BikeRide&Climbing
クライミングと自転車。
エナジー日記。
・・・飲酒日記と料理の日々・・
 



メラクとお気楽ナカマたち。
の、、紅葉登山。

那須、赤城、白根につづく第4弾

11/3 両神登山
宿泊オガノゲストハウス (予定)

11/4 フタゴ登山、。&イワバ見学


めんつは、、めんばー4名  +、、1名。


あ、、、飛び入りがまた、、ふえた。


~~~~~~~~











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アクセス数が、なんだかハンパないことに・・・・

なんでじゃ??

とりあえず、、サービスしとくか。。。。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山登りは、、ある程度足がそろっていることが、要求される。

重荷をせおってあげる。
パーティーで負担を分担する。
と、いうことはある程度可能だが
キホン最も弱い人に合わせる必要がある。

雪山やバリエーションに行くとそれは更にてきめんに現れる。

体力というのもそうだが、雪面、イワバという技術的な壁が現れる。

パーティーの総合力以上のところへはいけないのである。

かたや

フリークライミングは、全く別物で。
10目標と11目標の人、さらには13目標のひとが
同じイワバでクライミングすることは、まったくもって可能な
スポーツなのだ。
そのイワバにルートがそろっていればなんの問題もなく、
一緒に目標に向かって【別々の】くらいみんぐができるのである。


ただ、その際に重要なのが「ビレー」である。
これだけは、、すべからくカンペキであることが求められる。
10を目指すクライマーも、14を目指すクライマーも均等にビレーは
しなければならない。し、かつ、その技術の向上を求めなければ
ならない。常にベストを求める。その求道心が必要なワザがビレーだ。


面白いことに、のぼれる人がビレーが上手いかといえばさもあらず。


登るグレードとビレーの上手さは一致比例しない。


ビレーは場数だ。
いかに場数をこなしてきたか。いきおい、自分より上手い連中のビレーをこなして
きたほうが、上手くなるわけだ。
しかもそれが年下、後輩なら特にそうだ。
遠慮なく落とせる。いくらでも落とせる。ぶりぶり流せる。
失敗したっていいや。くらいに。



それが、リラックスする秘訣。
リラックスしながら集中できているとき。

ビレーしている体勢で、だいたいわかっちゃう。
りきんでたり、どこかにムダなチカラがはいってたりしたら、、、いいビレーは
できません。



******

続く***

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




珍しく盛況えなじ。

リードも、Topロープも、2Fボルも張り変わって盛況。

さんたろ、リーダーとリード。

up 10b,11a
で、久しぶりに130の11c紺×。
最終二手目まで到達するも・・・
右カチがすっぽぬけふぉ~る。ぐぞ。惜しい。あと二手。

オレンジ■12bイチビン。
110度の11c、緑■。これも完登ならず、、、ふぉ~る。

最後に、ロング12a。最初のカクシンまで。

張った・・・


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







さて・・・・・・・・・


s氏&jILL氏オススメ12b
12bだよ・・・・
確かに、かかりの悪そうなホールドとか、ボルダーライクなムーブはみあたらない。
ただ、、、くだんのハングをトラバースさせ、左から右へとぬけるロングルートだ。
テープ課題ではなく、ホールドでそろえている当初課題だ。
オブザベしにくいので、Jill氏に使うホールドだけは全部トレースしてもらった。
ははああああ、なるほど。やはり初見オブザベでは見分けにくい、白ホールドも混じっていた。
ラインとホールドは全てインプット。




12b。Osとらい。です。

↑写真は全部、この写真。


取り付くときに、、、
みんな、、観覧モード。
げげ。
Jinさん、がんば。って、、、
ひ、ひょえ~~~
、、、、、



な、、なにこれ。。
わしゃ、、ゆ=めーくらいまーでは、、ありまへん。
勘違いされるので、かんべんしりくり。


さあ、しかし、初見トライはすばらしい。
どきどきもんだ。きょ~はぜーーーーんぶ、、、Osトライじゃ。

スタート。右へフラされたあと左へもどる。かかりは、、、まあ、いい。
1P、2Pクリップして、、ハング付け根へ。
おしおし!、Ok。、いけいけ。
いろんな声援が既に、、、、飛んでる。
一挙一投足に、、注目と声援が・・・・・
も~~~~コンペもーど全開。
ハングに入る。そこはクリップしない。右。
クリップ位置だけ、教わる。

ハングを這いまわされ。。右トラバースをこなし。、、、、
リップへ。
声援が更に。も~~~、タイヘンなことになってきた。
こちとらも、いけいけである。
も~~~~~~、。、、口が裂けても”テンション”  だけは、、、いえない。
状況。


あとは、、、、120度を右カンテ沿いに這い上がる。
もう。、、、、余裕は微塵もない。
が、かかりはそこそこいいホールドが続く。
ポッケだ。
しかし、、、シェイクできないし、もはやクリップの手繰りができない。
そのまま突っ込み、。、、、、、



終了テンまであと4手でふぉ~~~~~る。

すばらしきコンペ課題。
振り絞りすぎで、、、さいこ~~~~





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ