「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『氷菓』 第20話 観ました

2012-09-03 02:08:30 | 京アニ
今回は初詣ネタのお話で、映像化されたらムフフフだなぁ~と期待していた話です。最大の期待値を記録して居るお話は『遠回りする雛』収録の「遠回りする雛」なのでおそらく最終回にならないとダメなんでしょうけれども、あちらは春休みのお話ですから仕方ないですよね?

と、言うわけで今回は、晴れ着姿のえるちゃんと巫女服姿の麻耶花ちゃんと十文字さんを存分に堪能するのが吉かと思われ。
とはいえ。流石にそれだけではお話がつまらないし、感想ブログの記事としてもどうかと思うので蛇足ながらも他の点を挙げてみましょう。

今回の原作をみるまで、えるちゃんに魅力をアンマリ感じて居なかったのですが、今回の話で奉太郎にデレて見せるえるちゃんが貴重だと思ったのです。その理由が初詣にえるちゃんから誘いが有って、しかもその理由がその時着る「晴れ着を見せびらかしたい」からなのです。誰に見せたいのかは、当然のことながら奉太郎に!なのですから、これをデレと呼ばずに何をデレと呼ぶのでしょう。もちろん、彼女が元旦に晴れ着を着るのは奉太郎のためではなくて、お家の事情からなのですが、せっかく着た晴れ着姿を奉太郎に見せびらかしたいと言う乙女心にヤラれたというわけです。
この乙女心は、もちろん麻耶花ちゃんにも有って、里志にならともかく、腐れ縁の奉太郎には見せたくないわよ的な反応をしてみせるのもいかにもなのです。彼女と奉太郎はどういうわけか小学校の頃からずっと同じ学校、同じクラスだったそうでそれはもう、彼女の言うとおり腐れ縁でしかない訳ですよね。ずっと同じクラスだったからと言って特別な関係でなくただのクラスメイトだった筈なのですが、彼女が里志に恋心を抱いてからは想い人の親友ってことで少しは扱いランクが上がっているようですけれども、彼女は奉太郎に対して「仕事のせいなんだから仕方ないでしょ?」と巫女服姿について言う訳でありますね。原作だと奉太郎は「馬子にも衣装」みたいなことを言ってしまっているので、そう返されても不思議はないのですが、まぁ見方によってはツンデレとも取れなくはないような…。

そんなこんなで今回は、事件自体は奉太郎とえるちゃんが納屋に閉じ込められてしまうと言う話でした。傍目的に若い男女が密室に居たら…的な発想をしない相手に救出してもらわないといけないと言う事情をえるちゃんが主張し、確かに名家のお嬢様としては、無理もない事情だと奉太郎が納得して知恵を駆使すると言うのが今回の最大の山場でした。
この危機に対して、何の疑問も抱かない救出者たる資格のある人物は、荒楠神社の娘の十文字かほさんと、麻耶花ちゃん、それに里志だけ。で、ポジション的にSOSを発信してみてそれが真っ先に届くポジションに居るのは落し物を管理して居る麻耶花ちゃんなので、彼女の元に自分たちのものだと分かる落し物を納屋の前に落としてみるという手段をとってみました。ですが、なかなかそれが伝わないので…、奉太郎は姉川の合戦での故事に習って、えるちゃんの巾着に紐を縛って落とし物にして、それを知った里志が救いに来ると言うのが今回のオチでした。その暗号を知っているのは流石、データベースを自称する里志くんだと思うのですが…、それがすぐにピンときた理由が正月時代劇だったというのが、ナンカ情けない気がするですね。

と、言うわけで公式HP京都アニメーション版HP、それとこの記事にTBを送って来てくれた方々の記事を参照にしてくださいね。

コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« シキ550 | トップ | 『氷菓』 第21話 観ました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
十文字かほさん (はつゆき)
2012-09-05 23:13:49
巫女さん姿は、線服の時と違って大人っぽいですね。
レス (きつねのるーと)
2012-09-09 16:12:55
眼鏡っ娘好きとしては十文字かほさんにハァハァでした

もちろん、巫女用に付け毛を足した摩耶花ちゃんもですけれども。不満は、ほかの巫女さんが出てこないことかなぁ?

コメントを投稿

京アニ」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

[アニメ]氷菓 第20話「あきましておめでとう」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
本当は二人にとっておめでたい事態なのに、おめでたくない。これが納屋と古典部部室の違いか。意識しだした二人を見て、最終的に里志のようなニヤリとした表情になってしまう自分 ...
氷菓~20話感想~ (ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。)
「あきましておめでとう」 奉太郎のもとに、えるから電話がかかってきた。 元旦に神社へお参りに行こうとさそわれる。 着物姿も見せたいという。 着物姿に驚く奉太郎。 える可愛いよえる お参りをしたあと、神社の中へ。 そこには、十文字...
「氷菓」第20話 (日々“是”精進! ver.F)
納屋に、閉じ込められる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209030000/ 氷菓 (2) (カドカワコミックス・エース)タスクオーナ 米澤 穂信 角川書店(角川グ...
氷菓 第20話「あきましておめでとう」感想! (くろくろDictionary)
氷菓 第20話「あきましておめでとう」 えるがめっちゃかわいい…!!!! かわいすぎる!! お正月。荒楠神社に初詣に行くことになった奉太郎とえる。 えるの華やかな着物姿に奉太郎もびっく...
氷菓 #20 (ぐ~たらにっき)
『あきましておめでとう』
氷菓 第20話 「あきましておめでとう」 感想 (wendyの旅路)
省エネな一年を送れますように―
氷菓 第20話 「あきましておめでとう」 感想 (Little Colors)
初詣デートと密室事件。
氷菓 第20話「あきましておめでとう」の簡単な感想 (恋染紅葉、パジャマな彼女。と「くーちゃん」こと音巻まくらを全力応援中のブログ。To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだ...)
着物姿のえるたそと巫女さん姿の摩耶花が可愛すぎるうううう!!!! それにしても奉太郎とえるたそ初詣でもイチャイチャしやがってからに… 最初に着物姿で現れて奉太郎と話していた時のえるたその顔は女の...
氷菓 第20話「あきましておめでとう」 (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
「エネルギー消費の穏やかな一年を送れますように」 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/kotenbu/hyouka20/
氷菓 第20話 「あきましておめでとう」 (こねたみっくす)
「わたし、気になります!」の千反田えるちゃんと省エネ主義の折木奉太郎はもはや恋人関係じゃないですか!納屋に閉じ込められた2人の互いを思いやる行動。くっはぁ~!まさに青 ...
氷菓 第20話「あきましておめでとう」 (MAGI☆の日記)
氷菓の第20話を見ました 第20話 あきましておめでとう 「なぁ千反田、元日にやっていたことは一年間繰り返すっていう迷信はあるか?」 「さぁ多分そんな迷信はないと思いますよ。でないとお正月に休...
氷菓 第20話 【あきましておめでとう】 感想 (キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記)
閉じ込められるとしたら何処がいい? アバンでそんな事を思いつきましたw 体育倉庫に体操服の女の子と一緒に閉じ込められちゃったらいいですよね~(←マテ) 氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray](2012/09/28)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る
氷菓 第20話「あきましておめでとう」 感想 (コツコツ一直線)
今回は正月の出来事。あるアクシデントに見舞われた奉太郎とえる。地味にピンチなこの状況、どうやって乗り越えるのでしょうか…?今回も奉太郎とえるにニヤニヤしてしまいました。もう殴る壁がなくなりそうです…。あと奉太郎のテヘペロにびっくりし...
氷菓 第20話 9/3 あらすじと感想 #hyouka #氷菓 (Specium Blog)
 ドキドキ初詣。  大晦日をダラダラと過ごしていた奉太郎くんに、えるちゃんから初詣のお誘いが来た。初詣に向かう神社では、摩耶花ちゃんが巫女さんのバイトをしているらしい。里志くんも、後からやって...