世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

鴻海精密工業の郭台銘董事長、総統選に出馬表明。

2019-04-21 10:00:50 | 政治


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月19日に、EMS(Electronics Manufacturing Service/電子機器の受託製造サービス)世界最大手鴻海精密工業(Foxconn Technology Group)の郭台銘董事長が2019年04月17日に、2020年01月の総統選に出馬する意向を表明した。

最大野党、中国国民党の公認候補を決める予備選に参加する。

鴻海精密工業を世界最大手の企業に成長させた郭台銘董事長の出馬は、台湾の政財界に波紋を呼んでいると報告した。

https://time-az.com/main/detail/68223

郭台銘董事長は2019年04月17日に、国民党本部で、「公正で透明な制度が定められれば、国民党の党内予備選に出る意向はある」と宣言した。

ただ、郭台銘董事長の出馬に対する財界の反応は冷ややかであった。

しかし、政治の世界も政治屋の商売になりかけ、相続になりかけているので、かき回すことは良いことだ。

2019-01-03---台湾人の84%が、「1992年合意」による主権剥奪を拒否!
2018-12-27---2020年の台湾総統選世論調査。
2018-11-24---台湾の住民投票、リベラル反対!脱原発反対や同性婚反対…
2018-11-24---台湾地方選で与党大敗!蔡英文総統が党主席辞任を表明!
2017-03-14---捜査情報漏えいで、台湾の馬英九前総統を起訴。
2016-01-16---台湾総統選挙で、独立志向の民進党が大勝!
​​​​​​​

インドネシア史上初の同日選は混乱なし!

2019-04-20 19:20:12 | 政治


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月18日に、インドネシア史上初めて総選挙と同日施行となった2019年04月17日の大統領選は、午前7時に投票が開始され、6時間後の午後1時には締め切られた。

2億人近くの有権者が投票する選挙にしては、日本に比べて投票時間が短いようだが、案の定、時間外に投票に来る人が多く見られた。

それでも全体的に大きな混乱はなく投票が終了したようだと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68219

投票所を設置する適当な土地がない地域では、路地に仮設投票所が設置された。

南ジャカルタのスティアブディの投票所は、幅員6.5mの道に椅子と机が並べられ、ブルーシートの屋根が張られただけの簡素なつくりで、150m先、さらに20m先の路上にもそれぞれ投票所が設置されたと伝えている。

粛々と投票が進む日本の投票所とは異なり、待機所では住民同士の歓談が始まり、すぐ隣で子供が遊び、投票箱の下を野良猫がゆっくりと通り過ぎる。受付の真後ろを通行人が通るような状態だが、限られたスペースでも投票箱には人が近づけないように考慮されている。

全国には約81万カ所の投票所が設置されたという。



約81万カ所の投票所から、投票用紙を集め、集計する。

大変だ!

その上、投票用紙も大きい!



そいえば、インドネシアは世界一島の大き国で、1万以上の島で構成され、うち、無人島は全体の8割で、4000島は名無しだという
しかし、それぞれ人が住んでいる島で、多少言語が異なり、中には今もペニスケースを付けた国民もいる。

ロイター通信によると、インドネシアでは選挙の度に2万~10万ルピア(約160~797円)の現金が入った封筒がばらまかれるという。

今回の選挙運動中も国内各地で有権者の買収が摘発された。

しかし、私はパキスタンの総選挙で銃撃戦になった選挙演説会場に、その前日見に行ったことがあり、地域によっては、非常に危険な場所になることを身を以て経験した。

翌日の新聞では、血の海になった選挙演説会場の写真が掲載された。

2019-03-20---2019年04月17日のインドネシア大統領選挙予測。


​​​​​​​

ミャンマーの軍系政党USDP、憲法改正の大規模集会。

2019-04-08 22:39:50 | 政治


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月08日に、ミャンマーの新聞「イレブン(Eleven)電子版」は、ミャンマー(Myanmar)の軍系政党USDP(Union Solidarity and Development Party/連邦団結発展党)は2019年04月02日に、中部エヤワディ管区ミャナウン郡区(Eyawadi Division Myanaung District)で、憲法改正に関する大規模な集会を行ったと伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68091

集会には地元住民約1,200人が参加した。USDPの議員らが、2008年成立の現行憲法の内容、憲法改正に関するUSDPの提案、改正を実現して国家主権を堅守する道筋などについて説明した。

USDPは、外国籍の子どもを持つ者に大統領資格がないとする憲法59条(f)項の改正反対と、大統領が管区・州首相を任命すると定めた261条の改正を訴えている。

261条については「管区・州議会がそれぞれの首相を選出すべきだ」と主張し、連邦議会に改正案を提出している。

59条(f)項は、与党NLD(National League for Democracy,/国民民主連盟)の党首であるアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問兼外相が、大統領に就くことを阻んでいる。
​​​​​​​

河野外相、ローマ字表記「REIWA(令和)」を195カ国と国際機関に通知!

2019-04-03 20:40:29 | 政治


毎日新聞は2019年04月01日に、河野太郎外相は2019年04月01日に、新元号「REIWA(令和)」を外交ルートを通じて世界各国に通知したと明らかにしたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68034

外務省によると、各国には令和を「REIWA」とのローマ字表記で伝えた。今後、各国に対して令和に込められた意味などについても順次、知らせるという。

河野外相は、「新しい元号が発表されたことを受け、わが国が承認している195カ国と国際機関に通知した。」と外務省で記者団に語った。

世界に、河野太郎外相を知らせる最高のイベントであった。

ただし、朝日新聞デジタルは2019年03月25日に、河野外相は2019年03月20日から24日まで、腎盂腎炎(じんうじんえん)のため療養していたと報告した。

また、Sputniknews.comは2019年04月03日に、河野外相は2019年04月02日の記者会見で、新元号「令和」決定を受けた対応に関し、外務省の内部文書である外務省と在外公館などとの間で交わす公電を西暦のみの表記にしたいとの考えを示した。

このやりとりは、外務省が「西暦表記への統一を検討」と伝えた一部報道は事実かと聞かれた際に、公電の表記を西暦に統一する理由に関し「外国と西暦でやりとりした記録を、わざわざ和暦にする必要はない」と語った。

同時に「閣議や会計に関する文書などは引き続き和暦になる」と説明した。
​​​​​​​

中国も、労働節休暇を変更して、05月01日から4連休!

2019-03-26 19:00:44 | 政治


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年03月25日に、中国国務院(中华人民共和国国务院/中央政府)の弁公庁(办公室)は2019年03月22日に、従来は05月01日の1日だけを祝日としていた今年の労働節(劳动节)について、02~03日も休みにすると発表した。

これにより労働節は4日の土曜日と合わせて4連休となる。

https://time-az.com/main/detail/67966

ただし、前後の2019年04月28日(日曜日)と2019年05月05日(日曜日)は振替出勤日となる。

労働節は例年3連休だったが、国務院が昨年末に発表した祝日計画では、今年は5月1日のみの祝日となっていた。

2019年04月17日のインドネシア大統領選挙予測。

2019-03-23 18:53:02 | 政治


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年03月21日に、インドネシアの地元紙コンパス(Kompas)が2月下旬から3月上旬にかけて実施した世論調査によると、2019年04月17日の大統領選挙に出馬する各候補者の支持率は、再選を狙うジョコ・ウィドド大統領(President Ir. H. Joko Widodo)ペアが49.2%、野党第1党グリンドラ党(Gerindra party)のプラボウォ・スビアント(Prabowo Subianto)党首ペアは37.4%だった。支持率の差は11.8ポイントと、昨年10月に同社が実施した調査結果から8.1ポイント縮んだと2019年03月20日に伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/67933

今回の調査でプラボウォが特に中間層以上で支持基盤を拡大したことが明らかになった。

所得別に見た回答者の支持率は、中間層が前回の34.5%から40.5%に、富裕層が32.6%から41.9%へと大幅に拡大。

最終学歴別の支持率では、前回の35.2%から41.0%になった中等教育と、38.8%から46.1%になった高等教育の伸びが顕著だった。

地域別では、ジョコ大統領の支持率が前回調査で75%を超えていた「中ジャワ州・ジョクジャカルタ特別州」で61.6%に、「マルク・パプア地域」で70%から59.4%に低下した。
一方、プラボウォ氏の支持率は、「スマトラ地域」で前回の40.5%から50.5%に、東ジャワ州で18.8%から27.8%へと大きく伸びた。


ミャンマー現行憲法の改正支持者ら数百人、マンダレーで集会。

2019-02-14 17:06:58 | 政治


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月13日に、ミャンマーの新聞「ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times/電子版)」は2019年02月12日に、ミャンマー第2の都市マンダレー(Mandalay)で2019年02月11日、国軍の政治関与を認めた現行憲法の改正を求める一般国民による集会が行われ、数百人が参加した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が2019年02月12日伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/67531

集会に参加した平和運動団体のネイ・リン(U Nay Lin, secretary of the Peace Group)は「(集会により)与党NLD(National League for Democracy/国民民主連盟)だけでなく、国民も改憲を望んでいることを示すことができた」と話した。集会では改憲支持者の詩人、サン・ネイン・ウー(San Nein Oo)らによる詩の朗読も行われた。

NLDは2019年01月29日の連邦議会で、現行憲法の改正を審議するため、上下両院の合同委員会設置を求める緊急動議を提出した。2019年02月06日に動議は可決され、改憲審議委員会の設置が決定した。NLD政権は2016年の政権獲得以降、ようやく改憲に向け本格始動したことになる。

軍事政権時代の2008年に制定された現行憲法では、議員定数の4分の1が軍人枠に定められている。

また、外国籍の家族がいる場合は大統領に就任できないという規定もあるため、2016年の政権交代時にアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi )が大統領に就けず、現職の国家顧問ポストを創設することになった。


世界政府サミットが、ドバイで開幕。

2019-02-12 21:06:50 | 政治


カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年02月11日に、世界政府サミット(the World Government Summit)の第7回会合(The seventh session)は2019年02月10日日曜日にUAE(United Arab Emirates/アラブ首長国連邦)のドバイ(Dubai)で開催され、140カ国から4,000人以上の人々が参加したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/67511

アラブ首長国連邦首相でドバイの統治者であるシェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥーム(Sheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum, UAE prime minister and ruler of Dubai)hは、「人間は世界政府サミットの中心です。 私たちの主な目的は、人類を改善するためにさまざまな分野の将来を予測することです。」と言った。

同首相は、「首脳会談は、人々の幸福を強化するための努力とアイデアを結びつける」と付け加えた。

首脳会談は、内閣と未来の大臣であるモハマッド・アブドゥラー・アル・ゲルガヴィ(Mohammed Abdullah Al Gergawi)と、世界経済フォーラム(World Economic Forum)の創設者で執行委員長クラウス・シャバブ(Klaus Schwab)のスピーチで始まった。

冒頭の演説で、クラウス・シュワブは「グローバリゼーション4.0(Globalization 4.0)」を求め、第4次産業革命(the fourth industrial revolution)によって提示された急速に複雑化する状況に対処した。

冷戦後の世界的成長の時期について言及して、クラウス・シュワブはそれが数億人を貧困から救い出したが「勝者と敗者を残した」と述べた。

サミットには、30人の国際機関だけでなく、国家元首、一流思想家、指導者、そして代表者からなる600人のスピーカーが含まれている。

ところで、誰が、これを世界の中心に置いたのだろう。
不思議なへそ!

そして、誰が彼らを世界のリーダーと認めたのだろう。

今年初、豪NZの両外相協議を開催。

2019-02-12 11:59:32 | 政治


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月11日に、オーストラリアのマリセ・ペイン外相(Australian Marise Payne foreign minister)に2019年02月09日に、ニュージーランド(NZ)のオークランド(Auckland of NZ New Zealand)を訪問し、ニュージーランドのウインストン・ピーターズ外相副相兼外相(New Zealand's Foreign Minister Winston Peters sub-ministerial and foreign minister)と今年初の外相会談を行なったと報告した。

https://time-az.com/main/detail/67507

年間に2回実施される豪NZ外相協議では、太平洋地域の安全保障問題に関する両国の協力などが確認されたと、地元各紙が伝えた。

外相会談は、オークランド沖のワイヘケ島(Waiheke Island off the coast of Auckland)で開催。両国の外相のほか、情報局のトップらも参加した。

会談では、両国の友好関係が改めて強調され、太平洋諸国の発展促進のほか、中国と米国の貿易摩擦がもたらす影響への対処なども議論された。

両外相は会談後に発表した声明の中で、2月下旬に開催される、米国のトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の再会談への支持を表明。一方、北朝鮮が非核化を明確に示すまでの経済制裁は正当化できるものの、継続に当たっては人道的見地も考慮するべきだとした。

オーストラリアのビショップ前外相(Australian Bishop Foreign Minister)は先週、NZを私的に訪問し、野党国民党の会合で外交問題についてスピーチを行なった。また、マカリー前外相(McCulley Foreign Minister)とも会談した。ピーターズ外相は、ビショップ前外相の行為について、野党を利するものだと批判した。

オーストラリアとNZは、2月にオークランドでスコット・モリソン首相(Prime Minister Scott Morrison)とジャシンダ・アーダン首相(Prime Minister Jacinda Ardern)による首脳会談を予定している。

オークランド沖のワイヘケ島(Waiheke Island off the coast of Auckland)の緯度、経度
36°48'06.9"S 175°06'28.9"E
または、
-36.801925, 175.108014


タイの総選挙は3月24日と、勅令受け選管が発表。

2019-01-27 15:23:51 | 政治


Bodindradebayavarangkun/มหาวชิราลงกรณ บดินทรเทพยวรางกูร/Rama X/1952 - )は2019年01月23日に、下院総選挙の実施を指示する勅令を発布した。勅令は同日発効した。

https://time-az.com/main/detail/67340

選挙管理委員会はこれを受け、2019年03月24日に総選挙を実施すると発表した。

タイの経済新聞「カオソット(など /電子版)」は、選挙管理委員会は勅令を受けて会合を開き、2019年03月24日の下院総選挙実施を決定した。

2019年02月04~08日に小選挙区の下院議員の立候補を受け付ける。
2019年02月15日に立候補者の名簿を発表し、2019年03月04日~16日に国外の期日前投票を実施する。

国内の期日前投票は2019年03月17日に行う。一方、当選者の発表が、選挙を下院選挙法の施行から150日以内に完了させる規定にのっとり、2019年05月09日までに発表されるかどうかは未定。


The top 10 for PM:

Gen Prayut: 29.66%

Khunying Sudarat Keyuraphan of the Pheu Thai Party: 17.51%

Thanathorn Jungroongreangkit of the Future Forward Party: 13.83%

Abhisit Vejjajiva, the Democrat Party leader: 10.71%

Pol Gen Sereepisut Temiyavej, the Seree Ruam Thai Party leader: 5.28%

Pol Lt Gen Viroj Pao-in, the acting leader of the Pheu Thai Party: 5.28%

Former prime minister Chuan Leekpak of the Democrat Party: 4.64%

MR Chatumongol Sonakul, leader of the Action Coalition for Thailand Party: 1.92%;

Deputy Prime Minister Wissanu Krea-ngam: 1.76%

Wan Muhamad Nor Matha, acting leader of the Prachachart Party: 1.52%.

Asked which parties they would like the form the core of the next government, Pheu Thai came first with 28.76%, Palang Pracharat followed with 20.62% and the Democrat party was third at 19.58%.

The top 10 parties:

Pheu Thai: 28.78%

Palang Pracharat: 20.62%

Democrat: 19.58%;

Future Forward: 15.51%

Seree Ruam Thai: 4.16%

Prachachart: 2.56%

Action Coalition for Thailand: 2.40%

Palang Chart Thai: 1.44%

Chartthaipattana: 1.12%

People's Reform: 0.96%.

Asked whether they are confident the next election will be held in February 2019 without being further postponed, 52.76% said "no", reasoning that the situation is still unstable; 45.16% said "yes", saying conditions have begun to return to normal and the government is prepared; and 2.08% were uncertain or had no comment.