中小企業のための「社員が辞めない」会社作り

社員99人以下の会社の人材育成に役立つ情報を発信しています。

第879話 「ジタハラ」をチャンスに変える

2020年01月26日 | 研修

「すべての社員がイキイキ働くようになる」仕組みと研修を提供する人材育成社です。

いま多くの企業で、残業時間の短縮(時短)が至上命題となっています。働き方改革イコール残業を減らすこと、というわけです。終業時間が過ぎると上司(管理職)が「早く帰れ!」と社員を職場から追い出すような光景も見られるそうです。

こうした無理な「時短強制「時短ハラスメント」すなわち「ジタハラ」と呼ばれています。

終業後、職場近くのファミレスなどへ移動して仕事を続ける「隠れ残業」家に仕事を持ち帰って深夜まで作業をする「家庭内残業」などが蔓延し、仕事の生産性も社員のモチベーションも大幅に低下してしまったなどという話も聞きます。まさにハラスメントそのものという感じがします。

この「ジタハラ」に関しては、中小企業の経営者からは概ね次のような反応が返ってきます。

「ほら見ろ。働き方改革なんて言っても、結局は社員をいじめるだけじゃないか。」まるで働き方改革が諸悪の根源だ、と言わんばかりです。

ここで働き方改革の真の狙いや考え方を改めて説明するつもりはありません。時短は「やるしかない」のです。好むと好まざるとにかかわらず、今年の4月からは規制を超えた時間外労働には「罰則付き・改正労働基準法」が適用されるのですから。

経営者の皆さん、どうせやるしかないのなら、この「ピンチ」を「チャンス」に変えてしまいましょう。

え?「できるわけない」ですって?

では皆さんは自分が決めた会社の方針を他人から「できるわけない」と言われたらあっさり引っ込めますか?

経営者がこの機会に「残業を減らして仕事の生産性も社員のモチベーションも上げる」ことを「決めて」しまえば良いのです。そのために何をするか考え、実行するのです。

よく耳にする職場フロアの強制消灯やサーバーのシャットダウンは方法論に過ぎません。上手く行きそうもないとわかったら他の方法を探ることです。それが思いつかなかったら管理職を、社員を、全社を巻き込んで考え、試行錯誤することです。

大事なのは経営者としてご自身が「決めたこと」を貫き通すことです。

来週2月7日(金)の当社の公開セミナーでは「残業を減らして仕事の生産性も社員のモチベーションも上げる」ことを決めた経営者、管理職の皆さんのお役に立つ3つのヒントをお伝えします。

是非ご参加ください。

*****(緊急)セミナー開催のお知らせ*****

「いよいよ労基法施行! 3つの策で進める中小企業の働き方改革」

日時:2020年2月7日(金)18:30~20:30(18時15分より受付)

場所:SHIP( 品川産業支援交流施設)第2会議室

 品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4階 TEL 03-5449-6871

 (JR大崎駅より徒歩8分    https://www.shiposaki.jp/access/    

主催:株式会社人材育成社

   千代田区九段南3-9-11-802 TEL 03-6272-6335 

内容:仕事の進め方を大きく変える3つの具体策の紹介(実施方法について)

料金:1名様5,000円(消費税別)1月中のお申込みに限り4,000円(消費税別)

お申込みは下記より(2月セミナーと記し)必要事項をご記入し、送信してください。

セミナーのお問い合わせ【株式会社人材育成社】 

人材育成のホームページ

コメント   この記事についてブログを書く
« 第878話 働き方改革は「営業... | トップ | 第880話 働き方改革実現の担... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

研修」カテゴリの最新記事