世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

米国のNASDAQ、2019年上半期にBitcoin先物取引開始予定。

2018-12-11 19:54:05 | ビットコイン


Bitcoin.comha2018年12月11日に、世界第2位の証券取引所である米国のNASDAQのBitcoin先物取引を2019年上半期に開始する予定であることをNASDAQメディア・チームの副社長ジョセフ・クリスティナ(Joseph Christinat, the vice president of Nasdaq’s media team)が公式に発表したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/66868

今回、米ナスダックの担当者は、「ビットコイン先物取引のサービス開始に向けた取り組みを行なっており、それは実現します。」と正式にコメントしているという。

現時点では、米商品先物取引委員会からの承認を待っている段階なので「確定」ではないが、正式発表がなされたことで、現実味は増している。

NYSE( New York Stock Exchange/ニューヨーク証券取引所)の親会社IE(Intercontinental Exchange)も、マイクロソフト(Microsoft)やスターバックス(Starbucks)と協力して立ち上げた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」で取引が開始されると、2018年08月03日に言っている。

2018年は、仮想通貨にとって最悪の年であった。
しかし、年末に来て、凄いニュースが飛び込んできた。
まだ、わからない。

2018-07-26---SEC、昨年に続きBitcoinETF(上場投資信託)を拒否。
2018-04-25---ナスダック、仮想通貨取引所ジェミニとの協業を発表。
2017-11-30---ナスダック、Bitcoin先物上場へ2018年04月〜06月に参入!?


米国のCboe、Bitcoin大暴落の1ヶ月の値動き情報。

2018-12-03 14:14:31 | ビットコイン


不思議なお金の格言と金言とともに、株価などの相場情報を無料で配信してくれる180.co.jpのメールマガジン
「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」がCboeビットコイン先物相場を公開している。

Bitcoin大暴落の1ヶ月、2018年11月の値動き情報を公開する!

実に、少し上がって、大暴落を繰り返し、2018年11月26日にBitcoinはUS$3,600以下まで落ちた。

https://time-az.com/main/detail/66771

米国で暗号通貨(crypto_currency)の先物取引は、「GXBT Cboe Bitcoin」と「BRR CME Bitcoin」が取り扱われているが、「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」では、「GXBT Cboe Bitcoin」だけが公開されている。

ただし、think 180 aroundのWebページには、「GXBT Cboe Bitcoin (USD)」「BRR CME Bitcoin (USD)」が公開されている。


アゼルバイジャンの中央銀行は、仮想通貨発行の可能性を語る。

2018-11-24 09:16:24 | ビットコイン


最近、多くの発展途上国で、仮想通貨が話題になり始めている。

アゼルバイジャンの新聞「AzerNews statistics」は2018年11月15日に、CBA(Central Bank of Azerbaijan/アゼルバイジャン中央銀行)は、仮想化金融商品に大きなリスクが伴うと考え、非常に慎重に扱うことにしていると、同首脳会議の第1議長アリム・グライエフ(Alim Guliyev)はバクーで記者団に語ったと報告している。

https://time-az.com/main/detail/66660

彼はリスクを考えれば、CBAはその仮想通貨を起こすつもりはないと言った。 リスクについて言えば、彼は、仮想通貨は、マネーロンダリングのためによく使われると述べた。

CBAエルマン・ルスタモフ会長(Chairman of the CBA Elman Rustamov)は2月に、アゼルバイジャン人民に対し、仮想通貨の運営に注意するよう促した。 彼の意見では、暗号輸送への投資は非常に危険であると言った。

世界で最も人気のある仮想通貨Bitcoinの価格は、11月15日の朝に10%以上減少し、CoinMarketCapによると2017年10月US$5,623以来の最小値に達した。

他の最大の仮想通貨のコストは、平均20%低下した。 

仮想通貨時価総額は約US$1,837億4000万ドルで、Bitcoinは、仮想通貨の50%以上を占めていると報告した。

このような意見が出るということは、アゼルバイジャンでも、仮想通貨に関心を持つ人が多いということだろう。


米国のSEC、未登録のトークン販売に違法判決!仮想通貨ICOに罰金。

2018-11-21 21:13:58 | ビットコイン


Forbes JAPANは2018年11月20日に、SEC(U.S. Securities and Exchange Commission/米国証券取引委員会)はICOを通じ、未登録のセキュリティトークンを販売し、合計US$2700万を調達した2つのスタートアップ企業に、罰金を課すことをアナウンスしたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/66634

2社のうち1社は、ボストン本拠の「CarrierEQ」。
「CarrierEQ」は新興国向けにモバイルバンキングを提供するプロジェクトAirfoxをEthereum(イーサリアム)のプラットフォームで立ち上げ、ICOでUS$1500万を調達したが、US$25万の罰金支払いに同意し、調達資金を返還する。

もう1社は同じくEthereum(イーサリアム)上で、合法大麻の販売プラットフォーム構築を目指す「Paragon」。「Paragon」もUS$25万の罰金支払いに同意し、ICOで調達したUS$1200万を返還するという。

CarrierEQとParagonの2社は、この件に関して肯定も否定もしていない。

SECは2018年11月08日に有価証券とみなされるトークンを無許可で発行していたとして、分散型取引所イーサデルタ(EtherDelta)の創業者ザッケリー・コバーン(Zachary Coburn)を起訴しており、今回の2社に対する罰金支払い命令は、今後のさらなる取り締まり強化を示唆している。

SECは2社に対し、トークンを証券として登録することと、少なくとも年に1度、報告書を提出することを命じた。

SECはイーサデルタの創業者に対しては、US$(40万)近い罰金を科していた。

今回の2社に対する罰金措置は、SECが詐欺ではないICOに対し、初めて民事罰を科そうとした昨年のMunchee Incの事案から、ほぼ1年が経過したタイミングで行われた。

今回のCarrier EQとParagonに対する措置は、仮想通貨市場全体の下落のなかで明るみに出た。全仮想通貨の合計時価総額は過去1週間で、約US$2120億(約24兆円)から約US$1830億にまで下落している。これまでの推移からいうと、規制当局の今回のような決定は、ビットコインやその他の仮想通貨の価格に短期的な打撃を与えていた。

今回の大暴落の原因は、これであった。

しかし、金融庁SEOが大暴落の原因というのは、ユーザーには無関係であり、間違っている。
​​​​​​​

タイの仮想通貨事業者は、市場が3年間で500%成長することを期待。

2018-11-08 09:58:53 | ビットコイン


タイのNNT(National News Bureau of Thailand)は2018年11月06日に、タイの仮想通貨事業者Icoraは、タイの市場が500%以上成長すると予想されるため、タイの仮想通貨市場は3年後にアジアで上位5位に達する可能性があると述べていると報告した。

https://time-az.com/main/detail/66474

IcoraのCEOのカラディ・レオパイローテ(Karndee Leopairote)は、今年の初めの不況の後、仮想通貨への投資が始まったと述べた。 タイの市場は現在、1日当たり約1億バーツ相当の仮想通貨を取引している。

カラディ・レオパイローテは、韓国、日本、シンガポールが現在アジアの投資家から最も注目を集めている一方で、タイ市場は時価総額で10位にランクされていることを明らかにした。
しかし、今後数年間でタイの市場は500%以上拡大し、仮想通貨のアジア市場でトップ5になると予測している。

最近、台湾を始め、東南アジアから仮想通貨に対する熱いニュースが増えている。

これは、原油価格の上昇と主要な農産物価格の下落、中国人旅行者の減少、米中貿易戦争の激化への懸念など、最近の経済状況からの脱却を望む声かもしれない。


仮想通貨マイニングの時代は終わった!?

2018-11-07 18:08:36 | ビットコイン


Forbes JAPANは2018年11月06日に、台湾本拠の世界最大の半導体受託製造会社「TSMC」は2018年10月18日に、今年の売上成長率の予測値を以前の7〜9%から、6.5%に引き下げた。

その原因は、仮想通貨のマイニング(採掘)向け半導体需要の低下にあるとしている。

https://time-az.com/main/detail/66466

中国の大手仮想通貨取引所「FCoin」創業者のZhang Jianは「マイニング向け半導体の需要は低下している。これは仮想通貨市場が引き続き、弱気相場であることの現れだ。マイニング向け半導体の需要は、今年の第2四半期及び第3四半期に大きく落ち込んだ」と述べた。

ブロックチェーン領域では様々なフィンテック関連のスタートアップが立ち上がり、投資家らも大きな期待を寄せていた。しかし、Bitcoinの価格は今年60%もの下落となり、仮想通貨のマイニングから利益をあげようと企んだマイナーたちを、厳しい立場に追い込んだ。

TSMCはこれまで、AMDのような大手企業向にハイパフォーマンスなチップを提供してきたが、AMDも同様に売上減を報告している。

業界筋のニュースは、AMDのマイニング向けチップの売上が今年の第2四半期に大きく落ち込み、第3四半期にも回復は見込めないと伝えている。

TSMCは今後のマイニング向けチップの市場動向に関するコメントを避けている。

ただし、ここで大きな忘れ物がある仮想通貨のマイニング・ツール企業「Bitmain」が2018年08月20日に上場したが、創業したのは現在32歳のジハン・ウー(Jihan Wu)で、仮想通貨コミュニティにおいてウーは、Bitcoin(BTC/ビットコイン)からのハードフォーク分裂の結果生まれたBircoin Cash(BCH/ビットコインキャッシュ)の推進派として知られたことを忘れている。

このパズルを知らないで、表面だけを追ってもダメである。

彼は、Bircoin Cashで巨額を稼ぎ、マイニングで巨額を稼ぎ、上場でさらに巨額を稼ぎ、潤沢な資金を持っている。

次は、何を仕掛けるかが、問題である。

2018年03月時点で「Bitmain Technologies Ltd」は、100万Bircoin Cashを保有。さらに、2万2000Bitcoinに加え、DashやEtherreum(イーサリアム)、Litcoin(ライトコイン)も保有している。

色々な人が解説しているが、ジハン・ウーがこのまま負けるとは、考えられない。

2018-08-20---仮想通貨のマイニング・ツール企業「Bitmain」が上場へ!
​​​​​​​

米国MBAはなぜ人気が凋落したのか?!

2018-11-06 21:04:09 | ビットコイン


Forbes JAPANは2018年11月05日に、アメリカのMBA(経営大学院)プログラムが、4年続けて入学志願者数を落としてきていると報告した。

https://time-az.com/main/detail/66458

GMATという入学適性テストを運営する非営利団体によれば、本年14万人のMBA願書を受け付けたが、これは去年の7%減ということである。

MBAが、実業界からその価値に疑問を呈されたのは最近のことではない。インベストペディアによれば、私学のMBAは、総額で平均1000万円から2000万円の学費がかかるであろうと伝えている。

アメリカの大学は、さまざまな形で奨学金が豊富に揃っているので、勤勉で優秀であれば誰でも行けるシステムとなっている。しかし、大学院となると、事情はまったく変わる。よほどのことがないかぎり、大学院の奨学金を出すところはほとんどない。

4年制の大学を出てMBAに進むとなると、22、23歳の若さで、いきなり1000万円から2000万円の負担を背負うことになる。

MBAの志願者が減少傾向にあるということは、まさに、その過重な負担に対するコストパフォーマンスが問われてきているということにほかならないと指摘している。

もし、MBAの学費を10年ローンで手当てするとなれば、2000万円の借金で5%の利率としても、年間の利息だけで100万円になる。社会人1年生に、年間100万円もの利子を払う余力はないだろう。そういう事情もあり、この数10年は、いきなりMBAに進むのでなく、いったん社会人となり、ビジネスの経験をある程度積んでから入学する傾向が高い。

これはアメリカ人のことで、日本人の場合は、少し違う例を知っている。

彼はウッドストック世代早稲田大学の卒業生で、アメリカでヒッピーのような生活をしていたが、帰る前にMBAを取るために、親から送金してもらって、なんとかMBAをとって帰国した。

確か当時は2年だった!

ヨーロッパでビジネス・スクールは、大学ではなく、単科大学で、ワンランク落ちる。

フランスの画家モーリス・ユトリロが死去した。

2018-11-05 23:27:40 | ビットコイン


ArtDailyは2018年11月05日に、都市景観を専門とするフランスの画家モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo/1883 - 1955)は、1955年11月05日にフランスの南西部ランド県南部の町ダクス(Dax/Dacs)で死去したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/62076

ユトリロは1883年12月26日に、モーリス・ヴァラドン(Maurice Valadon)としてパリのモンマルトル4分の1(Montmartre quarter of Paris, France)で生まれた。
彼は、モンマルトルで生まれた数少ない有名な画家の一人であった。

今回公開された絵は、1921年にユトリロが描いた「Ruelle des Gobelins à Paris」(パリのリュエル・デ・ゴブラン)で、キャンバスに油彩で、右下にMaurice, Utrillo, V, Mars 1921とサインがある。

ここから、この絵のタイトルは、「Maurice Utrillo, V, Mars 1921」と呼ばれている。
絵のサイズは65x92cm.

私は昔、ここにあるようにある画家と彫刻家の裸の作品の前で、そのモデルになった人が服を着て、一緒に食事とお酒を楽しんだ時、そのモデルが裸に見えて困ったことがある。

フランスの南西部,ランド県南部の町ダクス(Dax/Dacs)の緯度、経度
43° 42′ 25.92″ N, 1° 3′ 19.08″ W
または、
43.7072, -1.0553
​​​​​​​

台湾で活動する日本人YouTuber、タピオカティーでギネス認定。

2018-11-05 21:11:38 | ビットコイン


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月05日に、台湾で活動する日本人YouTuber三原慧悟が2018年11月03日に、台北市の花博公園で「世界一大きいタピオカミルクティー」を作るイベントを開催した。600リットルを超すミルクティーが完成し、ギネス世界記録に認定されたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/66447

巨大タピオカミルクティーは三原慧悟がコンサートを行う間に作り上げ、イベント終了後に来場者に振る舞った。当日は2,000人以上がイベントに集まった。

三原慧悟は2016年にユーチューバーとしての活動を開始し、台湾人に向けて、日本と台湾の文化にまつわる企画や楽曲を動画で発表し続けている。チャンネル登録者数は現在88万人以上で、「台湾で最も有名な日本人YouTuber」と言われる。

三原慧悟が所属するカプセルジャパン(東京都渋谷区)は台湾や中国、香港でソーシャルビデオマーケティングを行っており、うち台湾では2014年に支社「日商點子膠囊」を設立している。

また月間再生数は現在の1億から、2019年には3億とする目標も明らかにした。

1日再生数1,000万人で、月間再生数は3億か〜テレビ並みだな〜〜すごい!
​​​​​​​

米国のCboe、2018年10月ビットコイン値動き情報。

2018-11-01 10:59:36 | ビットコイン


不思議なお金の格言と金言とともに、株価などの相場情報を無料で配信してくれる180.co.jpのメールマガジン
「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」がCboeビットコイン先物相場を公開している。

2018年10月の情報を公開する!

米国で暗号通貨(crypto_currency)の先物取引は、「GXBT Cboe Bitcoin」と「BRR CME Bitcoin」が取り扱われているが、「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」では、「GXBT Cboe Bitcoin」だけが公開されている。

ただし、think 180 aroundのWebページには、「GXBT Cboe Bitcoin (USD)」「BRR CME Bitcoin (USD)」が公開されている。

https://time-az.com/main/detail/66377

▲▲31日、Cboeビットコイン先物相場で11月物は前営業日比50.00(0.80%)高の6,295.00
▲▲16日、Cboeビットコイン先物相場で10月物は前営業日比75.00(1.18%)高の6,435.00
▲▲15日、Cboeビットコイン先物相場で10月物は前営業日比157.50(2.54%)高の6,360.00
▲▲12日、Cboeビットコイン先物相場で10月物は前営業日比55.00(0.89%)高の6,202.50
▲▲8日、Cboeビットコイン先物相場で10月物は前営業日比87.50(1.34%)高の6,625.00
5回の大高騰があった。

▼▼29日、Cboeビットコイン先物相場で11月物は前営業日比155.00(2.42%)安の6,245.00
▼▼18日、Cboeビットコイン先物相場で11月物は前営業日比45.00(0.70%)安の6,380.00
▼▼11日、Cboeビットコイン先物相場で10月物は前営業日比392.50(6.00%)安の6,147.50
▼▼10日、Cboeビットコイン先物相場で10月物は前営業日比40.00(0.61%)安の6,540.00
▼▼9日、Cboeビットコイン先物相場で10月物は前営業日比45.00(0.68%)安の6,580.00
▼▼3日、Cboeビットコイン先物相場で10月物は前営業日比102.50(1.57%)安の6,427.50
▼▼1日、Cboeビットコイン先物相場で10月物は前営業日比95.00(1.43%)安の6,545.00
7回の大暴落があった。