世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ドイツでナンバー2のコメルツ銀行、株主の圧力受け、CEOと会長辞任。

2020-07-08 16:41:33 | 銀行

 

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年07月06日に、ドイツでナンバー2のコメルツ銀行(Commerzbank)の最高経営責任者(CEO)マルティン・ツィールケ(Martin Zielke)が辞意を表明したと明らかにした。併せて、シュテファン・シュミットマン(Stefan Schmittmann)会長も2020年08月3日付で退任すると発表したと報告した。 

 

 

物言う株主として知られる米国の投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメント(Cerberus Capital Management)は先に、コスト肥大化や利益率の低下を巡り経営陣と戦略の改革を要求していた。

 

監査役会の指名委員会はマルティン・ツィールケの辞任申し出を巡り協議し、年内の退任を監査役会に提言することを決定した。

 

2020年07月08日の監査役会でこれについて話し合う。

 

https://time-az.com/main/detail/72340 

 

 

マルティン・ツィールケの任期は2023年11月までの予定だった。同氏は辞任に当たり、同行には抜本的な改革と、戦略遂行のための新しいCEOが必要と述べている。

 

一方、シュテファン・シュミットマン会長は、同委員会に8月3日付の辞任を申し出た。

「今後の変化には大きな強さと努力が必要となるため、私の役職についての度重なる議論から解放されるべき」としている。

 

ドイツ金融最大手ドイツ銀行(Deutsche Bank)はガタガタ、コメルツ銀行もガタガタ、モバイル・マネーのワイヤーカード(Wirecard)は破産。

 

2020-06-25---ドイツのWirecardが破産申請 不正会計犯罪疑惑、債務超過は不可避。

2020-01-30---ドイツ銀行。再建費用かさみ、再び赤字転落。過去5年で4度目。

2019-09-27---ドイツのコメルツ銀行、経営陣が新事業戦略を承認。

2019-09-20---ドイツのコメルツ銀行再編、4,300人解雇。

2019-09-19---ドイツ銀行、フィンテック企業の株式4.9%取得。

2019-07-24---経営再建中のドイツ銀行最終赤字3700億円。

2019-07-07---「欧州最強」のドイツ銀行が20年目の挫折、1万8000人リストラ。

2018-05-24---ドイツ銀行、進まぬ経営再建で7000人リストラへ!

2016-09-15---Deutsche Bank、株価最安値。

2015-04-23---ドイツ銀行、利率操作で罰金US$25億!

2014-01-19---ドイツ銀行の報告書で驚きの四半期ロスを報告。

2013-12-04---世界中の大手銀行は、すべてEU罰金銀行(EU fines banks)。

2013-05-07---ドイツの銀行Commerzbank、第1四半期の9400万ユーロの純損失。

2012-12-11---誰が銀行の罪の代価を払うのか?馬鹿げているが、それは、あなたです!

2012-07-25---ドイツ銀行のシェアは、利益警告の後に3%落ちた。

2012-06-22---ムーディーズは、大手15銀行を格下げ!

2012-04-26---ドイツ銀行の利益は、累積債務危機の中に打たれた。

2011-11-22---ドイツで2番目の銀行コメルツバンクのシェア15%ダウン!

2011-11-14---ドイツ銀行のボスジョセフ・アッカーマンは、2012年に退任。

2011-08-10---ドイツのコメルツ銀行、ギリシアの負債で大被害!

2010-09-10---ドイツ銀行が新株式発行で90億ユーロを集めている。


イギリスの中央銀行、量的緩和で£7,450億に拡大。

2020-06-22 08:14:39 | 銀行

 

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年06月19日に、イギリスの中央銀行「イングランド銀行(Bank of England)」は2020年06月17日に開いたMPC(Monetary Policy Committee/金融政策委員会)で、金融資産購入による量的緩和策の規模を£1,000億ポンド拡大し、£7,450億にすることを決めた。

 

追加の金融緩和により、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受ける経済を支える。

 

政策金利は過去最低の0.1%に据え置いた。

 

ここでも、「ゼロ(Zero)」金利政策に動いた。

 

https://time-az.com/main/detail/72213 

 

 

金利の据え置きは全会一致だった。

マイナス金利の導入については議題に上らず、今後に持ち越された。

 

中央銀行は追加緩和について、経済回復を支えるとともに中期的にインフレ率を目標の2%にするためと指摘した。

引き上げ後の購入枠も年末ごろには上限に達するとの見通しを示している。

 

 

中央銀行は、2020年第2四半期(04~06月)の国内経済と世界経済が2020年05月初めに予想していたほどは悪化しないとみているものの、「かつてない事態のため見通しは異例なほど不確実」としている。

 

 

またインフレ率については、目標を大きく下回っており、向こう数カ月ではさらに低下するとの見通しを示した。

 

2020年05月のインフレ率は前年同月比0.5%上昇し、伸びは前月の0.8%から減速。過去4年で最低となっている。

 

 

Banknotes in the UK(イギリスの紙幣)

£70 bn worth of banknotes in circulation(流通している紙幣は、たった£700億)

1694 first printed by the Bank of England(イングランド銀行の最初の紙幣は1694年)

3% of money in the economy is cash(現金は、景気のたった3%)

2016 first notes printed on polymer(ポリマーに印刷した最初の紙幣は、2016年)

28% of all payments made in cash in 2018(2018年の全支払額のうち28%が現金での支払い)

Source: Bank of England

 

 

最近では、現金の影は薄い。

デジタルで、お金は動いている。

つまり、現実は既に仮想通貨なのである。

そうでないと、中央銀行には、お金の移動で毎朝トラックの列ができる。

 

そのくせ、仮想通貨は危険だ!とか、量子コンピュータで、暗号が解読されると言って大騒ぎしている。

 

暗号が解読されると、現在のお金でも大混乱である。

 

イギリスの現金は、景気のたった3%で、97%は暗号化された仮想通貨である。

 

2020-06-17---イギリスのインフレ率、過去4年で最低。


カンボジア、US$小額紙幣回収で大混乱。

2020-06-06 18:20:11 | 銀行

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年06月02日に、カンボジアでこれまで自国発行紙幣より、多く流通していたUS$小額紙幣(small US dollar)に対し、NBC(National Bank of Cambodia/カンボジア中央銀行)が2020年05月28日に回収方針を明らかにしたため、市中の商店などで混乱が生じていると報告した。

 

私はこれを最初に聞いた時、インドでよく出会ったアンティークUS$1紙幣があった。

 

 

とくにグリーンのスタンプではなく、ブルーのスタンプのアンティークUS$1紙幣にであった。

 

今回もカンボジアでアンティークUS$1紙幣でにつかるかと思ったら、近くこれら紙幣が使えなくなるとの不安などにより、受け取りを拒否するケースが続出したという。

 

https://time-az.com/main/detail/72094 

 

 

世界でカンボジアの紙幣は信用がない。しかし、US$紙幣(US currency banknotes)は信用が高いので、使えなくなるはずがないのに、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」が2020年06月01日に、フン・セン首相(Prime Minister Hun Sen)が使用に問題はないとの声明を出す事態になっていると伝えた。

 

 

これは元々、2020年05月29日金曜日に、カンボジア国立銀行の頭取チェア・セレイ(Chea Serey)が、管理が難しく、「需要が少ない」と判断したため、商業銀行やマイクロファイナンス機関にUD$1(約108円)、UD$2、UD$5の小額紙幣の送付を依頼したことから、混乱が始まったと伝えている。

 

 

その時に、2020年09月01日以降は,これら紙幣の回収に手数料を課すと発表したことから、国民の間で「小額紙幣が使用できなくなる」との情報が流布した。既に多くの零細小売業者や給油店関係者、トゥクトゥク(三輪車)の運転手らが、US$の少額紙幣受け取りを拒否しているという。

 

​​​​​​​


台湾銀行業、香港での資産管理業務を縮小へ!

2020-06-03 14:44:32 | 銀行

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年05月29日に、台湾の経済新聞「経済日報(經濟日報/Economic Daily)」は2020年05月28日に、香港で「国家安全法」の制定に反対する命をかけた抗議活動が激しさを増す中、香港に拠点を置く台湾の銀行が資産管理業務や個人向け金融業務の縮小に動き出している。

 

香港の国際金融センターとしての地位に影響が出れば、「新南向政策」(東南アジアやインドなどとの関係を重視する政策)対象国に業務の重点を移す可能性もあると伝えたと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/72069 

 

台湾銀行業の香港拠点は、香港当局が資産管理業務の本人確認手続きを厳格化していることを受けて、これまでに政府系銀行を中心に同業務を大幅に縮小した。

 

 

現在はデモの激化や米国政府による中国への制裁発動の懸念もあり、多くの銀行が資産管理業務と個人向け金融業務の縮小に着手しているという。

 

香港の混乱を背景に、政府系銀行8行の香港拠点の預金残高が大幅に減少している。

 

2019年末時点の預金残高はUS$108億(約1兆1,650億円)となり、前年末に比べて約US$7億減った。

 

台湾銀行業の香港拠点のうち、政府系銀行は約5割を占めることから、香港拠点全体では、少なくとも500億台湾元(約1,793億4,600万円)の資金が流出したとみられている。

 

 


カンボジアの大手商業銀行アクレダ銀行、CSXで上場。

2020-05-30 12:05:13 | 銀行

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年05月27日に、カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2020年05月26日に、カンボジアの大手商業銀行アクレダ銀行(ACLEDA Bank)は2020年05月25日に、CSX(Cambodia Stock Exchange/カンボジア証券取引所)に上場し、US$1,750万(約18億8,400万円)を調達したと報告した。株式上場では国内企業で6社目、商業銀行では初めてとなると伝えたと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/72039 

 

今回のIPO(Initial Public Offering/新規株式公開)では全株式(約4億3,300万株)の約1%(約434万株)を売り出し、2,497の投資家が参加した。

 

初日の取引では、1株当たりの公募価格(1万6,200リエル=約424円)を1.9%上回る1万6,500リエル(US$4.12)の初値を付けた。

 

アクレダ銀行のイン・チャンニー(In Channy)頭取は、「アクレダの株式が正式に上場されたことで、当行は27年以上の歴史を経て新たな一歩を踏み出すことができました。我々は、現在進行中のパンデミックにもかかわらず、当社の株式に投資し、他の銀行に追随することを奨励している関連規制当局や投資家に感謝しています。(The official listing of Acleda’s stock opens a new chapter for the bank after more than 27 years of operation. We appreciate the relevant regulators and investors who are investing in our stock and encouraging others to follow suit despite the ongoing pandemic,)」とコメント。今後の具体的な資金調達目標などは設定していないが、長期的な視点で株式の取引を継続していきたい考えを示した。

 

オウン・ポンモニラット財務経済相(Minister of Economy and Finance and Securities and Exchange Commission of Cambodia chairman Aun Pornmonirot)は、時価総額がUS$17億5,000万に達するアクレダ銀行の上場は、国内外の投資家を誘致する上で重大な意義を持つとの見方を示した。

 

上場から2日目となった2020年05月26日には、前日の終値を360リエル上回る1万6,860リエルで取引を開始。一時1万6,520リエルまで値を下げたが持ち直し、1万7,880リエルで取引を終えた。

 

この日の売買高は約5億6,000万リエルで、CSXの取引総額の8割超を占めた。

 

何しろ、CSXの株式上場では国内企業で6社目で、取引総額の8割超を占めると言うから、大事件である。

 


シンガポール、デジタル銀行の決定を遅らせる。

2020-04-16 10:56:35 | 銀行

​​​​​​​

 

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年04月09日に、シンガポールの中央銀行は、企業や当局が「Covid-19(コロナウイルス感染病)」パンデミックの影響を管理することを優先する必要があることを理由に、求められているデジタル・バンキング・ライセンスを発行するタイムラインを押し戻したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/71701 

 

ステートメントで、MAS(Monetary Authority of Singapore/シンガポール通貨庁)は、申請の査定期間は6月の予定から今年の後半の不特定の日付まで延長されると語った。

 

申し込みの締め切りは2019年の終わりに過ぎ、21件の応募があった。

 

MASSは遅延報告に「デジタルバンクライセンス申請者は、Covid-19パンデミックで、ビジネスへの即時の影響の管理に向けて、リソースと注意を捧げることができます。」「MASはまた、金融と金融の安定性の確保にリソースを集中させ、金融機関が回復力を維持し、この困難な時期にビジネスや個人をサポートする役割を果たせるようにします。」と追記した。

 

シンガポールは、2つの完全なデジタルバンキングライセンスと3つの卸売ライセンスを発行する予定でで、受け取った申請のうち、7件は完全なデジタルバンキングライセンスで、14件は卸売ライセンスであった。

 

同様に動きは、シンガポールだけではなく、インド、マレーシアでも起こっているが、マレーシアはまだ、デジタル銀行の決定を遅らせることを発表していない。インドはすでにサービスが始まっている。

 

2020-02-25---Grab、金融サービスに圧力を加えるための資金を日本から確保。

2020-02-21---Axiataはデジタル・バンキングの動きを推し進める。

2020-01-23---マレーシア・デジタル・バンキング・ライセンスで、Axiata、Razerに注目。

2020-01-08---Xiaomi、インドに続いてシンガポールの銀行許可証の入札で群衆に参加。

2020-01-07---三井住友海上らの連合、シンガポールでデジタル銀行免許申請。

2020-01-02---ゲーム会社Razer、デジタル・バンキングでGrab-Singtelと提携。

2019-08-29---シンガポール、新しいデジタル・ファイナンス・プレーヤー申請受付を開始。


欧州中央銀行、新型コロナ対策を発表。

2020-03-13 18:01:10 | 銀行

 

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年03月13日に、ECB(European Central Bank/欧州中央銀行)は2020年03月12日に政策理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃を緩和するための包括的支援策を決定したと報告した。

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/71425">https://time-az.com/main/detail/71425</a>

 

年末まで量的緩和を拡大し、€1,200億規模の資産購入を追加で実施するほか、主に中小企業の資金繰りを助けるため、銀行への資金供給を大幅に増やす。

 

ただし、既にに史上最低水準にある政策金利については、引き下げを見送る。

 

また資金供給面では、6月までLTRO(Long-Term Refinancing Operations/長期資金供給オペ)を実施し、それ以降は1年間にわたりTLTRO(Targeted Longer-Term Refinancing Operations/貸出条件付き長期資金供給オペ)を強化する。

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年03月13日に、ECB(European Central Bank/欧州中央銀行)は2020年03月12日に政策理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃を緩和するための包括的支援策を決定したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/71425 

 

年末まで量的緩和を拡大し、€1,200億規模の資産購入を追加で実施するほか、主に中小企業の資金繰りを助けるため、銀行への資金供給を大幅に増やす。

 

ECBはかねて量的緩和策として、毎月€200億規模の資産購入を実施しているが、年末までに€1,200億を追加購入する。

 

また資金供給面では、6月までLTRO(Long-Term Refinancing Operations/長期資金供給オペ)を実施し、それ以降は1年間にわたりTLTRO(Targeted Longer-Term Refinancing Operations/貸出条件付き長期資金供給オペ)を強化する。

 

ECBのクリスチャン・ラガルド(Christine Lagarde)総裁は記者会見で、新型コロナウイルスは「一時的ながら経済活動に重大な打撃を及ぼす」との見方を示した。「リスクにさらされる企業や労働者を支援するためには、野心的で協調の取れた財政上の対策が求められる」と指摘し、各国政府に対応を求めている。

 


TerraPayの急増で、コンソーシアムは現金注入を誓約。

2020-03-04 11:07:42 | 銀行

 

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年03月03日に、投資家グループは、Comvivaから未公開の額で支払いインフラ企業TerraPayを買収し、新しい所有者は将来の拡張のためにUS$960万を投資する予定であると報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/71343 

 

買収に関与する投資家には、プライムベンチャーズ(Prime Ventures)、世界銀行(World Bank)の関連会社であるIFC(International Finance Corporation)、パルテックパートナーズ(Partech Partners)が含まれている。

 

TerraPayは、金融機関、企業、モバイル・マネー・オペレーターが他のプロバイダーが保有する口座に資金を移動できるようにする支払いインフラストラクチャ・サービスを提供している。

 

TerraPayは、新興市場への資金送金のコストを削減することを目的とする組織を対象としており、従来の国際送金サービスよりも安いレートで中央交換プラットフォームを提供している。

 

日本にも、このような専門企業が必要である。

 

TerraPayは2015年に設立され、ICTおよび金融テクノロジー企業のComvivaによって設立されました。 25のライセンスがあり、アフリカ、アジア、ヨーロッパの60か国で運用できる。

 

 

同社は、モバイル・ウォレット・プロバイダーといくつかのパートナーシップを結んでいる。

 


Grab、金融サービスに圧力を加えるための資金を日本から確保。

2020-02-28 18:02:06 | 銀行

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年02月25日に、Grabは、日本の投資家からUS$8億5000万以上を調達し、東南アジア全域の金融サービスへの継続的な拡大に資金を提供したと報告した。

 

 

日本最大の銀行であるMUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)はUS$7億600万を投資し、ネットワークシステムおよび統合サービス・プロバイダのTISはUS$1億5,000万を投入した。

 

https://time-az.com/main/detail/71304 

 

Grabがステートメントで、この投資は「東南アジアへのアクセシブルで手頃な価格の金融サービスを創出して、この地域への金融包摂を促進する。」と述べた。

 

 

Grabのミン・マー社長(Grab president Ming Maa)は、投資家と協力して同地域の金融商品を共同開発すると述べた。

 

MUFGとのコラボレーションのもと、両社は顧客の洞察を活用して、Grabのユーザー、ドライバー、販売パートナーのニーズに応えることを目指している。

 

TISと連携して、地域と日本のデジタル支払いインフラストラクチャを改善し、GrabPayなどのキャッシュレス支払いオプションの幅広い採用を可能する。

 

最新の資金調達ラウンドは、消費者保険や融資を含む金融サービスへの推進に続いた。

 

2019年初頭、Grab Financial Groupは、シンガポール最大のモバイルオペレーターであるSingtelとデジタル・バンキング・ライセンスの共同申請を提出した。

 

シンガポール金融庁は、2020年半ばまでに2つのデジタル・バンキングと3つの卸売ライセンスを発行する予定にしている。

 

これで、シンガポールのデジタル・バンキングで、三井住友と三菱UFJが絡んだ!

 

2020-02-21---Axiataはデジタル・バンキングの動きを推し進める。

2020-01-23---マレーシア・デジタル・バンキング・ライセンスで、Axiata、Razerに注目。

2020-01-08---Xiaomi、インドに続いてシンガポールの銀行許可証の入札で群衆に参加。

2020-01-07---三井住友海上らの連合、シンガポールでデジタル銀行免許申請。

2020-01-02---ゲーム会社Razer、デジタル・バンキングでGrab-Singtelと提携。

2019-08-29---シンガポール、新しいデジタル・ファイナンス・プレーヤー申請受付を開始。


Axiataはデジタル・バンキングの動きを推し進める。

2020-02-22 18:03:53 | 銀行

 

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年02月21日に、ブルームバーグ(Bloomberg)は、マレーシアに本拠を置くAxiata Groupが潜在的なパートナーを調査して、国内でのデジタル・バンキング(digital banking)ライセンスの入札を開始と報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/71253 

 

2019年第4四半期の収益を議論するための電話会議で、副CEOのイザディン・イドリス(Izzaddin Idris)は、Axiataが11の潜在的な銀行および電子財布会社と話し合っていると述べた、と報道機関は語った。

 

ゲーム会社Razer、タクシー予約プラットフォームGrab、銀行CIMB、およびAirAsiaは、マレーシアの銀行Hong Leong BankとMaybankと同様に、問い合わせを提出したと伝えられている。

 

マレーシアのサービス不足地域の市場のギャップを埋めることを目標に、6月までに全体の枠組みを完成させることを目指している。

 

 

ブルームバーグは、シンガポール、香港、タイの当局がすべて、このオプションを模索しており、デジタル・バンキング戦略を開発するためにアジア全体で推進力があると指摘した。

 

このパワーに乗れない日本の弱点は、どうするというのだろう。

 

 

2020-01-23---マレーシア・デジタル・バンキング・ライセンスで、Axiata、Razerに注目。

2020-01-08---Xiaomi、インドに続いてシンガポールの銀行許可証の入札で群衆に参加。

2020-01-07---三井住友海上らの連合、シンガポールでデジタル銀行免許申請。

2020-01-02---ゲーム会社Razer、デジタル・バンキングでGrab-Singtelと提携。

2019-08-29---シンガポール、新しいデジタル・ファイナンス・プレーヤー申請受付を開始。

2019-08-19---シンガポールで、フィンテック資金調達額、上期は4倍近く。

2019-07-31---シンガポールのOCBC銀行、QRコードで預金引き出し可能に!

2019-07-26---カカオが、インターネット銀行への出資を募ることを了解。

2019-07-17---インドで「日立銀行」誕生!

2019-03-18---香港のスタンダード・チャータード銀行。Appで現金引き出し!

2018-12-12---タイのカシコン銀行、LINEとオンライン融資開始。

2018-11-22---銀行連合のスマホ決済で、加盟店手数料、最低の1%台。