世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ロシアの画家マルク・シャガールが生れた。

2020-07-07 00:09:46 | 人物

 

ArtDailyは2020年07月06日に、いくつかの主要な芸術的なスタイル、および20世紀の最も成功したアーティストのうちの1人マルク・ザハロビッチ・シャガール(Moïche Zakharovich Chagalov/モイシェ・ザハロヴィチ・シャガラウ/ロシア語:Марк Захарович Шагал/マルク・ザハロヴィチ・シャガル/ベラルーシ語:Мойша Захаравіч Шагалаў/Marc Chagall/マルク・シャガール/1887 - 1985)は、ニシンの商人に雇われていたカーツクル・シャガル(Khatskl Shagal/Zachar Shagal)と食料品を売っていたフィグ・アイテ・シャガール(Feige-Ite Shagal)の9人の子供の長男として、1887年07月06日に、帝政ロシア領のヴィテブスク(現:ベラルーシ・ヴィツェプスク/Vycebsk/Witebsk/Vitebsk)のリオスノ(Liozna)の近郊で生まれ、モイシェ・セガル(Moishe Segal/משה סג"ל)と命名されたと報告した。

 

 

https://time-az.com/main/detail/3964 

 

マルク・シャガールの幼年期の家を過ごしたベラルーシ・ヴィツェプスクの家は、現在、マークシャガール美術館になっている。

 

帝政ロシア領ヴィテブスクの住人は、ほとんどがユダヤ人で、シャガールもユダヤ人の子供として誕生した。

 

彼らの収入源は、ロシア帝国全体で販売されていた衣料品の製造で、また、家具や様々な農具も作っていた。

 

マルク・シャガールの幼年期のことは、彼の彼の自伝「My Life」が最も詳しいと言われている。

 

 

彼は早期現代主義者であり、絵画、本の挿絵、ステンドグラス、段階セット、陶器、タペストリー、および美術印刷物を含む事実上すべての芸術的なメディアの作品を作成した。

 

 

今回公開された写真は、ロシアで生まれた82歳のフランスの画家マルク・シャガールが、南のフランスの聖人ポール・デ・ヴァンス(Saint-Paul de Vence, southern France)で、1969年11月25日に彼の別荘で彼がデザインしたモザイクの前で撮影された。

 

 

私は、マインツの聖ステファン教会(Church of St. Stephan in Mainz)を制作しているときに、歩いて数分のシラー広場(Schillerplatza)の近くに住んでいたが、極秘にされ、知らなかった。

 

 

 

Marc (Moishe) Zakharovich Chagall (Moishe Sagal)

Russian: Марк Захарович Шагал (Сагаль), Hebrew: משה מוישה מארק שאגאל (סגל), French: Marc Chagall (Sagal)

Also Known As: "Marc", "Моисей Хацкелевич"

Birthdate: July 07, 1887

Birthplace: Lau, Viciebsk, Vitsebsk District, Vitebsk Region, Belarus 

Death:March 28, 1985 (97) 

Saint Paul de Vence, Alpes-Maritimes, Provence-Alpes-Côte d'Azur, France

Place of Burial: Saint Paul de Vence, Alpes-Maritimes, Provence-Alpes-Côte d'Azur, France

Immediate Family: Son of Khazkel Mordechai (Zachar) Shagal and Feige-Ite Mendelevna Shagal (Sagal) 

Husband of Bella Samoylovna Chagall and Valentina (Vava) Lazarevna Chagall Ex-partner of Virginia Edith McNeil Father of Ida Meyer and Private Brother of Anna (Chana) Zakharovna Gribova; David Shagal; Zinaida Zakharovna Makarovich; Elizaveta (Liza) Zakharovna Shub; Rakhil Shagal (Sagal) and 9 others 

 

Occupation: Artist, painter, Художник, Painter

 

ヴィテブスク(現:ベラルーシ・ヴィツェプスク/Vycebsk/Witebsk/Vitebsk)のリオスノ(Лёзна)の緯度、経度

55°01'07.5"N 30°47'55.8"E

または、

55.018754, 30.798819

 

マインツの聖ステファン教会(Church of St. Stephan in Mainz)の緯度、経度

49°59'44.1"N 8°16'07.2"E

または、

49.995578, 8.268669

 

2014-05-05---花を備えた家族の情事、シャガールの孫娘。

2014-02-02---£100,000のシャガールの作品は、贋作。

1985-03-28---ロシアの画家マルク・シャガールが死んだ。

1964-09-23---パリのオペラ座がシャガールの天井を贈り物として公開した。


アメリカ生まれのイタリア人サイ・トウォンブリーが死去した。

2020-07-05 23:13:32 | 人物

 

ArtDailyは2020年07月05日に、アメリカ生まれの画家、彫刻家、写真家であったモダンアートの巨人エドウィン・パーカー・サイ・トゥオンブリーJr.(Edwin Parker "Cy" Twombly Jr./また、単にサイ・トゥオンブリー/Cy Twombly/1928 - 2011)は、1957年からイタリアのローマに定住し、ロサンゼhttps://artdaily.cc/images/Misc/N_2020-07-05-flashback-0771e6d8-49ab.jpgルス・タイム(latimes/Los Angeles Times)はブログで2011年07月05日に、モダンアートの世界で最も知られた一人であるサイ・トゥオンブリー(Cy Twombly/1928 - 2011)が83歳で、癌との戦いの後に、数時間入院して、ローマで2011年07月05日に死去したと報告した。

 

バリチェッラのサンタマリアのプラーク(plaque in Santa Maria in Vallicella)に埋葬された。

 

https://time-az.com/main/detail/29955 

 

 

サイ・トゥオンブリーは、1928年4月25日にバージニア州レキシントン(Lexington, Virginia)で生まれた。

 

サイ・トゥオンブリーの父親は、シカゴホワイトソックス(Chicago White Sox)に出場したことがあり、カージナルス(Cardinals)、レッドソックス(Red Sox)、インディアン(Indians)、およびブレーブス(Braves)のために投球した野球の偉大なサイ・ヤング(Cy Young)にちなんで、彼の名を付け、自身のニックネームも「サイ(Cy)」と言っていた。

 

 

彼は、ロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg)やジャスパー・ジョンズ(Jasper Johns)の世代に属した。

 

また、2007年06月から09月までアヴィニョンの現代美術館(the Museum of Contemporary Art in Avignon)で展示されたとき、2007年07月19日、警察はカンボジアとフランスのアーティスト、リンディ・サム(Rindy Sam)がサイ・トゥオンブリーの三連祭壇画Phaedrus(パイドロス)の1つのパネルにキスした後に逮捕された「パイドロス事件(Phaedrus incident)」が起こっている。真っ白なキャンバスのパネルは、サムの赤い口紅で汚され、彼女は「芸術作品の自発的劣化」のためにアヴィニョンの裁判所で裁判にかけられた。

 

2007年11月、サムは有罪となり、絵画の所有者に€1,000、展示されたアヴィニョンギャラリーに€ 500、そして画家に€1を支払うよう命じられた。

 

 

今回公開された作品は、サイ・トゥオンブリーによる「American、1928、2011」Anabasis(ブロンズ)。46 1/16 x 19 1/8 x 19 5/16インチ、ベースは(pedestal)39×26 1/4 ×26インチ。 ©Cy Twombly Foundation。

 

サイ・トゥオンブリーは、抽象画、反復性の線を使用する他の作品、およびカリグラフィーのような書くことで知られている。

 

彼のスタイルは、しばしば他の芸術家の中で彼をお気になったが、それは大衆からある距離をおいて妨げた。

 

評論家はしばしばこの仕事の長所について意見が分かれたが、彼は、結局、20世紀のモダンアートの重要人物として見なされるようになった。

 

サイ・トゥオンブリーは、ヴァージニアのレキシントン(Lexington, Virginia)で1928年に生まれて、早期ニューヨーク学校に関連するようになった。

サイ・トゥオンブリーは、1950年代後半にイタリアへ移り、彼が余生の多くを費やした。

 

抽象表現主義とミニマリズムを含む様々な運動をもてあそんで、芸術家は芸術的なカテゴリにきちんと決して収まらなかった。

 

彼の分類できない本質は一部は、彼がロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg)やジャスパー・ジョーンズ(Jasper Johns)などのコンテンポラリとして同レベルの名声を達成できなかったことであった。

 

サイ・トゥオンブリーは、めったにインタビューを与えないで、メディアに著しく不足して、少ない公共のプロフィールを保管した。

 

それにもかかわらず、彼の芸術は世界中の美術館と画廊に示された。

 

2010年に、彼がパリのルーブル美術館のアート・ワールドにおけるまれな名誉で天井にペンキを塗るよう誘われた。と報告した。

 

​​​​​​​

 

2011-07-21---時代の完全な終わりを象徴する「現代アート」!

2009-08-06---Vanity Fair「世界のベストドレッサーベスト10」を発表した。


世界最高額の写真家エルビン・ブルーメンフェルドが死去した。

2020-07-05 00:19:51 | 人物

 

ArtDailyは2020年07月04日に、1941年に、アメリカに移住し、ダダイズム(Dadaism)とシュルレアリスム(Surrealism)の写真家として、すぐに成功して世界最高額のファッション写真家となり、ハーパーズバザー(Harper's Bazaar)、ライフ(Life)、アメリカンヴォーグ(American Vogue)のフリーランサーとして活躍したエルヴィン・ブルーメンフェルド(Erwin Blumenfeld/1897 - 1969)は、1969年07月04日にイタリアのローマ(Rome)で、心臓発作により死去したと報告した。

 

彼の世界最高額は、今も抜かれていないという。

彼自身が、ダダイズムとシュルレアリスムのアートであった。

 

彼の死後、彼は写真家として管理された30,000枚のフィルム、8,000枚の白黒プリント、60年代からの何10もの画期的なファッション映画を彼の最後の愛人マリーナ(Marina)に残したことが明らかになった。

 

彼の孫は、テレビ・プロドューサーで有名なレミー・ブルーメンフェルド(Remy Blumenfeld)である。

 

https://time-az.com/main/detail/72314 

 

 

彼は、BBC4で、祖父の伝記「美しい女性を撃った男(The Man Who Shot Beautiful Women)」を制作した。

 

エルビン・ブルーメンフェルドの父親アルベルト・ブルーメンフェルド(Albert Blumenfeld)は、三次梅毒による病気持ちで、療養所に出入りしていた母親エマ・ブルーメンフェルド(Emma (コーン/Cohn) Blumenfeld)との3人目の子供として、ドイツのベルリン(Berlin)で生まれた。彼は、両親を嫌っていたようだ。

 

彼は勉強するためのお金がなく、婦人服メーカーの見習いとして働き、家族を養っていた。

 

1913年に彼の父親は亡くなり、エルビン・ブルーメンフェルドは「私は今書いたばかりの詩に涙を垂らし、二度と自慰行為をしたり、母の世話をしたりしないよう厳粛に誓った。私は、その両方の誓いを破った。」と書いている。

 

1918年に、オランダへ向けて出発した。彼はポール・シトロエン(Paul Citroen)と芸術関係を築こうとしたが、ほとんど成功しなかった。彼はガーソンブラザーズファッションハウス(Gerzon Brothers Fashon House)に入社し、衣料品事業に参入した。

グロスGrosz)、ミノナ(Mynona)、メーリング(Mehring)、シトロエンとダダ運動に参加。Jan Bloomfieldのペンネームでコラージュを描いたり書いたりし、ポール・シトロエンとともに、彼らは「オランダダダセントラーレ(Holland Dadacentrale)」の自称監督になった。

 

そして、レナ・シトロエン(Lena Citroen)と結婚した。

 

 

彼の個人的な写真作品には、ダダイズム(Dadaism)とシュルレアリスム(Surrealism)の影響が多く見られ、彼は実験室での作業を得意とし、歪曲(distortion)、多重露光(multiple exposure)、フォトモンタージュ(photo-montage)、ソラリゼーション(solarisation)などの写真技術の実験を行った。

 

 

彼の孫たちは、ブルーメンフェルトによって残された何千枚もの写真をより広く一般に公開することが任され、もブルーメンフェルトに門戸を開いており、パリのルーブル美術館(Louvre in Paris)、東京のメトロポリタン写真美術館(Metropolitan Museum of Photography in Tokyo)、ロンドンのサマセットハウス(Somerset House in London)で大きなショーが開催された。

 

今回公開された写真では、1930年頃の自画像(Self Portrait c. 1930.)。

 

​​​​​​​

© 2020 Yvette Blumenfeld Georges Deeton.


孫正義、現金化をさらに加速!

2020-07-04 12:08:08 | 人物

 

日本経済新聞 電子版は2020年07月03日に、知り合いがどんどん逃げ出しているソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、2013年に個人資産として300億円超で購入していた東京都中央区の商業ビル「ティファニー銀座本店ビル(Tiffany Ginza Main Store Building)」を不動産大手のヒューリック(Hulic)がリース大手芙蓉総合リースと組んで、2020年07月03日まに、取得したことが分かったと報告した。

 

 

ロイターは2013年10月01日に、孫正義社長が320億円で購入したことが分かったと伝えていた。

 

 

あの頃は、孫正義の額は光っていた。

 

孫正義の優良資産が現金化され、急速に減っている。

 

それだけ苦しいということだろう。

 

https://time-az.com/main/detail/72308 

 

日経ビジネスは2019年12月6日に、「孫正義 もっと狂え!本気で狂え!」と買いているが、資産は本気で狂っている。

 

金額は非公表だが、300億円を超えるとみられる。

取引はみずほグループが仲介したもようだという。

巨額の負債がある孫正義から、少しでも回収するためだろう。

 

しかし、「焼け石に水。」

 

高値のビルを高値のまま購入し、少し儲けて売るのでは、バフェットに勝てない。

「ピタゴラス」の足元にもおよばない。

 

2人には、公式と理論がある。

 

ドイツのWirecardが破産申請では、ソフトバンクは2019年04月25日に、€9億をWirecardへの投資として設定していた。

 

1EUR=120.30JPY×€9億=1082億3000万円。

 

 

ティファニー銀座本店ビル(Tiffany Ginza Main Store Building)の緯度、経度。

35°40'24.0"N 139°46'03.1"E

または、

35.673336, 139.767536

 

2020-06-25---ドイツのWirecardが破産申請 不正会計犯罪疑惑、債務超過は不可避。

2020-05-11---投資の神様「バフェット」に圧勝した「ピタゴラス」

2020-04-26---元々学校の先生だったジャック・マ、教育で最大のチャレンジ。

2020-01-17---どうなるWeWork!?リース9割減。Spaces時代の到来〜!

2020-01-09---ソフバンクG支援の「ズーム・ピザ」が人員削減、ピザ製造中止。

2019-12-31---ユニクロの親会社ファストリ柳井、ソフトバンクG退任。

2019-12-20---2019年の億万長者、最大の勝者と敗者。

2019-11-18---SoftBankとLineがUS$300億の会社を設立。


独立前のアメリカの画家ジョン・シングルトン・コプリーが生まれた。

2020-07-03 23:14:57 | 人物

 

ArtDailyは2020年07月03日に、イギリスの植民地であったアメリカとイギリス本土で活動したイギリス領アメリカの画家であったジョン・シングルトン・コプリー(John Singleton Copley RA/1738 - 1815)が、アングロアイリッシュ(Anglo-Irish)生まれであった両親リチャード・コプリー(Richard Copley)とメアリー・シングルトンコプリー(Mary Singleton Copley)の子として、1738年07月03日にマサチューセッツ州 ボストンで(Boston, Massachusetts)で生まれたと報告した。

 

ただし、彼が生まれた頃には、すでに父親は西インド諸島で亡くなっていた。

 

https://time-az.com/main/detail/60447 

 

たばこ屋をLindall Streetで経営していた母親が1748年05月22日に、版画家のピター・ペルハム(Peter Pelham)と再婚し、彼は、その義理の父親から絵画と彫刻を学んだ。

 

ゴドフリー・ネラー(Sir Godfrey Kneller, 1st Baronet/1646 – 1723)やジョシュア・レノルズ(Sir Joshua Reynolds/1723 - 1792)らの画集を模写して、技術を磨いた。

 

1766年に、ロンドンの展覧会に「Boy with Squirrell(少年とリス)」を出品し、ジョシュア・レノルズらから賞賛された。

 

彼は、独立前のアメリカで最初の偉大な肖像画家とも言われ。また初めて国際的な評価を受けた画家の一人であるとも言われている。

 

 

植民地時代のニューイングランドで裕福な人物の肖像画家として定着した後、アメリカ独立戦争が近づいた1774年に、イギリスに渡り、しばらく後に家族も呼んでロンドンに住んだ。

 

 

ロンドンでは、アメリカ出身で、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ(Royal Academy of Arts, RA/王立美術院)の設立に参加し、ジョシュア・レノルズが死去すると、会長にもなったベンジャミン・ウエスト(Benjamin West/1738 - 1820)と親しくなった。

 

ジョン・シングルトン・コプリーは、ベンジャミン・ウエストから、多くの影響を受け、肖像以外も描き始めたと言われている。

 

ジョン・シングルトン・コプリーは、2度と米国には帰らなかったが、彼の彫像がマサチューセッツ州 ボストンにある。

 

しかし、美術史家のポール・ステイティ(Paul Staiti)によると、コプリーは植民地時代のアメリカで最も偉大で最も影響力のある画家であり、約350点の芸術作品を生み出しました。人とモノの驚異的な似顔絵で、彼はアメリカのリアリズム芸術の伝統を定義したと解説している。

 

彼は次の20年間ポートレイティストとして、ロンドンでかなりの成功を収めたが、晩年は、膨大な借金をして死んだと言われている。

 

 

ArtDailyで2018年07月03日に公開された作品は、ジョン・シングルトン全家族として、1776年に描かれた。

この作品は、Tateにある。

 

​​​​​​​

 

ArtDailyで2017年07月03日に公開された写真は、ハーバード大学のシュトラウスセンター(Harvard University's Straus Center)で絵画の保存と管理員テリー・ヘンシック(Teri Hensick)と、マサチューセッツ州ケンブリッジのフォッグ美術館(Fogg Art Museum in Cambridge, Mass)で、200年05月10日に、ジョン・シングルトン・コプリーの歴史的絵の時の展示品「ジェイムズ2世の前のモンマス(Monmouth Before James II)」である。

 

マサチューセッツ州ボストンにあるジョン・シングルトン・コプリー(John Singleton Copley)の彫像の緯度、経度

42°21'01.8"N 71°04'32.8"W

または、

42.350506, -71.075781


マハティール前首相、首相候補を突然発表!野党内に困惑?

2020-07-02 20:06:24 | 人物

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年06月30日に、マレーシアで、2020年03月に選挙を経ずに政権に復帰したUMNO(United Malayan National Organization/統一マレー国民組織)を中核とするPN(Perikatan Nasional/新与党連合・国民同盟/National Alliance)の打倒を目指す、PH(Parti Perikatan / Liga Harapan/政党連合・希望連盟)プラス(Plas)の足並みが乱れていると報告した。

 

PHプラスのマレーシアのマハティール・ビン・モハマッド(Mahathir bin Mohamad/1925 - )前首相は2020年06月27日に、正式な決定を待たず地方政党のトップを次期首相候補に擁立すると発表した。

 

PHプラスを構成する各党から困惑の声が上がった。

 

マハティール前首相は2020年06月27日に、ワリサン(Warisan/サバ伝統党/(tradisi Sabah)の党首であ、サバ州のシャフィー・アプダル州首相(Chief Minister of Sabah Shafie Apdal)を次期首相候補に擁立すると発表した。

 

https://time-az.com/main/detail/72298 

 

 

ワリサンのほか、アマナ(Amana/Parti Amanah Negara/国民信託党)やDAP(Parti Tindakan Demokratik/民主行動党)などの幹部との2020年06月25日の非公式会議で決定したと主張した。

 

マハティールを支持するDAP、アマナとは引き続き連携していく意向だと、マハティールは話していた。

 

一方、アマナのモハマド・サブ党首(Mohammad Sabu/前国防相/former defence minister)とDAPのリム・グアンエン書記長(DAP General Secretary Lim Guan Eng/前財相/former Finance Minister)は2020年06月27日に、マハティールの発表は事実と異なるとの声明を発表した。2018年の総選挙で国民の信任を得て、UMNOを中核とする政党連合・国民戦線(BN)からの政権交代を果たしたPHが、サバ州のシャフィー・アプダル州首相を次期首相候補として正式に決定するには、アマナとDAPの中央指導部の合意、さらにPHプラスの幹部会での承認が必要になると説明した。

 

 

マハティールらによる2020年06月25日の非公式会議から外された形のPKR(Parti Keadilan Rakyat/人民正義党)は2020年06月28日に、PHプラスの次期首相候補は幹部会が決定するとした上で、「新しい提案は、いかなる指導者も政治的な道具にすべきではない」と釘を刺した。

 

PKRは、アンワル・イブラヒム(Anwar Ibrahim)党首をPHプラスの次期首相候補に推している。

 

しかし、PKRは、次期首相候補を選出するに当たり、マハティールの首相返り咲きと、その後のアンワルによる将来的な首相後継を前提とした共闘を拒否している。

 

JETRO(Japan External Trade Organization/ジェトロ/日本貿易振興機構)アジア経済研究所の中村正志は2020年06月29日に、NNAに対し、マハティールとアンワルは対立しており、どちらかを首相候補にすると(連邦議会下院で)過半数勢力を作れないと指摘した。アマナなどの声明に基づけば、この膠着(こうちゃく)状態を抜け出すための一つのオプションとして、シャフィー擁立が検討されたと解説した。

 

 

結局、マハティールもマレーシア人で、自分の子供を政権で働ける良い位置を探しているというのが、現実のようだ。

 

2020-06-23---マハティール前首相、アンワルPKR党首と決別!

今回の動きは、アンワルにこだわるPKR以外の勢力が、別のオプションを検討し始めたことを示している。

 

マラヤ大学社会文化学部のアワン・アズマン准教授(Associate Professor Awang Azman, Department of Sociology and Culture, University of Malaya)によれば、東マレーシアのGPS(Gabungan Parti Sarawak/サラワク政党連合/Sarawak Parties Coalition)が下院で18議席を確保しているのに対し、ワリサンは9議席にすぎず、サラワク州からは不満の声が上がっている。

 

 

アワン・アズマン准教授は、野党連合を代表する次期首相候補を、サバ州から出すことは不合理だとの見解を示し、シャフィの擁立に疑問を呈する声もあると指摘した。

 

アワン・アズマン准教授は、マハティールがシャフィーのほか、アンワルを第1副首相に、マハティールの三男で、前クダ州首相(former Chief Minister of Kuda)であるムクリズ・マハティール(Mukhriz bin Mahathir/مخريز بن محضير;)を第2副首相の候補に推したことについては、「アンワルの政治能力は、シャフィーやムクリズより高い」と指摘した。

 

​​​​​​​

 

マハティール前首相の今回の発表は「単にアンワルが首相候補になることを阻止し、PHプラスを思いのままにするための策略にすぎない」とし、「国民は世紀の茶番と見ている.」と述べた。


アメリカの建築家バックミンスター・フラーが死去した。

2020-07-01 23:18:06 | 人物

 

ArtDailyは2020年07月01日に、アメリカの建築家、システム理論家、作家、デザイナー、発明家、未来派であったリチャード・バックミンスター「ブッキー」フラー(Richard Buckminster "Bucky" Fuller/バックミンスター・フラー/Buckminster Fuller/1895 - 1983)が、1983年07月01日にカリフォルニア州ロサンゼルス(Los Angeles, California, USA)で、リチャード・バックミンスター・フラーの奥さんのアンネ(Anne Hewlett Fuller)が癌で昏睡状態になった後、彼は深く苦しみ、ベッドサイドにいた。

娘が彼を家に連れて帰って夜寝た。医師たちは、夜間に奥さんの大きな変化に気づいた。

彼はすぐに奥さんのもとに帰り、彼は彼女の手を握っていた。

彼は突然ベッドの向こう側で娘を見上げ、「彼女が私の手を握っていることを知っています、彼女は私の手を握っています!!!!!」と、彼は立ち上がった。そしてそのとき彼は大規模な急性心筋梗塞の発作を起こし、病院の心臓救急隊の全旅団が彼女の部屋に到着し、彼は亡くなったが、彼は、彼女のベッドサイドではなく、約1時間後に別の部屋で死亡した。

しかし、彼が亡くなった後、彼の顔に絶妙に幸せな笑顔を浮かべて、そして死去した報告した。

 

そして、その36時間後に奥さんのアンネが死去した。

彼女は、彼が先に死んだことを知っていたかどうかは誰にも分からない。

 

 

https://time-az.com/main/detail/60421 

 

 

R.バックミンスター・フラーは、リチャード・バックミンスター・フラー(Richard Buckminster Fuller)とキャロライン・ウォルコット・アンドリュース(Caroline Wolcott Andrews)の息子であり、アメリカの超越主義運動に関連したアメリカ人ジャーナリスト、批評家、女性の権利擁護者であるマーガレット・フラー(Margaret Fuller, an American journalist, critic, and women's rights advocate associated with the American transcendentalism movement)の孫であった。

 

また、GIZMODOは2015年05月20日に、R.バックミンスター・フラーは、FBIのファイルされていたと報告している。

 

​​​​​​​

 

フラーは、30冊を超える本、「宇宙船地球号(Spaceship Earth)」や、フラーの思想の重要な要素エフェメラリゼーション(ephemeralization)など、大衆化用語を創出した。

 

彼は多い発明品、主にアーキテクチャ上のデザインも開発し、広く既知の測地線ドーム(geodesic dome)を大衆化した。

 

今回公開された写真は、R.バックミンスター・フラーの生活標準パッケージ(Standard of Living Package)とスカイブレーク・ドーム(Skybreak Dome)のモデルとのフラーである。

 

私は、R.バックミンスター・フラーがまだ生きていた時に、ある本屋でバーゲンになっていたR.バックミンスター・フラーの作品集の初版を見つけ、購入した。

 

私の恩師である勝見勝が大阪万博の総合アート・ディレクターであったことから、雑誌グラフィック・デザインの取材で、大阪万博に行った時にR.バックミンスター・フラーに会う機会もあったが、本にサインをもらうのを忘れた!

 

R.バックミンスター・フラーは、マサチューセッツ州ミルトン(Milton, Massachusetts)で1895年07月12日に生まれている。

 

今回公開された写真は、モントリオールエキスポ67の米国パビリオン(U.S. Pavilion Montreal Expo 67)。バックミンスター・フラー、1967。Image courtesy the Estate of R. Buckminster Fuller.

 

 

昔、フラー・ドムを自宅にしようと考えたが、無駄な空間が多く、同時に既製の家具がほとんど使えないので諦めたことがあった。

 

 

2017-05-17---旭化成が自動車メーカー?

2017-05-10---アルミ対炭素繊維の素材間競争が激化!?

2015-05-27---ポータブルで、どこでも住める動く卵形の小さい家。

2013-11-25---バックミンスター・フラーのDymaxionの再建。

2012-02-22---NASAのシュピッツァーは宇宙で固体バッキーボールを発見!

2010-07-26---コンピュータ科学者チームは、Webサイト・ハッカーにねらいを定めた。

2010-07-22---宇宙で「バッキーボール」として知られている炭素分子を発見。


イギリスの画家スタンレー・スペンサーが生まれた。

2020-06-30 23:46:56 | 人物

 

ArtDailyは2019年06月30日に、イギリスの画家で、聖書のシーンを描いたことで有名なスタンリー・スペンサー卿CBE RA(Sir Stanley Spencer CBE RA/1891 - 1959)が、ロンドンで訓練を受けた音楽教師で教会オルガニストで、生まれ付きの教育者あった父親「パ」と一般に呼ばれたウイリアム・スペンサー(‘Pa’ William Spencer)とアニー・スペンサー(Annie Spencer)の8番目の生き残った子供として、1891年06月30日にテムズ川(River Thames)のほとりの小さな村クッカーム(Cookham)で生まれたと報告した。

 

そして、彼は弟ギルバート(Gilbert)が1年後に加わった。

 

https://time-az.com/main/detail/64920 

 

 


祖父ジュリアス(Julius)は建築専門家であり、スペンサーズの家を少なくとも2つ建てた。ハイストリート(High Street)にある一軒家と、その後、彼がしばらくの間、姉のアニー(Annie)と共有したクックハムライズのハイロードのクリーブデンビュー(Cliveden View on the High Road in Cookham Rise)がある。

スペンサーの伝記作家ケン・ポプル(Ken Pople)によれば、家族には「騎士」、2人の教授、コンサート/バイオリニスト、プロの舞台監督、ロンドンの国立建築研究所のディレクター(Director of the National Building Institute in London)、第一次世界大戦で戦死したオックスフォードの卒業生がいた。

 

 

スペンサーの子供時代は、音楽、文学、会話でいっぱいで、彼の父親は生まれつきの教育者であり、家族と一緒に大声で読み、夕食の席で活発な議論をした。姉妹のアニー(Annie)とフローレンス(Florence)が運営するファーンリー(Fernlea )の隣の「ザネスト(The Nest)」の庭に小さな学校が設置され、教育は読書を中心に行われ、聖書の物語、音楽、自然が素晴らしい地方の田舎を散策した。

 

聖書、自然、クックハムは、彼の作品の多くを貫いている強力な原点であった。

 

スラード・スクール・オブ・アート(Slade School of Art)を卒業した直後、スタンレー・スペンサーは、彼が生まれたテムズ川のほとりの小さな村クッカーム(Cookham)で、聖書のシーンに描かれた聖人のように人生の大半を過ごした。

 

 

スタンリー・スペンサーはクッカームを「天国の村(a village in Heaven)」と呼んでいた。

また、聖書の場面では仲間の村人たちが福音の仲間になっていた。

 

非日常的なキリスト教の信仰をもって熱心に表現することが多く、特に彼が仲間のために感じた同情と、ロマンチックで性的な執着を示すクッカームに基づいた場面ではっきりしている。

 

スタンリー・スペンサーの作品は、大きな衝撃と論争を引き起こした。

 

今回公開された作品は、スタンレースペンサーにより1933年に描かれた「Sarah Tubb and the Heavenly Visitors(サラタブと神聖訪問者)」© Estate of Stanley Spencer, Bridgeman Images, London.

 

 

テムズ川(River Thames)のほとりの小さな村クッカーム(Cookham)の緯度、経度。

51°33'30.4"N 0°42'27.9"W

または、

51.558436, -0.707742

 


スイスの画家で、イラストレーターのパウル・クレーが死去した。

2020-06-30 00:20:43 | 人物

 

ArtDailyは2020年06月29日に、スイスのドイツ語圏のアーティストであったパウル・クレー(Paul Klee/1879 - 1940)は、ロカルノのムラルト(Muralto, Locarno, Switzerland)近郊のサンタニェーゼ療養所で死去した。

 

ポール・クレーは、スイスの法律により、父親の国籍を保持していた。晩年に彼はスイス市民権を申請したが、それが付与される数日前に、ドイツ人として死亡した。

 

パウル・クレーは、スイスのベルンの近郊ミュンヘンブーフゼー(Münchenbuchsee)で生まれたので、ベルンの小さな美術館に、驚くほどの名作が展示されている。

 

父ハンズ・ヴィルヘルム・クリー(Hans Wilhelm Kleeはドイツ生まれの音楽教師、母イダ・マリー・クリー(Ida Marie Klee)も音楽学校で声楽を学ぶという音楽一家で、クレー自身も早くからヴァイオリンに親しみ、11歳でベルンのオーケストラに籍を置くなど、その腕はプロ級であり、1906年に結婚した妻リリー・クリー(Lily Stumpf/Lily Klee/1906 - 1940)もピアニストであった。

 

https://time-az.com/main/detail/3752 

 

 

ドイツで、ロシアの画家ワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)、フランツ・マルク(Franz Marc)らの「Der Blaue Reiter (青騎士)」のグループに参加し、アート、デザイン、および建築のバウハウス(Bauhaus)で教鞭をとったこともある。

 

バウハウス退職後は1931年から1933年までデュッセルドルフの美術学校(Kunstakademie Düsseldorf)の教授をしていたが、1933年のナチス政権の成立とともにはじまった前衛芸術の弾圧はクレーにも及び、批判も激化し、美術学校からの休職の通達やアトリエの家宅捜索を受けたクレーは身の危険を感じた妻リリーの促しもあり、生まれ故郷のスイス・ベルンに亡命した。

 

しかし、ドイツ国内の銀行口座が凍結され、経済的な困窮に陥った。

 

 

更に亡命の2年後に原因不明の難病である皮膚硬化症が発症し、晩年の5年間は療養と闘病のなかで制作を行うことになった。

 

しかし、1937年には復調し、旺盛な創作意欲を見せ、同年にはピカソとブラックがそれぞれクレーを訪問している。

 

 

1939年には創作の爆発に達し、デッサンなども含めた1年間の制作総数は1253点に及んだ。

 

この頃の作風は手がうまく動かないこともあって、単純化され、線や色のあるは太い線の場合が多い、独特の造形が主な作品となった。

 

一時期は背もたれのある椅子に座り、白い画用紙に黒い線を引くことにより、天使などの形を描いては床に画用紙を落とす事を繰り返していた。

1940年には、画架に『無題(静物)』を残してロカルノ近郊のサンタニェーゼ療養所(Clinica Sant’Agnese in Muralto)に移り、その地で死去した。ベルンのショースハルデン墓地(Schosshaldenfriedhof, Bern, Switzerland)にあるクレーの墓石には「この世では、ついに私は理解されない。なぜならいまだ生を享けていないものたちのもとに、死者のもとに、私はいるのだから」というクレーの言葉が刻まれている。

 

 

Diesseitig bin ich gar nicht fassbar

Denn ich wohne grad so gut bei den Toten

Wie bei den Ungeborenen

Etwas näher dem Herzen der Schöpfung als üblich

Und noch lange nicht nahe genug.

 

また、パウル・クレーは、カンディンスキー(Kandinsky)、ファイニンガー(Feininger)、ジュエリンスキー(Jawlensky)と共に「Die Blaue Vier(青の4)」のメンバーでもあった。

 

彼の高い個々のスタイルは、表現主義(Expressionism)、キュービズム(Cubism)、およびシュールレアリズム(Surrealism)を含んだアートのムーブメントに影響された。

 

彼の作品は、彼の乾燥しているユーモア、および彼の時々無邪気なパースペクティブ、彼の個人的な気分と信念、および彼の音楽的才能を反映する。

 

ArtDailyは2017年06月29日に公開された作品は、アカデミー賞受賞の監督で、少女を強姦したロマン・ポランスキー(Roman Polanski )が、パウル・クレーの作品「無題(死の天使/Angel of death)」の前に立った時の写真であった。

 

今回公開された作品は、パウル・クレーが1938年に描いた「Young Moe」

 

​​​​​​​

 

黄麻布の上の新聞にカラー・ペーストされている。

20 7/8 x 27 5/8インチ。1948年に、ワシントンDCのフィリップス・コレクション(The Phillips Collection, Washington, DC)によって買い取られた。

 

パウル・クレーの息子で美術史家であったフェリックス・クレー(Felix Klee)は82歳で、1990年08月16日にベルンで父親の死後50周年を記念する展覧会をする3日前に死去した。

 

ロカルノ(Muralto, Locarno, Switzerland)のGoogle Earthポインター情報

46°10'23.2"N 8°48'05.2"E

または、

46.173117, 8.801447

 

1879-12-18---スイスの画家で、イラストレーターのパウル・クレーベルン近郊で生まれた。


ルネサンス期のイタリアの建築家ドメニコ・フォンターナが死去。

2020-06-29 00:19:12 | 人物

 

ArtDailyは2020年06月28日に、ルネサンス期のイタリアの建築家ドメニコ・フォンターナ(Domenico Fontana/1543 - 1607)が、イタリアのナポリで、1607年06月28日に死去し、サンタナデイロンバルディ(Sant'Anna dei Lombardi)の教会に葬られたと報告した。

 

サンタナデイロンバルディはディモンテオリヴェート(Santa Maria di Monte Oliveto)とも呼ばれ、イタリア、ナポリ中心部のモンテオリヴェート広場(piazza Monteoliveto in central Naples , Italy)にある古代の教会と修道院で、広場の噴水からモンテオリヴェト通りを渡ったところに、オルシーニディグラヴィーナのルネッサンス様式の宮殿がある。

 

生まれたのは、ルガーノ湖(lago di Lugano)近く、メリーデ(Melide)で生まれた。現在ではティチコ(Ticino)と呼ばれるようになった。

 

また、その近くに、スイスで最も美しい村とも言われるメリーデ(Meride)があり、間違う人も多い。

 

また、メリーデ(Meride)には、ルガーノ湖の南にあるサンジョルジョ山で発掘された三畳紀の化石が展示された化石博物館もある。

 

https://time-az.com/main/detail/68960 

 

ドメニコ・フォンターナは、ミケランジェロ(Michelangelo Buonarroti/1475 - 1564)が死ぬ前の1563年にローマに行き、古代や最新の職人の作品を深く勉強した。

 

後に教皇シクストゥス5世(Pope Sixtus V)になるモンタルト枢機卿(Cardinal Montalto)の信任を得て、1584年にサンタマリアマッジョーレ大聖堂(Basilica di Santa Maria Maggiore)のカペラデルプレセピオ(Cappella del Presepio/修道院の礼拝堂)の建立を彼に託した。

 

教皇シクストゥス5世になると、ドメニコ・フォンターナにサンピエトロ大聖堂(St. Peter's)の建築を任命し、彼にゴールデンスパーの騎士(Knight of the Golden Spur)の称号を与えた。

 

彼はサンピエトロ大聖堂のドームにラタンを追加し、明確に定義された身廊で内部の延長を提案した。

 

1586年頃、ラテラノのサンジョバンニ大聖堂(Basilica di San Giovanni in Laterano)で彼が、北の正面のロッジア(oggia of the north facade)に、広いスパンと十分な広がりの印象的なダブルアーケード(double arcade of wide span)を導入し、おそらく2階建てのポーチコ(two-story portico the Scala Santa)を追加する改造を行った。

 

この嗜好は、ドメニコと彼の兄弟のジョヴァンニ(Giovanni)によって設計された噴水として、たとえばフォンタナデッラクアパオラ(Fontana dell'Acqua Paola)、または同じ線に沿って計画されたフォンタナディテルミニ(Fontana di Termini)でもたらされた。

 

フォンタナはまた、バチカンの宮(courts of the Vatican)を分離する横の腕(transverse arms separating)を設計した。

 

 

 

また、1586年、彼はサンピエトロ広場(the Square of St. Peter's)に327トンのオベリスク(obelisk)を建てた。

このエンジニアリングの偉業は、900人の男、75頭の馬、数え切れないほどの滑車、数メートルのロープを要した。

 

彼はデラ・トランスポーテーション・デッロベリスコ・バチカーノ・エ・デッレ・ファブリス・ディ・シストV(Della transportatione dell'obelisco Vaticano e delle fabriche di Sisto V/ローマ、1590年)にその詳細を説明している。

 

フォンタナは、ポポロ広場(Piazza del Popolo)、サンマリアマッジョーレ広場(Piazza di S. Maria Maggiore)、ラテラノのサンジョヴァンニ広場(Piazza di S. Giovanni in Laterano)にある他の3つの古代オベリスクの建設に、当時普遍的な驚異を引き起こした静力学(universal astonishment)の知識も使用した。

 

 

彼は主に、イタリアのローマ、ナポリで仕事をしていた。

 

 

ローマで今も残っている建築としては、

1570年に作られたヴィッラ・モンタルト(Villa Montalto - Massimo)と、ヴィッラ・パッレッティ(Villa Perretti)

1589年に改築されたサン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会(San Luigi dei Francesi)

1587年に作られたフェリクス水道(Aqua felix)と、有名なモーゼ(מֹשֶׁה‎/Μωυσής/Moyses/Moses/موسىٰ)の泉(Fontana dell'Acqua Felice)

1586年から1588年に作られたラテラーノ地区にある、ラテラーノ宮殿(Palazzo del Laterano)、ベネディツィオーニの回廊(Loggia delle Benedizioni)、スカーラ・サンタ(Scala Santa/聖なる階段)

1587年に作られたバチカンの教皇宮殿(Palazzi papali)

など、多くを精力的に作っている。

この他にも、エジプトから届いたオベリスクを建て、その周辺にあるサン・ピエトロ広場、ポポロ広場、サン・ジョヴァンニ広場、エスクイリーノ広場などの装飾も作っている。

トライアヌスのコロンナ(Colonna Traianea)とマルクス・アウレリウス(Colonna di Marco Aurelio)

サンタ・マリア・マッジョーレのシスティーナ礼拝堂(Cappella Sistina di Santa Maria Maggiore)

クイリナーレ宮殿のモンテカヴァッロ広場に面した部分(Palazzo del Quirinale, la parte su Piazza Montecavallo)

クアットロ・フォンターネ(Quattro Fontane)辻のフェリーチェ通り(Via Felice)なども作っている。

 

今回公開された絵は、フェデリコ・ズッカリ(Federico Zuccari)によるドメニコ・フォンターナである。

 

​​​​​​​

 

ルガーノ湖(lago di Lugano)近く、メリーデ(Melide/現在ではティチコ(Ticino))の緯度、経度。

46°00'38.7"N 8°57'29.2"E

または、

46.010739, 8.958108

 

サンタナデイロンバルディ(Sant'Anna dei Lombardi)の教会の緯度、経度。

40°50'41.7"N 14°15'02.6"E

または、

40.844922, 14.250711