セルフビルド de 自宅建築日記 @秩父 -自分の家は自分で建てる!!-

人力社のカメラマン阪口です。ただいま埼玉の秩父地方で家をセルフビルドで建ててます。www.jinriki.net

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

土台の設置1

2011年09月30日 | セルフビルド/構造体
ここまでに掲載しました仕口の作り方で土台を削り続けておりました。その数、、、わからん。
とにかく、たくさんです。
そうしますと、置き場がなくなって参りました。
この後には、梁桁の部材50本以上と柱の部材70本以上が届きます。
どうするか???

そんな訳で、基礎の上に土台を先に設置する事にしました。
当然雨ざらしになりますので、後々、何か考えねばなりませんが、
ひとまず、やってしまおうということです。

一応、我が家は住宅金融公庫の木造住宅工事仕様書に準拠して建築しております。
ホントにその通りりに出来てるかどうかはわかりませんが??? まぁ、がんばっております。

そしてその仕様書では、土台と地面からの高さが1m以内の軸組には防腐防蟻の処置を取るようになってます。
要するに防腐剤を塗ればいいんだなということで、カインズホームで買ってきました。

クレオソートは臭いがすごく、また健康にも悪いような気がしましたので、それより少しいいやつです。
もっと良さそうなのはすごく高かったのでやめました。まぁ十分でしょう。

ローラーで四面に塗りました。


あと、細工した部分は蟻が食いやすいとの事で、より入念に塗ります。
透明なので、ちゃんと塗れているのかわからず、ついつい塗りすぎてしまいます。


一斗缶を一缶で土台全体にちょうどでした。
柱がたったらもう一缶買ってこようと思います。
コメント

腰掛け鎌継ぎの作成その2

2011年09月28日 | セルフビルド/構造体
次に腰掛け鎌継ぎのメス側を作っていきます。こっちの方が難しいです。
まず、墨付けですがこんな感じ。


ここの茎の部分を、角のみで6cmの深さに彫ります。


次に腰掛け部分に丸ノコで切り込みを入れます。うちの場合はここも6cmです。

ここまでは、材木の反対側の余分な部分を切り落とさない方が作りやすいです。

この段階で切り落としましょう。


切り落としたら、腰掛け部分をノミでさらいます。

茎の中も奇麗にします。この中がバリなどで深さが足りないと、後できちんと入らなくなります。


次に矢印部分ですが、まず滑り勾配のところを、小型のノコギリで切れ目を入れます。

「 / 」こんな感じに切るのですが、けっこう難しいです。

切り終わったら、ノミで矢印部分をさらっていきます。
この時、矢印の先端側からノミを入れ始め、根元の方へと進みましょう。逆だと割れが出来ちゃいます。


奇麗に整えたら完成です。


けっこう大変ですね。
コメント

腰掛け鎌継ぎの作成その1

2011年09月27日 | セルフビルド/構造体
みなさま、大変ご無沙汰をいたしておりました。
自宅セルフビルド、挫折していた訳ではありません。
ただ、ずーーーっと材木の刻みを続けており、あまりに変化が無いので、
ブログの更新をさぼっておりました。すみません。
ただ、色々な方面からの問い合わせをいただき、再開を決意しました。
いつまで続くかわかりませんが、よろしくお願いいたします。

さて、土台の刻みの続きですが、前回はTの字に交差する部分の仕口でした。
今回は、材木を直線方向「==」に継ぐ時に使う、腰掛け鎌継ぎです。
一般的に住宅用の木材は4mが基本になって流通してます。
もちろん、すごくお金を出せば8mでも9mでも買えるでしょうが、やはり一般的ではありません。
我が家の短片は約8m、長片は約13mありますので、どこかで縦に継ぐ事になります。
そんな時に使う継ぎ方の一つが腰掛け鎌継ぎです。

まずはオス側、墨付けはこんな感じです。

矢印みたいですね。

最初に腰掛けを含めた根元部分に切れ込みを入れます。12cm角なので半分の6cmです。


次にサイドから縦方向に切っていきます。丸ノコだと最後まで切りきれないので、終わりは手ノコで。切りすぎ注意!!




今度は、丸ノコの切込み深さを調整。
うちの場合は、材の太さが12cm、鎌の茎の所の太さが3cmなので、のこり9cm、両側を切るのでその半分の4.5cmです。これで切り込みを入れます。


次に鎌の部分を斜めに切ります。

だいぶ形が見えてきましたね。


そしたらノミで、茎の部分をきれいにして行きます。

ここが太いとあとで入れる時に苦労しますから丁寧に。


最後に腰掛け鎌継ぎの肝となる、滑り勾配です。これを入れる事で吸い付くように入って抜けなくなります。
まず鎌に斜めに墨を入れて、

ノコで切ってしまいます。


これで完成!!


オス側は結構簡単です。難しいのはメス側ですね。
コメント