私的博物展示館  孫たちよ 「至誠通天」 まじめがいちばん!

気の赴くところをなんでも展示します。自分自身へのメモ記録です。木工・修理、菜園、ぶらぶら探索等々、全てが素人です。

Bluetoothオーディオレシーバ 感度・音・安定性良好⇒成功

2014年12月29日 07時56分21秒 | 電子小物

2014年12月23日

Bluetoothレシーバはポータブル小型製品を数種類所有しています。いずれもスマホで、ネットラジオ他を聞く為です。
感度が悪く不安定です。充電も面倒です。結局、スマホのイヤホンジャックに直接イヤホンを挿すことに割り切りました。
今般、居間のシアターシステムでスマホ・タブレットからネットラジオ、ポッドキャスト類を聞く為にbluetoothレシーバを捜しました。
エレコムの電源直結のシンプルな製品を選びました。
大成功です。感度良好、 音良し、安定性良好です。
無線機器は受信感度が最も重要な性能と実感しました。

 

ELECOM エレコム iPhone6 iPhone6 Plus 対応 Bluetooth オーディオレシーバーBOX NFCペアリング機能対応 LBT-AVWAR500シアターシステムにつなぎました。感度良好、音良し、安定性良好で大成功でした。電源直結で充電方式でないのも簡単で良いです。エレコム

コメント

オリンパス ボイスレコーダ WS-805 導入記

2013年11月24日 21時39分02秒 | 電子小物
追記 2013年11月26日 16GBのマイクロSDカードを装着
手元にあった2GBのマイクロSDカードを装着して試していました。結果良好です。
Amazonで16GBのマイクロSDカードを装着して、本格運用に入ることにしました。
マイクロSDカードは1218円で信じられないくらい安くなっています。
1)このレコーダは使用するメモリを設定する必要があります。SDカードに設定しました。
2)SDカードは初期化しました。
3)パソコンに接続して今までの録音及び音楽、教材をSDカードに移動しました。
4)本体メモリを初期化しました。
5)これで全てのファイルは16GBのSDカードで運用されます。十二分な容量です。
本体メモリー4GBは予備メモリとしての運用となります。

6)音楽や教材の音質も良好です。イヤホンはもちろん、スピーカでもなかなかのものです。

ますます、推奨の一品ということになります。
パソコン作業や、工作作業にも手元に置いておき、紙にメモする代わりに、声でメモすると云う運用を考えています。普通は必要ありませんが、エラーメッセージなど後で必要になる場合に役立てるつもりです。
2013年11月24日
1.テープレコーダは精密電子機器の象徴だった。
中学1年生の頃、ソニーが家庭用、学習用としてリール式のテープレコーダをしきりに宣伝していた。何とか買って貰って、録音・再生が出来る喜びに浸った。その後、カセット式、マイクロカセット式、ウォークマン、ディスク式、ICレコーダとありとあらゆる録音再生機を購入した。要するに、電子小物がこの上なく好きだった。
目的は学習なるも、学習に使えたことは一度もなかった。
2.40年が過ぎ、
さっき思いついたこと、考えたことが思い出せない。今聞いた人の名が、本の名が、寺の名が思い出せない。急速に脳の機能が劣化しているようだ。メモに書き留めるのも手間がかかる。タブレットに記入するのも準備する間に思い出せなくなる。
思い出した。
ボイスレコーダーが一番、手軽で、手間のかからないメモ道具である。問題は録音ファイルを溜めずに、早めに整理処理して、パソコンメモに移すこと。
3.数台買ったはずだ捜したら2台見つかった。
5から10年ほど前のものか。
一つはなつかしいサンヨーの当時の高級機。もう一つはオリンパスの小型機。
だが、液晶が見えにくく、操作はマニュアルを読み直さないとよく分からない。
4.最新のものを購入しようとネットで調べた。
いろいろあって、明確な結論は出ない。どうも、オリンパスがビジネス用ボイスレコーダで地道に実績、改良を重ね良さそうだ。機種も増えていて選定は難しい。
使用目的から、
1)ボイスメモとしての新しい機能を全て備えている。
2)操作が単純であること。
3)声の録音、再生がクリアであること。
4)小さく、軽く、携帯にじゃまにならぬこと。
5)パソコンへの接続が容易であること。
6)録音ファイルが選びやすいこと。液晶表示が見やすいこと。
7)安価であること。
8)音楽プレーヤ、語学レッスンプレーヤとしての性能も優れること。
で捜して、オリンパスのVoiceTrek V-802が最適と判断した。なんと、FMラジオまで内蔵していて、57g。
Amazonで約1万で購入しようとした時、
ページの右に【Amazon.co.jp限定】OLYMPUS ボイスレコーダー VoiceTrek 4GB 高音質リニアPCM FMチューナー WS-805 GRY グレー が出てきた。6500円
調べると、V-802の輸出用らしい。ケースやストラップが付属してない。本体の録音等の印刷文字がRecと英語表示。但し、液晶内は日本語表示。マニュアルも日本語。機能、仕様は同じ。ということでWS-805を購入しました。翌日午前中に届きました。
5.性能は予想通り良好です
高性能、多機能です。未だ、多機能は使いこなせませんが、必要な性能には大満足です。
これだけの機器を、中国製ジャンバー1枚以下の値段で売る。開発・設計者、メーカが気の毒です。
でも、安くて、良いものです。推奨できる品物です。

Img_16701

コメント (2)

CRT作業に適度な明るさのLEDクリップライト 実践記

2013年10月23日 09時18分47秒 | 電子小物
1.机上作業の大半はCRT作業です。
同時に本を読む必要も出てきます。
通常の照明スタンドでは明るすぎてCRT作業には不向きです。アームをまわして照明を遠ざけると本を読むには影が出来ます。
2.適度な明るさで本も読める。
CRT作業も阻害しない。机上の邪魔にならない。照明を捜して、写真のLEDクリップライトに行き着きました。
発光部側面がまぶしいので、手元にあった半透明のクロステープ(荷造り用?)でフードをつけました。解決です。
クリップはしっかりしています。安心感があります。
色々な種類が販売されていますが、補助照明ですので高価なものは不要です。タッチセンサースイッチです。USB電源です。ACアダプターも付いています。名の知れたメーカ製です。
と言うことで「ELECOM LEDクリップライト USB対応 ACアダプタ付 "CHUU(チュー)" ブラック LEC-USBC01CBK 」を選定しました。
他にも良い物があるかも知れませんが、推奨できる照明でした。

Img_14921

<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=somethingha00-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=B008ZXS3SK" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" style="width: 120px; height: 240px;"> </iframe>

コメント

掛け時計で生活改善?

2013年02月10日 10時40分16秒 | 電子小物

時間を気にしない生活が3年。朝も夜もない不健康生活に陥ります。
1.時計の大半は電波デジタル時計になっています。
が、腕時計はしない。あちこちに置いてある置き時計は見ない。TVは録画でしか見ない。時刻を知る必要のない生活です。
2.習慣的に目がいくのは掛け時計。
朝起きた時、寝る時等々。ところが掛け時計は新築祝い、増築祝いなどいわく因縁付きで捨てがたいです。古いです。朝2時で止まったまま、動いてもすぐ狂う。電池を交換する気もしない。チクタクの音も気になります。
3.思い立って掛け時計を買いに電気屋へ。
私は20年ほど前から時計はカシオです。数年に一度の時計操作の統一を図っています。正確で音がしないとなると電波掛け時計になります。不要な機能はいりません。
4.なんと、1800円です。
電波の弱い地域ですが十数分間掛けておけばそのうち受信して正確な時を刻みます。毎分電波受信正常と緑色に光ります。生活も少しは改善されるでしょう。
5.一昔前なら2万円で買ったでしょう。
日本の製造業が苦況にたつのもわかります。昔ながらで栄えているのは税金が流れる官公庁、公共設備需要の製造業だけでしょう。
それでも、売れないよりは良い。掛け時計を掛け替えましょう。

Photo

コメント

ペンタブレット導入 実践記

2013年01月29日 10時59分46秒 | 電子小物
昨晩発注していたペンタブレットが届きました。
今朝、インストールとテストを実施しました。
実践記を展示します。
1.ペンタブレット導入目的。
昨年末に導入したタブレット端末(Nexus7)に描画ソフトを導入。結構、楽にスケッチ、お絵かきができます。パソコンではマウスで描くことになりますが、結構、難しいものです。ペンタブレットで操作性の改善を図るためだけに導入することにしました。
2.購入ペンタブレット
ネットで調べるとワコム製が主流です。メーカホームページには安価なものから高価なものまで各種の品揃えがあります。読んでも素人には差の意味がよく分かりません。
目的はマウスでの描画操作をペンタブレットに置き換えるだけです。機能・付属ソフトが少なくて最も安価な「Wacom ペンタブレット シンプルタブレット Bamboo Pen CTL-470/K0 」を発注しました。
届いてみないと使えるかどうかは分かりません。
3.接続、設定、基本操作
付属のクイックスタートガイドに従って、パソコンと接続、ドライバーのインストール、加えて音声付きの簡単な操作訓練と問題なくできます。
4.カスタマイズ
シンプル版とは言え、パソコンタブレットが初めての私としては面食らうほど多機能です。
従来の「キーボード+マウス」の機能を全てタブレットで置き換える勢いの機能です。
20年以上もキーボートとマウスとの操作に慣れ親しんだ身体には、主食の米をタロイモに置き換えるぐらいの違和感があります。
使える機能は全て試しました。結論は、従来通りの「キーボード+マウス」に、ペンタブレットが加わると言った操作にします。以下に操作カスタマイズのキーポイントを展示します。
①配置
机の広さにもよりますが、タブレットをキーボードの手前に置くのがやりやすいです。

Photo

②マウス機能
マウスの機能は従来のマウスで操作します。ペンタブレットのマウス機能を全面的に使うことはしません。
尚、この画面でマウスモードを選ぶと、タブレットの座標検出はマウスと同じく移動量をとらえる相対値になります。絵を描く場合には紙の上に書くのとは異なった感覚になります。

Photo_2

②2画面CRTのマッピング
私はパソコンは2画面で使用しています。絵は左側の画面で描きます。紙で書くのと同じ感覚とする為、タブレットの検知範囲を左側1画面だけに設定します。

Photo_3

5.テスト
フリーのGIMP2を使ってテストしました。これから慣れて旨くなると思いますが、絵を描くことはマウスより格段に容易です。
尚、GIMP2は筆圧に対応していますので、強く描けば濃く、弱く描けば薄くと言った書き方ができます。また、その反応具合の設定もできます。
テストで描いた絵は狸でなくて、我が家で無くなった立派な猫です。(猫が好きな訳ではありません、子供が勝手に数匹残していったものです。最近も、引き取らされた猫が2匹おります。)

Photo_4

コメント