「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『エマ 第2幕』 第六章 観ました。

2007-05-27 02:11:08 | エマ
原作を読んだ時にも、うすうす感じたことなのですが…
子供たちや夫と離れて暮らさなければならない生活と言うのは、いかほど辛いものなのでしょうか?
いくら、自分の体が社交界に馴染めないと言えども…

ロンドンの社交界を知らぬ田舎貴族の娘と、成り上がりものの結婚生活。
噂の減らないロンドン社交界。
第一部で、ウィリアムとエマの結婚話にリチャード氏が全力で反対したのにはそれ相応の訳があったと云うわけですね。

この過去の事情の入れ方が物凄く自然にされていて、さすがこの第二章の製作に時間をかけただけの事があった物だと感じました。しかもいまの処、エマパートと、ウィリアムパートがバランスよく描かれていて、慌しさを感じずにいるのがその凄さを倍増しているように思います。

エマは、メイドの得意技、早起きを活用しウィリアム邸を早朝に脱出し、ミセス・トロロープの元を経てドロテア夫人の処に帰りましたが、その前に、ウィリアムとの事情についてトロロープ夫人に打ち明け、自分の居場所は不明にして貰いました。
その後に、やって来たウィリアムくんはエマ目当てに来たものの久しぶりの母子水入らずの時間を過ごしたのでした。その時に、夫人は自分とリチャード氏との馴れ初めと、結婚後、自分と社交界との間に起きた出来事を話したのでした。なるほど、貴族とは言えども社交界から遠ざかっていた田舎貴族の娘が、ロンドン社交界でどのような扱いを受けたのかを思えば、なるほど一章の時の彼の話は重みをあるような気がします。

この話の詳しいことはTBを送ってくれた方々のブログと公式HPを参照してください。

そうそう、前回気になると言った件は、あっさりと判明してしまいました。
なるほど、都会(ロンドン)暮らしは肌に合わなかったのですね。
それ故に、離れ離れに暮らさねばならないことになったこのジョーンズ家の二人は、果たして幸せだったのだろうか?キャンベル家のように同居していても、裏があるような関係よりは遥かに健全なのではないだろうか?
『アニメ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 今更ですが…珍名駅ランキング... | トップ | 『夜のコスチュームカフェ』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エマ」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

[~FWR~]英國戀物語エマ 第二幕 5月27日付 第6回「成功と喪失」 (The 23rd Legion Daily Report/第23軍日常報告)
英國戀物語エマ 第二幕  5月27日付
英國戀物語エマ 第二幕 第06話「成功と喪失」 (ブログ 壁)
朝を迎えるも、服に乱れがないことから行為には及んでないと思われる。健全で清らかな話だなぁ…。それともすぐにそんな思考へと至る俺が薄汚れて(ry。やけにウィリアムは凛々しくなったなと思ったら、なんだ、父親の若い時か。そんなわけで今回はウィリアム父・母の若...
英國戀物語エマ 第二幕 第六章 (パズライズ日記)
ジョーンズとオーレリアの過去が明かされるお話でした。 こちらも相当の苦労をしていたのですねぇ。 婚約を無かったことにしようと言い出すウィリアムスは流石に身勝手すぎるのではないかと。 ウィリアムならやりそうだとは思っていましたけどね。 エマはオーレリ...
英國戀物語エマ 第二幕第六章「成功と喪失」 (パプリカさん家のアニメ亭)
簡単にウイリアムとエマさんの関係を見抜いてしまうとは、流石、トロロープ婦人。 っていうか、流石、お母さん。 思ったより、堅実でしっかりとした考えを持っていることに、多少驚きましたが、 事実上、自分たちが苦労して、その結果、離れて暮らす状況になってしまっ...
英國戀物語エマ 『成功と喪失』 (日々是「紫」)
感動の再会もつかの間、ウィリアムに何も告げず 逃げるように部屋を後にしたエマ。 母親の所へ彼が駆けつけたときには、もう彼女は居なかった。 「居場所は教えないで・・・。」 とだけ、残して。 ま~た、離れ離
英國戀物語エマ 第二幕「成功と喪失」感想 (ここには全てがあり、おそらく何もない)
エマ・アニメーションガイド (2)森 薫価格エマとその時代が好きな人へ「エマアニメーションガイド1」に続く、アニメの副読本です。6〜9章、ジョーンズパパの訪問からひとりになってしまうとこまでですね。アニメや原作の裏話(DVDによくあるオーディオコメン...
英國戀物語エマ 日英文化交流のアニメ也 (Fere libenter homines id quod volunt credunt)
第6章「成功と喪失」  もう一つのロミオとジュリエット!そうやって視聴したほうがよさげだ。