知音札記

現代日本の演劇、映画、音楽など芸能関係を中心にレビューを書き、語る。

+Plus主催イベントin浅草~熟成、そして更なる洗練へ

2018-04-13 18:56:27 | 演劇 映画 音楽
  2018年4月12日、17:45~ Asakusa Gold Sounds

  セットリスト、曲目構成、アレンジに工夫が施されて、4人時代から現体制の曲までうまく配置して、楽しいステージだった。
  オープニングの〈Clap! Clap!〉は語りと歌のバランス、配合が絶妙で、高低音二人のハーモニーが美しい。〈Brand new days〉は心地よい疾走感に溢れるパフォーマンスで、四月生まれの聴衆が一人居て、続く〈ハピバ!!〉が皆で盛り上がったことにファンの暖かさを感じる。〈恋してSaturday Night〉で楽しさがさらにアップし、そして二人ヴァージョンが完全に定着した〈Fiesta〉を経て、〈Believer!!〉でパワー全開となった。パフォーマンスは全体に洗練度がアップしたように思う。それはやはりこれまでの努力の賜物というか、熟成のなせる業ということだろう。
  新曲の〈また君に微笑みを〉の作詞は彼ら二人ということで、それまでの曲とは違って、詞が曲をリードしている感じが興味深かった。メロディや和声の起伏・変化は多くなく、どちらかと言えば、じわじわと胸に迫る感じの曲だった。これもCDの出版を望みたい。

  短時間のパフォーマンスながら、カラオケ使用の効果なのか、二人の声が伸び伸びと会場全体に響き渡った。ハンドマイクを持って歌うMOTO君は珍しいような気がする。
  終演後の物販コーナーで、「声が絶好調で、この箱に合うという印象」をTOMO君にお伝えして帰路に就いた。

近々またこの会場での+Plusのライブを聴こうと思うが、それよりもまず別のいろいろなライブハウスで彼らの音楽性の引き出しを味わってみたい。次回はMOTO君にもご挨拶したい、人との会話はあまり得意ではないが。いつも思っている+Plus良さを少しずつでも伝えられたら嬉しい。

  そして、今回はフライヤーの新しいプロフィールにも注目した。彼らを紹介する一文を書く機会があれば、これからはこのプロフィールを使おう。以下はその引用。

  2009年ポニーキャニオンからメジャーデビュー。TVアニメ家庭教師ヒットマンREBORN!!エンディングテーマ『キャンバス』FAIRY TAILオープニングテーマ『Fiesta』『はじまりの空』などこれまでに8枚のシングル2枚のアルバムをリリースしておりデビュー以来映画、アニメ、バラエティー番組などタイアップ17曲を提供。全国で年間約300本以上のライブ活動を行う。ソロ活動を経て再始動した2018年自身最大規模の全国ワンマンライブツアーを開催する。

  まさに2人体制を基本にソロ活動をしながら時に3人または4人にもなる新しいアーティストの誕生である。CDアルバム、ライブDVDの制作も期待し、全国ツアーの成功を祈念している。

  このライブの主催者の彼らは21:10頃の登場という情報があったので、オイラが会場についたのは、20:30過ぎだったろうか。初めての場所で、長時間のスタンディングは少々つらいため、そうしたのだが、バーカウンター付近は幸い混雑しておらず、ゆっくりビールを飲みながら、出演中のアーティストの演奏を楽しんで+Plusの登場を待った。いつもこれくらいの余裕があると良いのだが、必ずしもそうできるとは限らない。
  実は、その前に浅草のワンコイン温泉へ行って来た。ここお勧めです。+Plusのお二人にも。

あともう1つのお勧め(お願い)は、+PlusもTVKのお昼の情報番組「猫のひたいほどワイド」にゲストとして出てほしい!! 是非、考えてみてください。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« Lead『Bumblebee』発売記念フ... | トップ | ミュージカル「刀剣乱舞~結... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇 映画 音楽」カテゴリの最新記事