世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

カンボジアで、コロナの影響から二輪車の販売とレンタル激減。

2020-07-22 08:47:07 | 観光

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年07月20日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2020年07月16日に、新型コロナウイルス「COVID-19」の影響で、カンボジアの二輪車市場が需要低迷にあえいでいると報告した。

 

外国人旅行者の急減などで、販売、レンタル業界ともに経営危機に直面。

廃業を検討する業者も出ているようだと伝えた。

 

国内の二輪車走行台数は現在1日当たり約300万台に達しているが、新型コロナの影響によって国民の生活が困窮する中、買い換えやレンタル需要が低迷。さらに大きな買い手、借り手だった外国人の訪問者も急減したことで、二輪車の販売、レンタルは大幅に落ち込んでいるという。

 

https://time-az.com/main/detail/72442 

 

 

今年初めに「COVID-19」が発生して以来、多くの人々が仕事を失い、まだ仕事をしている人々は減給されなければならなかった可能性が高い。

 

これにより、何千人もの人が商品やサービスに使うお金がほとんどない状態になってしまった。

 

これは、外国人観光客の不足と一緒に、オートバイの販売やレンタル会社が彼らのビジネスをギアアップすることができないままになっている。

 

​​​​​​​

 

売り上げの大幅な減少に加えて、ほとんどのバイクショップでは、車両が余っているため、すでに持っている在庫を値引きするようになっている。これらの小売店のほとんどは、マージンが厳しくなってきている。タイン・ソウレンは、「国境が開放され、COVID-19がなくなるまでは、この状況がどのように改善されていくのか、私たちにはわからない。これは我々のビジネスに起こるとは予想していなかったことであり、このようなことが起こるとは思ってもいませんでした。」と続けて言った。

 

 

そして、バイクのレンタルがさらに大きく減少しているように見えるレンタル会社があり、ある店では90%の減少を報告している。

 

首都プノンペンでレンタル業を営むラッキー・ラッキー・モーターサイクル・レンタル(Lucky Lucky Motorcycle Rental)のソク・ソー・デービー(Sok So Davy)も、

「私たちのビジネスの主な源は、プノンペンに来て、観光に行くために私たちからオートバイをレンタルする外国人観光客からのものです。今では観光客は私達からレンタルしに来ていない。」「外国人観光客の減少で、値下げをしても借り手がいない。」と指摘した。

 

レンタル台数は、かつての月100台から現在は同10台にまで落ち込んでいるという。

 

カンボジアのオートバイのレンタル店の多くはまたビザ・サービスだけでなく、労働許可証等を提供すると、ソク・ソー・デービーは言う。

「我々は通常、ベトナム、ラオス、タイ、中国などの近隣諸国のビザを取得しています。今、私達はもうそのようなタイプのビジネスを得ていません。我々は、国境を開き、US$3,000のデポジットを停止しなければ、外国人観光客がカンボジアに来ることはありませんし、私のビジネスは苦労指定ます。今は家族経営で、給料を多く払っていないことが唯一の理由です。」と話している。

 

カンボジアは、観光客激減で、全体の経済バランスが崩壊している。

 

この状況は、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、シンガポールなどでも同じだろう。

東南アジア、東アジア全体で、観光立国の悲劇が襲っている。

 

観光は、以前から指摘しているように、水商売である。

 

今回はさらに、先が見えないという。

 

日本政府の「GoTo」も問題噴出。

 

短絡的な観光で、景気回復を狙ったとしたら、全体が見えていなさすぎる。

海外から観光客がこない。

「Stay Home」と言って、働き盛りに観光を推奨する。

 

今すべきことは、観光客が来るようになった時に、見違えるような観光サービスが提供できる観光準備である。

そのために、観光地の人は、観光準備を実体験し、新たなアイディアを出す。

 

その実現には、国が支援する。

盛り上げ方が下手すぎる。

行っているのは、無駄遣いばかり!

 

安倍晋三首相と赤羽一嘉国土交通相は、全くわかっていない。

この2人は、とりあえず、自分では自信が理解できていないようなので、鉄仮面をかぶせて、更迭すべきである。

 

 


中国人がやってくる!

2020-07-16 16:26:33 | 観光

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年07月15日に、まだ、日本にやってくる航空会社が少ない中、中国の民航局(中国人民用航空电台/中国民用航空局/Civil Aviation Administraation of China/CAAC)は2020年07月14日に、中国東方航空による東京―陝西省西安間の国際線の運航を認可したと報告した。

 

同時に、雲南省昆明とラオスの首都ビエンチャンを結ぶ便の運航枠を週1往復から2往復に増やすことも認めた。

 

https://time-az.com/main/detail/72401 

 

運航期間は2020年07月14日から10月24日まで。民航局は6月8日から国際線の新型コロナウイルス感染者数の多寡によって運航便数を増減させる措置を導入しており、運航増を許可したのは制度開始後で初めてになる。

 

民航局は2020年03月29日から新型コロナの海外からの流入を防ぐために、国内航空会社の国際線運航を海外1カ国につき1路線、毎週1往復以下に限定しているが、2020年06月08日からは中国到着後の乗客へのPCR検査で3週間連続で陽性が0人だった場合は、運航枠を2往復に増やすことを認めている。

 

 

東方航空の昆明―ビエンチャン便と上海―東京便は、2020年06月15日から2020年07月05日までに搭乗した乗客のPCR検査で全員が陰性だった。

 

 

嬉しいが半分、怖いが半分。

 

日本で最初のクラスー感染が起こった屋形船への乗船は、しばらく禁止だろう。

 

2020-07-10---中国の国際線利用者、2020年06月は、前年同月のわずか2.3%!

2020-06-05---中国の航空便利用者、1日100万人に回復。

2020-02-16---屋形船新年会で、「COVID-19」の感染が急拡大。


政府の観光支援策「Go To トラベル」のあり方について、世間騒然!

2020-07-15 14:46:33 | 観光

 

朝日新聞デジタル、日本経済新聞 電子版、毎日新聞、ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2020年07月15日に、一斉に政府の観光支援策「Go To トラベル」のあり方について、話題にし始めた。

 

 

良いことです。

 

間違ったら修正する。

 

これまでは、こんな簡単なことができなかった。

 

コロナウイルスが、教えてくれた!

 

 

https://time-az.com/main/detail/72393 

 

朝日新聞デジタルは、政府が観光支援策「Go To トラベル」のあり方について、2020年07月16日にも開かれる政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で、専門家から意見を聞く方針だと報告した。

 

 

新型コロナの感染が拡大するなかで、2020年07月22日から実施することに、地方自治体などから異論が出ていることを考慮したという。首相官邸の幹部が明らかにした。

 

この原因は、小池百合子都知事が、政府に責任転嫁したような意見を言ったからで、それは違うと言う意見が噴出した。

地方時自体の長が、意見も言えないような政府では、ない方がいい!

 

都知事は、都民1000万人の長である。

国政に、1000万人の代表がいるか?

 

 

もう、日本は、戦前の独裁時代ではない!

 

こんな時に、神奈川県知事と千葉県知事が出てこないのは、おかしい!

 

これから夏!海岸は、ものすごく危険な時期に入る!

 

米国のフロリダ、テキサス、カリフォルには、危険地帯になった。

 

2020-07-13---コロナウイルス感染者「COVID-19」が、5日間で100万人増加した。

2020-07-06---マイアミ(Miami)は、レストランやジムを再びシャットダウン!

2020-07-04---マスクレス・パーティが、ミシガン州のダイアモンドレイクで夏を満喫!?

2020-07-03---東京で、第2波コロナ時代に!米国は、さらに激しい!

2020-06-28---コロナウイルスのパンデミックは新しい段階に入った。

2020-06-27---ニューヨークの学生が、フロリダから帰国後、「COVID-19」クラスターをスパーク。

2020-06-26---フロリダは、毎日の「COVID-19」をほぼ倍増!酒場で飲酒禁止。

2020-06-26---米国のコロナ「第2波」。抑制できそうなのは4州だけ!

2020-06-25---米国で、コロナウイルスのパンデミックが暴走中。

2020-06-24---米国の抗議デモでコロナ拡散、26州で感染拡大?!

 


中国の国際線利用者、2020年06月は、前年同月のわずか2.3%!

2020-07-14 17:01:27 | 観光

 

中国人海外旅行者が激減!〜

中国人海外観光客ビジネスは、完全崩壊!

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年07月13日に、中国の民航局(中国人民用航空电台/中国民用航空局/Civil Aviation Administraation of China/CAAC)は2020年07月10日に、2020年06月の国際線利用者数は延べ(以下同)14万人で、前年同月の2.3%の水準にとどまったと明らかにしたと報告した。

 

海外からの新型コロナウイルス流入防止のため国際線運航便数を大幅に制限したことが影響した。

 

つまり、中国政府による出入り口封鎖!

これでは、日本政府が考えている「GO To」は全く無意味。無駄遣い。

 

https://time-az.com/main/detail/72386 

 

 

2020年07月10日に開いた上半期(1~6月)の航空関連統計の説明会で明らかにした。

2020年06月の国内線利用者は3,059万9,000人で、前年同月の64.7%の水準だった。

上半期の累計では、国内線と国際線の合計で前年同期比54.2%減の1億5,000万人。

うち国内線は51.4%減の1億4,000万人、国際線は76.5%減の851万9,000人となっている。

 

貨物輸送量は、2020年06月は前年同月比5.8%減の57万8,000トンだった。

うち国内線は7.9%減の38万3,000トン、国際線は1.4%減の19万4,000トン。

上半期は前年同期比14.8%減の299万7,000トンで、うち国内線は16.9%減の197万1,000トン、国際線は10.3%減の102万7,000トンとなっている。

 

航空会社の第2四半期(04~06月)の赤字額は342億5,000万元(約5,230億円)に達した。

ただ赤字額は第1四半期(01~03月)からは38億5,000万元減少。

新型コロナの影響で航空会社の赤字額は2月に単月過去最高となる246億元を記録していたが、2020年06月単月は76億2,000万元にまで減っているという。

 

じっくり待ってから、一気に資金投入の方が効果的と言うことだろう。

 

それまで日本の観光庁は閉鎖!

 

2020-07-07---香港は、「COVID-19」で第三波時代を向かえた。

2020-07-06---香港株は強気相場に突入、上海株は5年で最大の上昇。

2020-07-06---米国の衣料品大手「GAP」、香港で8店舗から、3店舗に減る。

2020-07-01---香港、2020年05月の輸出は7.4%減、落ち込み幅が拡大。「国安法」と経済。

2020-06-15---台湾の中華航空、2020年07月から国際線を大幅増便。増便。増便。

2020-06-05---中国の航空便利用者、1日100万人に回復。

2020-06-01---香港で、日本産食品の輸入拡大に向け協議会発足。

2020-05-28---中国のコロナ対策規模、6兆元(90兆円)、7割を消費刺激策。

2020-05-27---香港観光局、ビジネスイベント誘致へHK$9000万投入。

2020-04-12---中国で、「COVID-19」の感染者108人増、再び3桁に!

2020-03-23---最後の砦、北京を守れ!もう、誰も中国に来なくなった!¥

2020-02-06---中国の「春運」旅客、後半は7割減!    


オーストラリア観光業、2020年第1四半期A$60億の損失!

2020-07-13 21:05:39 | 観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年07月09日に、オーストラリアの経済新聞「AFR(The Australian Financial Review/オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー)」は2020年07月08日に、オーストラリアの観光業界が、新型コロナウイルス感染症の流行を背景とした封鎖措置や山火事の影響により、2020年の第1四半期(01~03月)に約A$(豪ドル)60億(約4,483億円)の損失を被っていたことが分かったと報告した。

 

2020年の第2四半期(04~06月)はさらに悪化する恐れがあるという。

 

https://time-az.com/main/detail/72381 

 

2020年の第1四半期の国内旅行者の支出は、前年同期と比べ10%(A$19億)減少した。海外旅行者の支出は27%(A$39億豪)減だった。

 

バーミンガム貿易・観光相(Minister for Trade, Tourism and Investment, Hon Simon Birmingham)は「国境が近い将来に開放されることは考えにくいため、感染流行を抑制している地域への国内旅行を活性化させることが最優先課題だ」とした。

 

一方、感染拡大の第二波が襲うVIC(Victoria/ビクトリア)州の教育部門は、2万7,000人以上の留学生が海外で足止めされていることから大打撃を受けている。

 

VIC州の教育輸出は、2018/19年度(6月期)に輸出部門の中で最大のA$ 125億5,000万規模となり、観光輸出を上回っている。

 

オーストラリアは、観光業が今後も苦しいと覚悟している。

日本政府は、「Go to」で盛り上げようという。

しかし、東京は今も感染者が増え続けている。

 

そんな国に、海外からわざわざやってくると言うのだろうか?

 

観光で潤うのは、東京都民の100人に1人いないだろう。

 

そんなことで、東京都民全体を犠牲にしないで欲しい!

 

観光業の人は、コロナウイルスまでは、インバウンドで、我が世の春を楽しんだのだから、2〜3年苦しんでも損では無い。

いや、苦しむべきだろう。

 

小池百合子知事は、「東京の未来は、都民と決める。」と言っていっていたので、一部の観光関係の人は絶対多数の東京の人のために、我慢してもらいましょう。

そのためには、国政にも逆らってもらいましょう。

 

 

このような緊急時に全体が円満などあり得ない。

 

観光関係の人には、自力で頑張ってもらいましょう。

 

日本政府は、「Go to」を中止にする!

 

 

それでもうまくいかなかったら、小池百合子知事は、即刻退場辞任!

 

それで、小池百合子知事は、納得できるでしょう。

 

新宿舞伎町ホストのカリスROLANDも覚悟をした。

小池百合子知事にも覚悟をしてもらいましょう。

 

もう、逃げ口実は真っ平です。

 

逃げ口を塞ぎなさい。

 

 

最初の時も、都政をサボって、金魚のうんこ等を応援していた。

今回も国政の責任にして逃げている。

 

いい加減にして欲しい。

 

2020年07月13日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染119人。

2020年07月12日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染206人。

2020年07月11日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染206人。

2020年07月10日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染243人。

2020年07月09日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染224人。

2020年07月08日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染75人。

2020年07月07日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染106人。

2020年07月06日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染102人。

2020年07月05日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染111人。

 

2020-07-09---新宿舞伎町ホストのカリスROLAND、クラブ『THE CLUB』を閉鎖。

2020-07-08---メルボルン、6週間の再都市封鎖!


ベトナムのハイフォンのホテルニッコー、2020年08月01日開業。

2020-07-09 18:00:54 | 観光

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年07月07日に、ホテルオークラの子会社オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントは2020年07月06日に、ベトナム北部ハイフォン市(Hai Phong City)の新ホテル「ホテル・ニッコー・ハイフォン(Hotel Nikko Hai Phong)」が2020年08月01日に開業すると発表したと報告した。

 

しかし、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(Pandemic/世界的大流行)で国際線の運航が限定的で、外国人旅行者の宿泊需要は当面見込めないため、安全対策を講じつつ、まずはビジネス客や国内旅行者の取り込みを進めると話している。

 

2020年07月06日に宿泊予約の受け付けを開始した。

 

https://time-az.com/main/detail/72348 

 

 

オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントの担当者はNNAに対し、「(コロナ禍が発生したものの)予定通りの開業となる」と話した。ベトナムは80日以上、新型コロナウイルスの新規感染者が出ておらず、国内線は復旧している。

ベトナム政府は国内旅行の奨励で観光関連産業を支援しようとしており、新ホテルで国内旅行者を取り込んでいくと話している。

 

ハイフォンは、ホーチミン市、首都ハノイに次ぐ第3の都市で、港湾都市として発展してきた。自動車、電子部品、物流サービスなど日系約80社が拠点を置いている。

 

また、近くには、日本風の温泉「陽光温泉」もある。

 

 

今話題になるのはやはり、「新型コロナウイルスの新規感染者が出ていないことである。」日本のように増え続けていることは、観光立国やインバウンドは、冗談であり、その中心人物小池百合子を再選したことは、致命的である。

小手で白土を塗ったような厚顔で、テレビに出てくる図々しさに、呆れ返る。

 

「ホテル・ニッコー・ハイフォン(Hotel Nikko Hai Phong)」の緯度、経度。

所在地: Võ Nguyên Giáp, Kênh Dương, Lê Chân, Hải Phòng, Vietnam

20°49'29.4"N 106°41'25.6"E

または、

20.824831, 106.690436

 

2020-05-23---ベトナム北部クアンニン省、「陽光温泉」が開業!

 

​​​​​​​


イギリス、日本や欧州主要国を対象に、入国後の自主隔離を一部免除。

2020-07-07 17:26:25 | 観光

 

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年07月06日に、イギリス運輸省(the British Ministry of Transport)は2020年07月03日に、イングランドで2020年07月10日以降に入国後の14日間の自主隔離を免除する国・地域のリストを公表したと報告した。

 

日本やドイツ、フランス、イタリア、スペインなど、新型コロナウイルスの感染リスクが低いと見なされた計59カ国・地域と、イギリス海外領土全14カ所が対象となっている。

 

ただ、相手国・地域がイギリスからの入国を制限している可能性があるため、個別の確認が必要となる。

 

 

しかし、こんなに楽しそうには思えない海外旅行に、まだ行きたいですか?

 

私は、パス!

 

https://time-az.com/main/detail/72332 

 

 

リストにはこのほか、オランダやベルギー、ギリシャ、ポーランド、ハンガリー、スイスなど多くの欧州諸国や、韓国、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランドなどが含まれる。

 

一方、米国と中国はリストに含まれていない。ヨーロッパでは、スウェーデンやポルトガルが除外されている。

 

 

リストに含まれる国・地域からの渡航者や帰国者は、陸海空のいずれの経路でも自主隔離なしで入国できる。

 

ただし、過去14日間にリストに含まれない国に立ち寄った場合には、これまでと同様、入国時に14日間の自主隔離が義務付けられる。

 

また、今回の措置はイングランド向けで、スコットランドや北アイルランド、ウェールズについては各自治政府が追って方針を発表する。

 

 

2020-07-02---イギリス、75カ国対象に隔離策撤廃。

2020-07-01---EU、日本など15カ国からの入国許可。

2020-06-30---イギリス、2020年07月06日から入国者の隔離策を撤廃。

2020-06-23---イギリス、2020年07月04日から封鎖措置を大幅緩和、飲食店や理容店を再開。

2020-06-21---スペイン、イギリスからの旅行客も自主隔離を免除。

2020-06-19---イギリス、感染警戒レベル引き下げ 対人距離など制限緩和。

2020-06-18---ドイツ、2020年09月から大半の見本市を再開。

2020-06-18---封鎖後初!イギリス、フランス首脳が直接会談。

2020-06-15---イングランドで、地下鉄や小売店などではマスク着用義務化!

2020-06-14---フランス大統領、封鎖緩和と経済再建の方針を発表。

2020-06-10---イギリスの単身者、別世帯との交流を許可。

2020-06-09---スペインでも、非常事態解除後もマスク義務継続。

2020-06-08---イギリスで、入国者の自主隔離始まる。

 

​​​​​​​


シンガポールを訪れた2020年5月の外国人、99.9%減の880人。

2020-07-07 12:08:45 | 観光

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年07月06日に、2020年05月にシンガポールを訪れた外国人の数は880人となり、前年同月の149万人から99.9%減少したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/72330 

 

新型コロナウイルス「COVID-19」の感染対策として、2020年3月下旬から短期滞在目的の外国人の入国を原則禁止していることが背景にある。

 

STB(Singapore Tourism Board/シンガポール政府観光局)によると、2020年05月の外国人入国者の数は、2020年04月の750人からやや増加した。

 

2020年05月の入国者を出身国・地域別でみると、インドネシアが最も多い196人。これにマレーシアの157人、タイの138人、インドの79人、フィリピンの65人、米国の34人が続いた。日本は7位の30人だった。

 

マレーシア、タイは、陸路でも入国できる。

 

一方で1人当たりの滞在日数は増加傾向にある。

2020年05月の平均滞在日数は51.7日で、2020年04月の39.1日を上回った。

 

2020-07-01---シンガポールのチャンギ空港、非接触チェックイン機を導入。

2020-06-25---シンガポールのLCCジェットスター、従業員の4分の1削減。

2020-06-25---シンガポールの2020年05月のCPIは0.8%低下、4年ぶりの下げ幅。

2020-06-11---シンガポールの入国制限で日系の事業に支障!

2020-05-26---シンガポール、2020年の成長率予測、最大マイナス7%に下方修正。

2020-05-19---シンガポールの空港利用者、2020年04月は前年同月比99.5%減。

2020-05-02---シンガポールもサーキットブレーカーの一部解除を発表!

2020-04-27---シンガポールの医療大手ラッフルズ、コロナ禍で45%減益。

2020-04-21---シンガポール、マスク着用義務違反などで2100人余り摘発。

2020-04-21---シンガポールのICA、短期滞在外国人ら、外出禁止令違反で起訴。

2020-04-19---シンガポールで、マクドナルドが全サービス中止。

2020-04-14---シンガポール、市民に外出時のマスク着用を義務付け、違反者に罰則。

2020-04-09---シンガポール、規定違反で240以上の職場・店舗に閉鎖命令!

2020-03-26---苦境のシンガポール航空、増資で1兆円調達。

2020-03-23---シンガポールのコロナ感染追跡App「TraceTogather」、ソースコード公開へ。

2020-03-23---世界で一番、自慢のシンガポール航空、輸送能力96%削減。

2020-03-17---シンガポール。担当閣僚が「都市封鎖はない」と強調!

 

​​​​​​​


イギリス、75カ国対象に隔離策撤廃。

2020-07-05 10:06:03 | 観光

 

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年07月03日に、BBC Newsは2020年07月02日に、イギリス政府は2020年07月06日以降、最大75カ国からの入国者に対し14日間の自主隔離を免除する方針のようだと報告した。

 

ただし、相手国はイギリスからの入国を引き続き制限する可能性もある。

 

 

政府はかねて、新型コロナウイルス感染リスクの低い国と互いに入国制限を撤廃する「エアー・ブリッジ」制度(The "air bridge" system)を導入すると示唆していたが、方針を転換する格好となる。

 

互いでは、イギリスからの入国を拒否する国が多すぎる可能性がある。

 

https://time-az.com/main/detail/72316 

 

 

対象国のリストは、週内に発表される見通しとBBC Newsは伝えた。

 

 

政府は先に、この日から「エアー・ブリッジ」制度を導入すると発表した。

各国を感染状況に応じて緑、黄、赤に分類し、緑と黄に分類された国からの入国規制を撤廃する計画で、対象国を近く公表するとしていた。

 

 

これについて、政府関係者はこのほど、リスクが「低い」または「非常に低い」とみなされる国が最大で75カ国に上る可能性を示唆した。

 

ただ、この中にはイギリスからの入国を制限している国も含まれ、政府は少数の国との「エアー・ブリッジ」確立から、より多くの国に対する一方的な入国制限の撤廃へとかじを切ることになる。

 

この背景には、ギリシャなどイギリスが「エアー・ブリッジ」の候補と見なしていた人気旅行先の一部の国で、イギリスからの入国をなお制限していることなどがあるもようだと伝えている。

 

 

すでに、世界は大英帝国主導では、不可能な時代になっている。

それに、ヨーロッパで最後にパンデミックに襲われたイギリスが、現在最も危険ということは、誰でも知っていることである。

 

 

なお外務省は現在、必要不可欠でない海外渡航を規制しているが、イギリスの新聞「デイリー・テレグラフ(Daily Telegraph)」によると、間もなくほぼすべてのEU(European Union/欧州連合)盟国とイギリス領バミューダ諸島(British Bermuda)、イギリス領ジブラルタル(British Gibraltar)、トルコ()、タイ(Turkey)、オーストラリア(Australia)、ニュージーランド(New Zealand)などへの渡航規制を解除する見通しだという。

 

 

どこが病人の観光客を受け入れる????

 

2020-06-30---イギリス、2020年07月06日から入国者の隔離策を撤廃。

2020-06-08---イギリスで、入国者の自主隔離始まる。


EU、日本など15カ国からの入国許可。

2020-07-03 08:47:35 | 観光

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年07月01日に、BBC Newsは2020年06月29日に、EU(European Union/欧州連合)は2020年07月01日から、新型コロナウイルスの感染リスクが低いEU域外14カ国からの入国を許可した。

 

日本や韓国、オーストラリアなどが対象となる。一方、米国と中国、ブラジルは感染リスクが高い国として、引き続き入国が禁止される。

 

https://time-az.com/main/detail/72299 

 

 

現時点で入国許可国に指定されているのは、

アルジェリア(Algeria)、

オーストラリア(Australia)、

カナダ(Canada)、

ジョージア(Georgia)、

日本(Japan)、

モンテネグロ(Montenegro)、

モロッコ(Morocco)、

ニュージーランド(New Zealand)、

ルワンダ(Rwanda)、

セルビア(Serbia)、

韓国(South Korea)、

タイ(Thailand)、

チュニジア(Tunisia)、

ウルグアイ(Uruguay)。

中国(China *subject to confirmation of reciprocity)

このリストは2週間ごとに見直される。

 

まだ判断されていない国も多い。

特に、イギリス、アイルランド、ノルウェー、スウェーデン、スイスは、入国許可されていない。

 

 

中国については、同国政府がEUからの渡航者を受け入れる場合、EUも同国からの入国を認める方針で、一方的な許可は出さない。

 

EU理事会はステートメントで、EUに加盟していないが「アンドラ(Andorra)、モナコ(Monaco)、サンマリノ(San Marino)、バチカン(the Vatican)の居住者は、この勧告の目的のためにEU居住者とみなすべきである。」と述べた。