世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ドイツ、フランス、スペインで新型コロナウイルス第2波!?新規感染最多!

2020-08-10 19:46:52 | 調査

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年08月07日に、ヨーロッパ各国が新型コロナウイルス封じ込めのための規制を緩和する中、ドイツとフランス、スペインで1日当たりの感染者数が過去数カ月で最大の伸びを示していると報告した。

 

 

中東欧でもポーランドとウクライナで新規感染者数がパンデミック(Pandemic世界的流行)開始以降で最多を記録しており、流行第2波の到来が懸念されている。

 

これは、懸念ではなく、第2波の到来というべきだろう。

 

 

断定されるのが怖いだけである。

 

それより早く断定し、対策を立てるべきである。

 

https://time-az.com/main/detail/72588 

 

米国のジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)によると、ドイツでは2020年08月05日に、新規感染者数が1,285人となり、前日の717人から大幅に増加した。

 

 

この伸びは204月30日以降で最大を記録し、累計感染者数は21万4,113人となった。同国の医師労働組合は先に、国内で既に感染第2波が起きていると指摘した。国民の多くが「ソーシャル・ディスタンス(social distance/社会的距離)」などのルールを順守しておらず、感染がさらに拡大する恐れがあると警鐘を鳴らした。

 

 

イェンス・シュパーン保健相(Jens Spahn, Bundesminister für Gesundheit/Federal Ministry of Health) も、秋以降は感染をコントロールすることがいっそう困難になるとの懸念を示している。

 

 

フランス保健省によると、同フランスでは2020年08月05日の新規感染者数が過去2カ月で最多の1,695人を記録。累計感染者数は19万4,029人に達した。

 

 

 

 

死者数は3万305人と、ヨーロッパではイギリス、イタリアに次いで多い。こうした事態を受けて、パリ市は近日中に、屋外の人が密集しているエリアでのマスク着用を義務化するとみられている。南西部トゥールーズ(Toulouse)では既に、屋外の特定区域でのマスク着用が義務付けられた。

 

 

スペイン保健省(El Ministerio de Sanidad español/Spanish Ministry of Health)は2020年08月05日に、新規感染者数が1,772人になったと発表した。伸びは2020年08月04日の1,178人、2020年08月03日の968人から加速を続け、2020年08月06月にロックダウン(都市封鎖)の緩和が始まって以来、最大を記録した。

 

これは、完全に第2波の到来であり、判断が遅れると、第3波が追い討ちをかけ、最悪な事態になる。


ファウチ博士。COVID-19ワクチンの効果は50%に過ぎないかもしれない。

2020-08-08 09:46:01 | 調査

 

トランプ大統領をはじめ、多くの人は、COVID-19ワクチンができれば、100%助かると考えているようだが、私が以前言ったように、「COVID-19」はどんどん変化しているので、どのワクチンも全ての「COVID-19」に対応するはずがない。

 

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」と米国のCNBCテレビは2020年08月07日に、感染症の専門家で、NIAIDの所長あるアンソニー・ファウチ博士(Dr. Anthony Fauci)は、最初のCOVID-19ワクチンの効果は50%に過ぎないかもしれないといったと報告した。

 

ホワイトハウスの感染症専門家アンソニー・ファウチ博士(White House infectious disease expert Dr. Anthony Fauci)は金曜日に、最終的なコロナウイルス・ワクチンが非常に効果的である確率は「大きくない」言った。50%の成功率は合格可能であることを指摘した。

 

 

つまり、日本の場合、まずテスト使用を実施し、効果の割合を確認し、購入契約をする必要があり、金を持って走り回るような愚かな行為は、よしてほしい。

 

CNBCによると、ロードアイランドにあるブラウン大学公衆衛生学部(Brown University School of Public Health in Rhode Island)との質疑応答の中で、ファウチ博士は「98%の効果がある可能性ほどは高くない。」と述べた。

 

当然だろう。

 

https://time-az.com/main/detail/72568 

 

 

だから、自国でテストしないと使用は許可されないのである。

 

多分、その効果確率は、発展途上国ほど高く、先進国ほど低いはずである。

 

 

科学者たちは75%の効果を持つ致死性疾患のワクチンを期待しているが、成功率が50~60%であっても勝利とみなされるだろう。とファウチ氏は報告している。

 

「ということは、公衆衛生のアプローチを決して放棄してはならないということです。」と、国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長は説明している。

 

ファウチ博士が来年までありそうにないと語る「新常態(new normal/ニューノーマル)」は、マスクと「ソーシャル・ディスタンス(social distance/社会的距離)」は維持されるということで、神輿を担いで騒ぎ回ることができるのは、永遠に来ないかもしえないということである。

 

以前、10年は無理かもしれないと書いたが、それ以上かもしれない。

 

もしかすると、人口が半分に減るまでは無理かもしれない。

 

最も、ワクチンも進化するので、その分岐点は見極めるのが非常に難しいことだろう。

 

長屋宏和とEmicoが考えだした洗えるマスクや夏用マスクが、世界中で何人の人の命を助けることになるのか?

 

銀座三越だけではなく、世界中の人を助けるために、ということで表参道にも小さな店を出した。

 

もし、長屋宏和とEmicoが考えだした洗えるマスクや夏用マスクで世界中の人を助けたいという人は、ご相談ください。

 

株式会社アトリエロングハウス 代表取締役

ピロレーシング 代表 

長屋宏和

 

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-4-9

TEL: 03-6276-1418 FAX: 03-6276-1419

 

銀座三越4階「リフォームサロン アトリエロングハウス」

〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越4階

TEL: 03-3562-7012

株式会社アトリエロングハウスの緯度、経度

35°40'21.1"N 139°40'15.4"E

または、

35.672536, 139.670956

 

金儲け主義の路上で売っているマスクも多分、人の命を助けていることだろう。

 

もう、「新常態(new normal/ニューノーマル)」、マスクと「ソーシャル・ディスタンス(social distance/社会的距離)」は、誰もが常識になった。

 

ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)によると、2020年08月07日金曜日の午後の時点で、米国ではコロナウイルスの490万人以上の症例があり、160,394人が死亡している。

 

馬鹿な殺人ガバナーが知事に居座る東京や大阪は、症例が増え続けている。

 

早く、馬鹿な殺人ガバナーをやめさせないと、国民は死に続ける。

 

2020年08月07日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染462人。

2020年08月06日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染360人。

2020年08月05日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染263人。

2020年08月04日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染309人。

2020年08月03日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染258人。

2020年08月02日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染472人。

2020年07月31日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染463人。

2020年07月30日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染367人。

2020年07月29日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染250人。

2020年07月28日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染266人。

2020年07月27日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染131人。

2020年07月26日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染239人。

2020年07月25日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染295人。

2020年07月24日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染260人。

2020年07月23日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染366人。

2020年07月22日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染230人。

2020年07月21日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染237人。

2020年07月20日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染168人。

2020年07月19日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染180人。

2020年07月18日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染290人。

2020年07月17日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染293人。

2020年07月16日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染286人。

2020年07月15日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染165人。

2020年07月14日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染143人。

2020年07月13日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染119人。

2020年07月12日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染206人。

2020年07月11日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染206人。

2020年07月10日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染243人。

2020年07月09日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染224人。

2020年07月08日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染75人。

2020年07月07日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染106人。

2020年07月06日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染102人。

2020年07月05日、東京で、新型コロナウイルスの新規感染111人。

と増えている。

 

2020-08-05---先日、ワクチンの単価がわからない!と言ったら、

2020-07-31---日本も、米国のファイザーと6千万人分 のワクチン供給基本合意。

2020-07-29---イギリス、6000万回分のワクチンを新規に確保。

2020-07-27---トランプ政権、米国で早期のワクチン供給で、富士フイルム子会社に資金提供

2020-07-27---ModernaのCOVID-19ワクチン最終試験を開始!

2020-07-22---ファウチ博士。「『COVID-19』が根絶されると信じていません。」

2020-07-20---イギリスのワクチン治験で好結果。被験者全員に免疫反応。

2020-06-14---ファウチ博士、米国の「新常態」は来年までありそうにないと語る。

2020-06-07---中国は、10件のコロナ・ウイルス情報を隠した「重罪人」。

2020-05-28---コロナウイルス最新情報。米国は、半数がワクチンを使用する!?

2020-05-23---日本政府、奇形児が生まれる可能性がある「アビガン」の矛盾。

2020-05-05---NIAIDのファウチ所長、新型コロナの研究所発生説を否定。

2020-04-28---米国の製薬大手ファイザー、コロナ予防ワクチン「年内に数百万本生産」

2020-04-22---ドイツで、ビオンテック開発のワクチンの治験承認。

2020-03-16---厚生労働省と大学教授、今度は新型コロナのクラスター全国地図で大チョンボ!

2020-02-20---クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客2人が死亡!

2020-02-16---「COVID-19」の「第2の震源地を作った」日本の責任者。


ModernaのCOVID-19ワクチン最終試験を開始!

2020-07-28 09:43:08 | 調査

 

 

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は2020年07月27日に、米国NIH(National Institutes of Health/国立衛生研究所)とModerna(モデナ)社によって開発された世界最大規模のCOVID-19ワクチン(COVID-19 vaccine)試験の最終試験が、米国で3万人の最初の参加者によって、2020年07月27日月曜日に開始されたと報告した。

 

 

モデナ社によると、ジョージア州サバンナ(Savannah, Georgia)は、全国の数十カ所以上の試験会場の中で、最初の試験が開始された場所であった。

 

 

https://time-az.com/main/detail/72489 

 

全国のボランティアは、本物のワクチンを接種しているのか、ダミー版を接種しているのか分からない。

 

注射を2回打った後、研究者たちは、どのグループが日常生活を続けているか、特にウイルスが急増している国の地域ではどのグループがより多くの感染症を経験しているかを注意深く観察することになるだろう。

 

中国とイギリス製の他のいくつかのワクチンは、今月初めにブラジルを含む被害の大きい国で、小規模な最終段階の試験を開始した。

 

しかし、アメリカで使用される可能性のある全てのワクチンは、アメリカ国内での試験が必要である。

 

現在、秋まで毎月、政府が資金提供しているCOVID-19 Prevention Network(COVID-19予防ネットワーク)は、有力候補の新しい研究を、それぞれ3万人の新しいボランティアと共に展開していく予定である。

 

シアトル(Seattle)に住むジェニファー・ハラー(Jennifer Haller)は、2児の母であり、3月にNIHの実験的ワクチンを受けた最初の健康な人だが、この試験に参加したことで「何かをしているという感覚を得た。」と言った。

 

それは、アポロで最初に、月へ行った人に等しい。

さらに、アポロは、国民に名誉を与えたが、このワクチンテストは、国民に名誉と、さらに生きるという権利を与える。

 

長屋宏和と一緒に、洗えるマスクを開発する時に、身体障害者を始め、みんなに自由を提供しようと話し合った。

夏バージョンも、みんなが暑い夏をいかに自由で、楽に生き抜けるかを考えた結果であった。

 

ファイザー(Pfizer)社は、夏の間に独自の3万人規模の試験を実施する予定だ。

 

ジョージア州サバンナ(Savannah, Georgia)の緯度、経度。

32°04'51.2"N 81°05'28.3"W

または、

32.080900, -81.091203

 

 

2020-07-24---世界の感染者数、1500万人を突破!

2020-07-23---香港の第三波。貨物船の乗組員の「COVID-19」新規感染118人。

2020-07-22---ファウチ博士。「『COVID-19』が根絶されると信じていません。」

2020-07-21---2020年09月と10月の大ニュースは、トランプを勝利に運ぶ!?

2020-07-20---台湾政府、コロナ・ワクチン1千万本調達。

2020-07-20---イギリスのワクチン治験で好結果。被験者全員に免疫反応。

2020-07-16---ロシアのハッカー、コロナウイルス・ワクチンの研究を盗もうとしている。

2020-07-08---トランプ大統領、正式に米国をWHOから手を引かせた!

2020-07-06---台湾で、コロナワクチン臨床各社申請で、競争激化。

2020-06-28---コロナウイルスのパンデミックは新しい段階に入った。

2020-06-26---米国のコロナ「第2波」。抑制できそうなのは4州だけ!

2020-06-25---米国で、コロナウイルスのパンデミックが暴走中。

2020-06-24---米国の抗議デモでコロナ拡散、26州で感染拡大?!

2020-06-23---鼻腔スプレー式、コロナウイルス・ワクチン摂取で注目。

2020-06-14---ファウチ博士、米国の「新常態」は来年までありそうにないと語る。

2020-06-07---中国は、10件のコロナ・ウイルス情報を隠した「重罪人」。

2020-06-05---台湾、コロナ治療用代替薬の研究と生産の活性化。

2020-06-04---イギリス、オンライン・ワクチン・サミット開催。

2020-05-28---コロナウイルス最新情報。米国は、半数がワクチンを使用する!?

2020-05-26---新型コロナ対策で、日本とEUの首脳が会談。

2020-04-24---香港では新しい症例はなかったが、保健局長は戦いが「新しい正常」であると警告。

2020-04-22---ドイツで、ビオンテック開発のワクチンの治験承認。

 


EU復興計画、2日間の予定が延びに伸びて、補助金縮小で合意。

2020-07-22 21:36:16 | 調査

本日、不思議なメールが2本届き、1本は、

goo事務局 <info@goo.ne.jp>

goo事務局 [お問い合わせ: 200722-000071]というもので、どの情報かが明確ではなく、全部ダメだともとれ、意味が、明確ではないため、しばらく配信を中止します。

申し訳ありません。

もう1本は、

"Donald J.Trump" <oselleoselle5@gmail.com>

という偽メールが届きました。

 


コロナウイルスは、中小企業にお金を使う人が触発され、増えた。

2020-07-22 19:14:02 | 調査

 

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は2020年07月21日に、新しい研究によると、10人に7人のアメリカ人は「COVID-19」のパンデミックの間、大企業を避け、小さな店で買い物をするようにとのモーニングコールを経験していたと報告した。

 

 

研究は、2,000人のアメリカ人に、どのようにして彼らが地域社会への新型コロナウイルスの影響を処理してきたか、そしてどのように彼らはこの困難な時期にお互いをサポートしているかを尋ねた。

 

調査対象者の71%が、大企業やチェーン店ではなく、中小企業や地元企業を支援するために買い物の習慣を変えていると答えている。

 

 

Canvaを代表してOnePollが実施したこの調査では、回答者の79%が「COVID-19」のパンデミックによって、中小企業が地域社会にとってどれほど重要であるかという視点に変わったと答えている。

 

https://time-az.com/main/detail/72448 

 

避難生活を送っている間に、回答者は平均10社の中小企業を支援してきたと答えている。

 

そういえば、「ユニクロ」がベトナムで新規オープンした内の最新の2店で、「ソーシャル・ディスタンス(social distance/社会的距離)」を全く無視していたのをみて、「ユニクロ」は多くの人の不安を取り除こうとしていないと感じ、非常に危険に感じた。

 

 

最初の店のオープンでは、ユニクロの親会社ファーストリテイリング柳井正会長兼社長も出席していたが、2軒目以降は出席していなかった。

 

ファッション業界は、少しでもサボると、そこから割れ出す。

 

 

OnePollが実施したこの調査では、回答者の43%が、地元のビジネスを支援している一番の方法は、テイクアウトやデリバリーを注文することだと答えている。

 

また、半数以上の回答者が、配達ドライバーに通常よりも多くのチップを渡していると答えている。

 

 

また、10人に4人がオンラインショッピングで地元のビジネスをサポートしていると答え、さらに38%が寄付をしていると答えている。

 

また、回答者の10人に3人は、この時期に地元企業を支援するために、オンラインでレビューを書いたり、地元企業のソーシャルメディアの投稿を共有したりしている。

 

 

地元企業への個人的な支援にもかかわらず、調査対象者の74%は、お気に入りの地元スポットがパンデミックの影響で財政的に生き残れないかもしれないことを心配していた。

 

また、このような懸念からか、回答者の77%が、コロナウイルスのパンデミック後に通常の状態に戻ったら、より多くの地元企業を支援する予定であると回答している。

 

 

「世界中で何百万もの中小企業が事業を継続できるように迅速に適応しているのを目の当たりにしています。また、Canvaの無料のスモールビジネス・テンプレートの利用が急増しています。レストランがデリバリーのみの提供に注力しているため、テイクアウトメニューの作成が66%増加しています。世界中でイノベーション、決意、仲間意識が高まっていることは、信じられないほど刺激的なことです。」と言っている。

 

そういえば、笹塚のお弁当専門店が、一気に3軒倒産し、ほとんどのレストランが、デリバリーやテイクアウトメニューを開始している。

 

つまり、お弁当専門店より、レストランのデリバリーやテイクアウトメニューの方が安く、美味しい。

 

これは、新しい発見であった。

種類も豊富。

 

 

コロナウイルス感染時に地元企業を支援するトップの方法。

出前・テイクアウトの注文:43%

オンラインショップ:39%

お金を寄付する:38%

ギフトカードを購入:34%

オンラインでレビューを書く:31%

ソーシャルメディアの投稿を共有している:30%

自分のソーシャルメディアにそれらについて投稿すること:26%

 

アメリカ人がコロナウイルス後の再訪に最も興奮しているトップ企業。

コーヒーショップ/カフェ:58%

レストラン:51%

ヘアサロン:37%

ジム/フィットネススタジオ:36%

地元の衣料品店・ブティック:33

バー:31%

ネイルサロン:23%

 

 

私が、地方再生と言ったのはこれで、政府が考えた観光を利用した短絡的なものではなかった。

 

これはほとんどお金を必要としない。

親切心と思いやりを持って行動することの重要性の強調をみんなに訴え!

困難な時期にお互いをサポートして、大企業やチェーン店ではなく、中小企業や地元企業を支援するために買い物の習慣を変えている。

 

政治家は、不思議な感覚である。

 

私には、あの感覚が、ほとんど理解できない。

 

2020-07-15---もうすぐ、店舗販売の「ユニクロ」にもやってくる現実。

2020-05-19---上場企業で初のコロナで販売不振で、レナウンが経営破綻!?

2020-05-15---ユニクロ、HCM市2号店をオープン。

2020-04-24---香港のアパレル「G2000」、販売不振で店舗網縮小!

2020-04-09---「ユニクロ」のファストリ、38%減益。

2020-03-06---中国で苦労しているユニクロのベトナム2号店はハノイ!

2020-02-07---新型コロナウイルス、中国のユニクロと無印良品を直撃!

2019-12-06---ユニクロ・ベトナム1号店オープンで、1000人が行列。

 

​​​​​​​


フランス政府、医療従事者の賃上げで合意。フランス政府、医療従事者の賃上げで合意。

2020-07-19 15:04:44 | 調査

 

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNA、BBC Newsは2020年07月13日に、コロナウイルス蔓延中に、医療従事者の待遇改善に向けて、フランス政府はフランスの革命記念日前日の2020年07月13日に、€80億(約9730億円)拠出することで労働組合と合意し、文書に署名したと報告した。

 

<a HREF="https://time-az.com/main/detail/72422">https://time-az.com/main/detail/72422</a>

 

保健医療従事者の組合の多くが署名した今回の合意では、給与は平均で月183ユーロ(約2万2000円)増額される。

 

保健医療従事者の組合の多くが署名した今回の合意では、給与は平均で月183ユーロ(約2万2000円)増額される。

 

賃上げパッケージの対象は、看護師や介護施設職員の給与、時間外労働の割増賃金や夜間勤務手当などで、€80億のうち約€4億5,000万ユーロは、公立病院で働く医師の手当増額に充てられ、これらの医師にとっては月額€400~€700程度の収入増となる。

 

新型コロナウイルス危機の最前線で闘う医療従事者は、フランスでも英雄として賞賛されている。

しかし医療従事者らは単なる感謝を超えた給与アップや病院の財源強化を掲げて7週間にわたって抗議デモを開いて、緊迫した交渉を続けられていた。

 

就任間もないジャン・カステックス首相(Prime Minister Jean Castex)は署名式で、、7週間にわたる労組との協議で締結した合意を「この国の保健制度にとって歴史的な瞬間だ」と称賛した。

 

また、「これは第一に、新型ウイルス流行との闘いの前線にいる人たちへの感謝を示すものだ」、「さらに、おそらく私を含めたみんなに責任の一端がある、遅れを取り戻すものだ」。

 

2020年07月14日はフランスの革命記念日で、パリのコンコルド広場(Place de la Concorde à Paris)ではパレードが予定されている。

約1400人の医療・看護従事者が来賓として招かれる。

 

もう働かないと言い出すと、とんでもないことになる。

 

ヨーロッパの労働者は、本当に何でも止めたてしまう。

 

半年間手紙が届かなかったことがある。


COVID-19対応におけるFEMAの役割と関連する課題。

2020-07-19 09:26:04 | 調査

 

米国のGAO(Government Accountability Office/米国政府監査機関)は2020年07月14日に、GAO-20-685Tとして、「COVID-19:FEMA's Role in the Response and Related Challenges(COVID-19対応におけるFEMAの役割と関連する課題)」を公開した。

 

COVID-19パンデミックにより、米国では10万人以上の死亡者が報告され、広範な失業が発生し、全体的に景気が悪化しました。史上初めて、米国の全州、コロンビア特別区、および米国の準州に対して同時に大規模災害宣言が出された。

 

我々は、COVID-19への対応におけるFEMA(Federal Emergency Management Agency/アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)の役割についての我々の作業について証言し、また、我々のこれまでの作業が、全国的に重大な生物学的事件への対応やその他の対応における将来の課題について示唆していることについても証言した。

 

私たちはこれまでの作業の中で、FEMAに対していくつかの提言を行った。その中には、FEMAが学んだ教訓の収集と分析をより適切に行うことも含まれる。

 

https://time-az.com/main/detail/72419 

 

GAOが発見したこと

EMA長官は、保健福祉省の主要な職員とともに、全国のCOVID-19パンデミック対応を管理する責任を負っている。

この対応を管理する主要機関として、FEMAは他の連邦機関との調整を行い、配布を迅速化するために、プロジェクト・エアブリッジを通じて州やその他の州に物資を配布することを含めて。COVID-19のための物資の入手可能性を高めるために努力してきた。COVID-19への対応におけるFEMAの契約義務は、2020年05月31の日時点で約US$16億であり、手術衣やN95マスクなどの物資の義務はUS$14億、つまり全体の86%を占めている。

 

COVID-19パンデミックへの対応に関するGAOの最近の報告書および他の災害に関する過去の作業は、パンデミックおよび将来の全国的に重要な生物学的事件への対応においてFEMAが直面する潜在的な課題を特定した。

これらの課題は、最近のCOVID-19の症例数の増加と、秋にはさらなる症例数の増加が予想されることにより、さらに複雑化する可能性がある。

 

本声明は、

(1)重要な医薬品の入手と配布の努力を含むCOVID-19パンデミックの管理におけるFEMAの役割、および

(2)今回のパンデミックおよび他の生物学的事件への対応における潜在的な課題を取り上げている。

 

本声明は、GAOが2003年08月から2020年06月までに発行した製品、および契約義務を監視するための継続的な取り組みに基づいている。これらの製品について、GAOは関連する大統領指令、法令、規制、政策、戦略計画、その他の報告書、および連邦調達データを検討し、連邦および州当局者へのインタビューなどを行う。

GAO はこの声明の中の新たな契約義務情報のコピーを国土安全保障省に提供し、レビューを求めた。

 

GAOが推奨するもの

GAO は過去の報告書において、本声明で取り上げた課題の多くの側面に対処するために、多くの勧告を行った。

連邦政府機関は、これらすべてを完全に実施したわけではなかったが、多くの場合、対策を講じている。

 

GAOは今後もこれらの取り組みを監視していことを責務にしている。

 

詳細については、Chris Currie (404) 679-1875 または curriec@gao.gov までお問い合わせください。

 

多くの発展途上国では、このようなシステムは出来上がっていないことだろう。

 

是非このシステムを参考に、国民馬安心して生きられるように再構築してほしい。

 

国民が安心できない国家などは、潰した方がいい。

 

そのためなら、税金で花見も良い。

ただし、全員が平等である必要がある。

不平等では、税金を使ってはいけない。個人のポケットマネーで行う。

こんなのは常識である。

 

この常識がない人は、政治家になってはいけない。


インドネシアのジョコ大統領、PCR検査1日当たり3万件以上に指示。

2020-07-18 18:48:31 | 調査

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年07月14日に、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領ジョコ・ウィドド(Joko Widodo)大統領は2020年07月13日に、PCR検査の実施件数を1日当たり3万件以上に増やすよう関係機関に指示したと報告した。

 

首都ジャカルタ(Jakarta)をはじめとする主要地域で新型コロナウイルス対策「大規模なPSBB(pembatasan sosial berskala besar/社会的制限)」、新規感染者数が増えていることへの危惧をあらわにした。

 

ジョコ大統領が検査態勢の強化や衛生規律の徹底により感染の抑制を図る一方、ジャカルタ特別州のアニス・バスウェダン(Anies Rasyid Baswedan)知事は、再び活動制限を強化する姿勢をみせている。

 

 

ジョコ大統領は新型コロナ対策に関する閣議で、感染が広がっている地域での検査(testing)、追跡(tracing)、治療(treating)の「3T」を徹底するよう指示。防護服や人工呼吸器、患者を受け入れる病院で隔離部屋を拡充するほか、検査機関でのPCR検査能力を引き上げて、1日3万件を達成するよう求めた。

 

ジョコ大統領は、特に東ジャワ州(East Java)やジャカルタ特別(Special to Jakarta)州、西ジャワ(West Java ())州、南スラウェシ(South Sulawesi)州、中ジャワ(Central Java)州、北スマトラ(North Sumatra)州、パプア(Papua)州の対策を優先的に強化するよう指摘した。

 

 

https://time-az.com/main/detail/72418

 

保健省(Ministry of Health, Indonesia)によると、2020年07月13日時点の国内感染者数は、前日から1,282人増えて7万6,981人となった。

 

州別で感染者数が最も多いのは東ジャワ州で1万6,877人。これにジャカルタ特別州が1万4,797人、南スラウェシ州が7,097人で続いた。

 

 

ムハジル調整相(Coordinating Minister for Human Development and Culture: Muhajir Effendy /人材開発・文化担当)は閣議後、ジョコ大統領は衛生規律を順守しない国民が多いことに懸念を示していると説明した。

 

「規律の違反者に罰則を科す可能性もある。関連省庁で規定の制定について協議を進める」と述べた。

 

WHO(World Health Organisation/世界保健機関)は2020年07月08に、新型コロナに関する定期報告で、インドネシアはPCRの検査能力が向上してきていると評価した。

しかし、PDP(Pasien dalam Pengawasan/監視対象患者)やODP(Orang dalam Pemantauan/観察対象者)の死亡率が非常に高いと指摘。このため、PCR検査は検体検査や退院した患者のフォローアップのための検査よりも、PDPとODPを優先するべきだと提言した。


カンボジアのクメールの正月は、2020年08月17~21日設定。

2020-07-18 16:17:13 | 調査
NEW !
テーマ:
 

カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2020年07月14日に、延期されていたカンボジアのクメール正月の休暇振り替え時期が、2020年08月17~21に、閣僚会議令(政令)として公布される予定で、設定される見通しだと報告した、

 

 

https://time-az.com/main/detail/72415 

 

フン・セン首相(Prime Minister Hun Sen)は、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いてきたことから、閣僚評議会(内閣に相当)の幹部に対して、具体的な日程を決定するよう指示した。多くの国民が1週間を通して休みが取れるよう、振替休日の初日を月曜にする方向で検討するよう要請していた。

 

 

今年のクメール正月は本来2020年08月4月13~16日だったが、フン・セン首相は国民の移動や会食などによる新型コロナの感染拡大を避けるため、クメール正月の休暇延期を決定していた。

 


2020年06月の訪日中国人、300人。 入国制限で減少続く。

2020-07-18 15:14:29 | 調査

2020年06月の訪日中国人、300人。

 

 

 

入国制限で減少続く。

 

JNTO(Japan National Tourism Organization/日本政府観光局)が2020年07月15日に、2020年06月に日本を訪した中国人旅行客数が300人だったとの推計を発表した。前年同月比は3カ月連続で100%減となった。

2020年01~06月の累計では前年同期比77.4%減の102万2,900人にとどまっている。

 

https://time-az.com/main/detail/72413 

 

 

新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、観光客の渡航が実質的に不可能な状況が続いているため、中国政府は海外旅行の自粛を指示しており、日本側でも中国は検疫強化や査証(ビザ)の無効化が対象となっている。

 

6月には日中間の直行便が月初の週9便から月末は週10便に増加したが、7月以降も大幅な運休・減便が続く。

 

6月の訪日外国人旅行客数は、全体でも99.9%減の2,600人となり、3カ月連続で主要22市場全てで訪日客数がゼロに近い数字となった。

 

2020年01~06月は394万7,000人で、前年同月に比べて76.3%減少した。

 

 

2020-07-16小池百合子知事の天才的感染者急増方程式と政治の魔力。

2020-05-25---タイの6空港、2020年04月の空港利用者、98.9%減の13.5万人。

2020-05-20---訪日中国人、2020年04月はたった200人。1978年02月以来最低。

2020-02-13---「観光立国」の軌道修正潮時!?

2018-09-19---訪日フィリピン人、2018年08月は16%増の2万5000人。

2018-09-11---米中貿易戦争で、中国本土撤退、香港の中継貿易減も

2018-07-26---米中貿易戦争で元安が進行し、2019年に香港観光業に影響!?

2018-03-07---楽天、民泊事業で韓国のヤノルジャと提携。

2017-12-19---ベトナム企業の対日投資、ITと観光が有望。

2017-08-31---思っても、言ってはいけないこと!

2017-08-20---日本の観光立国で、必要なこと!

2017-01-20---百貨店売上高、36年ぶり6兆円割れ