世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

対立するパキスタンとインドの元スパイ長官が「共著」した本。

2018-06-08 15:21:35 | 戦争と平和



毎日新聞は2018年06月06日に、対立するパキスタンとインドの情報機関の元トップによる共著が2018年05月25日に出版され、2011年の米軍によるウサマ・ビンラディン容疑者殺害にパキスタンの軍情報機関が関与したとの見解が記されているため、パキスタン国内で物議を醸していると報告した。

https://time-az.com/main/detail/64634

関与を否定してきたパキスタン軍は反発し、出版経緯に軍律違反がなかったか調査を命じるなど対抗措置に出ている。

HarperCollinsPublishers Indiaが出版した1990〜92年にパキスタンのISI(Inter-Services Intelligence/3軍統合情報部/Directorate for Inter-Services Intelligence/بین الخدماتی مخابرات)長官を務めたアサド・ドゥラニ(Asad Durrani)と、99〜2000年にインドのRAW(Research and Analysis Wing/研究分析局)の長官を務めたA・S・ドゥラト(A.S.Sinha Dulat)による共著のタイトルは「ザ・スパイ・クロニクルズ(The spy chronicles/スパイ年代記)」で、第三国で面会するなどして書き上げた。対立国のスパイ機関元トップによる共著は異例である。
このような本の出版は、命懸けになるが、死ぬまでの金銭的保障がされることだろう。

しかし、言語はウルドゥ語のようで、それを英語に翻訳し、日本げにするとなると、誤訳が起こる可能性もある。

オサマ・ビン・ラディンが殺害されたアボッタバード(Abbottabad)の隠れ家のGoogle Earthポインター情報
34°10'9.61"N,73°14'33.21"E
または、
34.169336, 73.242558

2016-07-24---ビン・ラディン容疑者の殺害現場は、墓地か?公園か?
2016-05-03---オサマ・ビン ・ラディンを殺して、世界をより安全にしたか?
2016-05-03---エドワード・スノーデンは、ウサマ・ビン・ラーディンが生きていると言う。
2016-05-02---私は、ビン・ラディンを知っていた。
2016-05-02---CIAは、『ライブのツイート』で殺したビン・ラディンをあざけった。
2016-03-02---ビン・ラディン容疑者の遺言状。
2015-11-28---多数の遺体埋められた穴の周りに複数の爆弾。
2015-11-25---ニューヨーク・タイムズのこの写真は。何か変だ!
2015-08-15---ビン・ラディンの息子ハムザは、2代目テロリスト!
2015-07-31---ビン・ラディン・ファミリーの飛行機が、ブラックブッシュ空港で墜落!
2015-04-24---アルカイダは、バチカン攻撃を計画していた!
2015-04-05---アフガニスタンのタリバンは師オマール伝記を出版。
2014-11-06---オサマ・ビン・ラディンを撃った米海軍特殊部隊員。
2013-12-12---「ビン・ラディンの医者」の弁護士、パキスタンから逃げた。
2013-12-07---ビン・ラディン逮捕のきっかけを作った医師は、黙っていることを拒絶。
2013-08-29---ビン・ラディン逮捕のきっかけを作った医師、再度裁判!
2013-04-25---ビン・ラディンの死に関連したヘルスワーカーは、米国に捨てられた。
2013-02-27---タリバン、戦闘能力を無能にして、アフガン17人を殺戮!
2012-12-20---ビン・ラディンの映画は、拷問神話永続で攻撃された!
2012-10-03---オバマ大統領は、ビン・ラディンを殺さないで、裁きたかった。
2012-08-31---ペンタゴンは、ビン・ラディンの本「No Easy Day」の著者を訴える?
2012-08-29---新刊書と公式発表で、ビン・ラディン殺害の食い違い。
2012-07-02---ビン・ラディンは「良い政治」についてソマリの闘士に助言した。
2012-05-23---CIAがビン・ラディンを見つけるのを助けた医者は、パキスタンの刑務所に居る!?
2012-05-03---オサマ・ビン・ラディン・ドキュメントを公表。
2012-04-02---ビン・ラディンの家族は、不法滞在で有罪と判決された。
2012-03-30---ビン・ラディンは逃亡中に、4人の子供を妊ませた。
2012-03-17---オサマ・ビン・ラディンは、オバマ殺害を計画!
2011-09-10---ブレアは、ビン・ラディンの死は重要だったと言った。
2011-08-11---どうなる?ハリウッドで制作するビン・ラディン殺害映画!?
2011-07-06---パキスタンの委員会は、ビン・ラディンの家族がいて欲しい!?
2011-06-14---水葬にされたビン・ラディンの遺体を探すダイバー!
2011-05-15---ビンラディンの押収品から大量のポルノ・ビデオを発見。
2011-05-13---「ビンラディンを殺ったのは俺!」
2011-05-10---ビン・ラディン息子、「任意の殺人」で米国抗議!
2011-05-06---結局!オバマ大統領も丸腰の男の殺人を賞賛した。
2011-05-06---アル・カイダが、オサマ・ビン・ラディンの死を認めた。
2011-05-03---非武装だったビン・ラディンがなぜ殺されたか?
2011-05-03---ビン・ラディン殺害作戦を実況してしまった男。
2011-05-03---オサマ・ビン・ラディンの死と複雑なイスラム教徒反応。
2011-05-03---オサマ・ビン・ラディンのために、米国はいくら払ったか!?
2011-05-02---ビン・ラディンの死で、インターネットの唸りを上げた!
2011-05-02---オバマ大統領は、リアルタイムでビン・ラディン襲撃を見た!
2011-05-01---オバマ大統領が、オサマ・ビン・ラディンの死を確認したと報告!

この記事をはてなブックマークに追加

原発の危険訴え続けた月刊紙「はんげんぱつ新聞」創刊40年。

2018-06-01 18:35:01 | 戦争と平和


毎日新聞は2018年5月31日に、原発に反対する各地の活動や、原発に絡むさまざまなデータを伝える「はんげんぱつ新聞」が今月、創刊から40年を迎えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/64555

B4判4ページの小さな月刊紙だが、30年にわたって編集長。原子力資料情報室共同代表を務める71歳の西尾漠(Baku Nishio/本名:柴邦生)は「原発に反対する人にとって、情報交換や必要な知識を得る場になってきた」と振り返る。

創刊は1978年05月。その4年前、原発をつくる自治体に国が交付金を出す制度ができた。

私の近くには、原発賛成派の雑誌を国の予算で作っている重光と言う人がいる。

もちろん、国の予算を直接受け取っているのではなく、外郭団体や連合組織経由で、寄らば大樹の陰派ある。

この人は、東京湾内に停泊する米国戦艦ミズーリの甲板で日本政府全権であった重光葵(Mamoru Shigemitsu/1887 - 1957)外務大臣の孫である。

重光と聞いて、ロッテを思い出す人も多いことだろう。

また、広島出身で、父親と母親を原子爆弾の後遺症で亡くした人は、重光が作っている原発賛成派の雑誌で写真を撮っている。

そのカメラマンから、私は重光を紹介された。

私個人は、賛成派、反対派がいるから民主主義だと考えている。

しかし、両者の意見が、あまり科学的ではないように感じることも多い。

この記事をはてなブックマークに追加

オーストラリア海軍フリゲート艦計画、英伊2社に高評価。

2018-05-23 22:01:50 | 戦争と平和


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月22日に、オーストラリアの新聞「オーストラリアン(The Australian)」は2018年05月21日に、オーストラリア海軍が導入を計画する次期フリゲート艦9隻の建造プロジェクトの受注を狙うイギリスとイタリア、スペインの3社のうち、政府系シンクタンクのASPI(Australian Strategic Policy Institute/オーストラリア戦略指針協会)がイギリスとイタリアの2社に高評価を下していることが分かった。

このプロジェクトの予算規模は総額A$(豪ドル)350億(約2兆9,270億円)に上り、数週間内に受注企業が決まる見通しであると報告した。

https://time-az.com/main/detail/64447

次期フリゲート艦を巡っては、イギリスの防衛大手BAEシステムズ(BAE Systems plc)のほか、イタリアの造船会社フィンカンティエリ(Fincantieri - Cantieri Navali Italiani S.p.A.)とスペインの造船会社ナバンティア(Navantia)が応札している。

報告書では、イギリスのBAEの「26型フリゲート艦(Type 26 Global Combat Ship)」については、「最も近代的な設計」だとした上で、まだ完成しておらず、性能が証明されていないとした。
イタリアのフィンカンティエリの「FREMM」については、「比較的新しいが、(性能が)証明された設計」で、ASW(Anti-Submarine Warfare/対潜戦)にも適しているとしている。

一方で、スペインのナバンティアの「F-5000」については、ベースとなるホバート級駆逐艦3隻の設計を行った実績を評価し、3社の中で「最もリスクが小さい」と述べている。

オーストラリアの経済新聞「AFR(The Australian Financial Review/オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー)」2018年05月21日に、1990年代に現行のフリゲート艦の建造計画を統括した造船専門家のジョン・ホワイト(John White)は、フリゲート艦9隻にA$350億も投じることに疑問を提示した。他の先進国が同様の戦艦に投じる予算に比べて高すぎると指摘している。

2018-04-04---ドイツとオーストラリアの2社、海軍巡視船の建造で交渉が難航。
2017-11-29---オーストラリアの次期フリゲート艦、世界最高技術採用!

この記事をはてなブックマークに追加

ミャンマー第2の都市マンダレーの鉄道で地雷爆発!

2018-05-21 16:11:08 | 戦争と平和


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月18日に、ミャンマーの新聞「ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times/電子版)」は2018年05月17日に、ミャンマー第2の都市マンダレー(Mandalay)と北部カチン州の州都ミッチーナ(Myitkyina)を結ぶ鉄道で2018年05月15日深夜、2つの地雷(Landmine)が爆発したと伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/64416

MR(မြန်မာ့ မီးရထား/Myanma Railways/ミャンマー国鉄)によると、2018年05月15日深夜12時ごろにミッチーナを出発した地雷除去車両が走行中、マヤン駅(Mayan railway station)とナムティ(Namti railway station)駅の間で地雷が爆発。数分後にはモーカウン駅(Moe Kaung railway station)とトウープ駅(Htou Pu railway station)間にある長さ10フィート(約3メートル)の橋で、同車両が到着する直前に2つ目の地雷が爆発したとミッチーナ駅の駅長ウキーン(U Khin)が言った。

同エリアでは、一般車両の走行前に地雷の有無を確認し、撤去作業を行うための地雷除去車両が運行している。今回、爆発事故に遭遇した地雷除去車両にはMRの職員のほか、ミャンマー警察と国軍兵士が同乗していたが負傷者は出ていない。

現在、MRの職員が線路の修復に当たっているが、ミッチーナ発マンダレー行きの急行列車3本と郵便物を運搬する列車1本に遅れが出ており、MRは切符の払い戻しを行っている。

一方、線路が被害を受けたマンダレー発ミッチーナ行きでは、モーニン駅(Mohnyin railway station)で1本、ホピン駅(Hopin railway station)で2本の列車が立ち往生しており、乗客はバスでミッチーナへ輸送されているもようだ。

また、Google Earthや.Google Mapsは、地方の小さな町の駅は、ほとんど対応していない。

ミャンマー第2の都市マンダレー(Mandalay)の緯度、経度
21°57'31.8"N 96°05'20.8"E
または、
21.958828, 96.089103

北部カチン州の州都ミッチーナ(Myitkyina)の緯度、経度
25°23'40.6"N 97°23'02.7"E
または、
25.394614, 97.384072

ナムティ(Namti railway station)駅の緯度、経度
26°51'19.6"N 94°37'39.1"E
または、
26.855453, 94.627525

モーニン駅(Mohnyin railway station)の緯度、経度
24°46'43.0"N 96°21'39.5"E
または、
24.778606, 96.360972

ホピン駅(Hopin railway station)の緯度、経度
24°59'28.5"N 96°31'43.6"E
または、
24.991261, 96.528781

この記事をはてなブックマークに追加

ミンダナオ島マラウイ市復興、日本が20億円を贈与。

2018-05-19 22:49:33 | 戦争と平和


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月17日に、JICA(Japan International Cooperation Agency/国際協力機構)は2018年05月15日に、フィリピン政府と、南部ミンダナオ島マラウイ市復興に向けた無償資金協力の贈与契約を結んだと報告した。

限度額は20億円。

2017年の武力衝突で壊滅的な被害を受けた同市の復興に必要とされる550億ペソ(約1,160億円)の一部に充てられる。

https://time-az.com/main/detail/64398

資金提供は、「マラウイ市及び周辺地域における復旧・復興計画」が対象。
道路や学校、保健所など優先度の高い社会基盤を整備する。

フィリピンのカルロス・ドミンゲス(Carlos Dominguez III)財務相によると、マラウイ市の復旧・復興の優先事業として902件を実施する方針で、550億ペソが必要。同市の復興に関して日本から資金提供を受けるのは今回が4回目で、これまでに約US$3,600万(約40億円)を受け取った。

南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)の緯度、経度
8°00'38.2"N 124°17'51.7"E
または、
8.0106, 124.2977

2017-12-19---住友金属鉱山は、フイリピンのミンダナオ島で、クロマイト回収事業に35億円投資。
2017-10-23---フィリピン、過激派との紛争終結宣言。
2017-07-31---フィリピンのイスラム過激派、地元の伐採業者7人を斬首!
2017-07-19---フィリピン大統領の警備隊車列を待ち伏せ攻撃!
2017-07-10---フィリピンのIS系武装勢力、子どもや人質に戦闘参加を強要。
2017-07-01---フィリピン南部マラウィとその周辺からの避難者、約40万人。
2017-06-15---オーストラリアのジャーナリストは、首に銃弾を受けたが生き残った。
2017-05-27---マレーシア政府、テロ記事と礼拝写真掲載の編集者召喚。
2014-10-17---フィリピンの武装組織、2人のドイツ人の人質を開放。


この記事をはてなブックマークに追加

オーストラリア軍の軍艦建造、予算大幅超過の恐れ!?

2018-05-18 18:35:53 | 戦争と平和


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月16日に、オーストラリアの経済新聞「AFR(The Australian Financial Review/オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー)」は2018年05月15日に、マルコム・ターンブル( Malcolm Bligh Turnbull)政権が新型の軍艦建造プロジェクトの開始を急ぐあまり、予算が当初の見積もりを大幅に超過する「非常に高い」リスクがあると、ANAO(Australian National Audit Office/オーストラリア会計検査院)が指摘している。

https://time-az.com/main/detail/64382

連邦政府は2017年05月に、総額A$(豪ドル)890億(約7兆3,540億円)を投じる軍艦建造計画の詳細を発表した。

次期潜水艦12隻と次期フリゲート艦9隻、海洋巡視船12隻を含む軍艦の建造により、向こう15年間で最大1万5,000人の雇用が創出される見通しとしていたと伝えたと報告している。

ヘイール(Grant Hehir)会計検査院長官は2018年05月14日に発表した報告書の中で、政府が国内産業の振興と南オーストラリア)州アデレード(SA(South Australia, Adelaide)と西オーストラリア州パースWA(Western Australia Perth)の雇用増を促進することを目的に、費用対効果分析を怠ったと批判した。ANAOは国防省に対し、A$890億に上るとされた軍艦建造計画の最新の見積もりを公表するよう要求している。

政府は2017年11月、A$40億を投じる海軍海洋巡視船12隻の設計をドイツの造船業者ルルセン(Lurssen)に委託すると決定した。

次期フリゲート艦9隻の建造プロジェクトの委託先は数週間内に決まる見通しいう。

どの国でも、軍隊が問題を起こしている。

十分な燃料の予備もないのに、軍隊は船を作りたがる。

2017-11-29---オーストラリアの次期フリゲート艦、世界最高技術採用!
2018-05-07---オーストラリア政府、国内の備蓄燃料の基準見直し。
2018-02-19---豪の石油備蓄、国際義務、2012年から果たせず、過去18年最少。

この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮、南北閣僚級会談「中止」、米朝首脳会談「再考」

2018-05-16 16:35:28 | 戦争と平和


毎日新聞は2018年05月16日に、北朝鮮国営の朝鮮中央通信は2018年05月16日未明、この日に予定されていた韓国との閣僚級会談を中止すると発表した。

米韓両軍が2018年05月11日に始めた定例の共同訓練「マックス・サンダー(Max Thunder)」を理由に挙げ、「意図的な軍事挑発だ」と非難した。

また、北朝鮮で核問題の交渉を統括する金桂冠(김계관/Kim KyeGwan/キム・ゲグァン)第1外務次官も2018年05月16日に、談話を発表し、2018年06月12日の米朝首脳会談に向けた米国側の姿勢を批判したうえ、首脳会談について「改めて考慮せざるを得ない」と、中止の可能性を示唆したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/64356

金桂冠次官は、米朝首脳会談を前にジョン・ボルトン(John Robert Bolton)米大統領補佐官らが「先核放棄、後補償」「リビア式核放棄」を主張していることを批判した。「トランプ米政権が一方的な核放棄だけを強要しようとするなら、われわれはそのような対話にもはや興味を持たないだろう。」と警告し、首脳会談の再考に言及した。

ジョン・ボルトンは以前から、先走りしてかき回し、破壊してきた。

ただ「関係改善のため誠意をもって朝米首脳会談に臨む場合、相応な対応を受けることになる。」とも語っている。

会談日程については、韓国が2018年05月14日開催を提案したところ、北朝鮮側がその翌日に「2018年05月16日」を提示していた。北朝鮮は会談中止の理由を共同訓練としているが、北朝鮮が日程を提示した段階で既に訓練は始まっていた。

朝鮮中央通信は「マックス・サンダー」について「板門店(パンムンジョム)宣言のインクが乾く前にわが国に反対する大規模な訓練をし、われわれが示した平和愛好的なすべての努力に無礼、非道な挑発で応えた」と批判した。

北朝鮮が米韓空軍の合同訓練を非難して米朝首脳会談の取りやめを示唆したことに対し、米国のホワイトハウス(White House)は2018年05月15日に、「北朝鮮の声明を独自に分析したうえで、同盟国と緊密に連携を取る」との声明を発表した。

国防総省も声明を発表し、北朝鮮が非難する演習「マックス・サンダー」など共同訓練を「例年実施している定期的なもので、防衛力や相互運用性の向上が目的だ」と説明し、演習の「防衛的な性格」を強調した。

国務省のヘザー・ナウアート(Heather Ann Nauert)報道官は15日の記者会見で、米朝首脳会談中止を示唆したことについて「(北朝鮮側から)通知を受けていない」と述べ、「会談に向けた準備は継続する」と語った。

2018-05-12---今年も、北朝鮮「反米共同闘争月間」の記念切手発行。
2018-05-11---北朝鮮レストランからの集団亡命で、女性らは「だまされた。」
2018-05-10---人質開放で、オバマは1900億円払ったが、トランプは何も払わなかった!
2018-05-09---訪中で垣間見えた金正恩の飛行機。
2018-05-09---日中韓首脳会談、北朝鮮非核化へ協力で一致。
2018-05-09---北朝鮮、米朝会談地ならしとして拘束の米国人3人解放。
2018-05-04---韓国専門家「2019年夏にも南北経済協力開始」と言った。
2018-04-30---「ノーベル賞はトランプ大統領に、われわれには平和を」
2018-04-30---トランプ大統領。米朝首脳会談を板門店検討をツイッターで示唆。
2018-04-27---金正恩が初めて韓国側に行き、南北首脳会談。
2018-04-17---米国のCIA長官、極秘に金正恩と面会!><
2018-04-05---北朝鮮の金正恩は、習主席に6カ国協議復帰を伝達。
2018-03-29---IOCバッハ会長、北朝鮮入り。
2018-03-26---金正恩、初めて中国を訪れ習近平と会談。
2018-03-10---クリントン、北朝鮮との非核化協議で、「外交リスク」を警告!
2018-03-09---金正恩。韓国特使団へ、「発射ないのでぐっすり寝て」と言った。
2018-03-08---米国政府は、金正恩が要請で、米朝首脳が5月にも会談すると発表。
2018-02-15---米国高官、対北朝鮮に「鼻血ぶー作戦」は無いと断定!
2018-02-11---韓国の保守派が、金正恩の妹らが鑑賞予定の北楽団公演の劇場前で抗議活動!
2018-02-10---オリンピックを口実に制裁解除を図る北、手助けする韓国政府。
2018-02-09---北朝鮮、ナンバー2の金永南、平昌へ派遣。
2018-01-13---ハワイで、ミサイル誤警報。住民パニック!
2018-01-11---約2年ぶりとなる朝鮮半島の南北会談とその後。
2018-01-04---メキシコの「大魔法使い」、米朝核戦争は起きないと予言。
2018-01-03---北朝鮮、韓国とのホットライン復活。板門店再開。
2018-01-02---トランプ、正恩に応酬し、「私の核のボタンの方が強力。」
2017-12-19---米国が、サイバー攻撃に北朝鮮関与と断定!
2017-12-09---国連事務次長、訪朝で警告「一つの判断ミスが戦争の引き金」
2017-12-09---北朝鮮、国連事務次長との会談で、「緊張は米国の核の脅しのせい。」
2017-12-09---エルサレム問題で、北朝鮮が「老いぼれトランプ」
2017-12-05---国連事務次長、核・ミサイル問題協議で訪朝。
2017-12-04---キャセイ航空乗務員、「爆発してバラバラになった」北朝鮮発射のICBM目撃か!?
2017-12-04---CNN、北朝鮮「火星15」、再突入にまた失敗か?
2017-12-01---金正男は殺害された時、VX解毒にも使われる薬剤を携行。
2017-11-29---北朝鮮、「核戦力完成」宣言。
2017-11-21---金正恩、中国特使と面会しないで、追い返した!?
2017-11-18---米戦略軍司令官。大統領からの核攻撃命令、違法なら従わず!
2017-10-19---米CIA長官、もし金正恩が突然死亡し、消えたら…
2017-10-18---北朝鮮の核実験場、「山疲労症候群」?!
2017-10-12---北朝鮮外交官、密売買天国アフリカで荒稼ぎ!
2017-09-26---北朝鮮問題で、マティス米国国防長官は外交的解決望むと発言!
2017-09-23---北朝鮮に対する米国の軍事行動。ABC/Washington Postの合同世論調査。
2017-09-23---北朝鮮外相、トランプ米国大統領は核のボタンを握る「ギャンブラー!?」
2017-09-23---金委員長の反米演説たたえ、平壌で大規模集会!
2017-09-21---最新の米大統領令の内容は、北朝鮮との取引企業に制裁!
2017-09-18---北朝鮮、「極悪非道」な制裁は核開発の加速招くと警告。
2017-09-18---中国の民間企業、北朝鮮にミサイル開発物資を密輸!?
2017-09-16---金正恩、核開発の最終目標は「米国との実質的な力の均衡」
2017-09-15---北朝鮮は、またミサイル発射!他にやることは原爆だけ?
2017-09-09---YouTube、北朝鮮宣伝サイトのアカウントを停止!
2017-09-06---防衛大臣が、北朝鮮の核実験、爆発規模は160Kトンと修正。
2017-09-05---プーチン大統領、北朝鮮問題は地球規模の「大惨事も起こる」と警告!
2017-09-05---米韓首脳、これまで規制していた韓国ミサイルの弾頭重量の解除で合意。
2017-09-04---韓国国防省、北朝鮮の核爆発規模は推定50キロトン
2017-09-03---BRICS首脳会議の開幕式が始まる約4時間前に、朝鮮核実験第一報!
2017-09-03---北朝鮮が、水爆実験に「完全に成功」と発表!
2017-09-01---フランスの外相、北朝鮮は「数か月以内」に米欧への核攻撃能力を獲得!
2017-08-15---韓国の文在寅大統領「光復節」記念式典で、日韓の未来志向の協力重要と演説!
2017-07-31---米国の専門家は、NHKのビデオで北朝鮮ICBM弾頭崩壊し、失敗と分析。
2017-06-11---金正男は、殺害時US$12万(約1300万円)所持。
2017-03-30---マレーシア首相が、金正男の遺体を北朝鮮に移送すると発表。
2017-03-27---金正男の遺体、北朝鮮に引き渡し!
2017-03-18---金正男の腹にあった「鬼若丸」の刺青。
2017-03-15---金正男の身元確認に子どものDNA使用。
2017-03-12---マレーシアが身元特定のため、日本が金正男の指紋を提供。
2017-03-10---マレーシア警察が、殺害された遺体の身元を金正男と確認。
2017-03-09---国際連合世界食糧計画のマレーシア人職員2人、北朝鮮を出国。
2017-03-08---金正男の息子の22歳の金漢率(김한솔//Kim Han-Sol1995 - )
2017-03-06---北朝鮮がマレーシアに報復。マレーシア大使を国外追放。
2017-03-04---マレーシア、金正男事件巡り、北朝鮮大使を退去処分。
2017-03-03---金正男殺害、北朝鮮籍の容疑者を3日に釈放。
2017-02-24---北朝鮮、化学兵器5000トン保有か?
2017-02-22---金正男暗殺は、北朝鮮の国家ぐるみの犯行か?
2017-02-21---金正男殺害で、北朝鮮の共同捜査提案をマレーシアが拒否。
2017-02-19---金正男殺害で、北朝鮮籍の4容疑者特定
2017-02-19---金正男殺害、「日本のいたずら番組」と言って、誘った!?
2017-02-18---金正男殺害で、初の北朝鮮国籍の男を逮捕。
2017-02-17---金正男の遺体引き渡しは、「家族のDNA提供が条件」
2017-02-17---金正男の遺体引き渡しは、マカオの遺族か?北朝鮮か?
2017-02-16---毎日新聞は、3人目をマレーシア警察が逮捕したと報告した。
2017-02-15---金正男殺害で、もう1人の女性も拘束。
2017-02-15---金正男事件で、女1人逮捕!
2017-02-15---暗躍する北朝鮮の女性工作員、殺害、拉致、爆破もお手の物。
2017-02-15---金正男殺害で爆発した北朝鮮の暗殺情報。
2017-02-13---北朝鮮の金正男、殺害!?第2弾情報。
2017-02-13---北朝鮮の金正男 マレーシアで殺害!?
2016-07-30---加藤浩次が山本圭壱との「極楽とんぼ」コンビ活動再開!?
2016-06-14---「処刑した叔父」連想するので、平壌のテーマパークを閉園!
2015-05-01---北朝鮮は対空砲火の銃で人々を銃殺?新しい衛星画像は噂を実証?
2013-12-20---処刑された張成沢の妻は、海外で心臓病の治療を受けて11月に帰国していた。
2013-12-16---北朝鮮の叔父、即処刑で韓国大統領は治安当局会議を召集。
2013-12-14---北朝鮮、ビジネスマンを中国から呼び戻されている。
2013-12-12---金正恩の叔父、反逆者として判決後、即処刑。
2012-12-05---「金正男攻撃で送り込まれた」北朝鮮のスパイを投獄!?
2012-10-19---北朝鮮のリーダーにインタビュー。
2012-01-19---独裁者の兄弟は、北朝鮮で大成功を予言。
2012-01-17---金正男のノンフィクション本「父・金正日と私」を日本で出版!
2009-06-02---北朝鮮の後継者、三男の金正恩?

この記事をはてなブックマークに追加

中国初の国産空母「001A型」が試験航海。

2018-05-14 22:46:01 | 戦争と平和


AFPは2018年05月13日に、国営新華社(Xinhua)通信、国営テレビ局中国中央電視台(中国中央电视台/CCTV)が中国初の国産空母が2018年05月13日朝、試験航海を始めたと伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/64336

中国海軍の2隻目の空母として配備する準備が進められている。

新華社によると試験航海を始めたのは「001A型」の空母で、CCTVは、同空母が2018年05月13日午前6時45分(日本時間同7時45分)ごろ、東北部のDalian(大連)港から出航したと伝えた。

中国にとっては2隻目となる空母で2020年までの就役を目指している。

現在、中国海軍で就役している空母はウクライナから購入した旧ソ連の空母を改良した「遼寧(Liaoning)」だけである。

Dalian(大連)港の「001A型」の空母の緯度、経度
38°56'05.3"N 121°36'48.7"E
または、
38.934811, 121.613528

2017-04-26---中国初の国産空母が進水した。
2016-12-25---中国空母「遼寧」、宮古海峡を通過!
2016-12-15---中国空母艦隊が初の実弾演習(辽宁舰实弹演习)。
2015-03-10---中国初の空母「遼寧」の写真500枚売却の男にスパイ容疑?
2015-02-02---中国2隻目の空母建造の投稿を、即削除。
2015-01-20---中国初の空母の料金、中国、政府が「代金未払い」!?
2012-11-25---中国の航空母艦「遼寧」に、ジェット戦闘機を着陸に成功させた。
2012-09-25---中国で最初の航空母艦が運航した。


この記事をはてなブックマークに追加

ミャンマーで、カチン軍と国軍の戦闘激化!

2018-05-04 14:35:00 | 戦争と平和


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月02日に、ミャンマーの新聞「ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times/電子版)」は2018年04月30日に、ミャンマー北部カチン(Kachin)州で少数民族武装組織KIA(Kachin Independence Army/カチン独立軍)とミャンマー国軍の戦闘が激化していると報告した。

https://time-az.com/main/detail/64212

カチン州の市民団体によると、住民2,500人以上が避難を強いられ、約3,000人が森林などで身動きが取れない状態にあると伝えている。

戦闘はカチン州18郡区のうち10郡区で続いているという。

KIAの政治部門KIO(Kachin Independent Organization/カチン独立機構)のエン・バン・ラー議長(chair General N’Ban La)は声明で「KIOは、内戦の終結と真の平和の実現を目指している。われわれが政治的な解決を試みている間に国軍が攻撃を仕掛けてきた。」と訴え、「国軍はKIAの拠点に空爆を行っている」としている。「平和の実現に向け、(今の)つらい時期を乗り越えなければならない。世界中がわれわれの問題を認識しており、真実を隠すことはできない。」と述べた。

そういえば、日本人レポーターは、どさくさの中でミャンマー国軍に殺された。

2018-03-21---ミャンマー統計局、2018年02月のインフレ率は4.16%。
2017-01-11---ミャンマー北部で、また軍と武装勢力の戦闘勃発!
2016-10-20---ミャンマーで、全長5.8mの巨大なヒスイの原石発見。
2016-05-24---また、ミャンマーのひすい採掘場で土砂崩れ!
2015-11-21---金より高いひすい採掘地で地滑り、少なくとも90人死亡。
2015-10-30---またまた話題になったミャンマー北部カチンの宝玉。
2014-10-04---拘留されていたミャンマーのリポーターが射殺された。
2014-08-29---ミャンマーの国勢調査は、これまでの評価より900万人少なかった。
2014-07-14---金よりも貴重だった、密輸された石。
2014-03-01---国境なき医師団は、ミャンマーの仕事を再開することを認められた。
2013-07-13---ビルマは、ワ・エスニック・グループを備えた条約に調印。
2012-10-31---ビルマで、アヘン栽培が増加!
2012-09-27---ミャンマーの大統領、国連でスー・チーを賞賛。
2012-03-20---カチン族に対する「重大な乱用」で、ビルマを非難!
2011-12-12---ビルマは、カチン・ゲリラに停戦を提案!
2011-09-30---中国が支持しているビルマのダム建設を停止!
2007-10-04---ミャンマーで殺害された長井健司の遺体が日本に帰ってきたと報告。
2007-09-27---ビルマ軍は外国人ジャーナリストを狙っていた!
2007-09-27---ラングーンの通りで日本人のニュース・カメラマン死亡。


この記事をはてなブックマークに追加

ボルネオ島で、敵を道連れにする「自爆アリ」の複数種発見!

2018-04-23 22:09:28 | 戦争と平和


AFPは2018年04月21日に、生物多様性の宝庫ボルネオ(Borneo)島北部に位置するブルネイ領のジャングルで、外敵との戦いでコロニーを守るために「自爆」して粘着性の毒液をまき散らす働きアリが見つかったと、オーストリアのウィーン工科大学(Vienna Technical University)のイリーナ・ドルジニナ(Irina Druzhinina)率いる調査チームが2018年04月20日に、発表したと報告した。

日本だと、「自爆アリ」ではなく、「神風アリ」と呼ぶのかもしれない。

https://time-az.com/main/detail/64083

オーストリア、タイ、ブルネイの研究者から成る調査チームによると、「自爆アリ」「爆弾アリ」として知られる群れの存在は既に知られているが、今回の調査の過程で複数の種を特定することができたという。

アリの学名は「Colobopsis explodens」。国際動物学誌ズーキーズ(ZooKeys)に掲載された研究論文によると、このアリは他の昆虫に脅かされると、外殻を破裂させることができる。

自らは死ぬが、分泌腺から黄色の毒液を噴出し、外敵を道連れにしたり撃退したりすることができるという。

この記事をはてなブックマークに追加