「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『Angel Beate!』 第12話 観ました

2010-06-19 03:12:07 | アニメ
あの世界の改変を狙っているのはいったい誰なのか?
影はデータ改変でできたものらしい。ならば、データを改変した奴が居るってことで、その改変をした奴が居るのはパソコン室から繋がる地下通路の先、ギルドに居る筈。
と、言うことでゆりは単身ギルドへ向かったらしい。
それにしても、そんな大事に対して、事実を隠して単身で探索に向かうとは…いかにもゆりらしい。
いかにも、EDの歌詞どおり、崖があったらそれをよじ登りって感じです。
少なくとも、この一件に関しては日向や音無の力くらいは借りてよかったんじゃないかな?この二人は、前世の未練であの世界に居るのではなく、あの世界に居る誰かのために残っているのですから。


と言うわけで始まりました。

ガルデモ関連の連中は今までやりたい放題にやってきたのだからと言って…
満足して消えることを選択した。

そのまま、夕暮れの中苛烈な戦闘は始まった。
戦線のおもなメンバーは世界に残って影と戦うことを選択。
大山でさえ、狙撃戦術(レミントン700か?)で戦闘加入。
ゾクゾクと戦線加入。
驚愕の人物が出てきたよ。
松下5段が山篭りからでてきたら恐ろしくスマートになって戻ってきたよ。
いったい何が起こった山下5段。
本人曰く、山には食い物がなくてなぁ~
だったそうですが…

一方、ゆりはギルドへの中でギルドの最後を見送る。
ギルドの生産力がゆりが戦う力をくれた。
ギルドはゆりに必要とされることで存在意義を見出した。
そしてゆりに最後の生産物たる武器を与え、消えていった。
人の役に立つ、人に必要とされるということがいかに重要かそれが判るエピソードですね。

そして、不意にゆりは回想モードへと突入。
この世界に来たばかりの頃のことらしい。
ゆりが戦線を作る前のことなのか、ここでは授業を受けていて中村と呼称されていた。
どうやら彼女の姓は中村と言うらしい。ゆりの場合、生前の無力感、神への絶対的抵抗感が強く、幸せについて一筋縄に行かないのは重々承知ですけど、彼女は現存するみんなへの愛情が存在意義となっているようです。
それが良いのか悪いのか…まだ不明です。

そしてそのまま意識を失いかけたとき、みんなに救われます。
みんなとは、音無、日向、直井、かなで。
参加しているほかの連中はこの連中をここへ送り届けるべく途中で苦戦をしているのであろう。
そのシーンが割愛されたのは残念でもあるけど、恐らくどんなだったのかは…想像に難しくないのがアレかも?
それにしても、ゆりはこの作品において唯一の脱がされキャラなのか、今回も救出されたときに服が気乱れた状況に陥っているのがアレですだ。脱ぐと言うほど酷くは無いけど、着乱れている姿と言うのは激しく劣情を感じさせるもので…なかなかです。

そしてゆりを先に進ませるためにまた、みんなが残り、ゆりが先行します。
そして行き着いたのが『第2パソコン室』
そこに居たのは石田章声の生徒。
それにしても声が声だけの黒幕っぽく聞こえつつもその実、ただの伝承者らしいというのがアレですね。そういう意味で、非常にらしい配役でした。その彼との話でこの世界の本質を描こうとしていたようですがちょっと早急だったかもです。でも、その話のおかげで、この世界で恋愛沙汰が生じてこなかった理由がなんとなく判った気がします。曰く、この世界で愛情が芽生えてしまうと世界から人が動かなくなり、世界の存在意義がなくなってしまうので、エンジェリックプレイヤーと言うソフトでそういった愛を持つ
人物を強制排除できるようにしたモノが居る。そして彼はその管理人をしているだけだと言う。
ならばこの事態の原因は音無らの行為そのものだということになる。
なんとなく、説明に突っ込みどころがあるようにも感じるけど、まぁ納得できる線で収まっているかも。
そんなやり取りの後、その部屋にあるパソコンを破壊しつくして部屋に佇むゆりですがなんか燃え尽きています。果たしてゆりはみんなが来るまでそこに存在していられるのかどうか…気になります。

そして次回、いよいよみんなの卒業と言うか世界から消失する番ですが…
その卒業にかなでちゃんも含まれるのかどうか…気になるところであります。



My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】
My Soul, Your Beats!/Brave Song
Crow Song Girls Dead Monster
Little Braver Girls Dead Monster

このお話の詳しいことは公式HPとこの記事にTBをくれた方々のブログをご覧下さいませ。

コメント (1)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« 『いちばんうしろの大魔王』... | トップ | 『WORKING!』 第12話 観... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆりっぺって、ナニゲにヘテロクロミアだったのね… (67式)
2010-06-19 05:54:47
「コレを持って行け…!」
と、双連ドラムマガジン付きM16系アサルトライフルを手渡され、
「…パトリオット…!」
というセリフを期待してしまった私はMGS4プレーヤー…。

ゆりっぺが飛ばされた「ありふれた学校生活風景」は、TV版エヴァの終盤に出てきた「セカンドインパクトも無ければ使徒もいない世界」(綾波転校生ver.が登場したシーン)を彷彿とさせますね。
エヴァのアレは、どうやら人類補完計画のプロセスの一部であったようですが、ゆりっぺのコレも「死んだ世界」の強制排除プログラミングが見せる幻影であったのでしょうか。
(教師や周りの生徒がより感情の入った反応を見せているところが、明らかに「死んだ世界」のNPCとは違う)
で、その「幻影」を自らの意思の力で打ち破り、「死んだ世界」に戻ってきたゆりっぺですが、…なぜか着衣が乱れていたのは…、…まあ、ゆりっぺはもともと「ダメージシーンの破れニーソ要員」ですから…!?
あ、ゆりっぺの姓はヤマモトではなく、ナカムラですよナカムラ。
…つまり、「チキショウ、いつか(神を)殺してやる…ッ!」てコト!?

何だか、「現世で弟妹を守ってやる事はできなかったけれど、この死んだ世界で仲間たちを守り切ったのだからもういいんじゃないか?」というのを落とし所にしそうな気配だけれど、でもそれって結局「神」にうまく丸め込まれた事にならないかぃゆりっぺ…?
…ゑ、「神」ならばひと足早く、「将来の大魔王」が倒しちゃいましたって!?

今週のかなでちゃん:もんどりうって飛んできたかなでちゃんのフトモモに叩き潰される「影」、ウラヤマシス…。

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

44 トラックバック

Angel Beats! #12 (桜詩~SAKURAUTA~)
【Knockin' on heaven's door】 Angel Beats! 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:櫻井浩美販売元:アニプレックス発売日:2010-10-27おすすめ度:クチコミを見る ここから消えたらやり直せますかね? 
[アニメ]Angel Beats!:第12話「Knockin'on heaven's door」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
過去の束縛からのようやくの解放。そして、切り拓く未来。
「AngelBeats!」第12話 (日々“是”精進!)
  EPISODE.12Knockin'onheaven'sdoorそれは、愛。奏は影退治。ガルデモのメンバーは“踏ん切り”がついたと音無に告げる「じゃあな、新人!」大量の影が襲って来て、野田、大山、藤巻、TK...
Angel Beats! 12話 「Knockin' on heaven's door」 (穹翔ける星)
愛の賛美歌
Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」 (中濃甘口 Second Dining)
そして、最後に愛は勝つ!! かなり強引だけど力技でねじ伏せにかかった感じです! という事である意味最終回っぽくもあるAngel Beats!、第12...
Angel Beats! 第12話 (物理的領域の因果的閉包性)
静寂の世界 - A Rush of Blood to the Head -
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (ゆる本 blog)
新たな脅威に対抗してまだまだ抗う者、心の充足を受け入れる者。「Angel Beats!」の第12話。 数を増す影をひたすら撃退する奏。 音無達は今のう...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想 (ひえんきゃく)
あたしも皆の後を追いかけて行きたくなっちゃたよ 長い間、お疲れ様。お姉ちゃん 今回がクライマックス!黒幕との対決!? ゆりの物語に...
Angel Beats! 12話 (ONE-SIDE theORY)
無事に影のプログラムを破壊しゆりっぺを連れ帰る事が出来た。 これでいよいよ次は最終回、感動のフィナーレとなるこの世界からの卒業式です。 【全文を表示する】...
Angel Beats! #12 (オイラの妄想感想日記)
ガルデモとかその他大勢の方が瞬時に成仏なさいました。 あまりに早く、唐突なのはこの作品の特長だから仕方無いけど、ゆり、音無、日向、ユイ、直井、岩沢の過去しか明らかじゃないし。 1クールの作品としてはギリなんだろうな。 天使ちゃん大活躍しすぎ! てかギルド...
【石田彰】KnAngel Beats! 第12話 「knockin' on heaven's door」【感想】 (失われた何か)
サブタイトルはボブディランの曲から拝借されてるのかな。 TKを指して「それボブディランじゃん」みたいな台詞もあったし。 ネタバレの回。...
Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door (つれづれ)
 ひさびさの松下がちょっと格好良くなっていて驚きました。
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」感想 (サラリーマン オタク日記 )
人間とは かくも素晴らしい存在なのか? 妹たちの言葉に号泣です。 さて 今回は奏ちゃんが翼を広げて空を翔けるシーンから 始まりました、一体何を想いあの場所に佇んでいたのでしょうか。 奏ちゃんの影との戦いでの決めポーズが良かったです。 Y、ハイ出来ました♪とい...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」 (SERA@らくblog)
卒業していく場所で生まれたものは――。 ガルデモ解散や、松下5段山篭りダイエット完了とかはスルーで(ぉ) SSSは音無たちの戦いに加勢。 ...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (さや☆ねオフィシャルブログ)
※画像は全てクリックで拡大 OPの奏の飛ぶシーンが幻想的なのにその後がw 地上で戦う音無達 そこに音無の意思を受け入れた仲間達が参戦 松下五段はいったいあんな短時間でどうやってハンサム君になったというのだw そしてTKwww 相変わらずとんでも...
Angel Beats! 第12話 (地図曹長道中記)
ガルデモのメンバーは全員成仏していきました。 この3人、あまり出番ない上に最後はあっあり消滅ですか。 個人的に遊佐しか印象に残ってな...
Angel Beats! EPISODE.12 Knockin'on heaven's door  レビュー キャプ (ゴマーズ GOMARZ)
クリックで別ウインドウ原寸大表示 夜明けの中、奏がかっこよく校舎の屋根から影を討つ為に地上へ 飛んでいくシーンから始まった今回のAngel Beats!。OPはなし。 どうやら、奏が影と闘ってくれている間に、音無達は全戦線メンバー達に 会ってまわって、成仏の説得工作を...
Angel Beats!第12話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#12「Knockin’on heaven's door」 ゆりっぺって、「ナカ
AngelBeats!第12話感想! (ney)
「AngelBeats!」の感想です。 ●AngelBeats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 ゆりっぺえええええ!!!な回でした。 でも途中の説明がよく...
Angel Beats! EPISODE.12 前半 (本隆侍照久の館)
“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』前半”
Angel Beats! EPISODE.12 後半-1 (本隆侍照久の館)
“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』後半-1”
Angel Beats! EPISODE.12 後半-2 (本隆侍照久の館)
“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』後半-2”
『Angel Beats!』#12「Knockin' on heaven's door」 (ジャスタウェイの日記☆)
「私がここまでやってきたのは、 みんなを守るためなんだから!!」 突如現れた、第三勢力のものと思われる影。 その出現によって、SSS...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on Heaven's Door」 (シュガーライト)
天使ちゃんマジ神々しい。 音無の言葉に納得したガルデモメンバーは成仏することに。 「酷い歌だったなぁ」とユイにゃんに苦笑すると...
Angel Beats!12話感想 (しろくろの日常)
Angel Beats!の感想です。 ゆりの気持ち。
Angel Beats!12話 (アニメ徒然草)
ラスボスはカヲル君でした。というわけで、「Angel Beats!」12話ゆりっぺ補完計画の巻。 すっかり戦闘要員に落ち着いてしまった奏ちゃん。 羽はゼロカスだけど、ハンドソニックver.5はナ...
Angel Beats! 第12話 (ニコパクブログ7号館)
第12話『Knockin' on heaven's door』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・この世界のことが明らかに?
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (ミナモノカガミ)
私の人生。
Angel Beats!第12話「Knockin' on heaven's door」感想 (星屑の流星群)
死後の世界に突如現れた影の大群、 戦線メンバーを守る為に奏がその圧倒的な力を持って影を蹴散らし その間に音無達は戦線メンバー全員に会...
Angel Beats! EPISODE.12「Knockin' on heaven's door」 (破滅の闇日記)
My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】(2010/05/26)Lia多田葵商品詳細を見る ついにクライマックスに突入。カルガモのメンバーをはじめとする...
Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door (猫が唸る感想日記)
この世界の謎が一気に語られて管理人の頭パンク状態。ちょっとまとめるか・・・。
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (記憶のかけら*Next)
「ありがとう、もう十分だよ」
Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door (ゲーム漬け)
まず音無の前に現れたガルデモメンバー。 「ボーカルもいないしもういいかな」と消え、華やかさが更に失われました… 彼女らは生前の未練なども一切描かれず、そんなに簡単に踏ん切りがつくのか… それに対して「下々の者の見送りお疲れ様です」って直井… 音無、日向、直...
■Angel Beats!【EPISODE.12】Knockin' on Heaven's door (此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-)
Angel Beats! #12の視聴感想です。 守護天使。 ガルデモ。 一途な恋。 幻想世界。 新世界の神。 長い間お疲れ様、お姉ちゃん。 ↑さぁポチッとな
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (黄昏温泉旅館)
この世界は、愛を知るための世界。 分かるような分からないような、そもそも大して説明にもなっていなかったような気がしますが、 一応...
Angel Beats!(エンジェルビーツ)~第12話 感想「Knockin' on heaven's door」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、ヴォーカルを失ったガルデモの他のメンバーも消えることになります。音無が立会いますが、直井は「下々のお見送りご苦労様です」と言い、日向と口論します。音無たちが大量の影と闘うなか、ゆりっぺはギルドを探索中です。(以下...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (明善的な見方)
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]愛が世界を変える ついに、最終回直前ということで世界の成り立ちも明かされました!
アニメ Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」感想 (とっくりん)
アニメ Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想です。内容はネタバレを含みますので、注意して下さい。 一番の謎であった”この世界”...
Angel Beats! 第12話 感想 (荒野の出来事)
 Angel Beats!   第12話 『Knockin' on heaven's door』 感想  次のページへ
Angel Beats! 第12話 感想 (ともくんのアニゲー日記)
#12 「Knockin' on heaven's door」 音無の話を聞いて吹っ切れた人達。 ゆりっぺ単独でギルドへ向かいます。 今回は核心に近づくストーリー上、ギャグ...
Angel Beats! 第12話  (刹那的虹色世界)
Angel Beats! 第12話 『Knockin’on herven's door』 ≪あらすじ≫ 理不尽に奪われた弟妹たちの命。だからこそ、ゆりは彼らの為だけに生き、そんな奪...
このサブタイトルは、けっしてボブ・デュランの曲名でも福岡の某葬儀会社CMのキャッチコピーでもなんでもありません。 Angel Beats!... (シュージローのマイルーム2号店)
 今回のAngel Beats!第12話タイトルを見て、おれはボブ・ディランよりもこっちが頭に浮かんだ!  これはけっして冗談でもなんでもなく、マジ...
このサブタイトルは、けっしてボブ・デュランの曲名でも福岡の某葬儀会社CMのキャッチコピーでもなんでもありません。 Angel Beats!... (シュージローのマイルーム2号店)
 今回のAngel Beats!第12話タイトルを見て、おれはボブ・ディランよりもこっちが頭に浮かんだ!  これはけっして冗談でもなんでもなく、マジ...
Angel Beats! 第十二話「Knockin' on heaven's door」 感想 (あしたのためのブログ)
死後の世界。 生前の後悔を拭いきれなかったものがこの世界に送られ、ここで前の人生に踏ん切りをつけて去っていく。 この世界に生み出さ...