Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

タマネギ

2012年05月25日 | 徒然
たまねぎをいただきました。

仕事の用事で、ある自動車整備工場を訪ねました。
そこは、そろそろ70歳代かな?と思われるような経営者夫婦と
御婿さん、それに工員さんがひとり、と言う小さな整備工場です。

諌早市の郊外に工場はあります。
新しい住宅もちらほら建ってはいますが、
まだ周りは畑の方が多いような、そんな田舎にあります。

私が訪問したとき、ちょうど経営者のご主人がおられて、
用事を済ませて帰ろうとする私に、「ちょっと寄って行かんね」と、
自宅まで案内されました。
自宅は工場のすぐ近くでした。

「タマネギば持って行かんね」と、
小屋にあったコンテナいっぱいのタマネギを袋に詰め替えて私に持たせました。

家の中からは奥さんが「お茶どうぞ」と声を掛けてくれました。
遠慮もしないで、上がりこんで世間話。。。。

いいなあ、こんな風に暮らせたら。

きっと、これまで生きてこられて、いろいろな波風も越えてきたんだろうに、
そんなことを少しも感じさせないご夫婦。

なんにもなかったような、穏やかな表情をされています。

自分もこんな風になりたいな、

いや、なろう、きっと。。。。
コメント

久しぶりのレッドポイント

2012年05月23日 | 山の仲間
mimimamaがひさしぶりのレッドポイント。

コメント

岩屋山、続き

2012年05月20日 | 山の仲間

昨日、岩屋山へ登りました。

自宅に戻ってきて、シャワーを浴びて、ビールを飲んで、、、
あれれ? ストックを登山口に忘れてきたことに気づきました。
探しに戻ろうにも、ビールは胃の中に入ってしまっています。

もう結構古いものだし、明日行ってみてあれば儲けもんだ、
そう考えて寝ることにしました。

翌日(今日)は、雲仙の岩場に会のメンバーと行く予定になっていたので、
その帰りに寄って見ることにし、一日クライミングを楽しんで、
メンバーを赤迫に下ろし、その足で登山口まで行って見ました。
・・・・・・・・・・・・・・

ありました。。。
きちんと目立つところに立てかけてありました。

私がそこにストックを置き忘れてから丸一日以上、
何人どころか何十人の登山者がそのストックを見ているはずです。

でも、誰もそれを持ち帰るでもなく、行儀良くストックは立てかけられていました。

いいですねえ、岩屋山の登山者さんたち。
いいですねえ、日本人。
いいですねえ、人間って。

また、行きます。 岩屋山へ。。。

コメント

岩屋山

2012年05月19日 | 山の仲間

先週の土日は、仕事の関係で山に行けず仕舞い・・・・
明日は岩登りの予定が入っています。
あまりキツイ山には行けないので、近場の岩屋山へ行きました。

岩屋山は、近くていい山です。
いつ登ってもたくさんの岩屋山ファンで賑わっています。

今日は、岩屋神社から左にトラバース気味に歩いていって、
下鉢巻と呼ばれるコースから山頂へ。

ちょうど一時間の道のりでした。


山頂に出ると、「〇〇さん」と声が、、、
声の方を見ると、以前よく一緒に山に登った「Oちゃん」(と言っても、立派なオジサンです)。


近くに場所を取り、のんびり時間を過ごしました。


下山は、上鉢巻と言われるコースで登山口へ。

この山は、いつ登っても知った顔に会えます。
良いことなのか、そうでもないのか、、、
何も後ろめたいことのない私には、もちろんいいことですよ。。。

コメント

5/12・経ケ岳へ

2012年05月12日 | 山歩き
今日も多良へ行きました。
ちょっとばかり気合を入れて・・・・舞岳尾根を登りました。
さっそくギンリョウソウのお出迎えです。


今日のお供は、新人さんの「よんちゃん」です。
山の経験はほとんどないと言うものの、体力はそこそこ。
と言うか、本日「ランク3」の認定をゲット!


快晴の舞岳からは経ケ岳が雄姿を見せます。


シャクナゲもまだ咲いていました。


経ケ岳まで足を伸ばして、少し休憩。


よんちゃんは登頂記念の書き込みノートを興味津々で読んでいました。


経ケ岳からは平谷越~中山越~西岳~金泉寺へ。
金泉寺でひと休みして西野越経由で黒木へと戻りました。

のんちゃんは、その小柄な体から受ける印象とは裏腹に、
きっちり歩ける体力の持主のようです。
コメント

連休も近くの山へ

2012年05月06日 | 山歩き
山では、いろいろな人と出会います。

昨日の雲仙九千部岳では、登山道の脇でお孫さん連れで食事中のご夫婦とお話をしていたところ、
「Jimnyさんですか?」とたずねられました。

話をしていると、もう10年近く前のことですが、
冬の雲仙普賢岳山頂でお会いし、後ろ姿をHPのトップ画像として
使わせていただいたご夫婦でした。
その後メールのやり取りを何回かした記憶があります。

こんなご縁があると、HPつくりも励みになります。

雲仙の次の日は、福岡の息子のところへ行くついでに
背振の金山へ登ってきました。

登山口の三つ瀬峠のスタートがお昼頃でしたので、
途中まで行って引き返そうと思い歩き出したのですが、
新緑の登山道のあまりの気持ちよさに
ついつい金山山頂まで足を伸ばしてしまいました。

山頂はたくさんの登山者で賑わっていたので、
少し戻った番所跡でお昼のおにぎりを食べました。

近くにおられた年配の男性と、山の話や今度出かられると言う
ヨーロッパ旅行の話など、しばらくオシャベリしてしまいました。

登山道の様子を動画にしてみました。
画像をクリックしてみてください。



コメント