世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

「SegWit2x」の分裂を断念!

2017-11-09 21:27:48 | モバイル・マネー
日本経済新聞 電子版は2017年11月09日に、CoinDeskからの情報として、代表的な仮想通貨であるBitcoinの価格が2017年11月08日、過去最高値を更新したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/62105

情報サイトのCoinDeskによると米国東部時間午後に一時US$7879と、2017年11月07日終値から11%上昇する場面があった。

しかし、同時に今月中旬に予定されていた新通貨「SegWit2x」によるBitcoinの分岐を主導していた中国にグループが2017年11月08日に、反対者が多いことを理由に分裂をひとまず断念すると発表した。

多数の反対者を抱えたまま分裂を強行すればBitcoinの先行き不透明感につながるとの懸念が後退し、買いが膨らんだことが原因と伝えている。

「SegWit2x」への分裂計画を主導していたマイク・ベルシェらが2017年11月08日に「ビットコインのマイナー(採掘者と呼ばれる専門業者)で分裂を支持するのは30%程度にすぎず、分裂に関する合意形成ができたとは言いがたい。」との声明を発表した。分裂の必要性は信じているとしながらも、「ビットコイン・コミュニティーを統一した状態にしておくことの方が大切と判断した。」と説明した。買い一巡後は分裂に期待していた投資家からの失望売りが出て、ビットコインは伸び悩んでいる。

2017年10月24日に 「Bitcoin Gold」または、「BTG」によるビットコインのブロックチェーン分岐し、2017年11月01日に、「Bitcoin Gold」の売買サービスを開始する予定という情報だったが、1週間を過ぎても売買サービスは始まっていない。

技術不足か?それとも撤退か?
はっきりした態度は必要である。

birFlyerも、「Bitcoin Gold」への対応ページを削除した。

すでに、分岐に関しては、「Bitcoin XT」「Bitcoin Classic 」「Bitcoin Unlimited」なども上がっている。

結果として、オオカミが来るぞ〜と騒いだ「Bitcoin Cash」が稼いだが、?

2017-11-02---bitFlyerが、「Bitcoin Gold」について、情報を公開した。
2017-11-01---「SegWit2x」によるビットコインの分岐について
2017-10-28---「Bitcoin Gold」の次。さらに11月に第4の分裂の可能性。
2017-10-24---Bitcoin Goldによるビットコインのブロックチェーン分岐。


写真家ロバート・フランクがスイスで生まれた。

2017-11-09 20:31:48 | 人物
ArtDailyは2017年11月09日に、アメリカの写真撮影と映画で高い評価されたロバート・フランク(Robert Frank/1924 - )は、1924年11月9日にスイスのチューリヒで生まれたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/62104

彼の最も著しいと評価された作品は1958年に出版された「The Americans」李表題のある本であった。
その本は「modern-day de Tocqueville」として、アメリカの社会の彼の新鮮で、そして懐疑的な部外者の見方のための率直な比較であった。

今回紹介された写真は、ロンドンのテート現代ギャラリー(London's Tate Modern Gallery)で2004年10月26日火曜日で、彼が、スイスの誕生した写真家ロバート・フランクの展示会を訪問すると、文化のためのスイスの大臣パスカル・クチェピン(Swiss minister for culture Pascal Couchepin)と話している時に撮影された。


アメリカのイラストレーターノーマン・ロックウェルが死去した。

2017-11-09 10:57:38 | 人物
ArtDailyは2017年11月08日に、20世紀であったアメリカの画家でイラストレーターであったノーマン・パーセベル・ロックウェル(Norman Percevel Rockwell/1894 - 1978)が1978年11月08日にマサチューセッツ州ストックブリッジ(Stockbtidge)で死去した。

http://time-az.com/main/detail/62103

彼の作品は、アメリカ文化を写しととらるために全米でポピュラーな訴えを展開した。

ノーマン・ロックウェルは、日常生活シナリオを作成し、雑誌「サタデー・イブニング・ポスト(The Saturday Evening Post)」の表紙を40年以上にわたって紹介したことが最も有名である。

今回公開された写真は、ノーマン・ロックウェル美術館のディレクターでCEOのローリー・ノートン・モファット(Laurie Norton Moffatt)は、オハイオ州アクロン(Akron, Ohio)でペイントで「鏡の女の子(Girl at Mirror)」について、2007年11月08日木曜日にディスカッションしている場面である。

2012-09-28---ノーマン・ロックウェルのモデル達が集まった!

昨日、救急車で搬送され、今日も安静を条件に病院を出て来ましたので、今日は、これだけにします。