知音札記

現代日本の演劇、映画、音楽など芸能関係を中心にレビューを書き、語る。

Lead『Bumblebee』発売記念フリーライブ~ますますオシャレなパフォーマンスに

2018-04-09 15:20:48 | 演劇 映画 音楽
2018年4月8日、16:00~。クイーンズスクエア横浜。

  まず会場内で新譜CDの予約を済ませた。受付番号は300番までだったので、それがステージ前のスペースに入った人数だが、その他、スペース外や通行人も合わせるとかなりの数になったことは間違いない。

  フリーライブの前にFMYOKOHAMAの「木曜日の男子会」(木男)の公開収録が行われた。放送は残念ながら聴いたことがなく、この日が初めての体験だったが、楽しい内容だったので、生放送を是非聴いて見たくなった。
  フリーライブだが、この日の新曲生パフォーマンスは2回目ということで、若干硬さが見られたが、センスの良い振付と爽やかな曲調が良いマッチングで、これからドンドン熟成していくのが楽しみである。特に、インド舞踊を思わせる蜂や花の姿を象徴する手の形が印象的で、鍵本あっくんのファルセットも美しい。コードセブンを基調とするABAによる曲の構成も、Bの調性への変化が新鮮で、独特の色彩を放っている。全体に抒情性というより、リズムテンポのノリを前面に押し出したダンサブルなスタイルに仕上がっていた。
  去年(?)のサンシャインシティでのイベント以来2回目の参加となったライブ後の握手会では、三人ともこちらの目をしっかりと見て握手してくれたことが忘れ難く、彼らの根強い人気の秘密の一端を実感できた。伸也君はますますリーダーの風格が出て来た感じで、敬多君はMCの仕切りが上手くなったし、輝君は立ち振る舞いに俳優の雰囲気が感じられて爽やかだった。3人とも昨年の舞台の成功が大きな糧になっていると確信した。
  様々な音楽スタイルを積極的に吸収し、素晴らしいパフォーマンスを展開する彼らの活躍にますます目が離せない。夏のサンプラザライブがまた行われることを期待したい。取りあえずは、舞浜アンフィシアターの5月の風に出かけようか。

  ちなみに、先日、久々にLeadcafeに行ってコーヒーを楽しんだ。ここは落ち着けるお気に入りのスポットである。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« YK FES 2018 「俳優×音楽」... | トップ | +Plus主催イベントin浅草~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇 映画 音楽」カテゴリの最新記事