世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

中国のレンタル「共有」ラブドール、わずか数日でサービス中止!

2017-09-18 22:52:19 | 性とメディア
AFPは2017年09月18日に、中国で「共有ガールフレンド(共享女友)」サービスとして数日前に開始されたラブドールのレンタルが、当局の罰金対象となり、中止に追い込まれたと報告した。

つまり、人形の売春行為ということなのだろうか?

http://time-az.com/main/detail/61446

現地紙「新京報(新京报/Beijing News)」によると、2017年09月14日にラブドールのレンタルを試験的に開始した福建(Fujian)省アモイ(Xiamen)に本社を置くアダルトグッズ販売業者「タッチ(Touch)」に対し、警察当局は罰金を科し、また販促活動の中止を命じたと書いている。

中国では最近、自転車から傘、バスケットボールまで、さまざまな物のシェアリング・エコノミー(シェア経済)が流行している。「タッチ」は携帯アプリを通じ、等身大のシリコン製ラブドールを貸し出すサービスを立ち上げたばかりだったと伝えている。

中国には、裏世界でほぼ公然と売春が行われていると聞いたが、人形は禁止というのも変である。

ダッチワイフなら、新宿で売っている。日本の南極探検隊は、ダッチワイフを持って行った!


韓国軍と合同演習で、米軍機6機、朝鮮半島上空を飛行!

2017-09-18 22:22:39 | 戦争と平和
AFPは2017年09月18日に、米軍のステルス戦闘機4機と爆撃機2機が2017年09月18日に、朝鮮半島上空を飛行したと報告したと、韓国国防省が2017年09月18日に発表した。

http://time-az.com/main/detail/61445

韓国軍との合同訓練で米軍が展開したのは、最新鋭のF35Bステルス戦闘機4機とB1B戦略爆撃機2機。

韓国側はF15K戦闘機4機が参加した。


中国の民間企業、北朝鮮にミサイル開発物資を密輸!?

2017-09-18 21:51:25 | 戦争と平和
朝日新聞デジタルは2017年09月18日に、は2017年04月ごろ、中国の民間企業が北朝鮮に対してミサイル開発に必要な物資を密輸していたと、中朝貿易に精通する北朝鮮関係筋が明らかにした。

http://time-az.com/main/detail/61444

中国の民間企業というが、実際は国営企業に近い。中国軍系企業もある。

北朝鮮が日米韓の予測を上回る速度で核やミサイル開発を進めている背景には、密輸やハッキングなどを駆使している可能性が高い。米国は情報戦略の見直しも迫られていると伝えている。

北朝鮮関係筋によれば、2017年04月ごろ、北朝鮮と取引があった中国民間企業が、ミサイル開発に必要な高純度タングステンとアルミニウム合金を北朝鮮の中央科学技術貿易会社に密輸した。

北朝鮮が2017年03月に開発に成功した新型の弾道ミサイル用エンジンは、ウクライナ製と外形が酷似しているとの指摘も出ている。

こうしたなか、米国のCIA(Central Intelligence Agency/中央情報局)は2017年05月に、北朝鮮の核とミサイルの脅威に対抗するため、北朝鮮情報を総合的に扱う「朝鮮ミッションセンター(Korea Mission Center)」を新たに立ち上げた。

東亜日報は2017年09月18日に、北朝鮮の核・ミサイル技術が急進展し、支援国の中国内でも韓半島政策路線の論争が激しくなって、学者や元官僚の公開論争は、北朝鮮の核の責任所在から、韓半島の危機対応の方向、北朝鮮に対して石油禁輸の有無、高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)の韓半島配備に対する中国の報復の正当性など、全方位に拡大している。

北京大学国際関係学院院長の賈慶国は2017年09月15日の寄稿文で、「北朝鮮の核兵器開発は、中国の安保にも深刻な危険だ。このような判断があってこそ、中国は国際社会とともに制裁を進めることができる。あなたは北朝鮮を無条件に保護する立場か」と浙江省国際関係学会副会長の朱志華に迫った。

最近、賈慶国が韓国を訪問した際、「中国は韓半島の戦争の可能性を認め、米国や韓国と調整を始めて備えなければならない」と主張すると、中国公安出身の朱志華が、「中国の北朝鮮核外交の核心原則のマジノ線からかけ離れた忘言」と非難したことによる反応だった。

賈慶国は2017年09月09日に、韓国を訪問した時、ある中国官営メディアとのインタビューで、「米朝間の衝突危険が高まっており、中国は事前に最悪の状況を阻止しなければならない」という問題の発言をした。

そして、「北朝鮮が中国の努力を無視して核開発を加速化しており、米国の先制攻撃につながるか、北朝鮮の政治危機が一触即発の状況を招くだろう」とし、「韓半島の戦争が現実に起こり得るため、中国は米国や韓国と深く協議し、危機対応策を模索しなければならない。これ以外の上策はない」と主張した。

これを批判した朱志華(朱志华)は2017年09月11日に、寄稿文を通じ、賈慶国の考えは、韓半島危機の責任が北朝鮮と中国にあるということであり、中国が米国と協議して北朝鮮に対する軍事攻撃案を作るべきだということだ、と非難した。

両者の論争は、北朝鮮を戦略的緩衝地と見る伝統的な主流の見解が非主流によって攻撃を受ける過渡期の状況を象徴している。中国の反対を無視した北朝鮮の核・ミサイル実験で国際社会の圧力が大きくなり、中国東北地方の放射能汚染の恐怖や韓半島での軍事衝突の可能性が高まったことで、主流の見解に対する挑戦が起きている。



オランダの写実主義の画家で、ゴッホの義理の叔父アントン・モーブが生まれた。

2017-09-18 20:15:23 | 人物
ArtDailyは2017年09月18日に、ハーグ学校の主要なメンバー(leading member of the Hague School)であった、オランダの写実主義の画家であったアンソニー(アントン)ルドルフ・モーブ(Anthonij (Anton) Rudolf Mauve/1838 - 1888)は1838年09月18日に、北ホラント州ザーンダム(Zaandam, North Holland)で生まれたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61443

色彩マスタ〜としての巧みな画家として、彼は、彼の義理のいとこヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent van Gogh/1853 - 1890)への早期で、非常に重要な影響を与えた。
今回公開された絵画は、1876ねんのビーチでの朝の乗り(Morning Ride on the Beach)、キャンバスに油彩、レェイクスミューゼアム(Rijksmuseum)所蔵。

この画家は、自分で見たものをきちんと描ける人だった。
最近の画家の中に、自分で見たものをきちんと描けないのに、主義主張ばかりで壊し始め、バラバラになる画家がいる。


インドの貿易収支。08月はUS$116億の赤字!

2017-09-18 19:24:35 | 経済
どうしたインド!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月18日に、インドの商工省(department of commerce, Government of India)が2017年09月15日発表した2017年08月の貿易収支(速報値)はUS$116億4,396万(約1兆3,000億円)の赤字だったと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61442

輸出額は前年同月比10.3%増のUS$238億1,883万。うち石油製品と宝飾品を除いた輸出額は14.5%増えた。

輸入額は21.0%増のUS$354億6,279万で、金が68.9%増と大幅に増えた。石油の輸入額が14.2%増のUS$77億5,475万だった。原油の国際価格が前年同月から11.3%上昇したことが輸入額を押し上げた。

2017年7月のサービス収支はUS$58億4,400万の黒字。輸出額はUS$131億7,800万、輸入額はUS$73億3,400万だった。

インドの税制改革の結果で、少し経済が落ちた。でも、すぐに持ち直す!


台湾22県市の競争力ランキング!

2017-09-18 18:07:16 | 経済
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月18日に、アメリカ週刊誌「Business Week」と提携し、中文雑誌で唯一になっている経済雑誌「天下雑誌」がまとめた22県市の競争力を数値化した「幸福都市大調査」を紹介し、台北市が3年連続で首位を維持した。2位は馬祖列島を管轄する連江県だったと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61441

経済雑誌「天下雑誌」は発行部数24万部で、毎月12、26日に発行される台湾で一番の経済雑誌である。

経済雑誌「天下雑誌」の調査は2017年07月11日から08月21日にかけて、台湾に居住する20歳以上の市民を対象に実施した。
有効回答数は1万4,481件だった。
調査内容は、
経済
施政
文化・教育
環境
社会福祉――の5分野について68項目に細分化した上で数値化し、評点を付けた。

22県市の競争力順位は、
首位の台北市(735.30ポイント)、
2位の連江県(685.99P)に次いで、
新竹市(681.50P)
離島の金門県(624.27P)
台南市(569.41P)が上位を占めた。


日本から消えた中国人は、香港に行っていた!

2017-09-18 17:30:54 | 観光
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月18日に、大公報が2017年09月15日に、旅行業界団体であるTIC(Travel Industry Council of Hong Kong/香港旅遊業議会/香港旅遊業議會)からの情報として、2017年07〜08月の夏季に香港を訪れた中国本土からの団体旅行者は計1万7,028団体となり、前年同期から42%増えた。

1日当たりに直すと約280団体と伝えたと報告した。

東京銀座からの情報によると、中国人が激減し、インドネシアやマレーシアなどからの人が急増していると報告していた。

http://time-az.com/main/detail/61440

2017年01〜08月の累計は4万5,931団体で、前年同期比では15%増。直近で大きく伸びている現状が浮き彫りとなった。

団体客の回復とともにホテル業界も上向いており、ホテル業界団体のHKHA(Hong Kong Hotels Association/香港酒店業協会/香港酒店業主聯會/香港酒店业协会)によると、2017年01〜08月の業界全体の客室稼働率は3ポイント上昇の89%、1泊当たりの客室料金は2.2%上昇のHK$1,200(約1万7,000円)超だった。

今年の中国の建国記念日である国慶節の連休期間(2017年10月01日〜08日)も大きく伸びる見通しで、TICの事務局長である崔定邦総幹事は、同期間中の本土団体旅行者が1日当たり平均で250〜280団体になるとの見通しを示した。前年同期の平均150団体から少なくとも6割以上増える計算になる。

2017-09-15---訪日客に対する出国税!?
2017-09-10---インドのリキシャマン全員が、個人タクシーの運転手になれる時代!
2017-09-01---外国人の観光税は、2017年09月01日から正式導入!
2017-08-31---訪日タイ人のリピーターは、「雪」体験希望!
2017-08-27---取り締まれない在日中国人の白タク。
2017-08-24---シンガポール観光局と経済開発庁、観光・商用客誘致で統一ロゴを公開。
2017-08-21---ニールセンの消費者信頼感で、インドネシアは3位に再浮上!
2017-08-20---日本の観光立国で、必要なこと!
2017-08-14---「上陸許可証印」のシールの絵柄を「富士山と桜」に変更。
2017-08-13---訪日消費、主役は中国の爆買いから、ヨーロッパの体験ツアーへ!
2017-08-09---ニッポンに恋して インバウンド!人生が変わる!
2017-08-02---日本で無料のデータ通信、訪日台湾人向けアプリ、広告で運営!
2017-07-16---日本の民泊で韓国人が相次ぎ性的暴行被害。
2017-07-05---台湾の「UBERの違反41件」、タクシー業界が告発!


マブチ事件の死刑囚。食道がんで死亡!

2017-09-18 16:06:45 | 犯罪と裁判
毎日新聞は2017年09月17日に、法務省が2017年09月17日に、千葉県松戸市で2002年08月05日にあった当時のマブチモーター社長宅の放火殺人など3事件で、計4人を殺害したとして死刑が確定した74歳であった小田島(畠山に改姓)鉄男死刑囚が、2017年09月16日夜に東京拘置所で食道がんのため死亡したと発表した。

子供の頃から、マブチモーターには多く世話になていたので、ショックだったが、同時にこの事件では多くの噂が飛び交った。

http://time-az.com/main/detail/61439

法務省によると、小田島死刑囚は2017年01月に食道がんと診断されたが、「積極的な治療は望まない」との意思を示していたという。東京拘置所は痛み止めを処方するなどしていた。2017年09月16日午後10時過ぎ意識障害が生じ、午後10時半に医師が死亡を確認した。

強盗殺人罪などに問われた小田島死刑囚は、控訴を取り下げ、2007年03月の1審・千葉地裁の死刑判決が確定していた。確定死刑囚は、再審開始決定を受けて釈放された81歳であった袴田巌元被告を除くと、124人となった。

つまり、まだ124人が、死刑執行を待っている。

2002-08-05---マブチモーターの社長宅で妻と長女が絞殺され、放火された。


60万人のロヒンギャの子供が、年末にバングラデシュに逃れる!?

2017-09-18 15:28:26 | 犯罪と裁判
AFPは2017年09月17日に、ミャンマーを逃れて隣国バングラデシュに避難するイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の子供たちの数が2017年末までに約60万人に達する可能性があると国際援助団体が、2017年09月17日に発表したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61438

国連によれば、ロヒンギャ難民の半数以上は子どもたちで、悪路や山道を何日も歩いてバングラデシュに1人でたどり着いた子たちは1100人以上いるという。

子ども支援専門の国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)」バングラデシュ支部のマーク・ピアース(Mark Pierce)は、「国連各機関によれば、このまま流入が続けば、年末までにロヒンギャ難民は、約60万人の子どもを含めて、100万人を超える可能性がある。」と語った。

誰も助けようとしないので、逃げるしかない!

私は、以前から尖閣列島を難民人材教育センターにするように訴えてきた。

東京都には、その財源として、すでに17億円あり、さらにセブンイレブンやマクドナルドなど、人材確保に苦労している企業や団体に、資金協力要請すれば、さらに資金は集まることだろう。

これは、外務省と厚生労働省が連携すれば、容易なことだろう。

今のままでは、ミャンマーの開発に協力し、そこで虐待されたいるにロヒンギャ難民を見て見ぬ振りをしているので、「民族浄化」に協力しているとも言える。

2017-09-15---バングラデシュ、ロヒンギャ問題でミャンマーへの軍事行動呼び掛け!?
2017-09-14---東京地裁、日本郵便の非正規格差で賠償命令!
2017-09-13---ロヒンギャ問題?ミャンマーのスー・チーは、国連総会を欠席。
2017-09-11---国連、避難民は31万超のミャンマーは、「民族浄化の典型例」
2017-09-11---ダライ・ラマ、ロヒンギャ危機でスー・チー氏に「平和的解決」求めた。
2017-09-11---尖閣寄付金の14億円。活用実績なく返還要求160件!
2017-09-07---セブン-イレブン・ジャパン、ベトナムの大学生インターン受け入れ!
2017-09-06---ロヒンギャ危機で、スー・チーは「大量Fake News」が実態を歪曲!?
2017-09-05---ロヒンギャ、バングラへの避難者数が12万人超え。
2017-09-04---バングラデシュ当局、避難先の島からロヒンギャ2000人超を強制退去!
2017-08-31---ロヒンギャ2万人、無人島で孤立。
2017-07-13---NLD若手指導者の発言で、国軍、「侮辱」と猛反発!
2017-07-05---ミャンマーの3大パゴダへの寄付金が増加。
2017-06-22---サムスン、ヤンゴンに大型サービス店をオープン。
2017-05-02---日本政府は、本当に海外で日本国民を守ることができるか?
2017-04-18---無人レジ、2025年までに国内全店舗に導入!?
2017-04-05---スー・チー、BBCでロヒンギャに対する「民族浄化」を否定。
2017-03-27---ミャンマー国軍司令官。ロヒンギャ軍事弾圧を正当化した。
2017-03-24---国連人権理事会、ロヒンギャ迫害の実態解明で調査団派遣。
2017-03-16---ミャンマー政府が設置した諮問委員会、ロヒンギャ迫害の中間報告。
2017-02-10---日本での難民申請の裏側。
2017-02-03---国連報告書ミャンマー当局を批判!ロヒンギャ数百人死亡か!?
2017-01-16---ノーベル平和賞?ミャンマー、ネットで政治家批判、逮捕続々!
2016-11-25---大量殺害に集団レイプ…ロヒンギャ難民が証言!
2016-03-10---ミャンマー与党NLDは、スー・チーの元運転手を新大統領に擁立。
2016-02-25---IOM事務局長、日本などに難民受け入れを求める。
2015-12-30---ミャンマーの無神論、仏教、宗教の自由。
2015-10-19---アウン・サン・スー・チーは、イスラム教の問題で怒った!
2015-09-08---アウン・サン・スー・チーの党は、ロヒギャを切った!
2015-05-28---ダライ・ラマは、スー・チーに、ロヒギャ保護をさらに要求。
2015-05-24---アウン・サン・スー・チーの許しがたい沈黙。沈黙は犯罪。
2015-01-22---国連は、ミャンマーの僧侶Wirathuを『男性至上主義者』コメントと非難。
2014-10-31---非常に珍しいミャンマーのキープレーヤーによる座談会。
2014-10-18---不確かな将来。タイの奴隷ロヒンギャ。
2014-03-06---ミャンマーの町をロヒンギャは、カットされた。
2014-03-01---国境なき医師団は、ミャンマーの仕事を再開することを認められた。
2014-02-28---ミャンマー政府、「国境なき医師団」に国内での活動停止を命令。
2013-08-29---反イスラム教の僧はビルマの宗教の緊張に火をたき付ける。
2013-08-21---ビルマは、国連権利使節を「保護しなかった。」
2013-08-05---ミャンマーのパンク・ロッカーは、宗教攻撃の沈黙を壊す。
2013-05-14---西ビルマで、ロヒンギャ・ボートが沈没。
2013-05-07---ダライ・ラマは、ビルマとスリランカの仏教徒を非難した!
2013-05-01---なぜ仏教徒僧は、イスラム教徒を攻撃しているのですか?
2013-04-12---ビルマの暴動で、金の店のイスラム教徒を投獄。
2013-03-22---仏教徒とイスラム教徒の戦闘で、ビルマの町メイティラに非常事態宣言。
2013-02-28---バングラデシュは、イスラム教の党指導者に死刑を宣告。
2012-10-27---ビルマは、Rakhine州で村が燃えていることを認めた。
1975-08-15---バングラデシュのムジブル・ラフマン大統領が暗殺された。


ハリケーンは、どんどん生まれ、どんどん退化!

2017-09-18 14:41:11 | 自然
AFPは2017年09月17日に、NHC(National Hurricane Center/米国立ハリケーンセンター)によると、ハリケーン「ノーマ(Norma)」は16日、勢力を弱め熱帯低気圧に変わり、メキシコのバハカリフォルニア(Baja California)州に向かっている。

http://time-az.com/main/detail/61437

http://www.ssd.noaa.gov/goes/east/carb/avn-animated.gif

その一方、大西洋(Atlantic Ocean)では熱帯暴風雨「マリア(Maria)」がカリブ海(Caribbean Sea)のリーワード諸島(Leeward Islands)に被害をもたらす恐れが出ていると報告した。

前日にハリケーンに発達した「ノーマ」だが、再び熱帯低気圧となり、2017年09月17、18日の2日間でバハカリフォルニア半島南部に接近する進路をとりながら、勢力はさらに弱まるとみられている。

caribbean satelliteの画像は、そも課程を明らかにする。