Love&Teeth

藤島歯科の治療室ダイアリー。インプラント治療や審美治療。趣味や日常の出来事を紹介します。

アバットメント(インプラントの土台)

2011-02-25 04:38:13 | インプラント
インプラント治療でオペの後早くて6週間で骨がくっ付きます(osseointegration)。
骨のくっつき具合を器械でチェックします。良ければ型を採って被せ物を作ります。

 インプラントの深さや角度によってアバットメント(土台)の種類が変わってきます。
オペをする術者はそれを前もって位置を考えてインプラントを挿入します。

 アバットメントはチタンで出来た既製品やCAD/CAMで作ったチタン・ジルコニアや鋳造された白金加金の物が有ります。
また、接着方法ではネジで止めるもの、セメントで止めるものなどがあり、沢山の種類の中から選びます。
 
 藤島歯科医院では術前にプラニングし最終補綴物を考え、色々な選択肢を考えて患者さんに説明してから治療を行います。
Dsc00671 Dsc00677 Dsc00683 Dsc00687



コメント   この記事についてブログを書く
« 老舗の問屋さん | トップ | 第一号開花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インプラント」カテゴリの最新記事