「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『天体のメソッド』 第8話 観ました

2014-11-26 01:13:27 | アニメ
今更なんですけれども、この作品のタイトルが『天体のメソッド』ってなっている意味を考えると今までの話の流れも非常にわかりやすい気がするですね。
前半は、花火大会にまつわる約束と円盤の話で柚季と湊太の二人の双子との確執と柚季の円盤への逆恨み的な責任転嫁がテーマだったわけで。で、その解決には町を離れていて町のことをすっかり忘れていた乃々香が掛け釣り回ってナントカしてみせた訳ですよね。それでこんがらがってしまっていた柚季の心は癒やされたわけで。で、前回の第7話ではその乃々香が幼いころに居た霧弥湖町での記憶を忘れていた原因の死別した乃々香の母親へのお墓参りの一件で、乃々香自身のメソッドが行われたという訳で…。

で、今回からは一番問題をこじらせて居るっぽい汐音のメソッドが始まる模様です。

汐音の問題を整理してみると…
彼女は人付き合いが下手で友達を作りたいのに作れず、一人ぼっちで寂しそうにしていたところを乃々かの母親がきっかけになって乃々香と友達になれた経緯が有る。で、乃々香を通じて柚季や湊太、こはるとも友達になれたと思ったのに、乃々香は病弱な母親の治療のために汐音に黙って町を離れてしまった。一応、乃々香はノエルに汐音への伝言を頼んで「必ず戻ってくるから一緒に流星群を観ようね」と約束をしたのだけれども、戻ってきたのは七年後でしかも幼い頃のことをすっかり忘れて戻ってきたわけで、汐音はすっかりすねて怒っていた訳で。
で、一番、汐音が乃々香に対して怒ってた事が何なにか…。
それが七年間戻ってこなかった事なのか、それとも七年前の約束を忘れていた事なのか、乃々香と友達になれたきっかけを作ってくれた乃々香のお母さんのお墓参りを七年間もしないで放ったらかしにしていた事なのか、それともその全部なのか…。多分、それは汐音自身でも判らなくなってしまっている事なんでしょう。
でも、乃々香はそれを全部受け止めて、自分が忘れていた約束を叶えようと必死になって出来ることをみんなの手を借りてやろうとしていることに対して、汐音はそれを受け入れようとした。分かり合えた筈だったのに、汐音はふと有ることに気がついてしまった訳ですね。そう、ノエルが言った、ノエルは円盤だからという台詞と、今年の流星群はきっと良く見えるよという台詞の意味ですよね。
これは、普通に考えてノエルは約束を叶える存在で、なおかつ、彼女は円盤そのものである。
で、みんなの願いは霧弥湖の湖畔で流星群を観る事である。また、円盤が霧弥湖上空に来てから流星群は霧弥湖湖畔で観測出来たことが無い。この意味することは、もしかして、流星群をみんなで霧弥湖湖畔で観測するために、円盤が無くなる=ノエルが居なくなると、汐音が推測しても当然な訳で…。

で、そのまた一方、汐音は乃々香がいなくなった間の7年間、ノエルとずっと一緒に居たみたいな描写が有るわけですよね。つまり、もう汐音にとってノエルの存在はとても大きなモノで、乃々香以上にノエルべったりなデレ状態で有るわけでそのノエルが居なくなることに耐えられるとは汐音自身、思えないのでしょう。だから、乃々香の努力は認めるけれども、ノエルが居なくならないためにワザと汐音はみんなと仲良くならない選択を最後の最後で選んだみたいですね。
もう、どんなけ、汐音はノエルちゃんが大好きなんだか…

あと、キツネが感じた事としては事態がひっくり返る前、汐音との約束、流星群を一緒に観ることを叶える為の代案のプラネタリウム製作の一件で汐音が乃々香に言った台詞
『私は戸川汐音って言います。私と友達になってください』
ってのは、ついつい、Keyの名作『CLANNAD』の一之瀬ことみことことみちゃんのあの台詞を思い浮かべさせられってニヤリなので。この娘の友達とのつきあいかたの不器用さはどこか『KANON』の川澄舞とかと共通するような感じもしていたから余計に気になる訳です。友達の為になら自分が不幸になっても自分が独りになってしまっても問題ないなんて考えちゃうところとかの不器用さはなんか共通しているような気がしますね。まったくその意味でこの作品のシナリオ担当が久彌直樹氏の作品なんだなとシミジミ感じています。

それにしても今更ながら、札幌っぽい街の名前が北美(ほくび)と読むことに改めて気がついたキツネです。後は、OPに出てくる天文台に出てきた子狐ちゃんが本編に出てくるのかどうか、それが気になるキツネナノでした。

このお話の詳しいことは公式HPやこの記事にTBをくれた方々のブログを参照にしてくださいませ。

コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 『天体のメソッド』 第7話... | トップ | EAST-i 見ゆ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

アニメ感想 14/11/23(日) 天体のメソッド #8、グリザイアの果実 #8 (ニコパクブログ7号館)
天体のメソッド 第8話『彼女の信じること』今回は・・・汐音と仲直り出来ました。最初はビンタとかされてたし、どうなるんだろうかと思ってたけど、良かったです。この勢いて、プ ...
■天体のメソッド 第8話「彼女の信じること」 (ゆかねカムパニー2)
 やっと、乃々香と汐音が仲直り。  良かった良かった。  実は、かなりノエルのおかげ。  汐音の今までの行動、どうしてあんなにひねくれていたのか、なかなか理解し
天体のメソッド 第8話「乃々香と汐音が『友達』になるまでの流れが美しく素晴らしい」 (日刊アニログ)
天体のメソッド #08「彼女の信じること」 これで全てが丸く収まるほど甘くもなかった。 どうするどうなるノエルと円盤!?
天体のメソッド 第8話「彼女の信じること」 (藍麦のああなんだかなぁ)
天体のメソッド 第8話「彼女の信じること」です。 いよいよ、『天体のメソッド』も
天体のメソッド 第8話「彼女の信じること」感想 (二次元美少女の笑顔を守りたい duple)
乃々香は嘘つきじゃないよ、ノエルはずっと信じてたもん。 汐音を包むノエルの母性があたたかい。涙を流す魔法にかかってしまいました。 プラネタリウムを作る乃々香たちに幼い仲良しだった頃の記憶が重なってくるようです。 柚季のせいで文字どおりボン!と弾けてひ...
天体のメソッド TokyoMX(11/23)#08 (ぬる~くまったりと)
第8話 彼女の信じること 公式サイトから一緒に流星群を見たかった。ノエルから汐音の伝言を聞いた乃々香は、文化祭に、 とある企画を出展したいと言い出す。ワケもわからず巻き込まれた汐音を連れて、買い出しに出かける乃々香、こはる、柚季、湊太。汐音はそこで、目的...
天体のメソッド #08 (ぐ~たらにっき)
『彼女の信じること』
天体のメソッド 第8話 「彼女の信じること」 感想 (Little Colors)
失われた約束を求めて。
天体のメソッド 第8話 感想 (あずきブログ)
天体のメソッド8話感想。『天体のメソッド』はノノカが汐音と仲直りするためにプラネタリウムを作るお話。マックスパワー。