「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『プラステックメモリーズ』 第2話 観ました

2015-04-12 02:58:56 | アニメ
この第二話でなんとなくなのですけれども、このお話で描きたい事と言うかメインテーマが判ったような…
9年ちょっとしか持たない機能を持ったアンドロイドのギフティアの意味。そしてそのギフティアの回収業務をしている部署が窓際配置とされている理由。考えるとイロイロ頭が痛くなる箇所ですけれども、多分、そんなことよりも描きたい箇所は、人の出会いと別れなんでしょう。特に別れ、別れも永久の別れについて描きたいと思っているのであろうと言うことは基本設定と第一話での描き方からすると察しの悪いキツネでも分かると言うもの。
で、第一話を観て、うすうすと感じていたツカサとペアを組むギフティアのアイラが何処かへっぽこで有る訳も何か有るに違いないと思って居たら…
それも予想通りだったことに衝撃を受けたキツネです。
しかもその…
っていきなりネタをバラす訳にはいかないですね。

ってことでまずはあらすじを…
ネタバレ上等と言う方以外はこの先の文章は読まないように
良いですか?
ネタバレしちゃいますからネタバレを踏みたくなかったらこの先は読んじゃダメなんですよ。




なのでまずはあらすじなんですけれども、
今回はアイラの事情と言うか、アイラと組んで仕事をしているツカサは失敗続きで始末書の山を築いて居る訳で。で、その始末書が溜まるわけは?と言うと、組んでいるアイラがへっぽこで失敗をしでかし続けるからという訳で。今回の冒頭も、自動車の修理工場で働いているギフティアの回収任務で強面風の口調でアイラが迫って相手が逃亡してしまい任務失敗。で、始末書を書くハメになるツカサです。その間、アイラは自分の機能チェックと言うか身体機能のチェックをしていました。ツカサが来る前、アイラは事務所でお茶くみをしていたので、任務復帰で身体負荷が増大していてそのためにイロイロとストレスが溜まるとアイラ自身は考えての事だったらしい。此処で、もしやアイラって寿命間近なんじゃ?って思ったですよ。
それが違っていたら良いのにと思っていたです。
で、前任ペアのカズキはそれに耐えられなくなってペアを解消してしまったのかと思った訳ですけれども、まさかね。その予想がまるっきり当たるとは思いもしなかったです。

それはさておき、アイラとお仕事をしているツカサはマニュアルを観てその通りに動くkのを自分のモットーとしているとのこと。だけれども、このお仕事のマニュアルには、事あるごとに問題を起こさないように臨機応変に対処することと有るだけでマニュアルがマニュアルの体を成していないのだとか。で、アイラとのお仕事にあたって役割を変えて試してみることにしてみたそうで。つまり、アイラがサポート役、ツカサが交渉役というわけですね。うん、これもある意味臨機応変という訳だから、マニュアルから逸脱しているように見えて実はマニュアル通りという事になります。
ツカサはマニュアルが無いとダメとか言いつつ、割りと柔軟さは持ち合わせているようです。

またギフティアの回収任務には、心とココロの繋がりが重要で決して効率重視ではいけないと言った前任者が居るとのこと。想い出を引き裂くのが任務とは言え、いや、だからこそ、心と心の繋がりは重要ですよね。

設定上気になる事象も一つ有るのですけれども、このギフティアの寿命問題は始めっから判っていた事なのか、それとも、開発時には想定していなかった事なのか。ただこの問題に関しては、ギフティアと別れたくないという気持ちを持ちつつも、説得に応じて返還しているユーザーを観るに始めっから判っていたっぽい雰囲気が有るので、開発当時から定められている事だったっぽい?ですね。

そんなこんなで冒頭の自動車工場に居たギフティアの回収任務はEDの裏で粛々と実施されていて今回の任務は無事に完了。
で、Cパートで一番、聞きたくなかった設定がとうとう明かされたのでした。
そう、アイラの作動時間の残りがわずか2000時間あまりしか無いってことが明かされたのでした。だから、最後まで一緒に居られなくて前任のカズキはアイラと組んで仕事をすることが出来なかった訳でした。それにアイラ自身の身体機能もだんだん衰えて居た訳で。ギフティアの老朽化と言うのは記憶障害だけではなくて、身体機能にも衰えが来るという訳でこれはなかなか切ない。だとすると、そんなギフティアの最後を見せないように事前に回収業務を行うこの会社のシステムってのはアレでいてなかなか良心的とも言えるかもです。それでも別れが辛くない訳がなくて…
その別れに毎回立ち向かう部署の面々のメンタル面がよく持つものだと。
なるほど、まずは自分自身のメンタル維持が重要になるのも無理は無いわけでだとすると、カズキがアイラとのペアを解消したのも無理は無いし、アイラの寿命の一件をツカサに明かさなかったのもただ単に無責任とは言えないです。

この先、ツカサは何時、アイラの寿命の一件を知るのか、それは誰から知るのか、それとも自分で気がついてしまうのか、また、アイラ自身は自分の寿命の事を知っているのかなどなどイロイロ気になるのでこれからもこの番組は見続けないといけなさそうな感じです。

この作品の詳しいことは公式HPとこの記事にTBをくれた方々の記事を参照にしてくださいませ。

コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 『長門有希ちゃんの消失』 ... | トップ | 第36回2015春調査に参加し... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

プラスティックメモリーズ #02 『足を引っ張りたくないので』 (北十字星 Northern Cross)
アイラのドジ娘っぷりは、仕様なのですね。 絹島ミチルの激しい性格は、水柿ツカサに興味があるから? アイラの残り時間があと2000時間とは もうすぐ回収じゃないですか! キャスト 水柿ツカサ・・・・・内匠靖明 アイラ・・・・・・・雨宮天 絹...
プラスティック・メモリーズ BS11(4/11)#02 (ぬる~くまったりと)
第2話 足を引っ張りたくないので SAIターミナルサービスは全国で29箇所ある。本社部長のコネ入社のツカサ。父親が知り合いらしい。 10年以上勤務する縹ヤスタカが久しぶりに出社する。有給や出張で出社していなかったらしい。 ミチルが指示した回収業務に失敗するツカサ...
アニメまとめてプチ感想(Fate・DD3期・プラメモ) (のらりんすけっち)
Fate/stay night [UBW] 第14話 今週もちゅんでれ凛ちゃんが可愛い♪ 新たな作戦に打って出ましたが… キャスターさん実は気の毒な人だったのね。 マスター運がないと哀れな末路になってしまうのがきついなあ。 セラとリズってああなっちゃうんだ…ギルの強さが半端...
プラスティック・メモリーズ #02 (ぐ~たらにっき)
『足を引っ張りたくないので』
二人三脚で一歩―【アニメ プラスティック・メモリーズ #2】 (腐った蜜柑は二次元に沈む)
プラスティック・メモリーズ 1【完全生産限定版】 [Blu-ray](2015/06/24)不明商品詳細を見る アニメ プラスティック・メモリーズ 第2話 足を引っ張りたくないので 忘れないで 終わりと始まりの時 その境界 泡沫の時間 無数に瞬いたあの輝いた愛しき記憶を ...
【プラスティック・メモリーズ】第2話『足を引っ張りたくないので』 キャプ付感想 (空 と 夏 の 間 ...)
プラスティック・メモリーズ 第2話『足を引っ張りたくないので』 感想(画像付) ツカサの足を引っ張りたくないと訓練するアイラ。 だが覚えたことを忘れることの無いギフティアには無駄な努力…。 アイラはただ壊れて行くだけ…? 残る可動時間はわずか2000時...
プラスティック・メモリーズ #02 「足を引っ張りたくないので」 (ゆる本 blog)
寿命の件はなんとなく予想していたよ・・・「プラスティック・メモリーズ」の第2話。 かなりスチャラカな古株社員「縹ヤスタカ(はなだ~)」がターミナルサービスの 事務所に顔を出すとツカサの顔を見て「コネ入社」とぶっちゃけてしまう。 ツカサは虫垂炎で受験に...
プラスティックメモリーズ 第2話 (ぷち丸くんの日常日記)
ツカサ(CV:内匠靖明)は、パートナーのギフティア・アイラ(CV:雨宮天)と一緒にターミナルサービスの仕事に取り組んでいます。 しかし、お客さんのところに行って、ギフティアの回収をしなくてはいけないのに、アイラは上手く説明することが出来ずに、いつも回収に失...