中小企業のES=人間性尊重経営のパイオニア/有限会社人事・労務 ES組織開発・人事制度改革ブログ

社員の幸せ、職場の幸せを基準に経営を、社風を変えたいと本気で思っている社長さん・人事担当者の方へのエールをあなたへ!

自己組織化オンラインファシリテーターの資格を取得いたしました。

2019-09-30 13:27:07 | ES
アナログな私が突然、オンラインファシリテーターとして学び始め、やっとこさっとこ職場メンバーに迷惑をかけながら資格をいただきました。



弊社のファシリテーターとしての動きは、2009年開催の横浜開国博に向け2007年からと歴史は旧い。社労士業界では業界初くらいでは無いかと。それもそのはず、今思うとありがたいのは、当時、愛・地球博をコーディネートしていた故 小川 巧記氏からワールドカフェやOSTなどのホールシステムアプローチを教わり、これは凄い!その当時、まだ日本では対話などといったスタイルは珍しく、愛・地球博という日本ではじめての市民創発での万博をやり遂げた小川さんのコーディネートは素晴らしかったなあ。



今でもその当時の仲間はつながっているのです。これはその時のイベントの成功の良し悪し以上のかけがえの無いものが小川さんのファシリテートで生み出されたわけだから凄いと思いませんか。

そしてあれから、12年。
時代はオンラインへ。
オンラインでホールシステムアプローチができるの?
しかも、今回ご縁を頂いた主催の与贈工房の田原さんは、先生というより完全なるコーディネート役。
なんだこれは!という感じで毎回講義?が行われていく。

いや、講義でなく先生の田原さんが話すのは2時間のうち、30分位。あとは、事前学習でオンラインのコンテンツを自分なりの解釈で学習していくスタイル。



これは、反転学習という新たな学びのスタイルで、先生と生徒の関係、教える教わるの関係から、先生はコーチ役で、教わるから学びあうへと全くスタイルが変わるのです。



ICTの普及で私が12年間やってきたこととはまた一段スパイラルアップして、わざわざ会場で講師が壇上で講義をしてから対話の場を始めるということもなく、オンラインコンテンツをそれぞれが見てきている前提、そして、事前にお互いの見解をオンライン上で見える化してお互いの見え方の違いを大切にしながら気づきを分かち合い、そしてそこから生まれてくる気づき、つながりを大切にするというスタイルへ。



田原さんが、今回のなかで何度も訴えかけていた、人間性を取り戻すという言葉。
自分自身の源とアクセスする。そして、エネルギーを与え、与えられる居場所の大切さなどの視点は、弊社のES=人間性尊重経営という視点に新たな意味付をしていただきました。
また、ティール組織の関係や経験学習についても深まりここから皆さんとこのオンラインファシリテーターとしての知見をぜひ実践の場で活用しながら、田原さんの言う、いまの社会の抑圧構造から、いかに命の源とつながり命の生態系を各々が豊かにするという深遠なる思いを私なりの言葉で語れるようになっていけたらと思います。

今回受講した仲間の皆さんからは沢山のエネルギーをいただきました。感謝!


「働き方改革関連法の概要と労働時間対策」について講演をさせていただきました

2019-09-20 18:59:39 | ダイバーシティ
こんにちは。有限会社人事・労務の髙橋です。

先日、ダイキンHVACソリューション東京株式会社様 主催の「労務管理セミナー」にて「働き方改革関連法の概要と労働時間対策セミナー」と題して講演をさせていただきました。



セミナーは2部構成となっており、第1部では畑中より働き方改革関連法に関する法改正や労働基準監督署の指導状況、同一労働同一賃金について、第2部では私から36協定の締結方法や残業代などの割増賃金、残業対策など実務的な動きの部分についてお話ししました。

36協定の締結など確実な手続きが必要なもの、残業代などの割増賃金については、従業員の労働時間や給与に直結するところであり、興味を示していらっしゃる方が多くいたように感じました。



今まで枠がなかったところから、残業時間の上限規制や有給の5日取得義務など法律による枠が設けられることとなり、対応に苦慮している企業もあると思います。ですが、何とか業務の効率化を図り、残業時間の削減や有給の取得を推進していかなければなりません。



働き方改革にまつわる法改正に伴い、法律の規制の枠内に収まる働き方を進めていくのはもちろん重要です。ですが、その先をぜひ一度考えてみていただきたいと思います。

残業時間を減らす、休みを取得させるという取り組みを行うことで、結果として自分の時間が増える、余暇の時間が増えるという方は多くいると思います。

その時間をどう使うか。資格取得のために勉強をするのか。職場の方と関係を深める機会を作るのか。家族と過ごす時間を増やすのか。何が正しいというわけではなく、選択肢は数多くあります。

数多くある選択肢をどう将来へつなげていくか。

単に休みが増えました、で終わるのではなく、より豊かな人生にできるように自分で考えていく、というのもまた働き方改革に伴う1つの課題なのだと思います。

人工物の人間を自然物の人間に還す試み

2019-09-18 15:15:39 | 組織開発・社風改革
オンラインファシリテーターの勉強仲間のスクールタクトの鈴木さんに弊社まで来ていただきメンバーと一緒に反転学習、これからの教育について勉強をさせていただきました。

鈴木さんありがとうございました。

鈴木さんと学校教育についてお話を伺いました。
鈴木さんは、学校教育のあり方を変えるという哲学をお持ちで、いままでの正解を持つ学校の先生が教壇に立ち、生徒はそれをなんの疑問もなく聴いて正解を覚えるという教育のあり方を変えていきたいという強い信念をお持ちの方。

そこから会社の教育の話になりました。
会社もその構造は同じ。正解は社長や幹部が持っている。
それに従わないと給与も減らされ重要なポストに就くことは出来ない。
そんな社会構造の中で個々人は感情を抑圧しながらロボットのように人生の大半をしめる仕事についている。



いまティールとか自律分散型組織というが、それは社員一人ひとりの主体性が発揮されて初めて可能な組織。自分を生きていない会社にはありえない。

そして、今の学校教育はどんどんと変わってきていると。
先生はコーチ役に、そして生徒と先生の教育の関係は教えると教わるの関係から、学習を支援すると学び合うの関係に変化していますと。

そしてやってみてわかることは、大人より子供のほうが主体を取り戻しやすい。
その点大人は、いらないものを沢山溜め込んでいるから自分の感情に蓋をしてしまって時間がかかりますねと。

お互いが一つの事柄にどのような思考や行動パターンを持っているかは情報を共有していくことで自然と見えてくる。そして、自然と周りを見ながら学び変容していく。集団的無意識がそこに働くのだと。

弊社のメンバーもこれは大変だ。学校がそうであるなら彼等が社会に出る頃は今のようなヒエラルキー構造の組織を持ち続けている会社は見向きもされないだろう。

この人間の本来のあり方に逆らった組織のあり方から、自然物である人間のあり方を発揮する組織体へと変容していくことはもはや必須と思われるが人工物になった人間を自然に還していくのは並大抵のことではない。

「会社のあり方を変え仕事を楽しいと感じる自律性に富んだ社員を世界中に増やす」という弊社の理念を再確認する、そんな良いきっかけをいただきました。

地域創生交流会に出席させていただきました。

2019-09-17 17:35:09 | 地域貢献
ワイズティーネットワークの根本社長のお誘いで経産省、内閣府をはじめ地域創生の最先端の取り組みをしている企業さんが集まる大交流会に参加してきました。





こんな大きなパーティーにお招きいただいて恐縮です。





弊社の「農と食で地域とつながる!」というテーマでの秋葉神社の地域のマルシェの取り組みや、一般社団で行っている「日本の未来の働くを考える」というテーマでの日光街道徒歩行軍、グリーンフェスの取り組みにきっとつながる方がいるからと根本社長の推薦で今回は出席させていただきました。



まあ皆さん地域、日本のために素晴らしい取り組みをしている面々の方々ばかり。
これは、しっかりまとめておかなくては!
ということでblogにまとめておき今後の活動に活かしていきたいなあと。

日経研究所の専務理事の鍋山氏の話
地方の良さが見つからない、どこから手をつけてよいかわからないときは、図書館に行って郷土史を何十年にも渡って掘り起こしてみよう!という話です。
郷土のエネルギーは石油のように掘り起こす。それは、歴史を掘り起こすこと何年も蓄積されたエネルギーが眠っている。
それは、昔の偉人だったり、途絶えたお祭りだったりと何かしら出てくる。そこを起点に活動の輪を広げていく。地域のシビックプライドを掘り起こすのだという。

日光街道はまさに歴史偉人の宝庫。



農業関連で行けば浅草はどじょうが名物。そのどじょうは、越谷とのつながり。そして、浅草の羽子板市の羽子板は春日部の職人さんが作っていたりする。
その職人さんは、日光東照宮とも関連があるというように実はつながっている。
また、台東区は農地ゼロパーセント。



浅草で田んぼを復活させようという試みをいま秋葉神社さんと進めていますが、もともとは、浮世絵で浅草田圃と称されるくらい美しい田園風景が広がっていた。秋葉神社のある入谷地域も入谷鬼子母神の朝顔市で有名ですが入谷田圃と称れていた地域。



なるほど良いヒントをいただきました。

そしてもう一つ、こちらは大いに固定概念を揺さぶられたのが、ベトナムに日本から離れて、数年仕事で行っていた方からの投げかけ。
日本の存在感はベトナムにいるとどんどん薄くなっている。もはや日本は世界の中心ではないローカルである。そのローカルの日本でさらに地方創生という考えがそもそも古臭いのではないかという話です。

これは、自分の社会的前提がひっくり返る問いかけでした。
確かに浅草のかっぱ橋道具街では、いま外国人に一番売れいる商品は、岩手の名物南部鉄器。
岩手の郷土のお土産品が世界的に注目されています。

浅草でも名店が潰れていく。伝統の担い手がいない。
手焼きせんべいやさんが先日もなくなりました。
昔ながらの美味しいコーヒーを出す浅草の有名な喫茶店がなくなりました。

*入谷鬼子母神の夕顔


伝統を担う働き手がいない。私達が応援している有機無農薬の農業、そして農法も
どんどん廃れていく。地方の豊かさは農業から派生する産業が担っている部分が依然として
大きい。これからもローカルと都市をつなぐこころみとして農業をこの浅草の地から応援していきたい。

様々な視点から地方創生についてあためて自分自身の取り組みを考えるきっかけを頂いきました。素晴らしい場にお招きいただた根本社長には感謝です。

オンラインの学びの場

2019-09-17 17:22:57 | 組織開発・社風改革
ふと思い出すと、昔から”学びの場”の跡をみる機会が多く、各地に残る藩校などの建物を見学したり、偉人の子供時代の史料に触れたりしてきた私。
歴史が得意というわけではないものの、読み書きだけでなく武道や馬術など多様な学習プログラムから、その時代の子供たちの姿に想像をめぐらしたり、同じ教材を読んで果たして自分はそこから何を気づくのだろうかと比較してみたり、というのが好きでした。
★旧萩藩校「明倫館」


★各地に学びを広めた二宮尊徳さんの記念館にて


さまざまな時代の学びの場に触れ、「人の学び」というものについて考えてみた時に、「学びの場とは?」という単純な疑問に突き当たります。
学校の教室で学ぶことが当たり前に育ってきた私たちは、学校の教育課程が終わると共に「学ぶ」ということを卒業したかのような錯覚に陥ります。ですから、社会に出ると、会社で用意された研修を”受けないといけないもの”という義務感で参加したり、時間が無い等々の理由で読書から遠ざかったり、自己啓発=意識高い人が行なうもの、という捉え方になってしまうこともあります。
また、「学ぶ」ことは、学校の教室のような一つのくくられた空間の中で「先生から教えてもらう」ことで為されるもの、という固定概念も多く存在します。

しかし、「学び」とは、生涯を通じて行なえるもの。
そして、学ぶの語源が”まねぶ”である、という説もあるように、先生から教わるのが学びではなく、まねをして自分で経験してみてそこから知ることを学びに活かす、というまさに「経験学習モデル」が、私たち大人の学びには大切になってくると感じます。
★太陽のもとのてらこや…日光街道まるっと学び舎プロジェクト


いま国も「リカレント教育」を提唱していますが、社会に出てから”学び直し”をするためにまた学校へ戻るのではなく、職場を飛び出し境を越えて、自ら学ぶ機会に踏み込んでみる、そのような一歩が大切になってくると思います。

その可能性を大きく広げてくれるのが、オンライン動画システムです。特に私たちは今「Zoom」を使った学びの場づくりに力を入れています。
★オンライン教養講座「TERAKOYA 読書会 

オンラインと聴くと、直接顔を合わせていない故、あるいは会場(教室)のリアルな空気感に身を置かない故、真の学びは成り立たないのではないか、という声を聴くこともあります。
しかし、IT技術も格段に高まり、通信環境が整えば安定して見る・聴くといった学びの要素を得ることができるようになりました。
Zoomを使ったオンラインコミュニティの自己組織化を研究している田原さんは、”対話を通してアイディアや理解を深めていく”反転授業の重要性を述べていますが、私たち大人が目的をもって学ぶ上では、距離や時間など物理的な制約がありながらも、Zoomやさまざまなクラウドツールを活用することで、自分の部屋や職場のデスク、移動中の電車の中を瞬時に”教室”へと様変わりさせることができる、そんな大きな可能性を秘めていると言えます。