世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

公正取引委員会、巨大IT企業の取引先にアンケートをしていた結果を公表。

2019-04-19 11:37:54 | 犯罪と裁判


朝日新聞デジタルは2019年04月17日に、巨大IT企業の取引先にアンケートをしていた公正取引委員会が2019年04月17日に、結果を公表したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68203

「規約を一方的に変更された」と答えた取引先は、楽天市場で商品を売る事業者の93.2%、アマゾンの72.8%、ヤフーショッピングの49.9%にのぼった。

公正取引委員会は2019年01月以降、取引実態を調べるため、巨大IT企業を通じて商品やスマートフォン用アプリを売る事業者らにアンケートを実施した。

「規約を一方的に変更された」と答えた取引先のうち、規約の変更に「不利益な内容があった」と答えた割合は、楽天市場で93.5%、アマゾンで69.3%、ヤフーショッピング37.7%だった。

一方、アプリの販売では「規約の一方的な変更」がアップルで81.4%、グーグルで73.8%。「一方的な変更」を指摘した取引先のうち「不利益な内容があった」と答えた割合はアップルで51.2%、グーグルで33.3%だった。

それ以上に、Google EarthやGoogle Translateなどでは、了解をしつこく強要してくる表示も増えている。



例えば、Google Translateでは、1回の使用に2回づつ表示され、Google Translateの性能はショート・センテンスで利用すると制度が高いが、1文書にすると、数10回利用することになり、そのたびに2回づつ表示されることになる。

Google Translateは、ロング・センテンスと固有名詞は、崩壊的である。

ユーザーが間違えて了解したと、言い逃れができる。
その了解を取り消そうとすると、やたら面倒になっている。

さらに、許可をすると、我が物顔でWebサイトを暴力的に荒らしまくる!




メルセデスベンツの対応が「消費者見下している」と炎上!

2019-04-17 16:25:48 | 犯罪と裁判




ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2019年04月16日に、メルセデスベンツの対応が「消費者見下している。」、誕生日祝いに購入した高級車に欠陥があったのに、交換してくれないと、ボンネットに座りこみ泣き叫び、メルセデスベンツの対応に苦言を呈する女性の動画が中国のネットで拡散され、ベンツが声明を出して謝罪する事態に発展していると、複数の現地メディアが報道したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68183

ベンツは中国市場で成長を続けていて、ブランド・イメージに影響が出ないか懸念されている。

現地メディア新京報や中国中央テレビによると、2019年03月27日に、中国・西安のメルセデスベンツ販売店で、女性が誕生日を祝おうと購入した66万元(約1100万円)の新車を受け取った。

だが、車に乗ってまもなく、エンジンオイルの補充を求める表示が出たため、不思議に思って調べたところ、エンジンからオイルが漏れ出していたことが分かったという。

女性がディーラーにこのことを告げると、店側は最初こそ同型の別の車に取り替えるとしたものの、数日後「エンジンを交換することで対応する」と態度を翻し、返金にも応じなかった。

女性は、買ったばかりの車にいきなり部品交換歴がついてしまうとして猛抗議。

販売店で愛車のボンネットの上に座り込み「(販売店の)門すらでていないのにオイルが漏れたのに!どうして交換に応じてくれないの!」と泣き叫んだ。

この動画は、中国版Twitterのウェイボーで瞬く間に拡散され、騒動に関する書き込みは2019年04月16日現在で4億回以上閲覧されている。

この騒動を受けて、ネットでは「ベンツの詐欺的行為だ!」とか「中国の消費者を見下している!」などと批判的なコメントが相次いでいる。

でも、こんな高額な車が買えるのは、どんな仕事をしているのだろう。


クメールの新年の交通事故レポート。それは地獄であった!

2019-04-17 14:19:42 | 犯罪と裁判


カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年04月17日に、クメールの新年を迎えた今こそ、多くの人々が都市を離れ、家族と地方に旅行する時期である。

警察署の交通警察・秩序局(The National Police’s Traffic Police and Public Order Department)が2019年04月16日に、2019年04月13日から15日にかけて、カンボジア王国で82件の交通事故が発生したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68181

死亡者数は44人で、132人が怪我をし、うち100人が重傷を負った。

この報告書によれば、事故の主な原因として、「スピード違反、飲酒運転、危険な追い越し、居眠り運転、そして車両の誤動作」が挙げている。

最も多くの事故はプノンペン(Phnom Penh)、コンポンペウ(Kompong Speu)、カンダル(Kandal)、パーサット(Pursat)の各州で発生した。

私がカンボジアを訪ねた頃は、車の運転はノロノロして、速く走る人はいなかったが、道路が整備され、高速で移動できるようになって、交通事故が急増している。

彼らのほとんどが、日本のような自動車学校での運転の教育を受けないまま、免許証が交付されている。

そんな免許証でも、提示されれば、レンタカー会社は車を貸し出す。
そして、日本の高速道路を疾走する。

まるで、暴走族状態である。

2019-04-15---ベトナムは、電力を不足のカンボジアに電力を供給することで合意。
2019-04-10---インバウンド暴走族の恐怖!
2019-04-08---カンボジアの交通事故死50%減の目標、2020年達成は困難。
2019-03-04---道路のルールについて、トゥクトゥクと自動人力車の運転手を無料で訓練。
​​​​​​​

サファリコム、マネーロンダリングと偽金の戦い最前線。

2019-04-16 14:22:23 | 犯罪と裁判


Mobile World Liveは2019年04月12日に、Business Dailyからの情報として、サファリコム(Safaricom)は、マネーロンダリングを防止し、偽の通貨がモバイル・マネー口座に入金されるのを防ぐために、m-Pesaエージェントに通貨チェック機器を配布する計画を明らかにしたと報告した。



https://time-az.com/main/detail/68170

新聞社のインタビューで、事業者の最高セキュリティ責任者ニコラス・ムリラ(Nicholas Mulila)は、エージェント・ネットワーク全体がキャッシュス・キャナーを取り付け、それらを使用して偽または疑わしいメモを特定する方法についてのトレーニングを受けると述べた。

彼は、すべてのエージェントが年末までにキットを受け取るであろうと付け加えました。そして、その活動は「偽の通貨の流れと戦うための努力」の一部である。



多くの人が現在それを知る能力を欠いているので、この活動は偽造紙幣の預金を受け入れることによって被る損失からそのエージェントを保護するのにも役立つ。

2018年12月末までで、ケニアには198,234のモバイル・マネー・エージェントがあった。
これらのオファー取引の大多数は、サファリコムのm-Pesaプラットフォームに出入りする。


オーストラリア会計検査院、NAIF貸付、透明性、一貫性欠如指摘!

2019-04-15 11:26:32 | 犯罪と裁判


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月12日に、オーストラリアの経済新聞「AFR(The Australian Financial Review/オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー)」は2019年04月11日に、ANAO(Australian National Audit Office/オーストラリア会計検査院)は、連邦政府の保守連合(自由党・国民党)政権が北部地域のインフラ開発を支援する目的で導入した低利子融資制度「NAIF(Northern Australia Infrastructure Facility/ノーザン・オーストラリア・インフラストラクチャー・ファシリティー)」について、決定プロセスが透明性に欠け、各プロジェクトの扱いに一貫性がないと指摘したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68158

連邦総選挙を来月に控え、NAIFは地方部でのプロジェクトへの出資を加速させている。

グラント・ヘイール(Grant Hehir)会計検査院長官は、審査対象となるプロジェクトの選定が、NAIFの最高経営責任者(CEO)ラウリー・ウォーカー(Laurie Walker)に委ねられている点について疑問を投げ掛けている。ANAOがまとめたレポートによると、出資決定を理由付ける文書や審査が一貫した方法で行われたという証拠がなく、情報のやり取りに私的な電子メールアカウントが使われたことも明らかになった。


スズキ、検査不正で200万台リコール!

2019-04-15 10:10:15 | 犯罪と裁判


日本経済新聞 電子版は2019年04月12日に、スズキは2019年04月12日に、新車を出荷する前の完成検査で判明していた測定データの書き換えなど不正事案についての調査報告書を発表した。

測定データの書き換えや試験環境が正しくなかった事例などの不正は2018年09月の前回報告より約2500台増えて、1万1070台に拡大した。

200万台をリコール(回収・無償修理)して、2019年03月期連結決算で800億円の特別損失を計上する結果になった。



2019年04月12日に、国土交通省に調査報告書を提出した。

https://time-az.com/main/detail/68156

スズキは2018年08月と09月に完成検査で不適切な事例があったことを公表した。

詳細の状況や原因分析の調査を進めてきた。

2019年04月12日に、記者会見した鈴木俊宏社長は「多大なご心配とご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます。」と陳謝した。

経営陣の責任について「厳正に対処する」として、「役員報酬を返上する」と述べた。

今回の不正発覚を受けて、「完成検査の正当性が疑われる」と判断した。

過去3年間に国内で販売して、まだ車検を迎えていない約200万台をリコールする。

自社ブランドは25車種で、リコールにはOEM(相手先ブランドによる生産)の15車種も含まれる。

いずれも2008年04月から2018年09月に生産し、データが確認できたものを調査した。

再発防止のため、設備の更新など今後5年間で1,700億円規模を投資する方針も明らかにした。

頼むから、カリスマじいちゃんを謝罪させないでほしい!


​​​​​​​

中国で、消費者情報の悪用集中取り締まり!

2019-04-14 10:41:27 | 犯罪と裁判


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月12日に、中国国家市場監督管理総局(中国国家市场主教练管理总局/市場監管総局/市场监管总局)は2019年04月10日、消費者の個人情報保護を強化するための集中取り締まりを今月から開始したと明らかにした。

消費者に無断で個人情報を収集、利用したり、入手した個人情報を第三者に提供したりといった違法行為を摘発する。

https://time-az.com/main/detail/68146

期間は9月末までの半年間。

市場監管総局は「EC(E-Commerce/電子商取引)の急速な成長などに伴い、消費者の個人情報を侵害する違法行為が日増しに増加している」と指摘。今回の取り締まりを通じて個人情報保護の理念を確立し、消費者が安心できる消費環境を作っていきたいと説明した。
​​​​​​​

アマゾンのAIエラー(Amazon AI error)、偽ブランド品(fake brand)を推奨!

2019-04-14 08:29:07 | 犯罪と裁判


日本経済新聞 電子版は2019年04月12日に、「アマゾンで、大手ブランドの模造品販売が野放しになっている。」

偽ブランド品問題に取り組む日本の専門家の間で、そんな声が上がっていると報告した。

他の通販サイトよりも審査が甘く、悪質業者による不正な出品が集中しているという。

批判は本当なのか?

39歳の記者が、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)の日本サイトで模造品の有無を探り、自分で出品者登録もして確かめてみたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68144

アマゾンはAI(Artificial Intelligence/人工知能)を駆使した不正検知システムなど模造品対策に力を入れることで知られる。

記者が見つけたのは、アマゾンの不正対策の「抜け穴」の意外な多さと、信用低下につながりかねない対応の危うさだったという。

2019年2月以降、記者はアマゾンのサイト上で模造品の出品を探った。
するとたちまち、仏高級ブランド「ゴヤール」のバッグやドイツの「MCM」の財布など多くの模造品が出品されているのをみつけた。

いずれも正規の新品として出品されているが、表示価格は本来の値段の半額や10分の1以下となっていた。

購入して専門家の査定を受けると、ことごとく模造品と判明した。東京都内の百貨店にあるゴヤールの正規店の従業員は、ひと目で「正規品ではないですね」と苦笑いした。悪質な業者からの不正な出品だった。

アマゾンは不正を見逃しただけでなく、「お薦め商品」にさえしていた。

カンボジアの交通事故死50%減の目標、2020年達成は困難。

2019-04-12 17:20:18 | 犯罪と裁判


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月10日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年04月08日に、サル・ケン(Samdech Sar Kheng)内相は2019年04月08日に、2020年半ばまでに交通事故による年間死者数を2010年比50%減の1,600人にする国家目標を達成できない可能性があるとの見解を示したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68129

サル・ケン内相はNRSC(National Road Safety Commission/国家道路安全委員会)委員長を兼務しており、北西部バッタンバン(Battambang)州で行った演説で、「今年は前年を上回るペースで死亡事故が起きている」と懸念を表明した。

NRSCによれば、2018年の死者数は1,761人と1日平均5人だったが、2019年は03月までで1日平均7人に増えているという。

このような国の運転免許証の保有者でも、日本でレンタカーを借りて運転できる。

さらに、事故を起こして、その治療費が払えるのだろか??

2019-04-10---インバウンド暴走族の恐怖!
2018-10-16---タイのGrab、交通事故防止向け投資倍増。
2018-07-31---運転免許の採点自動化、マレーシアで2019年にも導入!?
2018-07-10---カンボジア2018年01〜03月の保険収入29%増。
​​​​​​​

インバウンド暴走族の恐怖!

2019-04-11 10:47:36 | 犯罪と裁判


毎日新聞は2019年4月10日に、訪日旅行の拡大に伴ってレンタカーを利用する外国人観光客が大きく増え、日本での運転に慣れていないため死傷事故も増加し、問題となっていると報告した。

https://time-az.com/main/detail/68114

事故防止に向け、一部の高速道路で外国語の警告板を設置したり、外国人向けの運転補助システムを開発したりと対策を講じる動きが出ている。

それ以上に怖いのは、運転免許証の取得テストが国によって異なり、中には教習が直接道路で行われ、簡単に運転が許可される国があり、その免許証で、レンタカーを借りて、どこでも走ることができる現実である。

とくに日本は、多くの国と走行が左右逆である。

私は昔、日本の免許証でイタリアを走行中、カーブを曲がって反対車線に入りかけたことがあった。

2018-06-24---サウジアラビアで、女性の車運転解禁!
2018-04-06---カナダで、アイスホッケーチームのバスとトレーラーが衝突、15人死亡!
2017-10-31---ニューヨーク。車暴走テロで8人死亡。
2017-09-26---サウジアラビア、女性の運転容認!
2017-08-20---暴走車を運転した容疑者で、連続テロ指導者は爆死か!?
2017-08-17---バルセロナの車暴走テロ!
2017-07-04---大阪の高速道路で豚19頭の次は、鶏7000羽が脱走!
2017-06-25---貧乏が生んだ悲劇。パキスタンで、タンクローリーが横転し炎上、123人死亡?
2017-06-08---阪神高速で、ブタ19頭逃亡!
2017-06-04---ロンドンの車暴走、刃物で襲撃テロで、7人死亡。3容疑者射殺。
2017-06-04---ロンドンで、車が暴走し、人が刺され、6人死亡。48人負傷。
2017-05-02---大分の混み合う病院に車突入!悲鳴、逃げ惑う患者!
2017-01-20---メルボルンで車暴走。日本人1人を含む5人死亡。
2016-12-19---ベルリンのクリスマス・マーケットにトラックで突っ込み12人死亡!
2016-11-02---レディー・ガガ、「東京中を車で走り回りたい。」希望は危険!
2016-10-23---米国で観光バス衝突で、13人死亡、30人以上負傷。
2016-10-19---フィリピンで、警察車両がデモ隊に突っ込んだ!
2016-05-14---米国のテキサス州の高速道路で貸切バス横転、8人死亡!
2015-11-30---ランボルギーニが、フェラーリと競争して、木に衝突。
2015-10-04---制限スピードの3倍以上で走る北京のオートバイ乗り逮捕!
2015-05-21---北京の「公道レース」事件で、運転の男2人に懲役刑。
2015-04-26---モビリティ・スクーターでレースをする人々!?
2015-04-17---ミツバチでいっぱいのトラックはワシントン州で横転した。
2015-04-02---唯一の道路車で、£300,000mのフェラーリGTO 599は、一瞬にして鉄くず!
2014-10-14---ISジハード戦士と戦うために、バイクの暴走族が参戦。
2014-09-24---サウジアラビアで、信号無視は、懲役!
2014-02-13---北京で赤いフェラーリが鉄くずになり、1人死亡、2人負傷。
2013-10-26---サウジ女性、ドライビング抗議を開始!
2013-05-25---サウジの暴走族は,日本より危険なドライビング!
2013-04-20---結婚式客を運ぶダブルでッカーが横転し、14名が負傷!
2012-05-11---中国で4歳の子供が、走行中の車から落ちた!?
2012-05-09---国宝南京城壁に傷つけた後、フェラーリが謝罪!
2012-03-11---馬鹿な日本人医師の記事が、BBC Newsで読者数トップ!
2010-12-15---結婚式のバスが貯水池に突っ込み、少なくとも27人が死亡!
2010-11-05---高速自動車道の路上で、ヨーグルト対ピストルの決闘!
2010-01-07---スイスで時速30kmオーバーの罰金2,711万8,000円。
2009-07-30---米国政府は、下手なドライバーへの補助金を止める!
1977-08-11---昇仙峡で観光バスが転落。死者11人。
1975-06-14---初の暴走族全国一斉取り締まりが行られた。
1975-06-08---七里ヶ浜で暴走族600人が大乱闘をした。
1896-11-14---イギリスで、スピード違反の取り締まりが本格化した。