Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

2018.01.06 九重へ

2018年01月08日 | 山歩き

[日 程] 2018.01.06(土)
[山 域] 九重
[天 候] 晴れ
[コース] 長者原→硫黄採掘道路→すがもり越→法華院→坊がつる→雨ケ池→長者原
[メンバー] mimimama、jimny
[レポート] jimny

福岡の息子の家へ出かけるついでに九重へ立ち寄りました。
降雪後の快晴で、きれいな雪景色を楽しむことができました。

朝、6時過ぎに長崎を出て、九酔渓の凍結が心配だったので湯布院ICで高速を降り、やまなみハイウェイで長者原へ。
途中日陰では凍結が少し残っているところもあったが、ノーマルタイヤでも大丈夫そうなレベルでした。
先日、スタッドレスに履き替えていたので今回は安心して長者原までのドライブができました。

今日は、三俣山の周りをグルッと一周するコースを選択。
雪の日にはお気に入りのコースのひとつです。

雪はサラサラで気温もそこそこ低かったようだが、風があまりなかったので体感気温はそれほど低くない。日差しがきついところでは、アンダーシャツに半そでTシャツで行動しました。

すがもり越からは北千里ケ浜を法華印温泉へ。
私たちが進む前方には雪をまとった大船山の男性的な姿が。

法華院への下りは日陰で積雪が多いところです

法華院から坊がつるを経て雨ケ池へ向かう途中は雪がタップリ

雨ケ池の木道

長者原へ戻ってきて振り返ると、三俣山がで~んと我々を見送ってくれていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018.01.03 多良・経ケ岳へ | トップ | 仏縁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事