世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

イギリスの大手銀行HSBCが発した人類への警告!

2018-08-17 10:13:35 | 自然


Forbes JAPANは2018年08月16日に、人類が必要とする資源が減少し続けている中で、各国の政府や企業は気象変動による影響への備えが不十分だと、イギリスの最大手の銀行「HSBC」が警告を発したと報告した。

この警告は、地球が1年で再生産できる資源の量と人間が消費した資源の量が同じになる「アース・オーバーシュート・デー(Earth Overshoot Day)」の到来に合わせて発表された。この日がいつになるかは、GFN(Global Footprint Network/グローバル・フットプリント・ネットワーク)が毎年計算している。

https://time-az.com/main/detail/65458

今年のアース・オーバーシュート・デーは2018年08月01日だった。
これは1年が終わるまで5か月近く残っている時点で、地球が「赤字状態」になったことを示している。
GFNが算出を始めた1970年のアース・オーバーシュート・デーは、12月29日だった。それ以来毎年早まり、今では年始からおよそ7か月でその日を迎えている。

「学者たちによる研究が進む中、気候変動が社会に与える影響への注目が高まり、気候変動への適応策の重要性が増すと考える」とHSBC気候変動研究所の所長ワイ-シン・チャン(Wai-Shin Chan)は述べる。

銀行が気候変動や環境管理を考慮するのは珍しいが、将来の金融モデルに気候によるリスクを含めることが重要だとHSBCのアナリストは考えている。異常気象や自然災害は気候変動と関連があり、温暖化にともなって問題の深刻さは増していくとNASAも指摘している。

気候変動によるリスクに警告を発する金融機関はHSBCだけではない。
全世界で315以上の組織が気候関連のTCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures/気候関連財務情報開示タスクフォース)に賛同している。バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)、バークレイズ(Barclays) BBVA、シティグループ(Citigroup)、フィデリティ(Fidelity)、JPモルガン・チェース(JP Morgan Chase)、そしてRBCなどもその一部だと主張している。

TCFDは金融機関が気候に関連するリスクを、投資家らに開示するための枠組みを作るためのイニシアチブになる。

車椅子で、入浴施設の利用は、どこまで?OK!

2018-08-10 12:01:29 | 自然


毎日新聞2018年08月09日に、誰もが利用する大浴場の洗い場に、車椅子ごと入ってくる人を見かけたら、あなたはどう思うだろうか--。という問いかけから始まった入浴施設と車椅子の関係を記事にした。

https://time-az.com/main/detail/65381

その原因は、愛知県西部の入浴施設で今年、「車椅子ごと大浴場に入りたい」と訴えた障害者の男性に、施設側は「車椅子は脱衣所まで」との見解を示したことを挙げている。

身体障害者、温泉に入れない?

障害者差別解消法(2016年施行)は民間事業者に対し、障害者からの要望には過重な負担にならない範囲で「合理的配慮」を提供することを努力義務とする。

ただしどこまでの「配慮」が妥当なのか、線引きが難しいケースもある。

そういえば、車椅子を利用している息子に、温泉に行こうと誘ったが、いざとなると問題が噴出した。

私は、介護経験「0」!
タクシーに乗るときも、邪魔と言われる始末!

ましてや温泉で裸になって、どうしたらいいのか、皆目想像できない。

いつもは、介護の人が全てしてくれるので、私は見ているだけの邪魔者!

実に無能な親である。

早速、「車椅子と温泉」を検索していたら、ものすごく多くのバリアフリー対応の温泉宿が見つかったが、私の知っている温泉はなかった。

車椅子ごと入れる温泉もある。

しかし、中には、かけられて温泉に入ったり、階段を持ち上げられたり、その度に、わたしはうろうろして、じゃまものになる。

まだ、実現していない。

鎌倉の海岸に、全国初のシロナガスクジラ漂着。

2018-08-06 23:45:47 | 自然


毎日新聞は2018年08月06日に、神奈川県鎌倉市の由比ガ浜海水浴場近くの海岸で2018年08月05日午後2時半ごろに漂着しているのが見つかったクジラの死骸は、シロナガスクジラとみられることが6日、国立科学博物館の調査で分かったと報告した。

https://time-az.com/main/detail/65343

国立科学博物館によると、シロナガスクジラが国内の海岸に打ち上げられたのは全国初で、生態を知る貴重な資料になるとしている。

調査によると、胸びれや体形などの特徴がシロナガスクジラと一致し、死後数日〜数週間程度と判明。体長約10mで、大きさなどから生後数カ月とみられ、子供が何らかの原因で親から離れたと考えられるという。

日本経済新聞 電子版は、シロナガスクジラは世界で最も大きい動物として知られる。見つかった死骸は同館と神奈川県が6日午後に解体し、海岸から運び出した。今後は静岡県内の業者に運び、同館が胃の内容物やDNA型などを調べた後、骨格標本にする方針だという。

国立科学博物館の海生哺乳類学の田島木綿子研究主幹は「100年以上前の文献にはあったが、実際に国内でシロナガスクジラの漂着が確認されたのは初めて。あらゆる調査をして生態を探りたい」と話している。

漂着していたのは江ノ島電鉄長谷駅から南西約1kmで、海水浴場の西端付近だという。

多くの漂着した鯨の写真を見てきたが、まだ腐乱が始まったばかりのようだ。
ひどくなると爆発し、内臓を撒き散らす。

シロナガスクジラが漂着していた江ノ島電鉄長谷駅の海水浴場の西端付近の緯度、経度
35°18'31.6"N 139°32'03.6"E
または、
35.308778, 139.534328


大停滞が多いインドネシアで、アジア大会期間中、高速道路19区間を閉鎖!

2018-07-26 11:35:10 | 自然
大停滞が多いインドネシアで、アジア大会期間中、高速道路19区間を閉鎖!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月23日に、選手村と競技場間の円滑な交通環境の実現を図る目的で、インドネシア運輸省(Kementerian Perhubungan/Ministry of Transportation)所管のBPTJ(Agen transportasi Metropolitan Jakarta/ジャカルタ首都圏交通機構)は2018年07月21日に、2018年08月18日に開幕するアジア大会に合わせて、ジャカルタ首都圏の高速道路出入り口19区間を閉鎖すると発表したと報告した。

どうなってしまうのだろう。

アジア大会期間中、休暇是認?

https://time-az.com/main/detail/65206

北ジャカルタ・西アンチョール(Ancol, North Jakarta)など10区間では午前6時〜午後5時、西ジャカルタ・グドンパンジャン(Gedon pangeran, West Jakarta)など9区間では正午〜午後9時の時間帯で高速道路の出入り口を閉鎖する。

BPTJは数カ月前からアジア大会開催期間における交通状況について調査を行っており、主要一般道での車両ナンバー規制のみでは交通渋滞の緩和が不十分との結果が出たことから、高速道路の一部閉鎖を決定したと説明した。大会期間中は約1万5,000人が中央ジャカルタ・クマヨラン(Kemayoran)の選手村に滞在し、8カ所の競技場へ移動する。

2018-06-28---アジア大会で、ジャカルタの首都高速貨物輸送車を制限へ。
2018-03-12---ブカシの高速道で、首都方面のみ車両規制
2018-02-21---インドネシアの首都の交通量は1800万台超。
2017-10-05---インドネシア大統領、インドネシア名物の渋滞につかまり炎天下を2km徒歩!
2011-03-02---インドネシアで1週間以上抜け出せない大交通渋滞が発生。

世界気象機関、世界の異常気象「地球温暖化と関係」と分析。

2018-07-26 10:56:08 | 自然


日本経済新聞 電子版は2018年07月25日に、WMO(World Meteorological Organization/Organisation Météorologique Mondiale/Всемирная метеорологическая организация/世界气象组织/Organización Meteorológica Mundial/世界気象機関)は2018年07月24日に、スイス・ジュネーブの国連ヨーロッパ本部(European headquarters of the UN/Headquarters of the UN in Europe)で記者会見し、世界各地で記録的な猛暑が広がっていると発表したと報告し、WMOは2018年07月26日に「July sees extreme weather with high impacts」を公開した。

https://time-az.com/main/detail/65205

北極圏では30度、米国では50度を超えた。
今月に西日本を襲った豪雨災害も含め、WMOは一連の異常気象は「温暖化ガスの増加による長期的な地球温暖化の傾向と関係している」と分析した。

WMOの記者会見では気象研究担当のパオロ・ルティ(Paolo Ruthi)が説明。WMOの今後の見通しとして「極端な異常気象はしばらく続く」と予測。「人の健康や農業、生態系など様々な分野に影響が広がっている」と懸念を表明した。一部地域では雨も降らないため、水不足への懸念も強まっている。

アジア開発銀行、カンボジアの太陽光設備支援の調査、11月に完了。

2018-07-25 19:50:19 | 自然


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月23日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」が2018年07月20日に、カンボジア鉱業・エネルギー省(Ministry of Mines and. Energy)によると、ADB(Asian Development Bank/アジア開発銀行)が支援する出力10万キロワット(kW)の太陽光発電設備の建設に関する事業化調査が11月に完了する見通しで、次の段階として、民間企業を対象にした入札を開始すると報告した。

https://time-az.com/main/detail/65202

カンボジア鉱業・エネルギー省のビクター・ジョナ(Victor Jona)電力局長が、ADBは発電設備の建設に、環境配慮型エネルギーの導入を支援するCIF(Climate Investment Funds/気候投資基金)を利用した無利子融資の提供を計画していることを明らかにした。

ビクター・ジョナ電力局長は発電設備の建設地について「既に複数の発電施設がある南部コンポンスプー(Kampong Speu)州と中部コンポンチュナン(Kampong Chhnang)州のどこか」との見通しを示した。

ADBは昨年、ドイツ系シンガポール企業サンシープ・グループ(Sunseap Group)が南東部スバイリエン州バベット(Bavet, Svay Rieng)に建設した出力1万kWの太陽光発電設備にUS$920万(約10億円)を融資した。同施設は既に稼働している。

オーストラリアのノーザンオイル、来年までに燃料用水素生産!

2018-07-23 17:02:06 | 自然


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月19日に、グラッドストーン・オブザーバー(Gladstone Observer)などがオーストラリアの廃潤滑油再生会社SOR(Southern Oil Refining/サザン・オイル・リファイニング)が、QLD(Queensland/クイーンズランド)州グラッドストーン(Gladstone)のバイオ燃料施設ノーザンオイル(Northern Oil)で、来年までに独自に燃料用水素の生産を始めることが分かった。2年間の技術試験後に実現可能性があると判断できれば、大規模な水素生産装置を建設する見込みだと伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/65177

ここにきて、再生品が急激に注目されるようになり、利益も上げている。

SORは、元々廃タイヤなどを燃料に再生する過程で空気中に排出していたガスから、水素を精製する。

試験が成功すれば、メタンから精製される高額な水素を購入する必要がなくなるため、20%の運用コスト削減が見込まれるという。

また、SORは日本の再生可能エネルギー関連機関とも議論しており、日本への水素輸出によって同国の再生可能エネルギー利用促進を支援したいとしている。

2018-07-10---世界貿易戦争で、隠れた勝者がここにもいた!
2018-06-26---双日、ベトナムの家庭紙最大手サイゴン・ペーパー買収。
2018-05-30---日本製紙傘下が、オーストラリアでごみを利用して発電!計画。
2018-05-25---インドで、日本紙パルプ商事、古紙再生合弁会社を設立。
2017-01-04---竹で新素材の開発。繊維の世界が未来に向けて激流化!

ヒートアイランド「Tokyo Story」

2018-07-20 20:05:13 | 自然


日本経済新聞 電子版は2017年09月19日に公開したデータから、観測史上初めて6月に梅雨が明けた東京は、記録的な長雨だった2017年とは打って変わり、今夏は猛烈な暑さが続くことから、2018年07月19日に更新し、急速な都市化により、この100年で東京の気温は3度以上も上昇した。

ヒートアイランド対策の取り組みは10年以上続くが、ゴールは遠く、天気予報に一喜一憂する夏が繰り返されていると報告した。

https://time-az.com/main/detail/65140

HEAT TOKYO#01---どこが暑いのか

気象庁の観測データをもとに、梅雨明け後の2018年06月29日から2018年07月18日まで、内陸部の練馬区、都心の千代田区、臨海部の江戸川区の最高気温を比べた。

この期間の最高気温の平均は練馬区が33.6度、江戸川区が30.1度。3.5度の差があり、5度以上の差がある日もあった。

HEAT TOKYO#02---いつから暑いのか
1900年以降の温度の上昇率を見ると、東京の上がり幅は日本全国の平均、世界全体の平均と比べても圧倒的に大きい。日本全国では1度の上昇なのに対し東京はおよそ3度も暑くなっていることから、東京都環境科学研究所の安藤晴夫は「3度のうち1度が温暖化で、2度はヒートアイランド現象によるものだろう」と分析する。

HEAT TOKYO#03---どうすればよいのか

ここまで見てきたデータが示す通り、江戸川区など海風が入りやすい地区が涼しい。

ならば、高層ビルなどが遮る東京湾からの風をうまく行き渡らせれば、暑さをおさえることができるはず。
そんな構想から「風の道」を確保する都市開発が進んでいる。
しかし、取り組みは「点」にとどまり、東京都全体を「面」で冷やす効果は表れていない。「風の道」に次ぐ、2つの取り組みがある。

その一つとして、緑地を増やすのも代表的なヒートアイランド対策である。
そこで指標となるのが「みどり率」である。

もう一つは道路の舗装である。

これらの2つは、巨額が求められる。
そこで目立つのは、ついその場の暑さを和らげる方法に走る。
打ち水はあたりの空気がひんやりする効果があり、イベントと合わせた啓発活動として広がっている。細かい霧を噴霧する方法もひとときの清涼感を得るには効果的だという。

東京オリンピックまであと2年。対策のゴールはほど遠い。

2020年の東京五輪も厳しい暑さの中で開催される可能性が高い。

イベントのための無駄予算になることだろう。
つまり、何もできないで東京オリンピックを迎え、東京オリンピックが終わると空中分解する。

都市全体を冷やすには、東京を面でとらえた手法のほか人工排熱の抑制も欠かせないが、隣の家は、クーラーの外付け機の熱風を私の家の方に向けている。
東京都迷惑条例など、聞く気もない。

まず、このような身勝手な人を東京から、排除することから始めないと----

そういえば、昔、建築家と、「風の道」を考えた都市計画を作ろうと誘われたが---

岐阜県美濃市で40.6度、岐阜県多治見市で40.7度!

2018-07-19 10:34:20 | 自然


日本経済新聞 電子版は2018年07月18日に、岐阜県多治見市で午後1時半ごろに40.0度、同県美濃市で午後2時ごろに40.1度を記録した。
日本国内で40度に達するのは高知県四万十市で41.0度などを記録した2013年8月以来と報告したが、気象庁の記録を見ると、岐阜県美濃市で40.6度(最低気温25.8度)、岐阜県多治見市で40.7度(最低気温26.6度)とさらに暑かった。

https://time-az.com/main/detail/65122

日本列島は2018年07月18日も高気圧に覆われ、東北南部から東日本、西日本にかけての広い範囲で気温が上がった。

岐阜市大垣の友人は2018年07月19日に、確かに昨日は、多治見で40.7度、揖斐川町でも40度近くあった!
このあたりも、39度ほどあったと報告してきた。

美濃加茂市で39.7度(最低気温27.7度)、岐阜市で39.6度(最低気温27.7度)、揖斐川市で39.6度(最低気温25.7度)。金山で39.4度(最低気温25.1度)

総務省消防庁は2018年07月18日に、9〜15日の1週間に熱中症のため全国の9,956人が搬送されたとの速報値を発表した。西日本豪雨で被災した岡山や広島を含む11府県で計12人が死亡した。

また、東京消防庁は2018年07月18日に、前日17日の救急隊の出動件数が速報値で2900件に達し、1日の件数としては救急業務を始めた1936年以降で最多になったと発表した。熱中症の疑いによる搬送者が増えたためとみられる。

気象庁によると、他に気温が高くなっているのは埼玉県寄居町の38.1度、名古屋市千種区の37.8度、群馬県伊勢崎市の37.7度、大阪府能勢町の36.0度など。西日本豪雨で大きな被害を受けた地域では愛媛県大洲市で35.9度、岡山県倉敷市で33.9度、広島県東広島市で33.4度などとなっている。

2018年07月18日正午現在で、全国927観測点のうち603地点が30度以上となり、このうち107地点が35度以上の猛暑日になった。

暑い時に、暑い話。本当に、朝から暑い!

2018-07-18 10:09:51 | 自然


毎日新聞は2018年07月17日に、猛暑の日本列島で、3連休に14人が熱中症で死亡した。

特に岐阜県が集中酷暑が襲い。
揖斐川で4日連続38度超で、熱中症により5人死亡したと報告した。

毎日新聞は2018年07月16日に、3連休最後の16日、列島は高気圧に覆われ、各地で最高気温35度以上の猛暑日となった。
岐阜県に集中した猛暑で、岐阜県揖斐川町が全国最高39.3度を記録した。
岐阜県多治見市、岐阜県岐阜市が全国2位の39度を記録した。
岐阜県美濃市、岐阜県郡上市が同4位の各38.8度となった。

https://time-az.com/main/detail/65111

また、気象庁でその日の最低気温を見ると、2018年07月16日に、最も暑かった岐阜県揖斐川町が17日に朝に25.7度まで下がったのに対し、岐阜県岐阜市は2018年07月16日に全国2位の39度を記録した2018年07月17日の朝に27.9度までしか下がらなかった。

また、この気温差で見ると、話題に上っていない水の都で芭蕉も訪れた岐阜県大垣市は2018年07月16日に最高気温が38度で、2018年07月17日の朝に、最低気温は27.6度であった。

つまり、岐阜市の最高気温と最低気温の差が11.1度であったのに対し、大垣市の最高気温と最低気温の差は10.4度しかなかった。

どちらが体力的に厳しいか?