「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『アリソンとリリア』 第3話 観ました

2008-04-18 01:43:39 | アニメ
今回は一気にアクション編です。
思いっきり動きいています。銃弾が飛び交っています。

とはいってもアリソンやヴィルが発砲しているのでなくって、ぶっ放しているのは件の爺さんと敵!それにしてもこの爺さん、本当に特殊部隊上がりだったようで牢獄からヘアピン一丁で開錠してみせたり、牢番の軍曹と巻き込まれた哀れな2等兵を一撃でのしてみせたり…優秀な特殊部隊員である様子。のした軍曹から拳銃と予備弾装をしっかりと奪ってくるあたりさすがとしかいい洋画有りませんね。アレ、確か2等兵のライフルも奪っていたような気がしますが…途中で捨てたかな?弾が入っていなかったとか、そんな理由で。
それしてもあの軍曹はいい拳銃を支給されていたようでルガーP08を、かなりの予備弾と一緒に持っていたようで追っ手に追われて発砲するのにも苦労はなったようです。おまけにちゃんとトグルが上がって弾切れになったところで弾装を交換してみせたりカートを飛ばしてみせたり芸が細かいです。之は、銃火器に詳しいスタッフさんがいたのでしょうね。何気ないですがこういう事って大切ですよ。ちなみに敵の兵隊さんが使っていたのはモーゼルタイプのボルトアクションライフルと、ベルグマンっぽい短機関銃。時代的にあんなものでしょうね。
しかし、時代的にかの国の戦闘機が水上機…なのはともかくとしてエンテ式なのはちょっと技術思考がこちら側の歴史とは違うということの証明なのでしょうね。確かに、先尾翼式(エンテ翼)と言うのは美しい形ですから格好が良いのですが、上手く飛ぶように設計するのがちょっと難しく、史実ではほんの数機種しか有りません。(代表:ライトフライヤーシリーズ各機、震電など)デメリットとしては、プロペラが操縦席後部にあるため期待から脱出する時、事前にプロペラを何とかしないとペラに切り刻まれてしまうこと。

あ・・・
アクションについて書きすぎました。
ストーリー的には、件の爺さんはアリソンとヴィルに宝のことは任せて自分は彼ら二人が無事に基地から脱出して宝を探せるようにするのが役目、それが叶うのであれば、自分は戦死しても良い位の決意で事に当たっていたようです。ルガーに残った最後の一発と思われる銃弾をアリソン機への銃撃に当たる兵士に向かって使ったのが、その何よりの証拠。もし、自分の生存もするなら格納庫内にドラム缶を転がしそちらを撃ったはずです。まぁ、冷静に考えると格納庫内を焼いた方がアリソンたちためだったかも知れませんけどね…いや、だって飛行機に小銃で射撃しても対して効果ないから…

そうそう、アクションシーンの特筆点としてはもう一つ、
追っての兵士の行動が、いかにも追跡中の兵士の動きをさせていたこと。爺さんや、アリソンの動きもそれに準じていたのは、結構、重要です。

てな感じでこの作品の詳しいことはこの記事にTBを送ってくれた方々の記事と公式HPを参照にしてみてくださいね。

でもって最後の蛇足
このシリーズの原作を読んでみようかなと思って量販古書店をいくつか回ってみたのですが…何故か一巻だけが売り切れだったと言う…。之は新刊で買えという啓示?

コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« ライティングは難しい・・・ ... | トップ | 『DC.ⅡSS』 第3話 観... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

アリソンとリリア 第03話「ワルターの戦い」感想 (物書きチャリダー日記)
2話で早速敵国に進入。すっごい早さだよな、ある意味(笑)んで、今回は・・・?アリソン早速感想。おじいさんの捕まっている基地に潜入するアリソンとヴィル。そこで遭遇したのは昔、アリソンがラブレターを受け取った人物・・・。まぁそんな感じで運命の再会・・・って...
アリソンとリリア 第3話 (沖磨純雲 -おきまもとん-)
第3話『ワルターの戦い』呆気なく基地に入りました。アリソンお得意の図々しさでひ弱そうなルネとかいう少年に案内させペースをものにするとじいさんがいそうな地下に
「アリソンとリリア」第3話 (日々“是”精進!)
第3話「ワルターの戦い」おじいさんが王立陸軍のテルト基地に捕まっていることを突き止めたアリソンとヴィル。早速、彼を助け出すためにテルト基地に潜入する二人だったが・・・。ワルターの遺志を継いで・・・。ベネディクトは大佐を怪しみ、おじいさんのことが気になり...
アリソンとリリア 第03話「ワルターの戦い」の感想。 (いーじすの前途洋洋。)
アリソンとリリア 第03話 「ワルターの戦い」 評価: ── この老人がどんな秘密を握っているというのだ 脚本 ...
マクロスFRONTIER #3「オン・ユア・マークス」感想 (サブカルなんて言わせない!)
CGキレイダナー 敵が暴れた事によってコロニーの壁が破壊されたのかな なかなか服を離せないランカちゃんかわいいよランカちゃん(;゜∀゜)=3 密室で胸を揉むのかな~と思ったけど・・・ これはこれでお約束か その後の中華まんみたいなのにワロタwwこれは予想外...
アリソンとリリア第3話「ワルターの戦い」 (全て遠き理想郷?なブログ)
第3話あらすじ 王立陸軍テルト基地への潜入に成功するアリソンとヴィル。奇しくもそこには、アリソンがロクシェの軍人だと知る人物が訪れて...
アリソンとリリア 第3話 (パズライズ日記)
今回は、アリソンとヴィルがお爺さんを一度は助け出すお話でした。 親衛隊服の威力恐るべしでアリソンの命令の出しっぷりが格好良くて(笑)。 でも最後はお爺さん死亡で、結局助けられなかったのは辛いですねぇ。 基地にも簡単に入れる親衛隊服の力は物凄いようで。...
アリソンとリリア 第3話 (世界の端に腰を掛ける)
萌えキャラ認定中:アリソン・ウィッティングトン 『ワルターの戦い』 爺さん、だから死に台詞は吐いちゃダメだって(汗々)。 潜入し...
アリソンとリリア 第3話 「ワルターの戦い」 (Shooting Stars☆)
【あらすじ】 後ほど追加予定。 ↑1日1票お願いいたします↑
アリソンとリリア#3 (悪のめいどブログ)
アリソンとリリア第三話ワルターの戦い
アリソンとリリア 第3話『ワルターの戦い』 (アニメ-スキ日記)
『ワルターの戦い』のワルターって何? 地名なのか人名なのかわかりました? 実はお
アリソンとリリア 。。。。 第3話 ワルターの戦い (幻影現実 私的工廠 ブログ)
軽飛行機の古典的名機、デハビランドDH60モス の初飛行は1925年2月。 この名軽飛行機を基本に 1931年9月に初飛行にたのが デハビランド DH82 タイガーモス。 複葉機なので オンボロ飛行機と 一般人は 思うかもしれないが、この21世紀になった現在でも 世界の空のどこ...