月想記

戯言日記

レミング

2017-06-28 | 芝居
6月27日(火)座・高円寺にて万有引力のレミングを観劇。

見える壁、見えない壁、虚構と現実。狂人と常人の境目。高田さんのお母さんが素敵すぎてこれはもう反則。
影山影子は森ようこさんしか考えられない嵌まり役。今回飛永さんと今村さんの声が好きだと改めて思ったり。
私達は壁に守られ、また遮られてもいるのだろう。すり抜けた向こう側にあるものは?

数年前に松本雄吉演出のレミングを観た時は、出演者すごい豪華なのに自分にはピンと来なかった。
初レミングだったので正直がっかりしたほど。でも今日の万有の舞台は正に寺山さんを感じた。
これが本物なんだって。

万有の舞台はぜひとも開場と同時に入りたい。開演前から演じられる役者のパフォーマンスで物語に引き込まれる。
段々人数が増えてきてあちら側とこちら側の境界線が曖昧になったところで、静かに物語は始まりを告げる。
その瞬間の鳥肌たるや毎回変わらぬ。

今回アフタートークのゲストが事前に発表されておらず「天井棧敷と万有引力の歴史を誰よりも刻んだ人物」と
だけあったので一体誰なのだろう?と思っていたら、なんとJ・A・シーザーだった!もう大当たり!!
そしてトーク終わりにまさかのシーザーの「観客みんな舞台に上がって見ていいよ。」発言でいきなりバック
ステージツアーの様相に。写真もOK。意図的に傾斜して作ってあるセットを見て~との事で、皆でワクワク
しながら舞台へ上がった。もう最高か。









寺山さんが紡ぐ言葉の世界がすごく好きだと、しみじみ思ったそんな夜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞い踊る麗しのキツネ達と露西亜からやって来た地獄コロポックルのクンネ

2017-06-18 | 音楽
6月17日(土)の夜は、自由が丘マルディグラのトワトワト×出張シャンソニエ倫巴里ツーマン
「舞い踊る麗しのキツネ達と露西亜からやって来た地獄コロポックルのクンネ」へ。
天国から地獄をはしごの魅惑の時間(笑)









トワトワトとはアイヌ語で「キツネの足音」という意味なんだそうですが、小柄で可愛らしい印象の
お二人が演奏が始まるとダイナミックで力強くて迫力満点。
柴田さんのキレキレのバイオリンと熊坂さんの「おどるつこ」格好良くてまたぜひ観たいと思った。
(集合写真のお姿しかないのですが。)
アイヌっぽい雰囲気の曲という事で、全然アイヌじゃないんだけれどもコロポックルと夕焼けの木を
やってくれて久々に聴けて嬉しかったよ〜。この曲大好き。







今回まさかの3回ヴァージョンの葬式のタンゴが聴けて俺得的な展開や、小学生の時の北海道キャンプ(強制)
の思い出話など、色々とドキドキがとまぬ展開だった(笑)
そして踊れ馬鹿のようにの11拍子がまだちゃんと叩けない勉強不足の私。コパニッツァ難しい。。。







この夜のセトリは影のワルツ、歌う鐘の弧の下で、コロポックルと夕焼けの木、踊れ馬鹿のように、ロンピ・ロンピ
TIHS IS NEW、我が死へのバラード。
アンコールで恋のロシアンキャフェとハヴァナギラ。

我が死へのバラードでのあみ太さん。




どこまでも発達していくあみ太さんの胸筋。今宵はエンゼル体操を披露(笑)






今宵の麗しの麻矢さん。以前に麻矢さんからアコーディオンはその楽器そのものの個体によっても演者によっても
音色が大きく違ってくるものと聴いていたのだけれど、今日は1日に3名のアコーディオンを聴いてそれが少し
わかったような気がした。麻矢さんの音色はすぐにわかるよ〜!





ラストのセッション時でのあみ太さん。








昼も夜も余りにも魅惑的で楽しかった一日。今回もなんとも幸せな週末だった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まさかの扉・3

2017-06-18 | 音楽
6月17日(土)HEAVEN青山のデ・オッシのまさかの扉#3へ。

今回のゲストは影絵師SAKURAさん。喜多さんも大好きな藤城清治さんの元で修行されたという方で、
このコラボは本当に楽しみで仕方がなかった。
余りにも美しくて切ない白昼夢。まだ夢から抜けきれない・・・。
影絵の繊細で幻想的な世界にデ・オッシの音が心地良く絡み、その美しさは想像を軽く上回った。
あの瞬間に居られて幸せ。異空間への扉が確かにそこには開かれていたよ。

写真を撮れない程にただ見つめてしまったSAKURAさんの影絵。その細やかな動きと美しさ。
私の好きな寺山さんの四つの愛の物語からの「ギターとキノミ」には心のさざ波も最大級。
少年の名はギター。少女の名はキノミ。デ・オッシのお二人の姿を重ね合わせて見てしまった。
(キスシーンあったけどw)
さようならを閉じ込める記憶の箱の中で、二人の物語はまだ続いているのだろうか。

この影絵の時にデ・オッシが演奏していた曲。これまでにも曲と曲の間に何度か少しだけ登場していた
ものだと思うんだけど、これがすごく哀愁があって切ない響きで。
タイトルとかその他全然わからなくてモヤモヤするんだけど、思い出すと胸が締め付けられる。









アンコールでは蓮華草の少女の影絵を。これがまた本当に素晴らしくて、このコラボまたぜひやって
いただきたいと切に願う。いつものデオッシライブとはまた一味も二味も違う空間だった。
これを観られなかった方は確実に損していると思う!

今回影絵を見に来た小さいお子さんもいて「決めた」での微笑ましいやりとりもあり。
この曲でのとる子さんの笑顔は本当に最高。喜多さんのギターと三味線の音色に本日も痺れて、完全に心持って
行かれたよ。観る度にもっと好きになってしまう。なんなの、もう(笑)









まだちょっと放心状態な程に、素晴らしいライブだったのでした。

記憶にある限り、今回のセトリ。
・一部
SAKURAさんの影絵。(伴奏デ・オッシ)

ナマスナマステ
いそがし
永遠の妄想
陽が落ちたら
弾指刹那
惜別の歌

・二部
SAKURAさんの影絵。(寺山修司四つの愛の物語からの「ギターとキノミ」)

ゆきずり
狐狸の葬列
秘密
金色
決めた
ムクロジ
輪廻の郷

・アンコール 
蓮華草の少女
夜明け前の譚詩曲
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節さきどり!入梅シャンソン

2017-06-09 | 音楽
6月8日(木)新井薬師スタジオ響の「季節さきどり!入梅シャンソン」へ。

あみ太さんとは古いお付き合いだというピアノの坂下文野さん。同じ曲でも弾く人によってこうも違うのか
・・・と感動しつつ聴き惚れる。坂下さんのピアノは音が踊っているというかこれまでになかった感じで、
何度も聴いている曲ばかりなのに全く違う表情で、そこに乗るあみ太さんの歌声もいつもと違って聴こえて
また別の世界が見えた気がした。









スタジオ響はその名の通り生音の響きの良い場所。降り注ぐあみ太さんの歌声をこの夜も堪能。









今回のセトリ。
一部
影のワルツ
オーケイ悪魔
地獄の百合
葬式のタンゴ
ジェラシー
ロスト・イン・ザ・スターズ
長い道を

二部
死の舞踏
死刑台行進曲
カブキ
ロンピ・ロンピ
スピーク・ロウ
恋のロシアンキャフェ
今宵は無礼講

アンコール アラバマ・ソング





愛飲しているミルクプロテインを手に語るあみ太さん。魅惑のカラダへ・・との文字が(笑)
あみ太さんの体脂肪はどこまで落ちて筋肉はどこまで増えるのか!?









お二人での演奏は今後もまた何かたくらんでるとの事だったので、次回も非常に楽しみである♪

  





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良の思い出・お食事編

2017-06-05 | お料理&飲食
初日のお昼は春日大社内のお茶屋さん春日荷茶屋で月替わりの万葉粥を。
6月は赤米と小豆のお粥。



ライブ前に関西のお友達との待ち合わせたのは「にこちゃん堂」。
お写真外観だけだけど、とっても可愛くてお洒落なお店。喜多さんも訪れているところで先日はここで
ミーワムーラのライブも!デ・オッシのライブもいつかやって欲しいなぁ〜。



夜は近鉄奈良駅近くのお店で、ビールとパクチーレモン餃子を。(お店の名前を失念しちゃったのだけど、
ライブ仲間の話では喜多さんオススメの店との事w)



二日目のお昼に訪れたのは、奈良町にあるカフェカナカナ。
よくネットや雑誌で紹介されているところで、めっちゃ混んでて一時間ぐらい並んだ!
普段だったら絶対そういう店には行かないのだけれど、今回はこれまた喜多さんもオススメしてたと
聞いたのと奈良来訪記念で頑張って並んでみた(笑)←喜多さんオススメばっかり!ww
お座敷もあるレトロでキュートな美味しい和食カフェ。セットのドリンクはローズヒップティーにした。
コースターのイラストも素敵♪







お土産には柿の葉寿司と鹿の◯の例のお菓子などを購入(笑)
やっと地図と体感が一致したので、次回はもうちょっといろんなところを回ってみたい。
夜の奈良町で一杯飲んで、無事にホテルへ辿り着きたい〜〜(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加