企業研修の人材育成社

人材育成に役立つ情報、アイデアを発信しています。

ディスカッションの進め方を習ったことがありますか?

2013年11月12日 | コンサルティング

「ディスカッションのルールを教えてもらってよかった」

 「ルールの中で一番参考になったのは、他者の意見と異なる意見を言う時には、先ず意見を受け止める、批判をする時には必ず代案を言う」

がとても役にたったとのことでした。

皆さんはディスカッションの進め方を習ったことはありますか?

この秋は「問題発見・課題解決」をテーマとした研修を週に2~3回のペースで行っています。この研修を行う時は終始グループディスカッションで進行するのですが、先日研修の開始時にディスカッションのルールを紹介してから研修を始めたところ、研修終了後に数人の受講者が感想を言いに来てくれました。

研修においては、ディスカッションがどれくらい活発に行えるかが成果に大きな影響があると感じています。企業内で行われる研修であっても、面識がない人同士が同じグループでディスカッションをすることはどうしても遠慮があり、なかなか難しいことです。もちろん、研修の開始時には自己紹介をはじめアイスブレイクの時間をとっていますが、それでもディスカッションの盛り上がりは、グループによって差が出てきます。

では、その差はどこからくるのか。

それぞれのグループのディスカッションを観察していて感じるのは、そこで行われているのは実は本来の意味でのディスカッションではないということです。ディスカッションと称して順番に発言をしているだけです。他者の発言に対して突っ込みを入れたり、質問をしたりすることはほとんどない。時々感想を言う人がいるくらいのやりとりしか行われないていないのです。

そこで思ったのが、そもそもディスカッションの進め方を知らないのではないかということです。自分の意見を発信することにためらいがある、そのために順番に発言をすることになる。他者の意見を肯定することはできても、突っ込みを入れたり批判をすることにはネガティブなイメージがあって、どうしても遠慮をしてしまうのです。

短時間のディスカッションならばともかく、2時間を超える大型の演習では決められた時間の中で結果を模造紙にまとめるなどの成果が求めることがありますが、グループの中で発言を遠慮しあっているとちっとも議論が進まず、あっという間に納期(終了時間)が来て、完成に至らないという事態も起きうるのです。

最近そういう事態を見ていて、私たちは学校時代にディスカッションの進め方を習うことがなかったのではないか?と思うようになりました。

発言を行き交わすことがないディスカッションであれば、同じ場所に集う必要はないのです。

でも、ディスカッションの重要性はみんなわかっているのですから、これからでも遅くはない、まずはディスカッションのルールを共有することから始めようと思います。

(人材育成社)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 管理職は水門 | トップ | 集団浅慮:皆で決めたことは... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
話すこととディスカッションは別ものですね (向井加奈子)
2013-11-14 15:47:14
実践英語の先生(カナダ人)から、「日本人の会話は、順番に話すだけ、そのほかの人は聞くだけなので、どこで参加していいかわからない。」と言われたことがあります。コミュニケーションやディスカッションは学んで訓練して身につけていくものだとこの時初めて知りました。欧米では小学生の時から実践しているそうですね。でも、日本の学校や会社でも方法について教えてもらった人は少ないはず・・・

相手の意見を尊重しながら相手の話をよく聞く、ポイントをつかむ、相手に伝わるように構成を考えて話す(特に反対意見の時は相手を肯定しながら理由を明確に)、会話のキャッチボールをしながら目標に向かって進める・・・分かっていても難しいです。
ディスカッションのルールを共有化したい (芳垣玲子)
2013-11-14 23:27:29
かなさん いつも素敵なコメントをありがとうございます。メッセージのキャッチボールがとても嬉しいです。本当にそうですね。コミュニケーションもディスカッションルールも自然に身につくものだと考えられているのでしょうね。

私自身は、たまたま人材育成の仕事をしているから練習をする機会が何回かありましたが、そうでなければ学ぶ機会はあまりないですね。

そのように考えると改めて昨年受講した「ファシリテーション」の授業は勉強になったと思います。受講してよかった~。かなさんにも出会えたし。

でも先生に教えていただいたことが、身についているかどうかは別な話です。ですから今後も追及していきたいテーマの一つだと思っています。

これからもかなさんのメッセージを楽しみにしています。

コメントを投稿

コンサルティング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事