世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

VodacomとAlipay、南アフリカのスーパーアプリを準備。

2020-07-22 15:21:22 | モバイル・マネー

 

「COVID-19」で、モバイル・マネー市場が翻弄されたのか?携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年06月26日に配信してから情報が途絶えていたが、2020年07月21日に、Vodacom Group(ボーダコム・グループ)は、デジタル決済プラットフォームAlipayと手を組み、2021年から個人向けの金融、ビジネス、ライフスタイル・サービスを提供するいわゆる南アフリカ向けのスーパーアプリ(superapp for South Africa )を作成すると報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/72445 

 

ステートメントで、Vodacomは、「先進的なデジタル決済エコシステムに裏打ちされた南アフリカの顧客ニーズに合わせた商品やサービスのマーケットプレイス」を、銀行系と非銀行系のセクターに提供すると説明している。

 

Vodacomのチーフであるシャメル・ジョースブ(Shameel Joosub)CEO(最高経営責任者)は、今回の提携を「当社が事業を展開するコミュニティにおける金融包摂の拡大を推進する上で重要なマイルストーン」と評し、南アフリカにおける「モバイル・フィンテック・エコシステムの再発明(reinvent the mobile fintech ecosystem)」に向けた取り組みを支援すると付け加えている。

 

デジタル決済サービスには、購入、請求書の支払い、送金などが含まれる。このアプリは、音楽ストリーミング、ゲーム、タクシー予約サービスにも対応する予定だという。

 

つまり、今までのような複数のアプルではなく、一括管理できる。

 

Vodacomは、中小企業が融資、保険、広告サービスにアクセスできるようにすると述べている。

 

日本の通信事業者であるソフトバンク(SoftBank Corp)は20200年6月19日に、イギリスに拠点を置くスタートアップSplytと提携し、スーパーアプリの計画を詳細に発表した。

 

​​​​​​​

 

ソフトバンクのPayPayも、デジタル決済サービスから、音楽ストリーミング、ゲーム、タクシー予約サービスにも一括対応させるべきである。

 

2020-07-19---ソフトバンク、Splytを支援してスーパーアプリを開発。


Apple PayがLAメトロのTAPトランジット・カードで登場。

2020-07-16 10:48:51 | モバイル・マネー

 

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は、モバイル・マネー・ニュースが2020年06月26日から配信されていない。

 

世界中で、モバイル・マネーに対する動きが停滞したとは考えられない。

 

そんな中で、シャロット・ヘンリー(Charlotte Henry)はMacObserverで2020年07月15日に、MacRumorsからの情報として、ロサンゼルスの地下鉄「The LA Metro」で、TAPトランジットカードが2020年後半にApple Payに対応すると伝えていると報告した。

 

 

https://time-az.com/main/detail/72399 

 

 

「The LA Metro」は2020年07月15日のツイートで、iPhoneとApple WatchのTAPカード対応は2020年のいつかになると述べている。ロサンゼルスでは、オンラインで購入した運賃に関するリアルタイムのデータを備えたアップグレードされた運賃箱の導入や、支払いやTAPアカウントの管理ができる新しいTAPモバイルアプリの開発など、TAPシステムのオーバーホールに取り組んでいる。

 

「The LA Metro」は2020年07月15日に、Twitterで、アンドロイド版もやってくると、「Hi, the TAP app will also be available on Android. 」と書いている。

 

 

また、ローズ・ボールのパレードは、中止(Cancellation of the Rose Bowl Parade)。

 

現在、西海岸は、パンデミックである。

 

​​​​​​​


オーストラリアのヘリテージ銀行の顧客は、Apple Payが利用可能。

2020-07-09 10:41:46 | モバイル・マネー

 

シャロット・ヘンリー(Charlotte Henry)はMacObserverで2020年07月08日に、オーストラリアのヘリテージ銀行(Heritage Bank)は、より多くの機関が「COVID-19」の普及を止めるために、連絡先での支払いを容易にしようとして、2020年07月07日火曜日にApple Payの展開を開始したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/72344 

 

ヘリテージ銀行の最高経営責任者(CEO)ピーター・ロック(Peter Lock)は、「ヘリテージ銀行は、オーストラリア最大の顧客所有銀行で、店頭での購入はもちろんのこと、顧客はiPhone、iPad、Macを介して安全な買い物ができるサービスを利用することができるようになる。」

 

 

「ヘリテージ銀行の顧客がApple Payを使用して迅速かつ安全にお支払いができるようになったことを発表できることに感激しています。『COVID-19』の影響で日常生活が変化する中、お客様が非接触型のデジタル決済を簡単かつ安全に行えるようサポートすることは、これまで以上に重要なことです。私たちは今後も耳を傾け、学び、革新を続け、Apple Payを通じてお客様に素晴らしいお支払い体験を提供するという目標を達成することに興奮しています。」と話した。

 

なんとなく、コテコテの説明である。

 

 

2016-02-08---Optusは、モバイル支払いを手に入れた。

2014-11-14---オーストラリアのOptusは、モバイル決済アプリを「最初に」要求。

2014-02-19---ビザとマスターカードは、NFCに基づいたモバイル・ペイメント用のHCEを支持。

2014-02-19---ビザは、Androidの最新版に続く、クラウド対応モバイル決済を実現。

2014-01-22---ビザ・ヨーロッパのペイメント主要点は、モバイル財布。

2013-06-26---NFCの先駆け、ビザのハイライト市場。

2013-05-22---ヨーロッパで、非接触ペイメントが3カ月で46%成長。

2013-03-15---サムソンのGalaxy S 4は、Visaだけではなく、多くのペイメントAppを搭載!

2012-05-14---サムソンとVISA、ロンドン・オリンピックでモバイル決済実験!

2012-02-27---ボーダフォンが、世界規模モバイル決済でVISAと決済協力を発表。

2012-01-10---ビザ・モバイル決済デバイスとして使用するスマートフォン。

2011-05-12---Visa、モバイル・オンライン財布サービス開発の計画アウトライン。


WhatsAppは、世界第2のコロナの戦場ブラジルでお金の未来のために戦う!?

2020-06-28 11:50:36 | モバイル・マネー

 

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年06月26日に、起動後にかろうじて1週間で停止していたモバイル・マネー・サービスの復元に関して、WhatsAppは、その不振に陥っているブラジルのモバイル・ペイメントの再生を救出するために、ブラジルの中央銀行とのスクランブル協議を開始したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/72265 

 

WhatsAppの責任者であるウィル・キャスカート(Will Cathcart)はステートメントで、ブラジルの中央銀行Banco Central do Brasilが「VisaやMastercardと協力してサービスを進めるための道筋を見つける」ことを意図していると述べ、サービスの問題に対処するために「他の当局」と協力していると述べている。

 

 

WhatsAppは、デジタル決済プラットフォームの必要性を示す証拠として、「COVID-19」の経済的影響を挙げ、ウィル・キャスカートは、中央銀行のPIXプラットフォームが「利用可能になれば」、「競争力のあるオープンな決済モデル」を支持していると述べている。

 

ここでも、モバイル・マネーが、「COVID-19」の経済的影響に対処できると伝えている。

これは、アフリカで起こった「エボラ(Ebola)」から、話題になり始めている。

 

以前、仮想通貨とモバイル・マネー、そして健康管理について書いたが、誰もその関連性を理解できなかったようだった。

 

ところが最近になって、レポーターが取材に出かける時、携帯の必需品にモバイル・マネーを加え始めた。

 

VisaとMastercardは以前、WhatsAppシステムのサポート停止を命じられ、8日間の運用後にサービスを効果的に停止している。

 

WhatsAppの苦境に加えて、競争当局のCADE(Conselho Administrativo de Defesa Economica/経済防衛行政会議)は、地元のクレジットカード会社Cieloとの提携に差止命令を出した。

 

CADEはステートメントで、Cieloの既存の高い市場シェアを引き合いに出し、WhatsAppとの連携により「大きな市場力」を獲得する可能性があると説明している。

 

2020-06-09---「COVID-19」最前線レポーターの必需品。

2020-05-18---インドの管理組織は、WhatsAppのお金の動きを監視している。

2020-04-16---中央アフリカ銀行、「COVID-19」で、より多くのデジタル決済を要求。

2015-06-07---350年前にロンドンの大疫病(Great Plague of London)が起こった。

2014-12-07---エボラ(Ebola)を生き抜く。

2014-11-11---エリクソンはエボラ予防を支援。

2014-10-07---エボラに感染しない方法。

2014-09-17---オレンジは、アフリカの銀行とのモバイル・マネー協力を拡張。

 


Axiata、デジタル・ファイナンスの動きで裏付けを強化。

2020-06-28 10:45:23 | モバイル・マネー

 

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年06月25日に、シンガポールを拠点とする保険会社グレート・イースタン(Great Eastern)は、ユニットのフィンテックプレイの拡大に使用される基金であるAxiata Group(アジアータ・グループ)のデジタル・サービス部門にUS$7000万を投資したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/72264 

 

 

Axiata Groupは、アジア各国で通信事業を展開するマレーシアの大手通信企業である。

 

保険会社グレート・イースタンは、オペレーターのデジタル金融サービスプレイの持ち株会社であるBoost Holdingsの21.9%の株式を取得し、Axiata Digital Servicesユニットは残りの株式を保持している。

 

グレート・イースタンとAxiataは一緒に電子財布アプリ「Boost」を含むポートフォリオを監督する。これには、750万人以上のユーザーと17万人の加盟店を抱え、インドネシア版では54万4,000人の小売業者を抱える「Aspirasi」、すでにUS$2,000万以上の融資を行っているマイクロファイナンス・保険会社「Aspirasi」、バングラデシュの銀行との合弁事業からなるポートフォリオを統括する。

 

パートナーは、加盟店や顧客数の増加、「Aspirasi」のクレジット・スコアリング技術のアップグレード、銀行業務への移行の可能性などに焦点を当て、Axiataグループの他の市場にデジタル金融サービスを拡大するためのオプションも検討している。

 

今年初め、Axiata Digitalは、マレーシアの中央銀行が提供するデジタル・バンキングのライセンスに興味を持っていると述べ、申請書の準備に取り掛かった。

 

今回の資金調達は、2018年に住友商事がAxiata Groupの広告事業にUS$2,000万、2019年に三井物産グループからUS$5,000万の出資を受けたのに続き、Axiata Digitalが確保した3件目の戦略的投資となる。

 

2020-02-21---Axiataはデジタル・バンキングの動きを推し進める。

2020-01-23---マレーシア・デジタル・バンキング・ライセンスで、Axiata、Razerに注目。


ドイツのWirecardが破産申請 不正会計犯罪疑惑、債務超過は不可避。

2020-06-28 09:46:45 | モバイル・マネー

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年06月26日に、不正会計犯罪疑惑で2019年10月頃から噂になり始めたドイツの決済サービス大手ワイヤーカード(Wirecard)・グループは2020年06月25日に、債務超過に陥ることは避けられないと判断したため、破産手続きを申請したと発表した。

 

債権者は貸し付けた€35億の回収が危ぶまれる事態となっている。

 

ソフトバンクは2019年04月25日に、€9億をWirecardへの投資として設定していた。

回収できるのだろうか?

 

1EUR=120.30JPY×€9億=1082億3000万円。

 

破産手続き申請の発表を受け、Wirecardの株価は80%下落。

 

孫正義の手元から、お金がどんどん消えていく。

 

https://time-az.com/main/detail/72263 

 

Wirecardは2018年09月に、主要30社で構成するドイツ株価指数(DAX)構成銘柄に指定された。DAX構成銘柄である企業が経営破綻するのは初めてのことである。

 

Wirecardは先に、監査会社からフィリピン2行の信託口座にあるはずの現金€19億の行方が確認できないとの報告を受け、2019年の通期決算報告を延期した。

 

翌日にはマーカス・ブラウン(Markus Braun)前最高経営責任者(CEO)が辞任した。

ブラウン前CEOは辞任後に逮捕され、保釈金€500万を支払い保釈された。

 

その後、フィリピンの中央銀行が、Wirecardはそもそも同2行の顧客ではなく、Wirecardが保有するとされる19億ユーロに関する書類は偽物で、この現金は同国の金融システムに一度も入ってきていないと説明していた。

 

Wirecardの監査は10年以上にわたり、大手会計事務所EY(Ernst & Young/アーンスト&ヤング)が手掛けている。

 

米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」は2020年06月26日に、EYは、「手の込んだ洗練された詐欺」によって€19億(約2300億円)の資金を行方不明にしたと指摘したことを報告した。

 

10年にわたりWirecardの決算書に署名してきたEYは現在、不正会計における自社の役割や責任を否定しているが、大量の訴訟に備えてもいると伝えている。

 

今回は、投資時期から、お金がどんどん消えていくだけではなく、孫正義にも疑惑が掛かる可能性がある。

 

EYに対しては、不正発覚前の2020年06月に、複数の投資家が代理人を通じて訴訟を提起した。2018年の決算書で不適切に記載された€10億の資産について、アーンスト&ヤングが注意喚起を怠ったことを問題とした。

ヨーロッパの個人・機関投資家を代表する団体であるVEBも向こう数週間以内の提訴に向けて準備していると伝えている。

 

しかし、BaFin(Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht/ドイツ連邦金融監督庁)が、2016〜18年の3年間の報告書に記載された売上高と資産が正しくないという「疑いが強まった」として、ワイヤーカードを相場操縦の疑いで検察に告発したことを明らかにし、ミュンヘンの検察当局も虚偽の情報開示と市場操作の疑いで捜査を進めていたが、2020年06月23日にマーカス・ブラウンを再逮捕した。

 

 

2020-01-09---ソフバンクG支援の「ズーム・ピザ」が人員削減、ピザ製造中止。

2019-12-24---中国で、クロスボーダーEC総合試験区、24都市に新設。

2019-12-11---フランスのOrange Bank、Google Payの統合を追加。

2019-11-06---Wirecard、中国に進出。

2019-10-15---新しいドラマのような会計犯罪疑惑に、揺れ動いたWirecard。

2019-09-04---フランクフルト取引所、DAX構成銘柄30社の入れ替え!

2019-04-25---SoftBank、€9億をWirecardへの投資として設定。

2018-10-17---ドイツの小売グループ、モバイル決済の巨人がプッシュ!

2018-10-09---Wirecardの成長戦略「Mobile key」。

2018-07-18---Wirecardは、ウェアラブル支払いをドイツで拡張。

2018-05-17---Wirecardは、突然Garmin Payを内包。

2018-04-18---Wirecardはヨーロッパの支払いのため、Fitbitと提携。

2018-03-01---ウエアラブル端末、2017年にアップル1770万台で初の首位。

2017-11-14---オレンジとWirecardは、スペインのティーンズをターゲットにした。

2017-10-04---モバイルの支払いに点火するキー入力の調節アップデート。

2017-09-01---Garminはスマートウォッチゲームで、抱き合わせ支払い。

2017-08-31---Garminは、最新のウエアラブルにNFC支払いAppを配備。

2017-01-17---Wirecardは、フランスのApple Pay対応アプリを提供。

2016-08-17---ドイツのWirecardは、未来のMPoSとm-支払いで上昇。

2016-07-19---Apple Payは、フランスでのオレンジによるサポートを捜す。

2016-06-28---中国のAlipayが、Wirecardに話した。

2016-05-04---Wirecardは、Apple Payサポートで、appをスタート。

2016-01-19---Visa EuropeとWirecardは、新興企業のために申し出た。

2015-12-21---中国のウエアラブル市場は、性能によって成長し続ける。

2015-12-10---中国のベンダが市場リーダーに挑むと、世界のウェアラブル市場は高騰する。

2015-11-25---Wirecard支払いサービス「boon」の開始で、パートナーを探す。

2015-09-03---アップルは、世界的なウェアラブル市場成長の2015年代2四半期にデビュー!

2015-06-29---Wirecardは小売店にプラットフォームを売り込む。

2015-06-15---ドイツのWirecardは、アップル財布をサポート。

2015-06-12---Apple Watchが迷走中も、ウェアラブル市場は、強くあり続けた。

2014-07-20---世界で最も成功したアプリケーションのうちの1つに関係した人。

2013-07-09---自動車のフロントガラスをスクリーンにするアダプターを開発。

2012-08-21---米国のITC、中国など無線電子機器を対象に「337」調査を発動。

2009-10-28---ベライゾンが、iPhoneのチャレンジャーを発売する!

2009-09-29---AT&T、1年以上遅れ、Garminの携帯電話-GPSのハイブリッドnuvifoneを販売。

2009-09-01---ナビゲーションでスマートフォンが2014年にPNDを抜く!

2007-02-12---2007年のスーパーボウル広告ランキング。


サムスン、イギリスのモバイル決済アップグレードを発表。

2020-06-28 08:13:21 | モバイル・マネー

 

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年06月24日に、サムスンは、金融テクノロジー企業のカーブ(Curve)社と契約を結び、Samsung Payブランドのデジタルカード「The Samsung Pay Card」の発売を含む、イギリスでのモバイルウォレットの提供範囲を拡大し他と報告した。

 

アップグレードされたサービスの詳細は限定されているが、財務管理の強化を可能にするツールや、さまざまな決済プロバイダやポイントカードと互換性のあるシステムが含まれる予定だという。

 

https://time-az.com/main/detail/72262 

 

 

「The Samsung Pay Card」は、Mastercardと提携して発行され、ユーザーアカウントに登録された他の決済カードやポイントサービスを集約している。

 

デジタルカードは、カーブが提供する標準的なアカウントと同じ方法で動作する必要があり、消費者は最初に商品を支払うために彼らの「The Samsung Pay Card」を使用して、その後、登録されたデビット、クレジットまたはプリペイドカードで、その後、最終的にトランザクションを決済するために使用されるかを決定することができるようになる。

 

サムスンによれば、今年後半にサービスを開始することを予定しており、同社にとって欧州初のサービスと説明している。

 

今回の発表は、先月、地元のデジタル金融サービス・プロバイダ「sofi」と米国市場向けに同様の提携を発表したことに続くもので、この提携は、Appにキャッシュ・マネジメント機能を搭載し、ブランド化されたデビットカードを発売することに関連している。


True Move、Docomo Digitalがアプリコンテンツの支払い請求を提供。

2020-06-16 11:46:49 | モバイル・マネー

​​​​​​​

 

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年10月10日に、タイのTrue Moveは、App StoreおよびOTTマーチャントからのコンテンツおよびサービスへの顧客のアクセスを拡大するための動きとして、Docomo Digital(ドコモ・デジタル)のキャリア決済プラットフォームを選択したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/72167 

 

ステートメントで両社は、加入者の既存の携帯電話アカウントからのアプリとコンテンツの購入をカバーする支払い配信プラットフォームを開発するために提携していると説明した。

 

タイには約5,000万人のインターネット・ユーザーがいるため、デジタルコンテンツの売り上げはすでに年間約US$4億に上ると推定している。

 

True Moveの代理グループであるCCOのジャスティン・アン(Justin Ang)は、このコラボレーションにより、事業者は「デジタル/エクセレンスのビジョンに沿った方法で、幅広いアプリとコンテンツを顧客に提供できる」と語った。

 

Docomo Digitalは、プラットフォームがビジネス・インテリジェンス、不良債権管理、サブスクリプション分析、CRM機能をオペレーターのバック・エンド・システムに統合し、エンド・ユーザーとトランザクション・データの可視性を向上させることを説明した。


ロシアのMegaFonは、タジキスタンへの送金で、ロシアに開放。

2020-06-16 11:06:54 | モバイル・マネー

 

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年06月09日に、ロシアのオペレーターMegaFonは、自国のロシアの市場とタジキスタンの子会社との間の送金の提供を開始し、現金は銀行口座からモバイル・ウォレット・アプリケーションで直接送金される。

 

 

このサービスは、タジキスタンの農村地域での基本的な金融サービスの提供を対象とするプロバイダーであるマイクロファイナンス会社「Humo」と共同で提供されている。

 

https://time-az.com/main/detail/72166 

 

 

支払いは、ロシアのMegafonのWebサイトで、モバイル・サービスの購入またはMegaFon Lifeアプリのウォレット・セクションへの送金で使用される資金で行うことができる。

 

ステイトメントで、通信事業者は、ユーザーに有利な外国為替レートで、資金の確実な受け取り、手数料なしの取引で恩恵を受けると述べた。

 

もう、モバイル・マネー手数料は撤廃し、別のビジネスを考えるべきである。


インドのPaytmが、購買オプションで限度額を引き上げた。

2020-06-16 08:59:19 | モバイル・マネー

 

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年06月08日に、インドを拠点とするモバイル・ウォレット会社Paytmは、最新の動きとして、プラットフォーム上で提供される高額金融サービスのレベルを高めるため、アプリ上のクレジット機能をアップグレードしたと報告した。

 

Paytmのブログによる発表によると、進行中のコロナウイルス「COVID-19」のパンデミックで、消費者金融のための需要の増加に対応するために一部、サービスの「大幅な拡張」をしたと説明した。

 

ユーザーは、小売店での商品代金の支払いに利用可能なアドバンスドファイナンスを利用して、これまでの当座貸越枠よりも、より多くの与信枠を増やすことができるようになった。

 

https://time-az.com/main/detail/72164 

 

アップグレードは、Paytmの2つの金融サービス・パートナーのうちの1社で信用調査を受けた後、選ばれたユーザーのみが対象となり、3つのレベルのうちの1つを提供を利用することができる。

 

3つのレベルはそれぞれ手数料が異なり、INR(インド・ルピー)20,000(US$265.09)からINR100,000の間の与信限度額を提供しますている。支払い期限は翌月07日までとなっている。

 

このクレジットは、厳選された地元の小売店やチェーン店、さまざまなオンラインストアとともに、独自の専用販売チャネルであるPaytmモールで提携アプリを介して利用できる。また、請求書の支払いやモバイル・クレジットの資金調達にも利用できる。

 

Paytmは、ロックダウン中の限度額の引き上げと利用ケースについて、「毎月の家計費を満たすために現金を引き出す必要がなくなる」と付け加えた。

 

実は、ケニアのM-Pesaの利益も、モバイル・マネーの使用料より高額であるこの貸し出しで稼いでいる。

単純なモバイル・マネーの使用料だけでは、経費が補えない。

 

その実態は、高金利の消費者金融であり、巨額を稼ぎ出している。

 

2020-05-18---インドの管理組織は、WhatsAppのお金の動きを監視している。

2020-03-18---Paytmのバンキング子会社、Visa取引。

2020-01-21---インドのJio、現金振替でGoogle、Paytmに対抗。

2019-06-12---インドのPaytmは拡張用にUS$3600万を確保。

2019-05-15---インドのPaytm、Citigroup との提携で製品ベースを拡大。

2019-03-28---インドのPaytmの親会社は巨額の投資の準備ができている。

2018-09-12---Paytmのチーフは競争の脅威を演じる。

2018-07-25---米国の支払いの巨人は、Paytmのデータストレージでクラッシュ!

2018-06-12---Paytmは、地方の村や小さな町にも侵入を始めた。

2018-05-09---Paytm、投資を受けるために準備中。

2018-01-10---インドのPaytmは、金融サービスでより深く動く。

2017-11-28---Paytmは、支払い銀行を拡張するために、US$5億を委任。

2017-10-31---Paytmは、市場拡張ドライブを発展させた。

2017-10-30---インドのモバイル支払いは、2021年にINR2兆8,000億と予測。

2017-08-02---インドで、Paytm、WhatsApp、Hike setの縄張り争い。

2017-07-18---PaytmはロイヤリティAppの統合を目標に投資。

2017-05-23---Paytmは、5月に支払い銀行スタート。

2017-04-19---ソフトバンクはPaytm投資としてUS$15億で熟考!

2017-01-24---Paytmの信用銀行サービスは、ユーザー目標が5億人。

2017-01-05---2016年に、Paytmモバイル財布トランザクションが10億を記録。

2016-12-21---PayPalは、Paytmブランドを塞ぐことに努める。

2016-12-20----Samsung Pay、2017年第1半期にインドでスタートを設定!

2016-12-14---インドのオペレータは、キャッシュレス経済を要求。

2016-12-12---Bharti Airtelの新モバイル・バンキング・サービスで10万人顧客。

2016-12-07---インドのカードターミナル不足はモバイルの支払いのドアを開く。

2016-12-05---Reliance Industriesは、支払いを押す。

2016-12-01---Reliance Industriesは、新しいペイメントを押す!

2015-06-12---インドのJioも、モバイル・マネーのスタートを設定した。