沖縄対策本部

当ブログは現在引っ越し作業中です。
最新記事は日本沖縄政策研究フォーラムを御覧ください。

沖縄対策本部■【拡散依頼】10・27沖縄マスコミ正常化推進大会in辺野古「愛する沖縄県民への警告!」

2013年09月27日 16時05分09秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成25年9月25日現在:1642名◇

 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

この情報を広げるために応援のクリックをお願いします。  

 

■【拡散依頼】10・27沖縄マスコミ正常化推進大会in辺野古「愛する沖縄県民への警告!」

沖縄対策本部の運動とはいったい何なのか? 何をしようとしているのか?

もし、そのような質問を受けたなら私は次のように答えます。

「左翼勢力、売国勢力、または、その裏で糸を引いている共産主義国家から沖縄を取り戻す運動です。」

一言で言う事は可能ですが、実行はそう簡単ではありません。

多くの手順をこなさなければそれは実現できないのです。

まず、「沖縄問題」とは決して沖縄ローカルの問題ではなく、日本の国家の根幹を揺るがす国家基本問題であり、その本質は、日本民族分断工作であることを伝えなければなりません。

そして、左翼にのっとられているのは、沖縄のマスコミと政治と教育・歴史であって、決して沖縄県民では無い事を伝えなければなりません。

次に、分断工作と戦うためには、「沖縄県民はマスコミでみるように左翼ばかりではない、沖縄にだって応援するに値する素晴らしい愛国者がいるんだ!」ということを実感してもらわなければなりません。

そのような確信を持ち、「沖縄の愛国者とともに祖国を守ろう!」 という志を持つ仲間をつくるために、様々な集会を開催してきました。

そして、多くの皆様のご理解とご支援のおかげで、沖縄対策本部の活動を続ける事が可能となり、今現在では、「沖縄の真実」を多くの皆様が知るようになりました。マスコミを利用した左翼勢力の洗脳を打ち破り、沖縄分断工作に亀裂をいれる事に成功したのです。

私はこれから、沖縄対策本部の活動は次のステップへと進むべき時が来たと感じています。

具体的に沖縄を左翼から取り戻す戦いを始める時期が来たと感じているのです。

なぜなら、来年、平成26年は、「沖繩を失うか取り戻すかの結果が出る『沖縄決戦の年(注1)だからです。

来年は沖縄で日本の命運に大きな影響をあたえる選挙が続きます。1月19日には名護市長選挙3月頃には石垣市長選挙10月には沖縄県知事選挙が行われます。

どれをとっても売国左翼勢力に席を渡してはならない、絶対に負けられない選挙です。

しかし、前述しましたように、沖縄のマスコミは左翼勢力にのっとられ、沖縄の政治はそのマスコミの圧力のコントロール下にあります。

その結果、中国共産党に領土を狙われながらも、その敵と仲良くしようという政治判断が議会で行われた(注2)、無防備を押し進める政治家が国家議員に当選したり(注3)するようになっているのです。

更に全国の左翼勢力は、巨大労働組合の組織を使って次の名護市長選挙に向けて運動を開始しています。

これを黙って見過ごしていると、沖縄は共産主義勢力の手中に落ちてしまいます。例えば、共産主義の沖縄県知事が誕生したら沖縄がどうなるか考えればわかると思います。

まず、沖縄県庁、および県庁職員を総動員しての反米運動が始まります。

米軍の作戦行動を阻止するために巧みないやがらせをマスコミと連携して沖縄全土を巻き込んで行います。

その結果あっという間に在沖米軍は縮小の方向、最悪の場合は日米同盟の名は残るものの実質的には破綻状態にもっていかれます。

左翼勢力は、米軍の抑止力の無効化運動が功を奏した頃に「尖閣諸島は沖縄と中国と台湾で共同管理するべきだ!」という声をあげ、また琉球独立運動を行っている別の団体が独立宣言を行います。その支援を国際的大義名文として人民解放軍が沖縄に上陸してくることになってしまいます。

マスコミと政界が乗っ取られている沖縄では、極左知事が誕生すれば、一般の県民の意思とは関係なく日米安保破棄と琉球独立の方向にもっていかれるのです。

だからこそ来年の選挙は、「沖縄決戦」なのです。

祖国日本を守るための政治工作との戦いが名護市長選挙であり、沖縄県知事選挙です。

沖縄の政治を取り戻すためには、まずはマスコミを取り戻さなければなりません。

当初は取り戻せなかったとしてもその煽動力を無力化させなければなりません。

その戦いを、10月27日に、マスコミによる言論封殺の最前線である名護市辺野古で開催いたします。

遠隔地での開催ですが、来年の名護市長選挙に向けての第一段階の準備、沖縄マスゴミ包囲網構築のための集会です。

勝負は、左翼に負けないだけの愛国者同士の絆、左翼に負けないだけの沖縄支援体制がつくれるかどうかにかかっています。

沖縄在住の皆様も、全国の同志の皆様も万障お繰り合わせの上、ご参加くださるようお願いいたします。

(仲村覚)


(注1)
 <■2014年は、沖繩を失うか取り戻すかの結果が出る「沖縄決戦の年」>
   http://goo.gl/6gwXK4

(注2)
 <■那覇市役所、国民の血税で中国のシンボル、巨大な龍柱2本を建造予定、中国に発注!>
   http://goo.gl/XHv4DY

(注3)
 <■参議院議員選挙沖縄選挙区、自民党候補の真の敗因は県連の左傾化>
   http://goo.gl/EO98Ph 

 

 

  <10・27沖縄マスコミ正常化推進大会in辺野古>
   「愛する沖縄県民への警告!
~言論封殺の地、「辺野古区」から目指すマスコミ正常化~

チラシPDF版のダウンロードはこちらから、
http://goo.gl/kwb1tW

 ◎日時:平成25年10月27日(日) 
 ◎場所:辺野古公民館(沖縄県名護市字辺野古913−10)
 ◎参加費:500円

◇マスコミ正常化推進大会◇
 ◎受付:12時30分 開会:午後1時
 ◎基調講演:「愛する沖縄県民への警告!」
   <講師:坂東忠信(元警視庁通訳捜査官)>
 ◎緊急報告1:「琉球新報の言論封殺の実態!」
   江崎孝(ブログ狼魔人日記管理人)>
 ◎緊急報告2:「反米・反日報道の行き先は琉球独立」
   <仲村覚(沖縄対策本部代表)>

◇マスコミ正常化写真展◇
 ~沖縄を第二のウイグルにしてはならない!~
 写真展:「ウイグルの実態! 偏向報道の実態!」
 展示時間:午前10時~午後3時30分
■主催:沖縄対策本部
■後援:チーム沖縄
■お問い合わせ:TEL : 070-5410-1675(仲村雅己)

<FaceBookページ>
https://www.facebook.com/events/216552498508713/
E-mail:nakamura.satoru7@gmail.com

 

 --------------------◇◇◇近日開催のイベント◇◇◇--------------------

 

   第一回沖縄決戦準備セミナー

  村田春樹先生 講演会
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」

◎日時:1015日(火)受付:午後6時30分 / 開会:午後7時
◎場所:豊島区勤労福祉会館(大会議室)
◎参加費:1,000円
◎主催:沖縄対策本部 
◎お問い合せ:TEL 080-5021-8105(仲村覚)

※どなたでもご参加できます。直接会場にお越しください。

 

※準備の関係、下記のFBページもしくはメールにて参加のご表明をお願い致します。

<FaceBookページ>
https://www.facebook.com/events/400862313358968/
E-mail:nakamura.satoru7@gmail.com

 

チラシPDF版のダウンロードはこちらから、
カラーと白黒の2ページです。
http://goo.gl/9pGLwX


 ◇◇◇カンパのお願い◇◇◇

 沖縄には全国の左翼勢力が集中し様々な反米・反日・親中の扇動工作を行なっています。また、政界もマスコミ界も全て乗っ取られており、特にマスコミは、反米、反日、親中の扇動工作機関紙となっています。日本防衛の砦である沖縄を左翼勢力から取り戻さない限り日本の未来はありません。一方沖縄の保守勢力は組織力が弱くマスコミの言論弾圧を受けた状態で声をあげるにも挙げられない状態です。それを打ち破るためには、沖縄の保守勢力を全国から応援し、沖縄県民を啓蒙しなければなりません。

 そのような沖縄の啓蒙活動や支援活動を組織的、継続的、計画的に行えるようにするため、「沖縄対策本部」を設立する事にいたしました。中国の動きを見ると今が最後のチャンスだと感じています。やるべきことをやらずして、植民地になった時に「あの時にもっと頑張ればよかった」と後悔するようなことはしたくありません。国家存亡の危機を乗り越えるために、何としてでも、全国の力を結集して沖縄を中国に売る左翼勢力から沖縄を取り戻したいと思います。是非、皆様のご賛同とカンパのご支援をお願い致します。

◎ゆうちょ銀行
◎店名:019(ゼロイチキュウ)
◎預金種目:当座
◎口座番号:0789977
◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

◎(記号番号:00180-0-789977)

※皆様の浄財は次の活動の運営費用に活用させていただきます。

◇左翼、中国の活動、工作に関する情報収集分析 ◇沖縄保守勢力への支援体制構築 ◇啓蒙活動(沖縄各地) ◇沖縄のマスコミ正常化運動 ◇沖縄の正しい歴史の編纂 ◇議会対策、ロビー活動(国会・沖縄地方議会)

この情報を広げるために応援のクリックをお願いします。  

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
 ※どこの団体にも所属しない個人メルマガです。
 バックナンバー● http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/arcv
-----------------------------------------------------------------------
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
 PC● http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 沖縄対策本部■祖国との一体感... | トップ | 沖縄対策本部■【拡散依頼】動... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (中韓歴史歪曲研究会)
2013-10-24 21:18:22
転載させていただきます。

コメントを投稿

はじめての方へ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ

gooブログ おすすめ