「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『とある科学の電磁砲』 第10話 観ました

2009-12-05 15:46:23 | アニメ
・・・

あ、やっぱり使っちゃったんですね・・・

佐天さんもせめて初春さんに相談してからだったら良かったのに・・・
でも、そう言う歯がゆい展開だからこそ物語りは面白いんですよ。見ていてね。


と言う訳で肝心のレベルアッパーの効果は使ってみたみんなにあったのでした。
佐天さんも手の中の葉っぱを舞わせる程度とは言え、いままでぜんぜん使えなかった能力が使えるようになったので素直に喜んでいたです。出来ないと、思っていたことが突然出来るようになった時の喜びはひとしおです。でも、それだけにそのあとの事が、予想のつく視聴者としては辛いです。
で、結局、その予想通りの展開になってしまうのですから。

一方、街の中では突然、能力が使えるようになって騒ぎまくる連中が増殖してその処理にジャッジメントは忙殺されています。そんな忙殺されまくっている中でも、レベルアッパーの調査はちゃんと続けていて…って、こちらの調査の方は主に初春さんが担当しているのですが、彼女のネット調査能力と、荒事への対処能力を考えると物凄く適正な配置ですよね。もしコレが逆で初春さんが外で荒事処理に当たり、黒子さんがネットで情報調査に当たっていたら…物事の進展はもっと遅くなっていたと思われます。ま、それはそれで面白そうなので、番外編とかでやって欲しいかも知れませんけどね。

それはともかく、レベルアッパーの現物が手に入ったことで作動原理の調査もしやすくなったと言うことで大脳生理学者の木山教授にアドバイスを求める。で、教授が現物が有るならスパコンで解析してみると言ったことから初春さんがそのスパコンを使うところを見たいと言い出し、教授の所に出かけることになった。その教授の所に行く途中、佐天さんから電話が入り、レベルアッパーを使っていたら突然倒れた仲間が居る。そして自分も倒れそうだと緊急連絡が入る。そこで急遽、佐天さんの居る場所に向かい、彼女の部屋で倒れている佐天さんを見つけ…必要な処置をしたあと、木山教授の所に向かい、自分の友達もレベルアッパーを使って昏睡状態に陥ってしまったと伝える。そこで、木山教授は
「大丈夫。最後はきっと上手くいくさ…」
と、年長者らしい台詞を初春さんに言う。ここいら当たり、見かけやいままでの非常識な行動を見せていた教授らしからぬ常識人的な対応をみせ、アレっと思わせる。その上で、『いま、コーヒーでも入れてこよう』と言って中座する。
でも彼女の研究室のキャビネットの中には…

一方、黒子と美琴は病院でレベルアッパー使用患者の脳波がみんな同じであるのが不思議だと言う医師の発見を元に調査を開始。真相に辿り着く。

ここで、レベルアッパーについて黒子たちジャッジメントが把握した内容は以下の通り。
1:レベルアッパーとは音楽ソフトで、耳から聴いて使うツールである。
2:能力開発に対して聴覚のみの刺激では効き目が薄いと思われる
3:昏睡状態に陥った人の脳波が何故か同形になってしまった。
4:使うと、一時的に能力が上がるが昏睡状態に陥り危険。
こんな感じ。
そして、調査の結果、推測されたことは・・・
1:共感覚を用いて聴覚のみならずすべての感覚に影響を与え、能力をアップさせているのでは?
2:普通なら各個人でバラバラな脳波形が一致することから、脳を並列処理することによって一人の能力を超える処理をしているのではないか
3:昏睡状態に陥った者は、何者かに脳機能を借り出されているのではないか
4:この事件の首謀者は、何らかの意図で自分の能力以上のことをしたいがために、脳処理の並列化を企み何かをしようとしている。
5:昏睡状態患者の脳波形と同じ脳波形をしている者が居たら、その者が首謀者であろう
と言うことでした。
そして、ネットのデータベースにアクセスして首謀者を特定しようと初春を頼りにしようとするのですが…初春さんは木山教授のとこで居ない…
でも、ジャッジメントの頼りになる先輩、固法せんぱいもそこそこネットを使えるのですよね。ですので、正統派手段で許可を取って根幹データベースにアクセスしてデータ検索し、辿り着いた容疑者は…
木山春生(きやま はるみ)
で、大至急、初春さんに連絡を取り、レベルアッパー事件の容疑者が木山教授であることを知らせようとしますが時遅し…初春さんは拘束されていたのでした。

サテサテ…
私が考えていたレベルアッパーとは、脳の未使用領域を使うことで一時的に能力をアップさせると言うものでしたが、どうやら違いました。脳の並列処理とはいかにもネットのコンピューター的な発想です。しかも、その作動原理も、ネット的でした。なかなか凝った設定でした。非常に面白いですね。
ちなみに、ネットで各個人のコンピューターの使用OSや機能の違いを克服する手段がプロトコルというものなのですが、それと類似の手段を使って人の脳を借りて並列処理を行なうとは、原理的にはドラゴンボールのゴクウの元気玉と同じだと考えて良いと思います。違うのは力を貸すと昏睡状態に陥ってしまうこと。

おおよその原理が明らかにされたことで次回以降、木山教授がなそうとしたこととこの事件の収束をどう収めるのか。コレはなかなか面白いです。次回が楽しみですね。

それはそうと、今回、美琴さんが前回、佐天さんに励ますつもりで言った
「レベルの違いなんて関係ないじゃない」
について自分自身で気がついて反省していたシーンは非常に印象的でした。
私的には、美琴さんがいまの状態を築き上げるのに多大な努力をしたことを知らない佐天さんに。そう言っても真理は伝わらないと思っていました。逆を言えば、この台詞の前に、自分はレベル5になるまでにしたことを説明してからであれば…それほど害にならなかったと思っています。そう言う意味でコミュニケーションとは難しいものだと思う次第です。

と言うわけでこの作品の詳しいことは公式HPとこの記事にTBをくれた方々のブログを参照してみてくださいね。

おまけ:御坂 美琴 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)コトブキヤ製
白井黒子(1/8スケールPVC塗装済み完成品)コトブキヤ製

コメント   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
« 『けんぷファー』 第10話... | トップ | 『生徒会の一存』 第10話... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

51 トラックバック

とある科学の超電磁砲 #10 『サイレント・マジョリティ』(感想) (アニメ-スキ日記)
反省した美琴に蕩れ♪ ちょっと思いやり欠け無神経だった自分に悔いる美琴に萌えたw
「とある科学の超電磁砲」第10話 (日々“是”精進!)
   #10「サイレント・マジョリティ」売人からの情報をもとに「幻想御手(レベルアッパー)」を手に入れた黒子たち。増加する「幻想御手」を使った犯行を防ぎつつ、木山にその解析を依頼するが、聴覚からの刺激だけで能力の強度をあげるのは難しいと聞かされる。一方...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (アニメレビューCrossChannel.jp)
レベルアッパーを追って学園都市のミステリーに切り込むと同時にメインキャラクターたちの友情物語を展開する「とある科学の超電磁砲」。 レベルアッパーを手に入れた佐天の葛藤と、事件を追う初春が直接顔を合わせることなく電話での会話と表情で進むAパートの構成は見...
とある科学の超電磁砲 10話 『サイレント・マジョリティ』 (リリカル☆スアラ)
使ってしまったか・・・ あれだけレベルアッパーに接近していた佐天。 やはりこの状況で使うなという方が無理なのか…。 それでもやっ...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (よう来なさった!)
佐天の立場になって物事を考えられなかった自分を悔やむ美琴ちゃん。過去を顧み何が悪かったのか思案して悔い改める。極端な自己中心的考えの持ち主である上条君では絶対に行わない行為ですねw 
とある科学の超電磁砲第10話サイレント・マジョリティ (翔太FACTORY+Face.Chat.Union)
「能力者である事を求められる学園都市の非力な生徒達。彼女らを待ち受ける未来は…?」「とある科学の超電磁砲第10話サイレント・マジョリティ」「黒子とイカれた能力者との戦いから数日後、幻想御手・レベルアッパーの被害者は増える一方だった」「学園都市で脳を学習装...
とある科学の超電磁砲 10話「サイレント・マジョリティ」 (新しい世界へ・・・)
佐天はレベルアッパーを使っちゃったか・・・  とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る
とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想 (マナヅルさん家)
あー、結局レベルアッパー使っちゃったのね、 佐天さん。
とある科学の超電磁砲 第10話 (まぐ風呂)
[関連リンク]http://www.project-railgun.net/#10 サイレント・マジョリティレベルアッパーを使用した佐天初めての能力に喜ぶ佐天だが…一方レベルアッパーを見つけたことでさっそく木山に報告...
「とある科学の超電磁砲」10話 サイレント・マジョリティ (蒼碧白闇)
佐天はレベルアッパーを使ってしまったのか…。 あの力の発動からすると能力は普通にサイコキネシスでよさそう? レベルアッパーを麻薬のよ...
アニメ とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想 (99UPキノコ)
『幻想御手』を利用する者。 そして犠牲となる者。 物語は一つの真実に迫っていく・・・。 ネタバレありです。
とある科学の超電磁砲 #10 (アニメやマンガの鑑賞日記)
Amazon.co.jp ウィジェット さてんさーーーーーん!!! が、ログアウトしました。m(_ _)m それと、第4波動ネタはもうあきました。 レベルアッパーの副作用(?)で意識不明の状態になりました。 さてんとういはるのやりとり。 不覚にも・・・・、 なんか作画...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (Welcome to our adolescence.)
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 売人からの情報をもとに「幻想御手(レベルアッパー)」を手に入れた黒子たち...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (破滅の闇日記)
とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る 涙子は誘惑に勝てず、幻想御手(レベルアッパー)に手を出して...
とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想 (ひえんきゃく)
売人からの情報をもとに「幻想御手(レベルアッパー)」を手に入れた黒子たち。 増加する「幻想御手」を使った犯行を防ぎつつ、木山にその...
とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 (つれづれ)
「佐天さんは私の親友なんだから…」  佐天さんを励ます初春は凄くよかったです。
とある科学の超電磁砲 #10 (桜詩~SAKURAUTA~)
【サイレント・マジョリティ】 とある科学の超電磁砲 第6巻 <初回限定版> [Blu-ray]出演:豊崎愛生販売元:ジェネオン・ユニバーサル発売日:2010-06-25クチコミを見る あたし能力者になったんだ! 
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (「ミギーの右手」のアニメと映画)
ついに使ってしまったレベルアッパー・・・・ 佐天はレベルアッパーを使い手に入れた能力 それは手の上でコノ葉が舞うぐらい微々たるもの しかしそれでもその能力に喜ぶ佐天 と初春たちジャッジメントもレベルアッパーの出所をキャッチ 早速、ダウンロードし木山に...
とある科学の超電磁砲 第10話 『サイレント・マジョリティ』 感想 (メルクマール)
レベルアッパーを作ってばら撒いた、木山の目的は何なのか。とある科学の超電磁砲 第10話 『サイレント・マジョリティ』 の感想です。 ...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」  (のらりんクロッキー)
アバンでレベルアッパー使っちゃっててびっくり。 …使えば確実に能力が上がるだけに、1度使ったらやめられない… まさに麻薬と同じですね。 その副作用?は突然の昏倒…お友だちを巻き込んじゃった佐天さんは初春ちゃんにSOSを… …ここで初春がちゃんと佐天の...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」の感想 (新さくら日記)
 レベルアッパー使っちゃった。ついにあたしも念願の能力者…御坂さん達に比べるとほんのささやかな能力だけど、すごく嬉しい。友達のアケ...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (空色きゃんでぃ)
リアルゲコ太登場! カエル顔だったんですねw そう言われると、かわいい気がしてくるかも(*´∀`*) 上条さんは今なにしてるのかなぁ。。 ...
とある科学の超電磁砲 第十話 (ぶろーくん・こんぱす)
 佐天は友人達と共にレベルアッパーを使い、自分が能力を使えることに感動。例えレベルが低くても0と1じゃ雲泥の差だしな。佐天は風使いなのか。イメージぴったりの能力かな。
とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 (SERA@らくblog 3.0)
能力への憧れからレベルアッパーを使用した佐天。 得られらのは、ささやかな能力。 しかしその代償に佐天も倒れてしまい…。 初春は佐天た...
とある科学の超電磁砲 10話『サイレント・マジョリティ』 (本隆侍照久の館)
レベルアッパーを使うことによって能力が開花した涙子。 まずそのことを喜ぶはいいが、今後が不安だ……
■とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (ゆかねカムパニー2)
 涙子の願いは叶えられ、その代償として、お友達と共に、昏睡状態に入ってしまいました。  それでも涙子は、飾利に言葉を届けることが出来たから、まだ幸運だったと思う
とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 (*桜日和のお茶会*)
今週も始まりましたレールガン! 今回は前回佐天さんが手に入れた レベルアッパーで大変なことになってしました。 木山もついに本格的...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (日記・・・かも)
「力があっても無くても、佐天さんは佐天さんです!!」 昏睡に陥った佐天達を救う為、皆が調査を行う話。 今回は話に進展があり、あっさ...
とある科学の超電磁砲第10話『サイレント・マジョリティ』 (アニメ好きのケロポ)
欠陥品なんかじゃッ!ありませんッ!!!!
とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 (アニメを考えるブログ)
 佐天さんは欠陥品なんかじゃありません!  その佐天は冒頭において、能力を持った喜びに震えています。  この表情から、いかに佐天が...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (全て遠き理想郷?なブログ)
「私、能力者になったんだ!」 美琴や黒子の活躍を見てきた佐天にとっては、たとえささやかな力であっても能力者になれたというのは、と...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (明善的な見方)
ついに、佐天さんが一時退場orz しかし、今回も4人ともそれぞれが違ったいい味を出していて、 なかなかいい話に仕上がっていました。
とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 (ゆる本 blog)
能力を覚醒&増幅する音楽ソフト、幻想御手(レベルアッパー)を偶然手に入れてしまった佐天。 初春達に自慢するつもりがタイミングなどのせ...
[アニメ]とある科学の超電磁砲:第10話「サイレント・マジョリティ」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
絶対的多数であろう佐天さんの悲痛の思い。
とある科学の超電磁砲 第10話 (ニコパクブログ7号館)
第10話『サイレント・マジョリティ』とある科学の超電磁砲 第1巻 初回限定版 [Blu-ray]今回は・・・レベルアッパー事件の犯人が明らかに?!
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪)
幻想御手をとうとう使ってしまった左天とそのお友達。 手に入れた力は中々手放せない。 左天とそのフレンズたちの運命や如何に!? 音楽ソフトで能力を上げるのは難しい。By木山 でもテスタメントなら…。 幻想御手でいい気になる輩が増加中。 黒子が、黒子が日々...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (ひびレビ)
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 佐天が友人と共に手に入れた力。些細な力だが佐天にとってはそれがたまらなく嬉しかった・・・佐天は風使いだったんですね。 幻想御手の謎 聴くだけで能力が上がるというレベルアッパー。それを利用して暴れ...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (*記憶のかけら)
レベルアッパー事件も徐々に核心に
とある科学の超電磁砲 #10「サイレント・マジョリティ」 (ラピスラズリに願いを)
レベルアッパー分析 さすが科学サイドの話だけに専門用語多すぎw ではレールガン感想です。 とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)...
とある科学の超電磁砲 第10話 感想 (荒野の出来事)
 とある科学の超電磁砲  第10話 『サイレント・マジョリティ』 感想  次のページへ
とある科学の超電磁砲 第10話 サイレント・マジョリティ (猫が唸る感想日記)
能力を手に入れて本当に嬉しそうな佐天ですが、それも束の間。分かっていたのに犯罪に手を出して、取り返しの付かないことになって泣きじゃくる子供そのままの泣き声で「ママ・・・・」なんて・・・私の父性本能が刺激されてしまう!!w うあぁあああ~抱きし...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (恋華(れんか))
(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN
とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 (紅蓮の煌き)
とある科学の超電磁砲 第10話感想です。 二人の絆
とある科学の超電磁砲 第10話 (モノクロのアニメ)
#10 サイレント・マジョリティ 公園の広場で、アケミとむーちゃんが向き合って立った。アケミが両手を前に突き出し、じっと意識を集中させる。 むーちゃんの体が浮き上がった。そこに集った全員が、「おお」と声を漏らした。 「凄いよ涙子! 私、紙コップを持ち...
とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 (空の下屋根の中別館)
禁書のほうでも重要キャラとして、登場したかえる医者、外伝初登場 御坂ネットワークにつながるはなしがでてきましたね
とある科学の超電磁砲  第10話 サイレント・マジョリティ (極上生徒街-Anamorfosi-)
初めて手に入れた力だもん嬉しいよねでも ※あらすじ売人からの情報をもとに「幻想御手(レベルアッパー)」を手に入れた黒子たち。増加する「幻想御手」を使った犯行を防ぎつつ、木山にその解析を依頼するが、聴覚からの刺激だけで能力の強度をあげるのは難しいと聞...
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレンス・マジョリティ」 (せーにんの冒険記)
今日の日はさよなら とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る
とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
ついに手にした力--------------------!!佐天の気持ちは分かる。目の前であんなすごい能力を使った戦いを見せつけられたら、黒子たちとはもう次元が違う世界なんだって想い知らされてしまうわけで・・・。レベル0の自分と、能力を生かして戦うジャッジメントの黒子。そ...
とある科学の超電磁砲 10話 (ホビーに萌える魂)
とある科学の超電磁砲の第10話は、涙子もレベルアッパーの副作用で倒れました。レベルアッパーの仕組みと真犯人も判明。冥土帰しの再登場もあります。
とある科学の超電磁砲 第10話 サイレント・マジョリティ (あにめ漬け)
レベルアッパーを使ってしまった佐天さん。 佐天さんは欠陥品なんかじゃない。 『力があってもなくても、佐天さんは佐天さんです!』 初春に助けを求めるシーンが何とも感動的でした。 この2人の関係すごく良いですね。 倒れてしまった佐天さんたちを助けるため...
とある科学の超電磁砲 第10話 (パズライズ日記)
今回は、レベルアッパーに手を出した涙子が倒れてしまうお話でした。 またしても1週遅れの感想になってしまって申し訳ないです。 もっとも、アスラクラインなんてそろそろ2週遅れになりそうなのですが・・・。 涙子やその友人達は早速レベルアッパーを使っているん...