-26---香港のアパレル「エスプリ」、4割リストラ!3年で黒字化へ!
2018-11-21---2018年10月の訪日香港人1%減。
2018-11-17---米国政府、香港との貿易協力関係維持を明言。
2018-11-14---米国議会の超党派諮問機関、香港の「中国化」に懸念!
2018-11-14---戦後最長の景気、しかし、2018年07〜09月期マイナス成長!
2018-11-13---習主席が香港とマカオの訪問団と会談、4つの要望。
2018-11-03---香港の「港珠澳大橋」は開通10日目に、目標大きく超えた。
2018-11-01---みずほFG、香港の数碼港などと業務協力覚書締結。
2018-11-01---「広深港高鉄」開通で、海洋公園の本土客1割増。
2018-10-23---米中貿易戦争に対応し、対米輸出拠点 中国離れ加速!
2018-10-23---米中貿易戦争で、香港企業も本土工場の移転検討!
2018-10-22---米中貿易戦争で、香港の玩具産業を視界不良にさせている。
2018-10-19---WEFの2018年版「世界競争力報告」で、香港は7位。
2018-10-17---米中貿易戦争で、鴻海の子会社もミャンマーに逃げ出した!
2018-10-16---ついに、この時代が来た!訪日中国人が09月に、5年ぶりの減少!
2018-10-09---香港の尖沙咀のオフィス価格、2年で24%上昇!
2018-10-04---米国の金融大手も、香港の経済成長率予測を下方修正。
2018-10-04---PwC、香港で2018年01〜09月の上場企業調達が2.7倍に!
2018-10-02---電通、香港の企画・運営企業買収。
2018-09-19---訪日中国人伸び率が激減している。
2018-09-18---香港の今年の輸出見通し、半減の3%成長に修正!
2018-09-17---米国の対中関税第3弾、家具や家電、年内10%。
2018-09-14---香港の中古住宅市場で、一部の物件価格が下落している。
2018-09-14---米中貿易戦争で、香港の工場増強中止!
2018-09-11---香港政府は、米中貿易戦争を長期戦と考えた!
2018-09-11---米中貿易戦争で、中国本土撤退、香港の中継貿易減も
2018-09-08---トランプ大統領、アップルに生産を米国に移管要求。
2018-09-05---ミャンマー、EUからの縫製品受注額、既に昨年の2倍。
2018-08-30---香港の2018年07月の小売売上高、前年同月比7.8%増。
2018-08-27---マレーシアのパナソニック現法、生産ロボ化に4700万リンギ投資。
2018-06-26---香港の2018年05月輸出額、15.9%増のHK$3514億。
2018-05-17---香港の失業率、2018年02〜04月は2.8%、約20年ぶり低水準。
2018-03-27---香港の輸出額、13カ月プラス。
2018-01-18---香港で、超狭小物件の居住者、20万人を突破。
2018-01-03---香港経済絶好調継続!11月小売売上高7.5%増、9カ月連続プラス。
2017-12-29---香港人の2018年旅行先、日本の人気が継続!
2017-12-27---香港小売企業、本土客は高額品購入で、Xマスの消費好調!
2017-12-20---2017年01月〜11月、香港訪日客200万人の大台突破!
2017-12-11---香港の中環の高級オフィス賃料、2年連続世界1位。
2017-11-27---香港で、GI認定の山形酒商談会、13蔵元が売り込み!
2017-11-20---香港島のピークの豪邸、またアジア最高額で成約!
2017-11-20---香港人の海外不動産投資、今年は2.2倍に!
2017-11-06---香港の飲食店収益、直近5年で最大の伸び幅!
2017-10-31---香港の住宅価格、11カ月連続で過去最高更新!
2017-09-08---鴻海の売上高、8月も同月過去最高を更新。
2017-08-18---香港で、他国と差別化へ!日本産和牛のマークを刷新。
2017-08-13---訪日消費、主役は中国の爆買いから、ヨーロッパの体験ツアーへ!
2017-07-16---日本の民泊で韓国人が相次ぎ性的暴行被害。
2017-07-13---台湾の交通部、無届の「民泊」一斉摘発で罰則強化。
2017-06-15---ロボットに勝てない人間の世界!
2017-06-09---1人あたりの海外旅行支出額トップは、香港人旅行者。
2016-08-28---以前から、シャープに提案してきたことを富士通が実現!
2014-10-29---香港は、ソーシャル写真ブースを抗議運動に活用!
2014-10-18---香港デモ隊は、モン・コック・キャンプを再度奪回。
2014-10-16---香港の政府は、抗議者と「会談の準備ができている。」
2014-10-12---香港の最高行政官は、抗議で中国は動かないだろうと言った。
2014-10-10---香港の学生は取り消された会談を再開する。
2014-10-10---政府側が、金曜日の会談を中止した後、何千人もが集まり始めた。
2014-10-08---香港政府と学生リーダー、金曜日に画期的な交渉に合意。
2014-10-05---香港暴動に関する6つの質問。
2014-10-05---2014年10月05日の香港の24時間。
2014-10-04---香港の最高行政官CYレオンは、秩序が回復するに違いないと言った。
2014-10-04---BBCによる拒否された、香港の最高行政官CYレオンへの仮想インタビュー。
2014-10-02---香港特別行政府、デモ解散を要求。
2014-10-02---香港の騒動が本土に広がることを懸念し、北京でジャーナリスト・カードを没収!
2014-10-02---香港の抗議で、「民主主義犬」が追加のかみつきを開始!
2014-10-01---中国のメディアはどのように香港の抗議を報告しているか?
2014-09-30---オバマとモンディは、火星の話題で盛り上がった。
2014-09-29---中国で、「Instagram」をブロック!
2014-09-29---モバイル通信アプリFireChatは、香港でぱっと燃え上がり、抗議を占領。
2014-09-28---香港の民主主義は、催涙ガスで衝突。
2014-09-27---香港の警察は民主派の抗議者を追い出す。
2014-09-27---Occupy Centralの何千人もが香港を占拠し始めた。
2014-09-24---香港のダビデとゴリアテの民主主義バトル。
2014-09-23---香港の抗議と中国メディア。
2014-09-01---北京の役人は香港選挙怒りの中に詰問された。
2014-09-01---NPC決定は香港の政治制度の開発に重大。
2014-08-31---中国の規則はオープンな香港最高経営責任者投票を除外した。
2014-08-26---抗議者は、マカオが目覚めることを要求。
2014-08-25---中国のリーダーは、香港の政治的将来について議論中。
2014-08-22---線路上の犬は、香港で抗議の口火を切った。
2014-08-20---ジャッキー・チェンは息子の薬逮捕で「恥じている。」
2014-08-01---なぜ巨大なヒキガエルは中国の検閲官を引き立たせたか!
2014-07-15---香港の選挙制度改革報告書が、北京で提示される。
2014-06-27---香港はなぜ、非公式の民主主義国民投票をするのか?
2014-06-21---マカオ警察は、不法なワールドカップ賭博を摘発。
2014-06-03---国家逃亡者が、市民権を買う最も安い場所がどこですか?
2014-05-07---香港の編集長に懲役10年。
2014-04-26---香港で、世界初の天安門事件記念館が開館。
2014-04-14---中国から分割された香港の政治改革が話し合われた。
2014-04-04---世界で、どの独裁者もっとも人を殺したか?
2014-03-10---2013年の刑事裁判で、有罪率が99.93%の中国に、裁判が必要か?
2014-01-07---香港カンフー映画のパイオニアである邵逸夫が死去した。
2013-09-17---なぜ香港の新聞は、イギリスの大臣を「率いられて、壊れたクリケット」と呼んだか?
2013-07-06---香港の愛されていないリーダーの問題。今までで最低のCYレオン?
2013-06-27---ミドルネームは、何ですか?スノーデンのフライトが出航した。
2012-12-13---ジャッキー・チェンは、彼の最後の映画の紹介で、政治的思想を発言!
2012-12-11---アップルも脱中国を開始!
2012-11-06---米国 - 中国の貿易発火点!
2012-10-24---ノキアで始まった「脱中国」時代!?
2012-10-19---MGM中国は新しいマカオ・カジノの土地取引で株価上昇。
2012-10-02---香港でボートが衝突し、37人が死亡!
2012-09-09---香港の選挙風景。
2012-09-08---香港政府は、生徒への中国の愛国心教育計画を断念。
2012-09-04---アディダスの中国委託工場、契約終了通告。
2012-07-20---中国唯一のアディダス自社工場を閉鎖!
2012-07-03---日本の部品メーカー、中国などに分散化!「キャラバン資本主義」
2012-07-01---香港がイギリスから中国に返還されて15周年。
2012-06-15---香港の北京語の普及率、英語を抜いた!
2012-06-06---天安門民主化を要求した抗議デモの後に拘束されたリーダー死亡!
2012-04-11---マカオにUS$40億を掛けた新しいカジノがオープン!
2012-03-12---香港の2011年小売業利益は24.9%増。宿泊業は19.5%増。
2011-09-14---FoxconnのブラジルiPad工場は、既に動いている!
2011-05-27---MGM Chinaは香港で、US$15億を集めた。
2011-04-14---米国のMGM、マカオのカジノと合弁事業で合意!
2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!
2008-04-09---Nokia社、「キャラバン資本主義」でボーフム工場閉鎖。
1998-07-05---香港のカイタックが閉鎖された。
1997-07-01---香港がイギリスから中国に返還された。
1987-03-26---「マカオは中国の領土である」と中国の主権回復を発表。


道路のルールについて、トゥクトゥクと自動人力車の運転手を無料で訓練。

2019-03-04 17:20:05 | 観光


カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年03月04日に、City Hallは、彼らが道路法を尊重していないという大衆からの強い批判の後、乗車用アプリを使ってトゥクトゥク(tuk-tuk)と人力車(rickshaw)の運転手のための無料交通法訓練コースを始めたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/67727

金曜日にプノンペンの知事Khuong Srengは、無料交通法訓練コースに参加するために乗車用アプリを使っているすべてのドライバーに通知を出した。

MPWT(The Department of Public Works and Transport/公共事業省と運輸省)は毎週土曜日の午前8時から午後5時までの2か月間、5月末までコースを実施している。

知事Khuong Srengは、首都のほとんどのトゥクトゥクと自動人力車の運転手は運転免許証を持っていないと述べた。知事Khuong Srengは、この無料コースは交通事故の減少と乗客の安全確保を目的としていると述べた。

知事Khuong Srengは、「訓練コースを修了した後、彼らは免許を取得するために理論試験と運転免許試験の申請をすることができます。」「したがって、私たちはトゥクトゥクと人力車の運転手に私たちに協力して自動車の訓練に参加することを勧めます。」と言った。 
しかし、こんなに簡単に自動車免許証を取得しても、日本で車をレンタルして乗りまわすことができるので、少し怖い。

2ヵ月後、当局は交通法を厳しく施行すると彼は述べた。

私は、カンボジアのバイク・タクシーで若い女性が運転手の時、腰に手を回していいものかどうか悩んだ!
でも、振り落とされたくないので、ごめんなさいと言って、腰に手を回していた。
これはセクハラではない。
ルールである。

2019-03-00---インドのバジャジ、ガソリン小型四輪車「キュート」を03月に発売。
2018-10-16---東京のウェッジの子会社、ミャンマーでトゥクトゥクに金融サービス。
2018-06-06---「超小型」、新四輪カテゴリーをインド政府が承認。

北朝鮮に配慮し、米韓、春の大規模軍事演習打ち切り!

2019-03-04 16:23:58 | PHEV


日本経済新聞 電子版は2019年03月03日に、米韓両政府は2019年03月02日に、毎年春に実施している2つの大規模な合同軍事演習(Joint Military Drills)の打ち切りを決めたと発表したと報告した。

今後は規模を縮小した新たな訓練に衣替えする。

https://time-az.com/main/detail/67726

ベトナムでの米朝首脳会談は非核化の合意に至らなかったものの、北朝鮮に一定の配慮をすることで完全な非核化に向けた協議を継続させる余地を残した。

ただし、北朝鮮は核開発を本当に中止するのか?
金正日の時も、言葉とは裏腹に、核開発は継続されていた。

米国防総省は打ち切りの理由について「緊張を緩和し、朝鮮半島の完全な非核化を実現する外交努力を後押しするため」と説明した。

米国のドナルド・トランプ大統領(President Donald Trump)は2019年03月02日に、ワシントン近郊での演説で「北朝鮮は(米国と)合意できれば素晴らしい経済発展ができる。もし核兵器にこだわれば経済的な未来はない」と表明した。完全非核化を求める方針を重ねて強調した。

トランプ大統領はTwitterで、「(軍事演習に費やす)巨額のお金を節約するためだ」と説明した。
「費用は米国に返済されない」として同盟国防衛のための軍事費負担が過大だとの見方を示す一方、「現時点で北朝鮮との緊張緩和は良いことだ」とも指摘した。

パトリック・シャナハン(Patrick Michael Shanahan)米国防長官代行と韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相が2019年03月02日に電話協議し、2つの演習を終了させることで合意したと伝えている。

韓国軍合同参謀本部と米韓連合軍司令部は2019年03月03日に、「キー・リゾルブ」に代わる新たな演習を2019年03月04日から12日まで実施すると発表した。
​​​​​​​

ファッション・ブランド「ギャップ」と「オールドネイビー」別会社へ

2019-03-04 15:07:31 | ファッション


米国の「mashupNY」は2019年03月01日に、米国のファッション・ブランド「ギャップ(Gap Co)」は2019年03月01日に、傘下のファミリーブランド「オールドネイビー(Old Navy)」を別会社とし、2社の独立した株式公開企業を設立すると発表したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/67725

新会社は、「ギャップ」ブランドのほか、「バナナ・リパブリック(Banana Republic)」、スポーツブランド「アスレタ(Athleta)、セレクトショップ「インターミックス(Intermix)」、2018年スタートしたメンズのスポーツウェア「ヒルシティ(Hill City)」で構成される。

ロバート・フィッシャー(Robert Fisher)取締役会議長は、「ギャップ社の取締役会で包括的レビューを行った結果、オールドネイビーのビジネスモデルと顧客は、時と共に(ギャップなどの)専門ブランドとますます分岐していることが明らかとなった。お互いの企業は、今後の繁栄のため、異なる戦略を必要とする。双方のブランドにとって、分社化としての道を歩むことが、最も説得力のある道筋であると決定した。」と、声明で述べた。

1994年にスタートした「オールドネイビー」は、年間売上US$80億(約8950億円)で、一方の新会社のブランド全体の売上はUS$90億(約1兆円)となる。

「ギャップ」の最高経営責任者(CEO)アート・ペック(Art Peck)が新会社を率い、「オールドネイビー」は現CEOのソニア・ シンガル(Sonia Syngal)が引き続きCEOに就任する。

AP通信によると、契約の一環として「ギャップ」ブランドは、2年間で230店舗を閉鎖する。
現在ギャップは全世界に1,242店舗、そのうちの785店舗は北米にある。


カシミールで、インド・パキスタン対立激化!住民避難。

2019-03-04 11:55:41 | 戦争と平和


日本経済新聞 電子版、毎日新聞は2019年03月01日に、インドによるパキスタン領内での2019年02月26日の空爆に端を発した印パ対立が激しさを増していると報告した。

映画でも有名なリゾート地スリナガール(Srinagar)など、カシミール(Kashmir)を旅行するときは、いつも気になる情報である。

両国が領有権を争うカシミール地方では砲撃戦が続き、民間人が犠牲になっているほか、住民の避難も始まったと伝えている。

https://time-az.com/main/detail/67724

インド外務省は2019年02月26日に、インドの空軍機が2019年02月26日未明に、領有権を争うカシミール地方で停戦ラインを越えてパキスタン側に侵入し、テロ組織の拠点を空爆したと発表した。

パキスタン側は「インド空軍が領空侵犯した」と発表し、爆弾が落ちたとみられる山中の写真を投稿した。

カシミール地方では、2019年02月14日にインド側でインド警察隊を狙ったテロがあり、それへの報復とみられる。

インドのビジェイ・ゴカレ外務次官(Vice-director Vicegar Gokare of India)は記者会見で、治安部隊の40人が死亡した2019年02月14日のテロに触れ、「パキスタンは(テロの排除に向けて)何の具体的な行動も起こしておらず、空爆は必要だった」と強調した。
また空爆により「テロ組織の多くを排除した」と説明した。

2019年02月14日のテロの後に、インドとパキスタンの関係は一段と悪化していた。インドはテロにパキスタンが関与したとして、同国に付与していた最恵国待遇を剥奪し、パキスタンからインドへの輸出品に200%の関税をかけた。パキスタンは強く反発し、自国の関与の証拠を出せと迫るなど両国の緊張が高まっていた。

パキスタン軍は2019年02月27日にインド軍機を撃墜し、パイロット1人を拘束したが、パキスタン政府は2019年03月01日に、捕虜として拘束していたインド空軍機のパイロットを解放し、両国国境の検問所でインド側に引き渡した。

パキスタンのカーン首相(Khan Prime Minister of Pakistan)はインドのモディ首相(Prime Minister of Mordi in India)に対話を呼びかけているが、インド側は拒否する姿勢を崩しておらず、まだ不透明である。

インド政府筋は「パキスタンがテロ対策に取り組むまで対話しない」としている。

しかし、インドとパキスタンの両国は、この戦いが無駄だと知っている。

2018-05-25---対立するパキスタンとインドの元スパイ長官が「共著」した本。
2017-08-15---中印(龍虎/龍象)両国軍、ヒマラヤの係争地で小競り合い。
2017-07-10---カシミールで巡礼中のヒンズー教徒、襲撃受けて7人死亡!
2015-12-25---インドのモディ首相は、驚きのパキスタン訪問。
2015-12-02---1999年のカルギル戦争で、パキスタンは原爆をインドに落とすことを計画。
2015-07-31---インドとパキスタン『マンゴー外交』は意味(fruitful)があるか?
2015-07-27---インドで武装集団が警察署襲撃。
2015-07-16---カシミールで、インドの無人スパイ機を撃ち落とし、銃撃戦。
2015-06-02---パキスタンは、インドで捕まった『スパイハト』に答える。
2014-12-09---大胆なモディは、カシミールのイスラム教トップに合う。
2014-11-08---カシミールのインドの軍隊は、十代の死に関して謝罪した。
2014-04-12---インドとパキスタンの無駄で、氷結した戦い。
2013-12-24---奇跡が起こった!インドとパキスタンの軍当局トップが会談を開催!
2013-01-08---インドは、パキスタン兵が2人のインド人を殺したと言った。
2012-07-04---犬猿の仲、インドとパキスタンは和平会談。
2011-07-15---カシミールで、人質の女性が逃げ出し、新しい紛争が始まった!
1947-10-27---カシミール戦争が勃発した。
1947-08-15---1947年08月14日のパキスタン独立に続いて、1947年08月15日にインド独立!


ニューヨークは、アマゾンに帰って来て欲しい!

2019-03-04 10:48:37 | 経済


米国の「mashupNY」は2019年03月01日に、米国のアマゾンによるニューヨーク市クイーンズ第2本社建設計画の中止を受け、地元の中小企業経営者や建設業界、労働組合、政治家ら約80人は、2019年03月01日付のニューヨークタイムズ(New York Times)にCEOのジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)宛の公開書簡を掲載し、計画の再検討を求めたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/67723

広告は、地元住民の反対が多いという意見に対し、「明らかに大多数」が支持していることをアピールする目的で掲載された。

広告掲載を主導したキャサリン・ワイルダー(Kathryn S. Wylde)は、アマゾンに再検討への望みを直接伝えるのと同時に、テック業界に対し、ニューヨーク市が彼らのビジネスを歓迎することを伝える目的があるとニューヨークタイムズに語っている。

ニューヨークタイムズによると、クオモ州知事(State Governor of Cuomo)はアマゾン創始者のジェフ・ベゾス氏を含む役員らに何度か電話をかけ、再検討の要請を行っているという。

アマゾンは2019年02月14日、ジミー・ヴァン・ブラマー(Jimmy Van Bramer)市議会議員やマイケル・ギアナリス(Michael Gianaris)上院議員など地元議員らの反対を理由に、クイーンズに建設を予定していた第2本社建設計画の中止を突然発表した。

アマゾン第2本社建設の発表後、州と市が同社に減税や助成金など約US$30億の優遇措置を提供する契約を締結していたことが判明し、一部の議員や活動家による反対運動が各所で起こっていた。

誘致を主導してきたビル・デブラシオ市長(Bill de Blasio Mayor of New York City)はアマゾンを非難する一方、クオモ州知事は反対した地元議員らを非難した。また、地元の中小企業や、不動産事業者、求職希望者からは怒りの声が上がるなど大きな反響を巻き起こしていると伝えた。


フィリピンで、阪急阪神不動産の合弁会社は、一戸建て住宅着工。

2019-03-04 10:08:16 | 開発


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年03月01日に、フィリピンの住宅開発会社PAアルバレス・プロパティーズ・アンド・デベロップメント(P.A Alvarez Properties and Development Corporation)は、大阪市の阪急阪神不動産との合弁事業で、カビテ州の一戸建て住宅を着工した。2019年05月の完成を予定していると報告した。

https://time-az.com/main/detail/67722

カビテ州ダスマリニャス市(Dasmariñas City, Cavite)で開発中の新興住宅地「イデシア・ダスマリニャス(Idesia Dasmarinas City, Cavite)」のうち、面積33ヘクタールの敷地に一戸建て住宅167戸を建設する。

同事業では、総額約37億円を投じ、一戸建て住宅456戸、タウンハウス(連棟式住宅)463戸の計919戸を整備する計画で、2017年11月に造成を開始し、2022年08月に全体の工事が完成する予定にしている。ジョギングコースやスポーツセンターも併設する。

両社は2018年11月に、カビテ州ダスマリニャス市とバタンガス州リパ市(Ripa City, Batangas)の2カ所で新たな一戸建て分譲住宅事業に着手すると発表。2カ所を合わせた事業費は計66億ペソ(約140億円)となる。

これまでタイやベトナム、インドネシア、マレーシアなどの東南アジアでは高層コンドミニアムの開発が多く聞かれたが、フィリピンでは、低価格一戸建て住宅が作られている。

三菱商事系の住宅会社でも、1戸当たりの価格は300万~500万円で、タンザとリパでは、それぞれ3,000戸、1,867戸を供給すると報告している。

2019-02-22---三菱商事系の住宅会社、ラグナで3件目の販売を開始。



中国で、「空飛ぶバイク(筋斗雲)」を発明!?

2019-03-04 09:15:28 | ロジスティクス


ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2019年03月03日に、中国の発明家が開発した、「空飛ぶバイク」と呼ばれる人が乗れるドローンの動画が現地のSNSなどで話題になっていると報告した。

RFA(Radio Free Asia/ラジオ・フリー・アジア)の公式Twitterで2019年03月01日に動画が公開された。

問題は、エンジンだろう。ガソリンエンジンならうるさい!

https://time-az.com/main/detail/67721

大型のドローンにバイクのようにまたがると、4機のプロペラが回転し、空めがけて上昇していく。

中国のニュースサイト「頭条新聞」によると、有人ドローンを開発したのは広東省に住む趙徳力。
小さな頃から空を飛ぶものが好きで、「西遊記」の主人公・孫悟空の「筋斗雲」にも憧れていたと話している。

そういえば、飛行機や自動車のような形、中には立って乗る大型のドローンを見たが、バイクの方が安定するかもしれない。

2015年06月05日に、BBC ClickのLJリッチ(LJ Rich)は、テクノロジーニュースのベストのうちのいくらかを紹介し、その中に、まだプロトタイプだが、飛ぶことを望むバイクがあった。

本物のプラズマ動力付き空飛ぶ円盤(Plasma-powered flying saucer)を開発した人は、人が乗るから開発が難しい!
人が乗らなければ空飛ぶ円盤はできると言っていた。
一人乗りと二人乗りでも同じことが言えるかもしれない。

2019-01-22---ボーイング、「空飛ぶタクシー」試験飛行に成功!
2018-10-18---空飛ぶタクシー、2019年にシンガポール都市部で試験飛行。
2018-07-12---シンガポール民間航空庁と欧州安全機関、AirBusは、ドローン安全基準策定。
2017-11-16---ドローンやVR機器に弱点は、「超音波攻撃」!
2017-05-13---世界初、ドローンからスカイダイビング!
2016-11-29---新たなサイバー攻撃「ドローンジャック」
2015-09-04---ドローン規制法成立。
2015-06-05---飛ぶことを望むプロトタイプのバイク。
2015-05-22---無人飛行機「ドローン」の上に人間が立って、ギネス世界記録達成。
2014-06-02---NASAは,「空飛ぶ円盤」をテスト。
2008-05-06---本物のプラズマ動力付き空飛ぶ円盤(Plasma-powered flying saucer)発明!
​​​​​​​