世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

歪められた新聞の消滅情報

2007-02-14 17:37:25 | Weblog
Center for Media Researchは2007年2月13日に、WAN(World Association of Newspapers/世界新聞協会)が2006年2月6日に公開した最新のデータによれば、新聞は成長し、新しい新聞に生まれ変わるために急速に変化していると報告した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=5363

WANの最高経営責任者Timothy Baldingは、「私たちは新聞が一般通念に完全に矛盾する結果を見ている。新聞の消滅が事実であるべきと予測するファッションのために、事実によって偽られる一般的な想定に基づいて、ただ事実のファッションを暴露しました。」と報告している。

Timothy Baldingは、「また、これらの傾向は新聞事業で起こっている広範囲の、しかし、しばしば見落とされた革新を示します。最も開発された市場でさえ、新聞の新しいジャンルの増殖があり、新しい読者を対象として、創造的なマーケティングと分配シナリオを作っている。」と結論を下している。

新聞は世界中で約US$1800億の産業を代表し、ラジオより多くの広告収入があり、映画、雑誌、およびインターネットを結合した額になっている。
新聞技術に過去5年間で60億ユーロ以上が投資され、そして、世界中で約200万人が働いていると報告している。

では、新聞のどこが問題なのかと言うことになる。

それはこれまで成長産業だと誤解されてきたが、実際はテレビの浸透で停滞産業になり、インターネットの登場で今までの状態が保てなくなり、大改革が始ったと言うことでしょう。

【マルチメディア・インターネット事典関連用語】
http://www.jiten.com/dicmi/index.htm
WAN(the World Association of Newspapers)
新聞の「マンハッタン計画」
一人の印刷版新聞読者に相当する100人のWeb版新聞読者!
新聞の読者は増えている!
新聞を読まない人種
伝統的なニュース経済学とWeb
TimesSelect
朝日新聞のデジタル戦略
クロスプラットフォーム・コンテンツでオールドメディアがお金を生む方法
著作権や知的所有権にこだわりすぎて大損をする人たち
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
Web2.0
ネット価格基本方程式
デジタル・トレンド
ネット・ユートピア思想
テロップ・ニュース放送局
テロップ
Google Book Search
Google Print
Google News
Google Reader
Google Desktop Search
Desktop 2
Googleツールバー
ツールバー戦争
MSN Toolbar Suite
検索戦争
全国瞬時警報システム
ロイター・デスクトップ・ツール
ティッカー・シンボル
RSS(Really Simple Syndication)
SSE(Simple Sharing Extensions) for RSS 2.0
ブログ
ブログ関連のURL
XML
SEEMO(South East Europe Media Organisation)
IPI(International Press Institute)
ICEJ(International Center for Education of Journalists)
SNPA(The Southern Newspaper Publishers Association)
ENPA(European Newspaper Publishers Association)
Atom Syndication Format
モンキー・ツール
電子メール新聞
ジャーナリストのためのURL
北米と南米のニュース・オン・インターネット
ヨーロッパのニュース・オン・インターネット
オセアニアのニュース・オン・インターネット
アフリカのニュース・オン・インターネット
アラブのニュース・オン・インターネット
コンピュータやインターネット関係のニュース
ニュース・オン・インターネット
ニュース・オン・デマンド
ニュース・オン・デマンド-2
一億総白痴化
テレビを見ない週間
テレクラシー
メディアクラシー
スカベンジャー
メディア・スカベンジャー
ITスカベンジャー
情報産業の人手不足
朝日新聞のデジタル戦略
フルIP時代
フリー・ペーパー
タブロイド新聞の再生
iPod世代のためのタブロイド新聞
潰れる雑誌、残る雑誌オールド・メディア
ダウンロード
不死の本
電子書籍元年
新聞(Journalism 2/11/99)
Silicon Plateau in India
冬の時を迎えたテレビ業界?
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年
冬の時を迎えたテレビ業界?2007年
IT(情報技術)時代のNHKビジョン
IT(情報技術)時代のNHKビジョンの内容
NHK放送メディア研究会
NHK放送受信料
NHKのインターネット・ニュース配信
国会議員介入によるNHKの番組内容改ざん
NHK政治圧力、マスコミ・メディア操作に関する声明
NHKの公開質問状の要旨
VAWW-NETジャパンより海老沢勝二NHK会長への公開質問状
放送における公正の原則

メキシコの麻薬抗争がYouTubeで新しい戦場を見つた!

2007-02-14 16:40:45 | Weblog
ロイターは2007年2月13日に、悪質なメキシコの麻薬暴力団同士の抗争は「YouTube」に移動したと報告した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=5362

そこでは、殺された敵の犠牲者の血まみれになったスライドショーと映像で互いをののしり合い、その中には頭を銃で撃ち抜かれる映像や、顔を無茶苦茶にする映像などが公開されていると報告した。

【マルチメディア・インターネット事典関連用語】
http://www.jiten.com/dicmi/index.htm
YouTube
麻薬とメディア
麻薬とメディア/2004年
麻薬とメディア/2005年-1
麻薬とメディア/2005年-2
麻薬とメディア/2006年
麻薬とメディア/2007年

イラクにおける通信事業の現状レポート

2007-02-14 16:11:46 | Weblog
Arab Advisors Groupは2007年2月13日に、イラクの通信事業をレポートした「Iraq's telecom market joins the regional pioneers as it awaits full effective liberalization in 2007」を公開し、2007年に完全な自由化が始まることから、イラクのテレコム市場は地方のパイオニアに合流が始まっていると報告した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=5361

イラクの通信事業の自由化は2006年9月6日に、固定ライセンス提供するとthe Iraqi CMC(Communications & Media Commission)が発表した。

それまでは、国営のITPC(Iraqi Telecommunications and Posts Company)がイラクの電話と郵便業務を独占していた。

【マルチメディア・インターネット事典関連用語】
http://www.jiten.com/dicmi/index.htm
アラブ世界に押し寄せるITの波
アラブ世界に押し寄せるITの波/2006年
アラブ世界に押し寄せるITの波/2007年
宗教とメディアとコンピュータとインターネット
アラブ首長国連邦のインターネット規制
国別・地域別の旅行関連ホームページ(アラブ)
中東教育情報リサーチ研究所

ベルギーの裁判所が裁定したGoogle News

2007-02-14 15:06:09 | Weblog
ベルギー、フランス、ドイツ語の新聞社のために著作権を管理し、ポータルサイトYahooでベルギーのプレス・レポートを表示することを止めるように要求したCopiepresseが訴えていた裁判が2007年2月13日に行われたとロイターが報告した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=5360

ただし、Copiepresseの訴えは古いオンライン・ニュースの考え方で、よく取材に金を使ったとマスコミなどは主張するが、金は著作権にはまったく関係なく、その事件はどこに主権があるのかと言うことで、新聞社が起こした事件ではなく、事件は当事者の問題であり、そこに著作権が発生するのであるなら、新聞社も著作権を侵害したことにもなりかねず、一般民衆はなるべく多くのニュースから自分で判断することが望まれる。

さらに、自分が書いたニュース情報が絶対だと主張したり、大きな新聞社だから信用できるという考え方の方が問題とも言える。

最初にニュースの平等性を実施したのは、1998年にドイツのベルリン工科大学で共同開発した「Paperbll」であったと記憶している。

【マルチメディア・インターネット事典関連用語】
http://www.jiten.com/dicmi/index.htm
Google News
Paperll
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2007年-1
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスコミ戦争公的使用
著作権
著作権/2000年~
著作権/2004年~
著作権/2005年~
著作権/2006年~
著作権関連のURL
著作権や知的所有権にこだわりすぎて大損をする人たち
YouTube革命
知的財産高等裁判所
ネットワーク環境を理解していない判決
ネットワーク環境を理解していない判決/2001年
ネットワーク環境を理解していない判決/2002年
ネットワーク環境を理解していない判決/2003年
ネットワーク環境を理解していない判決/2004年
ネットワーク環境を理解していない判決/2005年
ネットワーク環境を理解していない判決/2006年
ネットワーク環境を理解していない判決/2007年
Japan Press Index
Buy it Now
コンテンツ王国の倒壊
2006年10月3日の東京地方裁判所による判決についての声明
情報ネットワーク法学会

あなたはもう、「Digg.com」を使用しましたか?

2007-02-14 14:14:52 | Weblog
The Christian Science Monitorは2007年2月13日に、Project for Excellence in JournalismのDante Chinniによるコラム「Have you been 'digging' the news lately?」を公開した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=5359

「Digg」は奇妙に魅力的な場所で、「 Digg.com」は情報源を分け、ブログを分け、「アメリカン・アイドル」を分ける。 ユーザーは彼らがウェブをサーフィンしている間、おもしろいと思うページを見つけ、 それをDiggに提出する。

そこでは、他のユーザーがページを批評して、それらを支持する場合には投票する。
とくにMSM(MainStream Media/メジャー・メディア)を嫌う人がDiggモデルの望み、集まっている。
しかし、そこには「MSM」をしのぐリアリティで、世界観を提供している。と報告している。

ただし、Web2.0の特徴である、みんなが競い合い、ユーザーが中毒化する可能性が大きいとも言えるので、注意してください。

【マルチメディア・インターネット事典関連用語】
http://www.jiten.com/dicmi/index.htm
Digg Stacks
Digg.com
ニッチメディア
ニッチマーケット
ソーシャル・ネットワーキング
Web2.0
CGM(Consumer Generated Media)
ブログ
オタク・ビジネス
iGeek
モンキー・ツール
インターネット中毒
インターネット中毒/2005年-
メール・チェック中毒
Google中毒
間接的コミュニケーション中毒
サイバーセックス中毒
メディア・ジャンキー
ネットワーク症候群
携帯電話中毒
SMS中毒
携帯電話中毒
情報リテラシー
インターネット・リテラシー
メディア・リテラシー関連のURL
テクノロジー・リテラシー
メディア・リテラシー
コンピュータ・リテラシー
メディア・リテラシーを知るために-1
情報操作に関連するURL
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
情報操作/2005年-1
情報操作/2006年
情報操作/2007年
虚報
虚報/2004年
虚報/2005年
虚報/2006年
虚報/2007年
誤報

携帯電話のニュー・フロンティア

2007-02-14 13:08:59 | Weblog
先進国は長年にわたって、携帯電話産業がその成長スピードでぼろ儲けをしてきたが、その成長スピードは遅くなり始め、携帯電話サービス・プロバイダは世界で最も遠く離れた領域に達し、急上昇しているのは新興成長市場に移ってきている。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=5358

アフリカ、中国やインドなどの地域でWireless Intelligence、GSM AssociationとOvum Holdings Ltd.などが一緒に携帯電話産業データを追跡する合弁事業に応じて開発し、そして世界市場の約59%16億人の携帯電話加入者実現に向けた動きの原因になっている。

「健康」という新興成長市場で差し迫った問題に携帯電話を使用し、生きるために不可欠なモノとして携帯電話が浸透している。

しかし、携帯電話を使えば金が掛かり、携帯電話では腹が膨らまないという現実もそこにはある。

恐ろしい洗脳技法を先進国が使い始めている。
その作戦に、最近では国連も参加し、ハイエナ減少まで起こり始めている。

【マルチメディア・インターネット事典関連用語】
http://www.jiten.com/dicmi/index.htm
NGN(Next Generation Network)
携帯電話-2007年-1
超低価格携帯電話開発計画

US$150のラップトップ2,500台を8カ国で発表

2007-02-14 12:18:54 | Weblog
ロイターは2004年2月12日に、マサチューセッツ工科大学メディア・ラボを創設したNicholas Negroponteが2005年9月1日にスイスのダボスで開催されたWEF(世界経済フォーラム)で発表した非営利組織「OLPC(One Laptop Per Child)」が、バッテリーを充電するための手回しクランクを含んだUS$150のラップトップ2,500台を8カ国で発表すると報告した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=5357

ここで最も大きな問題は、「One Laptop per Child」が米国情報機関の重鎮になったジョン・ネグロポンテ(John Negroponte)の兄ニコラス・ネグロポンテ(Nicholas Negroponte)が中心になって推進していることであり、発展途上国に負債の負担を拡大し、米国を世界標準にすることを目的に、世界洗脳手段ということもあり得ると言うことである。

リビア政府が「OLPC(One Laptop Per Child)」に合意!
http://www.jiten.com/index.php?itemid=4577

2003年12月19日に、リビアは化学兵器を放棄し、大量破壊兵器の蓄えを破壊すると発表し、リビア政府が2006年10月10日に2008年6月までに120万人のリビアの児童にパソコンを供給することで合意している。

つまり、世界で最も信用できない米国スパイ組織が裏で動いていると言うことで、どこに真実があるのか?

「安いモノには毒がある」ということわざも---

アテネで開催されている「IGF(Internet Governance Forum)」
http://www.jiten.com/index.php?itemid=4691
誰が本当のビッグ・ブラザーか?
http://www.jiten.com/index.php?itemid=1349

【マルチメディア・インターネット事典関連用語】
http://www.jiten.com/dicmi/index.htm
US$100 PC project

21世紀の米国権利:ユニバーサル・ブロードバンド

2007-02-14 11:40:07 | Weblog
ベントン財団(Benton Foundation)のチェアーマンでCEOのチャールズ・ベントン(Charles Benton)は2007年2月9日に、the Alliance for Public Technologyから「テレコミュニケーションにおける先駆者的な努力と消費者アクセス」が認められ、the Susan G. Haddenパイオニア賞を受賞した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=5356

ベントンは米国におけるインターネット競争力を復元するために4ステップを特定した。

1) より良いデータ。
2) 戦略。
3) 公共、そして、非営利のセクターで新しいテレコミュニケーションとITの実用化を実施することによって情報社会のビジョンを実現するために、1994年から2004年まで重要な役割を果たした商務省のTechnology Opportunities Programのための基金を回復する。
4) ユニバーサル・サービス改革

【マルチメディア・インターネット事典関連用語】
http://www.jiten.com/dicmi/index.htm
広帯域革命
広帯域革命2004年
広帯域革命2005年
広帯域革命2006年
広帯域革命2007年
貧乏人ほどインターネットが必要
田舎ほどブロードバンドが必要
デジタル・デバイド
チャイルド・デバイド
デジタル・オポチュニティ
Copyleft
情報過疎
ユニバーサル・サービス
Universal Service & Phone Bills-1
Universal Service & Phone Bills-2

ボルネオの3カ国が、多様生物生息地の保存すに同意

2007-02-14 11:10:26 | Weblog
ENS(Environment News Service) World Newsは2007年2月12日に、ボルネオの植林された生息地を保護する宣言が2007年2月12日に、ブルネイ・ダルサラーム国、インドネシア、およびマレーシアの3カ国のボルネオ政府大臣によって調印されたと報告した。

http://www.jiten.com/index.php?itemid=5355

協定では、世界で3番目に大きい島に隣接するマレーシアとインドネシアの境界に沿って広大な多雨林をきれいにし、世界のパーム油農園最の大きい計画を終わらせ、危険にさらされたオランウータン、象、および犀が生息する世界で、生物学的多様性の最も重要なセンターの1つとして保存し、維持管理されることになった。

ボルネオ多雨林で新種の動物をどんどん発見!
http://www.jiten.com/index.php?itemid=4983
オランウータンのためのオンラインデート計画!
http://www.jiten.com/index.php?itemid=4295
全霊長類の4分の1が絶滅の危機
http://www.jiten.com/index.php?itemid=1587
不法スマトラ・コーヒーが虎、サイ、象を飲み込む!
http://www.jiten.com/index.php?itemid=5163
20年以上タイで見ることができなかった亀を再発見!
http://www.jiten.com/index.php?itemid=5129
種の生存とアマゾンの保安林
http://www.jiten.com/index.php?itemid=5128

<%image(20061220-Borneoisland.jpg|392|286|)%>
ボルネオ島のGoogle Earthポインター情報
1° 7'1.26"N,114°32'2.70"E
または
1.117017, 114.534083

【マルチメディア・インターネット事典関連用語】
http://www.jiten.com/dicmi/index.htm
WWF(The World Wildlife Fund)
UNESCO
Ecotourism
LOHAS(Lifestyles of Health and Sustainability)
IUCN
CBD(Convention on Biological Diversity)
自然環境フォーラム an online NGO
地球科学関連のURL
地球科学と海・水関連のURL
地球温暖化問題に関するURL
地球科学と災害関連のURL
地球科学と空・空気関連のURL
地球科学と宇宙関連のURL
地球科学と気象関連のURL
動物関連ホームページ
鳥関連ホームページ
昆虫関連ホームページ
海や川などの生物関連ホームページ
その他の生物関連ホームページ
ワシントン条約
レッドデータブック
宇宙に関するインターネット上のURL
絶滅の危機にある野生生物標本とインターネット
アース・クラブ
動物園、水族館関連のURL
ロハス
地球再生能力を超え、地球が枯渇して人類は自滅!

2月13日の今日は何の日?

2007-02-14 09:44:00 | Weblog
スコットランドの知識層に読まれている新聞「SCOTSMAN」が公開している 「FACT OF THE DAY」より

http://heritage.scotsman.com/
2月13日
http://www.jiten.com/index.php?itemid=3352

2001年2月13日に、イギリスで初めてスティーブン・ケリー(Stephen Kelly)は高等裁判所(High Court)で、性的なHIV感染で有罪を宣告された。グラスゴーから来た33歳の彼は、ウイルスを彼女に感染させることによって元パートナーを「無謀に、傷つけた」として、有罪と宣告された。エイズ機構は、HIV感染に関してオープンであったことから、HIVに「二次汚染」されることによる判決が、それらを落胆させると警告した。同様の状況で断罪されるべき第2の事例がスコットランドで2007年2月に起こった。

On this day in 2001 Stephen Kelly was the first person convicted for sexual HIV transmission in the UK. In the landmark case, the 33-year-old from Glasgow was convicted of having "recklessly injured" his former partner by infecting her with the virus. AIDS organisations warned the verdict could restigmatise HIV and discourage those with HIV from being open about infection. The second person in Scotland to be convicted under similar circumstances occurred only last week.

スティーブン・ケリー(Stephen Kelly)の写真はBBCに掲載されているが、このような写真にどのような意味があるのか疑問に感じる。

http://news.scotsman.com/topics.cfm?tid=460>news.scotsman.com
http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/february/13/newsid_2746000/2746031.stm
http://www.aidsmap.com/cms1044409.asp
http://www.nat.org.uk/document/68
http://www.nat.org.uk/document/62
http://www.blackwell-synergy.com/links/doi/10.1111/j.1468-2230.2005.00531.x/abs/

本当はオランダ人の軍によって支持されたクーデターで、ウィリアムとメアリー(King William III & Queen Mary II)が1689年2月13日にイギリスに来て、共同でイギリスの王座(Bill of Rights)に同意し、「イギリス革命(Glorious Revolution)」と奇妙に命名された。そして、このカップルがスコットランドとアイルランドについても主権者と認める前に、しばらく多量の血が流されることになった。

Today in 1689 William and Mary, having come to Britain in the oddly named "Glorious Revolution" (really a coup d''etat supported by Dutch troops), jointly acceded to the throne of England. It would be a while, and a lot of blood would be shed, before the couple became sovereigns of Scotland and Ireland too.

http://heritage.scotsman.com/timelines.cfm
http://www.metaweb.com/wiki/wiki.phtml?title=Glorious_Revolution
http://www.victorianweb.org/history/Glorious_Revolution.html
http://www.bbc.co.uk/history/timelines/britain/stu_glorious_rev.shtml
http://www.cofc.edu/~mccandla/RBoutline5.html
http://www.saburchill.com/history/chapters/chap4013.html
http://www.open2.net/civilwar/6.3.aftershocks.html
http://www.kirkdale113.freeserve.co.uk/williams.htm

1577年12月13日に、フランシス・ドレーク(Francis Drake)は、金色の雄ジカを連れてプリマスから世界の旅に出た。

On this day in 1577, Francis Drake began his journey from Plymouth in the Golden Hind that was to take him around the world.

1689年2月13日に、議会は権利法典(Bill of Rights)を採用した。
Today in 1689, Parliament adopts Bill of Rights.

English Bill of Rights 1689は
http://www.constitution.org/eng/eng_bor.htm

1904年12月13日に、ロンドンの地下鉄道が電気式になった。

In 1904, the Metropolitan Underground railway in London went electric.

http://www.jiten.com/index.php?itemid=3243
http://www.jiten.com/index.php?itemid=3200
http://www.jiten.com/index.php?itemid=3062
http://www.jiten.com/index.php?itemid=4028
http://www.jiten.com/index.php?itemid=3895
http://www.jiten.com/index.php?itemid=122

それまでは蒸気機関車の地下鉄だったのですから、驚きです。
そういえば、1800年代に発案されたドーバー海峡を渡るトンネル計画でも蒸気機関車が走ることになっていました。
乗りたくないな~

子供の頃、まだ新幹線がない東海道線を蒸気機関車に引かせた特急燕に乗ったことがあります。一番後ろにデッキがあって、喜んでデッキに出たら清水トンネルに入って、明るいとこroに出たら、全身煤まみれでした。
そういえば、ロンドンのダブルデッカーも昔は二階建ての馬車でした。

イギリスの画家で作家のJohn Piperが1903年12月13日に生まれた。

John Piper, British painter and writer, John Piper was born today in 1903.

1938年2月13日に、イギリスの映画俳優Oliver Reedが生まれた。
In 1938, British film actor, Oliver Reed was born.

中国情報局の「今日は何の日?」から
南京を占領していた日本軍の高森部隊がが中華門外にある小さな丘に稲荷神社を建てるため、1942年11月に整地作業を行っていて偶然、側面に「大唐三蔵大遍覚 法師玄奘頂骨早因黄巣 発塔今長干演化大師可政 於長安伝得於此葬之」と書かれた石棺が見つかり、さらに石棺の下から銅製の小さな仏壇が見つかって、仏壇には「唐三蔵」という文字が刻まれ、その中に幅約2寸、長さ4寸ほどの玄奘の頭骨を納めたガラスの香炉が入っていた。また、金の仏像や磁器、宝飾品などの副葬品も見つかった。当初の日本軍は「玄奘」の遺骨発見を隠そうとしたが、世論に押される形で南京政府が再三交渉し、日本軍は最終的に返還に同意し、1943年2月13日に、唐の高僧であった「玄奘」の頭骨の一部が、日本軍から南京の汪兆銘政府に返還され、南京城内の大礼堂草に安置した。1944年10月10日には玄武山頂上に頂骨を奉安し、記念塔を建立した。また、遺骨の一部は日本に渡り、東京芝の増上寺に奉安されていたが、戦後、西安大慈恩寺とさいたま市の同じ寺名の慈恩寺に中国式の十三重塔を建立して、その霊骨を奉安することになった。1950年2月5日に、十三重の石塔「玄奘塔」が慈恩寺の本堂から約800mほど離れた近くの丘の上に建立された。霊骨は水晶の小壺(つぼ)に納め、石塔の下に安置された。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0213&f=column_0213_001.shtml
http://bell.jp/pancho/kasihara_diary/2005_10_22.htm

朝日新聞が出版した「今日のクロニクル366日の事典」によれば
2月13日

文章量の関係で以下省略

Viel Spass
Ihre Digital Creators Conference & Digital Creator corp.
http://www.jiten.com/
Dictionary of MultiMedia & Internet
http://www.jiten.com/dicmi/index.htm
江戸末期の京更紗見本帳
http://www.jiten.com/kyosarasa/kyosarasa-index.html

[付録/440 International - Those Were the Days -2月13日]
http://www.440.com/twtd/archives/feb13.html

<%image(20061126-thclogo.jpg|63|63|)%>
[The History ChannelのThis Day in History -2月13日]
http://www.thehistorychannel.co.uk/site/this_day_in_history/this_day_February_13.php