「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『Angel Beate!』 最終回(第13話) 観ました

2010-06-26 03:13:01 | アニメ
果たして卒業式はどんな形のなるのか?
私の予想としては…
パターン1:奏、音無も含めた全員で卒業
パターン2:奏がみんなを見送る卒業
パターン3:奏、音無がみんなを見送る卒業
ぱたーん4:ゆりがみんなを見送る卒業
ぱたーん5:ゆり、日向がみんなを見送る卒業
といった感じかな?

と言う訳で、始まりを待っているところです。

サテサテ・・・
ゆりが影の総元を潰してから3日後。
ゆりは救出され医務室で意識を取り戻した。
残っていたのは、音無、かなで、日向、直井の4人のみ。
他のみんなはゆり、かなでの卒業式の準備の手伝いをしてから消えたらしい。
ちなみにNPC化した高松もちゃんと消えることが出来たらしい。
そのことを聞いたゆりは、それを当たり前と捕らえ、あのソフトの製作者の意図を感謝した様子。

それと卒業式を一番楽しみにしていたのはどうにもかなでだった様子。
だとすると、かなでは学校を卒業する前に亡くなっているのかも知れないです。もしかすると学校生活を知る前に亡くなっている可能性すらあるのかと…

それはともかく、ゆりと一緒にかなでちゃんが居るのは良かったのかもです。その上、戦線のリーダーで居る必要も無くなった素直なゆりは、日向くんじゃないけど…乙女らしくなったような気がするのです。もし、その場にかなでちゃんが居なかったら…ここまで素直に居られたか…

卒業式はつつがなく進行したけど…
直井、ゆり、日向と消えていった。
そして・・・

ゑ?

驚愕の告白が奏から為された。

かなでちゃんがこの世界に来た理由。
それは自分が生前貰った心臓の持ち主に『ありがとう!』言うため。
そして、かなでちゃんの直感では音無くんがその心臓の持ち主だと言う。
・・・
なるほど、かなでちゃんが音無くんに拘りをみせていたのはそういうことだったのですね。
ここで、音無の最期で心臓が移植に間に合う理由はないとか言うのは簡単だけど、それを言うのは野暮というもの。ここは、彼のトンネル内で意識を失ったのは脳死で心臓は血から強く動き続けていたのだということにしておきますかね?
なんて考察はどうでも良くて…
そういう奇跡があったということ。
これを今の今まで隠して、今、この瞬間に明かしたのは・・・
なんと言うサプライズ!!
これは素敵と言うかなんと言うか…
こんな奇跡が見たかった、読みたかった。

かなでちゃんの告白の前、音無くんが彼女にした告白もなかなかでした。
『ゆりのようにこの世界の意味を誤解してしまう人が居ないよう、自分と二人でこの世界に残って指導しよう。大好きなかなでと一緒なら、この世界に居ても大丈夫だから。好きだ!かなで』
この台詞は…なんとなくありそうだなって思ったんです。
面倒見が良くて指導者体質な音無くんなら絶対に言いそうだって。
だから、この二人はもしかして世界に残るかも。
そんな予想は私もしていましたし、みんなもしていたと思います。
でも・・・
この話はそんな予想の斜め上を行きました。

かなでちゃんがこの世界でずっと人を見送り続けた意味、そしてその目的が明らかにされるとは。そして、かなでと音無の真の関連性がここで明らかにされる。この展開に驚愕し感動したです。

かなでちゃんは自分に心臓をくれた人に『ありがとう』を言いたかった。
そして、そんなことが出来るように迷い迷ってこの世界にようやくやってきた。そしてこの世界で待った。待って待って待ち続けてようやく出逢えたのが本当に心臓をくれた音無くんだった。
そんな音無くんは…
彼女に好きだと告白してくれた。
無愛想で不器用な自分を好きだと言ってくれた。
これは…消えちゃわない方がどうかしています。
でも、それを堪えて二度目を聞くまで待っていてくれたのです。
告白したら消えちゃった音無くんの絶望感は…なんとなく察してやりたいですけど…消える方法を知っている彼にとってはそれくらい何とかしたのでしょう。

そしてED後。
とある街の中。
かなでちゃんぽい薄青色な髪の毛の女の子が居て…
赤毛の青年とすれ違って…
はっと思った青年が振り返って女の子の肩を叩く。

・・・

なかなか良い余韻で閉めてくれました。





これは、今期最高のエンドだったんじゃないでしょうか?
少なくとも私は良いと思ったです。
なんて素敵なストーリーが観られたのか、書き表すことが出来たかどうか自信がありませんがとっても良かったです。



My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】
My Soul, Your Beats!/Brave Song
Crow Song Girls Dead Monster
Little Braver Girls Dead Monster

このお話の詳しいことは公式HPとこの記事にTBをくれた方々のブログをご覧下さいませ。

コメント (1)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
« 呆然… | トップ | 『化物語』 第拾伍話 観ました »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かなでスキー萌え尽きの最終回? (67式)
2010-06-26 04:31:23
どうやらみんな消えていく方向で終わる模様、ぢゃ、最終回のEDは通常版の逆回しver.で、勢揃いしていたメンバーが1人ずつ消えていく描写なのかい?などとおバカな想像にふけっていたら…、…ホントにやってくれましたよ…!
ただ、単なる逆回しでないのは、ちゃんとかなでちゃんが「仲間」に加わっていた事。それも活き活きとした、楽しげな表情で。
あと意味深なのは、最後の最後で音無君も消えて終わっている事。
エンジェルプレーヤー作者のように、「死んだ世界」に留まったまま天文学的確率で再びかなでちゃんの魂がやって来るのを待つよりは、輪廻の果てに魂が呼び合う事に望みを託したようです。(というか、かなでちゃんのいないこの世界にもう用は無い!?)
…そして、エピローグシーンへ。

かなでちゃんが消えた直後の学校全景シーンで、かなでちゃんの魂が光となって上って行くのに気付いたでしょうか?
OPの前半で天から舞い降り、後半で天へ還って行く光の粒子は、この世界に迷い込み、そして恐らくはかなでちゃんが見送った魂達なのでしょう。
その数、実に幾億…?
…というかかなでちゃん、まさか「心臓が無い人間」を探して、新参の魂を片っ端から串刺しになんかしていなかったでしょうネ!?

かなでちゃんは卒業式未経験、かといって小学校の卒業式も迎えていないょぅι゛ょに高校生弾子の心臓なんか移植したらひぎぃぃ!となってしまう事確実なので、きっと心臓病で入院したまま、学校の卒業式にはずっと参加できないでいた娘さんであったのでしょう。(かなでちゃんが目立って小柄で色白なのも、この病気のせいなのかも?)

エピローグで、メンバーの後日談(外見は違うけれど、でも明らかにそうとわかるキャラ)を描くのはまあ予想が付きましたが、…ゑ、かなでちゃんと音無君の分だけ?
ゆりっぺ、完全にディスられている!?

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

61 トラックバック

Angel Beats! 13話 「Graduation」 (穹翔ける星)
今ここから始まる物語
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 (シュガーライト)
最終回終わりましたが、とりあえず感想だけ書きます。 謎のままの部分が結構多い気がするんだけど・・・。 卒業シーンはギャグも混ざった...
Angel Beats! 第13話(最終回) 「Gradustion」 感想 (ひえんきゃく)
奏「あなたが信じてきた事をあたしにも信じさせて」 奏「生きる事は素晴らしいんだって」 今回で最終回を迎えた『Angel Beats!』ですが、何と...
「AngelBeats!」第13話(終) (日々“是”精進!)
  EPISODE.13Graduation(終)“ありがとう”の言葉。あれから3日後・・・保健室で目覚めたゆり。周りには音無たちの姿が。「まだお前が残ってるじゃないか?」だが、奏が、ゆりの抱え...
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 <終> (ゆる本 blog)
影との戦いから三日が経過した「Angel Beats!」の最終第13話。 ネタ「格闘中」もどうぞ。 保健室のベッドの上で目を覚ますゆり。 音無、日向...
Angel Beats! 13話 「Graduation」 感想 (サボテンロボット)
最後に残された者達によるたった5人の手作り卒業式。 5人以外のメンバーについては、あまり時間を割けないだろうと 覚悟してはいたのだけど...
Angel Beats! 第13話「Graduation」 (記憶のかけら*Next)
五人だけの卒業式
Angel Beats! 第13話 Graduation (つれづれ)
 卒業式。手作り感覚がいいですね。
Angel Beats! 第13話「Graduation」【感想】 (失われた何か)
Angel Beatsの意味がやっとわかりました。 そして音無=心臓(鼓動)が無いという意味も今更わかった。 さらに結弦=ゆずる=心臓をゆずるって事で...
Angel Beats! #13 (オイラの妄想感想日記)
今週は観ててスゴく恥ずかしくなったよ。 一回、再生を止めてしまったぐらいです。 奏が作った麻婆豆腐LOVEの歌は腹が捩れそうでしたよ。 校歌っぽいのを作ろうとして麻婆豆腐ってワードが出るとは予想外です。 内容については別に良いのですが、ただ・・・・。 野...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話「Graduation」 (SERA@らくblog)
あぁ~麻腐豆腐~♪ かなでの作った線歌が酷い(笑) と言うことで、天使ちゃんの希望で卒業式です。 残ったのはもう5人だけとは寂しいで...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話 「Graduation」 感想 (wendyの旅路)
別れという始まり―
Angel Beats! #13(終) (桜詩~SAKURAUTA~)
【Graduation】 Angel Beats! -Track ZERO-著者:麻枝准(Key)販売元:アスキー・メディアワークス発売日:2010-06-23おすすめ度:クチコミを見る 生きる事は素晴らしいんだ・・・ 
Angel Beats! 第13話(最終話) (刹那的虹色世界)
Angel Beats! 第13話(最終話) 『Graduation』 ≪あらすじ≫ ゆりが謎の青年と決着をつけて3日。 ゆりたちを除く全員が卒業した世界で、ゆりは...
Angel Beats! 13話(終) (ONE-SIDE theORY)
成仏するかと思われたゆりっぺですが、目覚めるとそこは保健室のベッド。 仲間に見守られて目覚めたゆりっぺに異変が。 「女の子」っぽくなったという日向の台詞、まさにその通り。 突き動かしていたもの、今まで背負っていたものから解放された女の子本来の姿です。 死ん...
Angel Beats!第13話(最終話)感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#13「Graduation」 本当に、卒業式だったんだ!♪この死せる世界からの
Angel Beats! 第13話 Graduation (ゲーム漬け)
目を覚ましたゆりの前には音無、奏、日向、直井の4人。 皆消えてしまった後で、凄く物悲しい感じになっています。 高松も意識を取り戻して逝けたらしいですが、意志の強さでいつか人に戻れるようにしてあった、何とも納得のいかない話ですね。 ほとんどのメンバーの過去も...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」&シリーズ感想 (妄想詩人の手記)
最後まで想定外だったなぁ^^ いや、面白かった
AngelBeats #13「Graduation」 (生涯現役げーまーを目指す人。)
総評!リカイフノウデスおかしいな。毎回きちんと見ていたはずなのに、毎週毎週、一話飛ばしてみたような感覚を受けていた。ぶっちゃけ、俺らは13話だと思ってるけど実は52話くらい放...
Angel Beats! 第13話 Graduation (ゲーム漬け)
目を覚ましたゆりの前には音無、奏、日向、直井の4人。 皆消えてしまった後で、凄く物悲しい感じになっています。 高松も意識を取り戻して逝けたらしいですが、意志の強さでいつか人に戻れるようにしてあった、何とも納得のいかない話ですね。 ほとんどのメンバーの過去も...
Angel Beats! EPISODE.13 Graduation  レビュー キャプ 最終話 (ゴマーズ GOMARZ)
クリックで別ウインドウ原寸大表示 ゆりが目覚めたのは、3日後・・・ そして、その間かどうかはわからないが、音無、奏、直井、日向以外は 全員成仏していたw あれ~じゃあ、あの影と戦っていた時がみんなの 見納めだったのか・・・遊佐とか、まったく見かけなかった...
Angel Beats! -エンジェルビーツ-EPISODE.13『Graduration』《最終回》 (風庫~カゼクラ~)
『あなたには心臓がなかった』 最終回にして明かされた奏の“未練”。その後の音無に関しては 想像せよでいいのか、ラストシーンで結末とすべきか。 賛否両論飛び交ったAngel Beats!ですが、先を予想したり天使に萌えたり 結構楽しんでた印象ではあります。 Crow Songア...
Angel Beats ! Episode 13(最終回).『Graduation』(感想) (アニメ-スキ日記)
ヒロインは奏だったか! 奏のドナーが音無だったとは意外な結末でしたw 感動のED
[アニメ感想] Angel Beats! 第13話 Graduation (窓から見える水平線)
Angel Beats! 最終話。 音無たち5人による卒業式、 果たして彼らは最後に何を思ってこの世界を去っていくのか―――。 以下感想
AngelBeats!第13話(最終回) 「Graduation」 (半ヲタの気ままな辛口ブログ)
今期「けいおん!!」とツートップの話題性だった「AngelBeats!」終了評価絵 15点話 14点キャラ 14点音楽 15点魅力 15点総合・73点※アニメ評価※詳細ページ感想・風...
■Angel Beats!【EPISODE.13】Graduation (此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-)
Angel Beats! #13の視聴感想です。 卒業式。 涙。 告白。 唖然。 新たな人生。 生きることは素晴らしい。 ↑さぁポチッとな
Angel Beats! 第13話 「Graduation」  (物理的領域の因果的閉包性)
ありがとうは言わないで...
Angel Beats! 第13話 最終回 感想 (荒野の出来事)
 Angel Beats!   第13話 最終回 『Graduation』 感想  次のページへ
[アニメ]Angel Beats!:第13話(最終回)「Graduation」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
それはすれ違っただけで、長くも短い幸せだと感じる時間。
Angel Beats! #13(最終回)「Graduation」感想 (群青パレット)
死んだ世界戦線卒業式 つまりSSSSか、なんかSがハンガーに見えてきたよw Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/07/21)櫻井浩美神谷浩史商品...
Angel Beats!【13話】 「Graduation」 (生徒会の放課後 こーひーたいむ)
強制終了です。これは終わらざるを得ない・・・。しっかり締めて来ました、Angel Beats!13話でした。 いよいよ皆が消えていく・・・。そんな最終回のようですね。感動の予感もしますがwww 3日後の話のようで、4名+奏以外は皆消えてしまったようです。 消...
Angel Beats! 第13話「Graduation」(最終回) (のらりんクロッキー)
最終回でゆりっペを初めて可愛いと思った(ぇ 天使ちゃん見たさに完走でしたが、うまくまとめたなと。 最終回が一番良かったですね。 毎回こうだとよかったのになあ。 あえて難解なストーリーにしたのかね。 最終回で評価がガラリと変わりそう。 商業的には成功...
Angel Beats! 第13話「Graduation」 (最終回) (破滅の闇日記)
Angel Beats! デスクマット(2010/08/25)キャラアニ商品詳細を見る 音無・ゆり・奏・日向・直井の5人で小さな卒業式。他のSSSメンバーはいつの間...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話(最終回)『Graduation』 (リリカル☆スアラ)
ありがとうございました! SSS最後の戦いから3日後。ゆりを含めての最後の卒業式。 一番泣いてたのは、直江でした。 「これだから女は...
Angel Beats! EPISODE.13 「Graduation」 感想 (起源風景)
影との戦いから三日後。5人を残して他のメンバーは消えて行った。 天使ちゃんが鼻歌歌ってる・・・ 最終回にして、ゆりっぺついにデレ期かよwww
Angel Beats! 第十三話 (ぶろーくん・こんぱす)
 奏がやったことがないのでやりたいというので最後に卒業式。
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』前半-1 (本隆侍照久の館)
-あれから3日後-
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』前半-2 (本隆侍照久の館)
とことで、卒業式が始まる。
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』後半-1 (本隆侍照久の館)
僅かな余韻を残した後、最初に動き出したのは文人だった。
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』後半-2 (本隆侍照久の館)
一般生徒が部活動に勤しんでいる。 そんな夕日射し込む校庭を見つめ、音無は奏ちゃんに話す。
「Angel Beats!」13話 Graduation (蒼碧白闇)
SSSの卒業式。 5人だけの手作り感溢れ兼ね役もある卒業式はなかなか面白かった。 奏の戦歌の作詞は戦歌というより麻婆豆腐の歌だった。麻婆...
Angel Beats!13話(最終回) (アニメ徒然草)
一体いつどこでお前らが師を仰いだっつーのよ。というわけで、「Angel Beats!」13話(最終回)好きな女の子と世界で二人っきり計画の巻。ゆりっぺが寝てる間に成仏という名のジェノサイ...
Angel Beats! 第13話(終) (ニコパクブログ7号館)
第13話『Graduation』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・卒業式ですか。
Angel Beats!13話感想&総括 (しろくろの日常)
Angel Beats!の感想です。 卒業式。
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 (空色きゃんでぃ)
最終回も天使ちゃんマジ天使でしたね! 最後はみんな揃って卒業式♪ 「開式の辞!これより死んだ世界で戦ってきた、死んだ世界戦線の卒業...
Angel Beats! 第13話  『Graduation』 (オタクな車椅子生活者の日々)
第12話の感想をすっ飛ばした言い訳は学校が辛いと簡単な言い訳をw すっごく簡単に12話に触れて書いてます。 Angel Beats! 第01話 Angel Beats! 第...
Angel Beats! 第13話「Graduation」 (ミナモノカガミ)
卒業の日。
Angel Beats! 最終回「Graduation」 (明善的な見方)
Keep The Beats!いい音楽、楽しい笑い、みんなに愛されたTKw そんな作品だったこのアニメも今回で最終回。 驚愕の展開でした!!!
Angel Beats!(エンジェルビーツ)~第13話(最終回) 感想「Graduation」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、最後まで残った音無、天使・立華奏、ゆりっぺなどで卒業式をやります。ラスト5には日向と直井もいますが、5人だけの閑散とした体育館で、校歌斉唱ならぬ隊歌斉唱します。隊長のゆりは隊の歌について一切関与していませんが、奏が...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 (隠者のエピタフ)
卒業、それは別れではありません。新たな旅立ちなのです。前に進むための一歩、それが卒業。
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話(最終回)「Graduation」感想 (マナヅルさん家)
お前ら…歌うのか?
Angel Beats! 第13話「Graduation」もう一回みてみよう、きっと「ありがとう」っていいたくなるさ(^ω^) (なんだかんだで漫画好き)
Angel Beats! 第13話「Graduation」 見ましたよ~ってことで、いつもの如く感想をば とうとう最終回でしたね 今回は前回の続きから保健室で...
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 (黄昏温泉旅館)
ささやかなエピローグ、という感じの最終回でした。 ゆりは前回で消えずに残り、合わせて残っていた音無たちと、戦線の卒業式をする事に...
AngelBeats! Episode13「Graduation」 (インドアさんいらっしゃ~い♪)
ゆりもかなちゃんも、問題が解決してからすっかり変わったね。特にゆりの変化は著しい。前回で憑き物が落ちてようやく普通の女の子になれたって事なんかね。日向にからかわれて慌て...
Angel Beats! 第13話「Graduation」(最終話) (アニメレビューCrossChannel.jp)
あまりにもストレートな手作り卒業式の演出には少し驚かされたが、そんなことで終わるわけもなく、音無とかなでのビフォアとアフターを同時に見せて締めくくった「Angel Beats!」。 神に抗う勇ましいキャッチの面ではゆりが、作品の根幹はタイトル通りに「天使の鼓動」が...
『Angel Beats!』#13「Graduation」(最終回) (ジャスタウェイの日記☆)
「あなたは校内において、 みんなのためにがんばりぬいたことを証します」 一人ラスボスもどきと戦ったゆり。 目覚めたのは三日後だったが...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 (ひびレビ)
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 目覚めたゆりは奏から既に葛藤が無くなっている事を指摘される。リーダーっぽくなくなって、女の子っぽくなったゆり。最終回にして少しゆりが可愛く思えました(苦笑。岩沢さん最期の曲を口ずさみながら奏たちが向...
Angel Beats!第13話『Graduation』 (アニメ好きのケロポ)
“ありがとう”
Angel Beats! 第13話(終) 感想 (ともくんのアニゲー日記)
#13 「Graduation」 様々な議論を沸かせた「Angel Beats!」も最終回。 初回見たときはゆりっぺを「ハルヒじゃん!」って否定的な発言をしていました...
アニメ Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」感想 (とっくりん)
アニメ Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」の感想です。内容はネタバレを含みますので、注意して下さい。 どうしてもハッピーエンドにさ...
Angel Beats! 第十三話「Graduation」 感想 (あしたのためのブログ)
一年ほど前から情報が発表されて、それが徐々にアニメであったり、登場キャラ、制作会社や声優、そしてOPとEDが発表されて、ついに今年の四月...