「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『氷菓』 第10話 観ました

2012-06-26 20:13:22 | 京アニ
今回はえるちゃんのお休み回ですねぇ~
這い寄るえるちゃんが見られなくてちょっと残念。
その代わり、女帝こと切れ長ロングヘヤー美人の入須先輩の出番は多め。しかも正座した足の裏アップとかフェチっぽいアングルも登場だったりします。

それにしてもお茶に誘った入須先輩が連れてきたのは高校生が入るような喫茶店ではなく個室接待とかに使うお茶屋さんですね。お茶を頼むと和菓子も付いてくるような…。なので奉太郎はとっても居心地が悪そうな感じです。このお茶屋さんの中で入須先輩は奉太郎から直接、話を聞きたかったようなのです。他の誰にも邪魔されずに。
この他の誰からも邪魔をされないだろう場所と、言うことで入須先輩は高校生が入るとは思えないお茶屋にしたようです。つまりこの場所なら奉太郎に推理をさせるため圧力をかけやすいだろうと踏んだのでしょう。なのでこのお店で、奉太郎にF組の面々が憶測したビデオのあとのストーリーが却下だった理由を聞きだし、それに納得した。その上で、その先の推理をお願いした。このお願い方法が、入須先輩があのビデオの後のお話を推理してもらうには、古典部ではなくて奉太郎にお願いしたいのだと打ち明けるのです。そんな器じゃない今まで推理が解けていたのはうんが良かっただけと奉太郎は固辞しますが、それに対しては、能力が無いモノが努力しても到達出来ない高みに居るものが『うんが良かっただけです』と能力のある人に言われてしまったら、努力してその能力を得たいと思っている人はどんな気持ちになると思う?と言ったのでした。
これに近いことは、里志も今までことあることに奉太郎に対して指摘し続けて居るような気もしますよね。
その後、奉太郎が引き受けると答えるまでの間の取り方が、深呼吸をする、と言う描写になっていたのですが、絵柄こそ違うものの、『日常』でよく観られた決意の瞬間前の息使いの描写にそっくりだったのがとっても印象的でした。

因みにまだ夏休みは終わっていないので処暑のままです。次回は一つ進むかも知れないですけれども…

そんなこんなで、翌日、登校日でも約束があるわけでも無いにもかかわらず、学校に登校し、地学準備室で課題を検討する奉太郎。突発的な思いつきだったため、里志も摩耶花も別用が学校内に有って検討に参加出来ないまま奉太郎ひとりで検討をする。そして彼が出した結論は…稚拙なカメラワークを逆手に取ってカメラマンが7人目の同行者で且つ犯人だったと。
検証結果を聴き取りにきた入須先輩に対してそう解説し、入須先輩はそれに対する疑問点を二三尋ね納得した。曰く、カメラマンがしゃべらなかったのは?とか、登場人物的には、この場合、推理をする必要も無く犯人が丸分りなんじゃ?とかそう言った疑問です。これに対して、カメラマンは廃村ハイクに同行したものの、誰からも相手にされなかったことで殺意を抱いたのかも知れない。で、彼が殺人を犯したということが他の6人からしたら丸分りのモロバレだという事に関しては、それは気にしない、視聴者的に推理が楽しめればそれで良いと割り切ると答えた。ある意味、稚拙なカメラワークの理由付けとか、それまでの映像に理由付けをしつつ、観ていて意外だと思わせるシナリオを考え出した。コレは、凄いです。それに入須先輩は納得し、感服して奉太郎に『万人の死角』と言うタイトルを考え出させて引き上げていった。

そして二学期が始まり映画の試写会が実施された。
その試写会にはもちろん古典部の面々も一緒に招かれていた。
で、その結末を観て、えるちゃんは何か不満そうな感じです。里志くんも褒めては居ますが何か態度が妙です。そして摩耶花は、奉太郎を物陰に連れ込んでアレが奉太郎自身が出した答えなのかと問い詰めます。そこでそうだと答えると、じゃ脚本を書いていた本郷さんの思惑はどうなるの?彼女が用意させていたというザイルはどうしたの?と。
で、次回に続くのですが…
次回は何故、本郷さんが最後まで脚本を書けなかったのかと、彼女が望んだ話の結末の推理編ってことになりそうです。

ここで、この話の冒頭で入須先輩が奉太郎だけに話を振った理由が推理出来そうですね。入須先輩は奉太郎の推理力に関して三人から太鼓判を押されていたらしいです。一人目は千反田える。二人目は学外の人でコレはおそらくBBSの“あたし♪♪”こと奉太郎の姉、折木供恵。そして三人目は遠垣内将司。三人目からどういうルートで話を聞いたのかは謎ですが、名家同士の付き合いの中から聞いているのでしょうね。彼から褒められるとは思えないですが、たとえ悪口でも折木奉太郎の推理力は計れると言うことでしょうね。あいつの観察力のおかげで大変な目に有ったとか、なんとか言う噂話しを聞きつけたのかも知れないですし…

それはさておき…と、言うわけで公式HP京都アニメーション版HP、それとこの記事にTBを送って来てくれた方々の記事を参照にしてくださいね。


コメント   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« 『モーレツ宇宙海賊』 第2... | トップ | 『夏色キセキ』 最終回 観... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

京アニ」カテゴリの最新記事

33 トラックバック

氷菓 第10話 「万人の死角!」  (つれづれ)
 えるの出番……
アニメ感想 氷菓 第10話「万人の死角」 (往く先は風に訊け)
折木奉太郎の高校生活はバラ色になり得るのか
氷菓 第10話「万人の死角」 (MAGI☆の日記)
氷菓の第10話を見ました 第10話 万人の死角 「何か?」 「あ、いや、茶というのが本当にお茶だとは思いませんでした」 「安心して、払いは持つよ」 冬実から思わせぶりな態度でお茶に誘われた奉太郎は...
氷菓 第10話「万人の死角」 (妄想詩人の手記)
これは、決して完璧ではいられない青年たちの群像劇。とってもミステリーしてて面白かった。
氷菓 第10話 「万人の死角」 感想 (ひえんきゃく)
カメラマンが怪しいとは思いましたが奉太郎の推理には 疑問でしたがやっぱり……。 入須先輩は分かっていたんでしょうね。 入須冬美は思わせぶりな態度で奉太郎をお茶に誘う。 あの冷静沈着な入須のいつに...
氷菓 第10話 「万人の死角」 (北十字星)
氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray](2012/07/27)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  入須冬実にかどわかされて、映画の中の犯人探しをする 奉太郎。千反田えるの「私、気になります。」よりも 薄ら...
氷菓 第10話 「万人の死角」 感想 (Little Colors)
才能と失敗と可能性と。
氷菓 第10話 (日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w))
「万人の死角」 君は特別よ…
氷菓 第十話「万人の死角」 (藍麦のああなんだかなぁ)
氷菓 第十話「万人の死角」です。 アニメ版『氷菓』も、原作ですと2冊目『愚者のエ
氷菓:10話感想 (しろくろの日常)
氷菓の感想です。 犯人は…。
氷菓 第10話「万人の死角」 (ぴよあに映像探求)
氷菓 第10話「万人の死角」 <あらすじ>  探偵役3人の推理をことごとく却下した奉太郎。入須冬美は、なら、君に推理して欲しい、あなたは特別よ、と詰め寄る。あの冷静沈着 ...
氷菓 第10話「万人の死角」感想! (くろくろDictionary)
氷菓 第10話「万人の死角」 入須先輩にお茶に誘われた奉太郎。 コーヒーとかじゃなくて、本格的に“お茶”だった。 そこで入須先輩に、中城・羽場・沢木口3人の案がダメだったことを説明。 「もし君が...
氷菓 第10話「万人の死角」 (明善的な見方)
氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]『君には技術があった、他の誰にも無い力が』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣
氷菓 第10話「万人の死角」 (空 と 夏 の 間 ...)
入須先輩からお茶へのお誘い! (*゜∀゜)  いや本当に 和ぽいお店でのお茶でしたw お高そうなお店って 奉太郎の馴れない場所。 古典部でなく 奉太郎個人の才能に期待してる。 特別な才能だって入須先輩は 乗せてきます (´▽`*) 「あなただけ」とか...
氷菓 #10 (ぐ~たらにっき)
『万人の死角』
氷菓 第10話「万人の死角」の感想 (恋染紅葉、パジャマな彼女。と「くーちゃん」こと音巻まくらを全力応援中。To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(...)
 今回、何が不満かといえば、奉太郎の推理ではなく、えるたその出番がほとんどなかったことです。やっぱりえるたそがいないと、奉太郎もダメダメですよね…あ、でも、摩耶花は可愛かったですけどね。悔やまれ...
「氷菓」第10話 (日々“是”精進! ver.F)
ザイルのこと、忘れてた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206250000/ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]角川書店 2012-06-29売り上げランキング : 41Amazon...
氷菓 第10話 「万人の死角」 感想 (wendyの旅路)
慢心にはご注意を―
氷菓第10話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#10「万人の死角」 奉太郎の死角。 天才は、天才になるのではない。天才として生
氷菓 10話 感想 (EVERY LITTLE THING)
何か面白くなってきましたね。入須先輩に乗せられる折木。入須先輩が相手を見てこういうオッサンくさい説得をしたというなら、なかなかものです。当然、折木には一丁乗ってやろうかという余裕などあるはずもな...
氷菓~10話感想~ (ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。)
「万人の死角」 学校の帰り道に入須先輩にお茶に誘われた奉太郎。 2年F組の探偵達の評価を聞くが、どうやら最初から奉太郎を誘い込むのが目的のようだった。 夏休みの登校日に自主的に学校に来るのを珍しがられた奉太郎。 ちなみにえるは二日酔い...
氷菓 第10話 感想 (我と我が身と彼のものと。)
#10 『万人の死角』 ふむ。どうやら、原作の『万人の死角』と『打ち上げには行かない(アニメだと?愚者のエンドロール?)』は、キッチリ分割してやるらしい。端折らずに丁寧に作り込んでいる姿勢は悪い...
『氷菓』#10「万人の死角」 (ジャスタウェイの日記☆)
「あの場には7人目がいたんです」 3人の探偵役の推理を否定したその帰りに、入須にお茶に誘われる奉太郎。 って、本当にお茶屋だったw うぅむ、お嬢さまって感じがするな。 「最初から君が目当てだった」 だが、押しの強いお嬢さまだ…奉太郎にビデオの謎解きを...
[アニメ]氷菓 第10話「万人の死角」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
道は決まっている。決めさせられてしまうものなのだろうか? そこに本郷先輩の意志も加わって、進むべき道をどう進むか色々考えさせる話でした。
氷菓 第10話 「万人の死角」 (こねたみっくす)
「わたし、気になります!」の千反田えるちゃんの「あとでです」が凄く気になります。 女帝こと入須冬実先輩からハッパを掛けられて2年F組の自主映画の結末を考えることになっ ...
万人の死角 (雨晴時曇)
奉太郎は今まで「一人で」解決してきたと、自惚れていたのかもしれない。 誰かに必要とされるのは、決して悪い気はしませんよね。 しかも自分の力を評価してくれたなら尚更。 で ...
氷菓 #10 (桜詩~SAKURAUTA~)
【万人の死角】 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る やる気を出した? 
2012年02クール 新作アニメ 氷果 第10話 雑感 (妖精帝國 臣民コンソーシアム)
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第10話 「万人の死角」 #kotenbu2012 #ep10 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ。 OP...
氷菓 第10話「万人の死角」 (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
ゆかな女帝サイコーー!!w 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/kotenbu/hyouka10/
氷菓 #10 (日々の記録)
入須先輩に頼まれた奉太郎は、1つの推理を完成させるのでした。入須先輩に呼び出された奉太郎は、前回聞かされた推理について意見を求められました。その答えは、どの推理
氷菓 10話感想 (つぶかぼアニメ感激ノート)
サブタイトル「万人の死角」 イリス先輩に誘われてお茶につきあうホータロー。なんか高そうなお店ですねぇ!この人は物腰といい口調といい、さすが「女帝」と呼ばれるだけあって、相当高校生離れしたところ...
氷菓 第十話「万人の死角」 (Old Dancer's BLOG)
 泣いた。  爆涙というわけではなく、うっ、と潤むようなものだったけど、でも泣いたね!いやー、もう素晴らしいとしか!こんな展開になるなんて全然予想していなかったものだから、いい意味で裏切られっ...
氷菓 #10 (桜詩~SAKURAUTA~)
【万人の死角】 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る やる気を出した?