「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『氷菓』 第18話 観ました

2012-08-20 01:37:47 | 京アニ
今回の原作は文庫本未収録話だったようです。

大まかな内容としては奉太郎の中学校時代のとある英語教師の話で、その先生の名は小木先生と言う。彼がその先生のことを思い出したのは寒露の頃、古典部の部室でみんなで居たときに一機のヘリが飛来したからだった。このヘリの飛来で奉太郎は小木先生がヘリが好きだと言っていたと記憶していたが、同じクラスだった麻耶花も情報通の里志も彼がヘリ好きだったって話は知らないと言う。そして奉太郎は自発的に図書館で調べ物をすると言い出し…

調べ物をしてくると言った奉太郎に里志くんを含むみんなが顔色を変えて詰め寄るシーンはなかなかおかしかったです。それにしても顔が真っ青になるほど焦るのはある意味失礼なんじゃ…とも思うのですが、それも里志らしくて良いですね。

結局、学校の中で調べ物の用が足りないので市立の図書館まで遠征しての調べ物です。里志くんは宿題があるので動けず、麻耶花ちゃんは…興味が無いので動かず、でも、えるちゃんは奉太郎の調べ物に付き添ってくれました。コレは彼女たちの興味の対象がそれぞれ里志くんと奉太郎に別れている事の証明ですね。つまり、麻耶花ちゃんは里志くんに、えるちゃんは奉太郎にってことです。ここいらへん、ブレていないので観ていて分かりやすいです。
図書館に慣れていないらしい奉太郎は自分の調べごとでも楽をしようとしているみたいで、本当は図書委員をしていて図書館に慣れていると思われる麻耶花ちゃんに来て欲しかったようですが、えるちゃんが手伝ってくれそうな事に安堵しているのは、やっぱり奉太郎は奉太郎なんだと納得なのです。えるちゃんは自転車通学、奉太郎は徒歩なので、えるちゃんには図書館まで先行してもらい、先行調査をしてもらうことにして時間の節約を計るのも見事に奉太郎らしいですよね。その代わり、えるちゃんと自転車二人乗りは見送っちゃったみたいですけれども、コレは交通法規的にも見送って正解です。
図書館で調べたのは3年前の新聞記事で小木先生の記事が見つかるかどうかということ。
先に図書館に着いてえるちゃんが軽く調べた所、登山道の清掃活動の記事がヒット。そこで、この小木先生が登山を趣味としていたことと、神山市近隣の山脈をエリアとする登山会の会員の一人であることまで解りました。でも、奉太郎の知りたいことはそれだけではなく、3年前にその山で起こった遭難事故の記事を調べてもらい、その中から五月に起こった遭難事故の記事を読ませてもらうことにしました。その記事は5月9日の記事で前日まで悪天候でヘリからの捜索が出来ないでいたが、晴れ間が広がり県警の救難ヘリが飛ぶことが出来たと有った。この記事を読んで小木先生がヘリを見て喜んだ理由がようやく推測出来た。
つまり小木先生はヘリが好きだっと訳ではなく、山で遭難した人物を救出に赴くヘリを観て嬉しがっていたのだと判ったのだ。
この一件が無かったら、奉太郎は小木先生のことをずっと誤解したままでいたであろう。彼はそのことが我慢ならなかったから、自分で事情を調べることにしたわけですね。ただ、それをえるちゃんに上手く伝えられたかはよく判りませんが、彼の言いたいことは何となくなのですが伝わったようです。ま、えるちゃんも上手く言葉にまとめることが出来ない様子でしたけれども、タブン、彼の言わんとすることは理解出来たのではと思うのです。
推察力があるからこそ陥りやすい、誤解を防ぐ、そのために出来ることをしてみた、と。言うのが今回のお話の真骨頂ですね。

このお話の場合、省エネ主義を自称し、やらなくていいことはやらないし、やらないといけないことは手短にをモットーとしている奉太郎が、何故か自発的に動いて調べ物をしようとしたということで、稀有なお話でした。
あと、稀有な話と言うことでは、奉太郎がえるちゃん以外の理由で動いたと言うことですね。彼が自発的に動いたのではない非常に稀有なお話です。ついでに言うと、奉太郎が自身の考え方について少しだけ見直しをしようと思ったというか自分の間違いは気がついたらその時に訂正しようとしたと見れるですね。今回のことで言うと、些細な思い違いは気がついたらすぐに訂正しょうとしたってことなのかなかな?

と、言うわけで公式HP京都アニメーション版HP、それとこの記事にTBを送って来てくれた方々の記事を参照にしてくださいね。

コメント   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
« コミックマーケット82 コ... | トップ | C82 夏コミレポート~~~~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

京アニ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

37 トラックバック

氷菓 #18「連峰は晴れているか」 (LUNE BLOG)
気にしなくてはいけないこと。
氷菓 第18話 【連峰は晴れているか】 感想 (キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記)
クラシックを聴かせると大きくなるしいたけがわたし、気になります! 学校にヘリコプターが来れば、それは屋上に止まって学校一金持ちが降りる…… そんなシチュエーションを想像してしまいう自分でありますw 氷菓 (2) (カドカワコミックス・エース)(2012/08/25)タス...
「氷菓」第18話 (日々“是”精進! ver.F)
山岳遭難… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208200000/ 遠まわりする雛 (角川文庫)米澤 穂信 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-07-24売り上...
氷菓 -HYOUKA- 第18話 感想 (荒野の出来事)
 氷菓 -HYOUKA-  第18話 『連峰は晴れているか』 感想  次のページへ
氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」 感想 (Little Colors)
図書館デート回でした。
氷菓第18話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#18「連峰は晴れているか」 「奉太郎とえるちゃんの関係は」そんな副題をつけたく
氷菓:18話感想 (しろくろの日常)
氷菓の感想です。 奉太郎の「気になります!」
氷菓 チバテレ(8/19)#18 (ぬる~くまったりと)
第十八話 連峰は晴れているか 公式サイトから上空を飛ぶヘリコプターの音で、中学時代の英語の小木先生のことに思いをはせる奉太郎。ふと、小木先生がヘリ好きだったことを思い出す。ところがどうやらそれは真実ではないらしい。里志も摩耶花もそんな話耳にした事がない...
氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」  (つれづれ)
 奉太郎の考え方は立派なものだと思います。
氷菓 第十八話「連峰は晴れているか」 (藍麦のああなんだかなぁ)
氷菓 第十八話「連峰は晴れているか」です。 アニメ版『氷菓』も、長編の『クドリャ
『氷菓』#18「連峰は晴れているか」 (ジャスタウェイの日記☆)
「なんというか、こう…気になるんだ」 奉太郎がまさかの気になります宣言!? とうとう奉太郎もえるに毒(コラ)されてしまったのか? 事の発端は、シイタケ栽培に音楽や雷が発育に良いと話していたら、 ヘリが飛んできて、 「そういえば、小木がヘリ好きだったな...
氷菓 第18話「連峰は晴れているか」の簡単な感想 (恋染紅葉、パジャマな彼女。と「くーちゃん」こと音巻まくらを全力応援中のブログ。To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだ...)
しかしまさかあの奉太郎が何かを気にするとはね… それにしても図書館で仲の良さを見せつけやがってこいつらw 簡単なあらすじ  奉太郎は部活中に聞いたヘリの音で、中学生の時にヘリが好きだったと言...
[アニメ]氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
再度挑戦。ちょっとだけ見方が変わるとこうも作品から発せられるメッセージが変わるとは思いませんでした。まだまだ、『氷菓』への理解が間違っていることが多いから努力しないと。
氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 (妄想詩人の手記)
惚れた!? ひょっとして惚れたっ!?
氷菓 第18話  (日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w))
「連峰は晴れているか」 なんというか…こう、気になるんだ!
氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」 感想 (ひえんきゃく)
一話完結のエピソードでしたが、濃厚な話でしたね。 上空を飛ぶヘリコプターの音で、中学時代の英語の小木先生のことに 思いをはせる奉太郎。 ふと、小木先生がヘリ好きだったことを思い出す。 ところが...
氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」 (みかん隊長の日記)
氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」 感想 折木も 気になることあるんですね~
氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 (空 と 夏 の 間 ...)
奉太郎が自分から気になることがあるって言い出すなんて! 何が気になるのか、えるちゃんで無くても気になります!w 残りエピソードは短編でしょうか。 1話完結シリーズその1(?) 奉太郎とえるちゃんの図書館デート回です(´▽`*)
【感想】氷菓 18話 意外な一面が見れて (おもしろくて何が悪い)
氷菓 18話「連峰は晴れているか」 の感想を 折木「 何て言うか気になるんだ… 」 そんな仰天発言をした省エネ主義者、皆はらしからぬ行動だと驚いた 「千反田」の瞳は輝き、気になる物が気になると言いだした 『 氷菓 』京都アニメーション公式ホームペー...
氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 (MAGI☆の日記)
氷菓の第18話を見ました 第18話 連峰は晴れているか 上空を飛ぶヘリコプターの音で、中学時代の英語の小木先生のことに思いを馳せる奉太郎は小木先生がヘリ好きだったことを思い出すのだが、里志に...
氷菓 18話 「連峰は晴れているか」 感想 (うつけ者アイムソーリー)
奉太郎の気になります! だと……?
氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 (破滅の闇日記)
君にまつわるミステリー(2012/08/22)伊原摩耶花(茅野愛衣) 千反田える(佐藤聡美)、千反田える(佐藤聡美) 他商品詳細を見る  長い学園祭が終って、のほほんとした部活生活が続いています。日常会話から、珍し...
その顔に込められた想い アニメ感想 氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 (往く先は風に訊け)
気になる事が気になります!
氷菓 第18話 連峰は晴れているか (窓から見える水平線)
氷菓 第18話。 些細な疑問を抱いた奉太郎は、奉太郎らしからぬ行動に出る。 以下感想
2012年02クール 新作アニメ 氷果 第18話 雑感 (妖精帝國 臣民コンソーシアム)
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」 #kotenbu2012 #ep18 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ...
氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」 (北十字星)
氷菓 限定版 第3巻 [DVD](2012/08/31)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  これは、アニメオリジナルのストーリーなのでしょうか。  今までとはちょっと違った切り口で、折木奉太郎が迫る謎...
氷菓 #18 (ぐ~たらにっき)
『連峰は晴れているか』
氷菓 第18話「連峰は晴れているか」感想! (くろくろDictionary)
氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 しいたけに人工の雷で電気を流すとよく育つ? 「へぇ~」って感じでなんとなく聞いてたら伏線だったとは(笑) 学校の上空をヘリが飛んでいく…… その様子を見て、...
連峰は晴れているか (いけやんのお部屋なの~♪(^▽^))
氷菓 第十八話「連峰は晴れているか」 奉太郎の気になること。いつものように部室に集まっている古典部4人。ヘリコプターが飛んでいるのを見て、奉太郎は中学時代の教師・小木のことをふと思い出します。小木がヘリコプター好きだったと思い出す奉太郎ですが、同じ学...
氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 (明善的な見方)
氷菓 限定版 第3巻 [Blu-ray]『折木さん、それってとっても・・・』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣
氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
ちょっと自発的に行動しようとしただけなのに酷い言われようでしたね、奉太郎www 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/kotenbu/hyouka18/
■氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 (ゆかねカムパニー2)
 小木先生の趣味、私はてっきり、民間機にしか興味が無くって、軍用機は管轄外なのかと思ったです。  あくまで、ヘリ好きっていう前提を崩せないのが、私の限界…(^^
氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」 感想 (wendyの旅路)
好奇心は誰にでもある心―
氷菓 第18話 『連峰は晴れているか』 感想 (メルクマール)
奉太郎らしくない行動に見えて、実はとても奉太郎らしかったという面白さ。 氷菓 第18話 『連峰は晴れているか』 のレビューです。
氷菓 第18話「連峰は晴れているか」 感想 (コツコツ一直線)
前回でカンヤ祭も終わり、今回からまたいつもの氷菓らしい話に。ある日部室で会話している時、ふとあることが気になった奉太郎。小木先生の言葉の真意とは一体…?今回は奉太郎とえるの図書館デートが見れてニヤニヤでした~。  今回は文庫未収録作品で、まだ....
氷菓 #18 (日々の記録)
奉太郎が中学時代の教師の謎を解き明かすお話でした。部室にいた奉太郎は、ヘリコプターの音を聞いて中学時代の先生のことを思い出しました。小木先生というその先生は、授
氷菓 第十八話「連峰は晴れているか」 (Old Dancer's BLOG)
 …たまには真面目に、いきなりレビュー本文に入ってみましょう。  この小品は、「うまく言葉にならない、ヒトの気持ち」にまつわる物語です。人の抱く気持ちには色々なものがありますが、ここで描かれて...